国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<軍事技術スパイだったUCLA準教授(中国系アメリカ人)を逮捕

2019/07/03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月4日(木曜日)
       通巻第6127号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 軍事技術スパイだったUCLA準教授(中国系アメリカ人)を逮捕
  ミサイルならびにミサイル誘導技術を中国軍系企業の売っていた
****************************************

 UCLAの準教授(電子エンジニア専攻)の中国系アメリカ人が「企業機密法」違反ならびに脱税容疑で司法当局に逮捕された。軍事機密漏洩の証拠が立証されると、この準教授は合計219年の禁錮刑と全財産没収となる。

 この逮捕は司法次官が記者会見してあきらかにしたもので、司法省が起訴することは重大な案件であることを示している。

 準教授の名前はシー・イ=チ(音訳不明)。中国四川省成都にある中国軍経営の「成都ガストーン科技」(CGTE)」に、米軍の使用しているミサイル、ミサイル誘導装置の技術を漏洩した容疑が濃厚である。以前からFBIが内偵しており、また2014年に商務省のELにリスト入りしている要注意企業だったのである。

 シー容疑者は成都で半導体製造の企業を経営していたことがある。
成都と言えば中国の軍需産業のメッカ、また弟のカナダ国籍者も共犯容疑がかけられている。

 カリフォルニアでは昨師走にスタンフォード大学教授だった張首晟が自殺している。張はハイテク・エンジニアのスカウトを担う怪しげな財団を運営していて、FBIが内偵を続けていた。

 本当に自殺だったのか、どうか。張教授の自殺は、その数時間前にバンクーバーでファーウェイの副社長=孟晩舟が拘束された情報が飛び交ったときで、関連性から言っても疑惑が深く、いまとなっては「死人に口なし」となった。
     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 シナ事変の最前線で日本兵は何を考えていたのか
  戦争の実態とはいかなるものだったのか、作家の目は光る

  ♪
松村益三『薄暮攻撃(復刻版)』(ハート出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 中支に派遣された日本軍のなかに直木賞作家がいた。
著者の松村益三はシナ事変の最前線において、新聞記者の目を通して日本軍兵士達の真を目撃し、それを平明な文章で活写した。
 「この得難い実験をほかの兵隊さんと同じように、歳月の塵に埋もらせて忘却の彼方へ流すのは、職掌柄、許されますまい」と実録を遺すことにしたのだ。
  動機はこうである。
 「僕は一等兵が好きである。戦場の一等兵の義理人情は、こよなく美しい。僕はその生きている美しい一等兵をいろいろと描きたい」
  たとえばこういう描写がある。
 「迫撃砲弾で出来た屋根の穴から、冷たい雨が寝ている僕たちに降りかかり、贅沢に敷きのべられた綿花もぬれてじゅくじゅくしている」
  敵の弾丸が飛んでくる。
 「ぬれた軍服や軍靴が冷たくて重い。しかし、外は良い天気だった」
 「ずらりとクリークの線にそった、竹藪を利用し偽装を施した砲列は、いちばん端の砲から順次に火を吐いた。猛烈な砲の咆哮は耳の中に錐のように飛びこみ、頭の上を飛び越えて余韻を残して消え、これがまた次々とつづいた。その激しい、戦争の音響は、さいしょ僕の頭の中をひっかき廻したが、それもいつの間にかなれてしまった」
  そして戦場で著者は、なんとパールバックを読み、差し入れのゾラやフローベル、ドストエフスキーなど外国文学を読みふけるのだった。
著者の松村氏は毎日新聞記者として戦場に派遣され、戦後は徳島新聞編集局長を歴任したが、前作の『一等兵戦死』が直木賞候補となった。そのため戦後、GHQによって禁書とされ、その翌年にこの傑作が世に問われた。
前作に引き続いての復刻である。
       ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
   ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)三島由紀夫研究会の7月公開講座は、蓮田善明とともに『文芸文化』を創刊し、また三島由紀夫の才能を見出し三島由紀夫が世に出ることに尽力した清水文雄について論じて頂きます。
 荒岩氏がこれまで当会で取り上げた蓮田善明、保田與重郎、伊東静雄、影山正治に続く浪曼派文学シリーズの第5弾になります。
      記
日時  令和元年7月26日(金)18時半より(18時開場)
会場  アルカディア市ヶ谷(私学会館)
演題  「清水文雄の国文学と教育」
講師  荒岩宏奨氏(あらいわ ひろまさ、展転社取締役編集長)
略歴   昭和56年山口県生まれ。広島大学教育学部卒、プログラマー、雑誌編集者を経て現在展転社取締役編集長。著書『国風のみやびー国体の明徴と天業の恢弘』(展転社)。
会場費  会員・学生千円(一般2千円)



  ♪
(読者の声2)鎌倉文学館で開催中の「三島由紀夫展」。テーマは「『豊饒の海』のススメ」は7月7日まで、です。
 鎌倉文学館での特別展示「豊饒の海のススメ」は、展示内容が『豊穣』であるため、連日人気を集めていますが、残るのは、あと四日!
  入場料は五百円。同館館長は『憂国忌』代表発起人の一人でもある富岡幸一郎氏。詳しくは下記サイトで。
 http://kamakurabungaku.com/exhibition/index.html



   ♪
(読者の声3)貴誌前号のバロチスタン解放軍が米国によってテロリスト指定という情報ですが、邦字紙にはでていませんね。
 ニュースソウスは何処でしょうか?
   (YT生、永田町)


(宮崎正弘のコメント)パキスタンの有力紙『ドーン』(カラチが中心)です。同紙は嘗てオサマ・ビン・ラディンに世界初の独占インタビューをしたメディアとして世界に知られています。
https://www.dawn.com/



  ♪
(読者の声4)貴誌前号(6126号)の読者欄『日刊ゲンダイ』についてですが、マスコミに伝(つて)のない私は「ゲンダイは講談社の左翼捨て場」と前から憶測しております(笑)。
    (横浜市  塙栄司)
 ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ●グーグルマップでも見ることができない世界の裏。ガイドブックにない国、地方、秘境。昼と夜でその顔を変えてしまう、あの街。不思議な世界!
 写真およそ百葉。256ページ。
  ●現代は世界の隅々の地図を瞬時に把握できる。世界のどこかで起きている災害もテロ事件も、お祭りもSNSの発達により把握できるが、さて地図に載らない場所が、世界中にある。
――海流のなかの島々、ガラパゴス、イースター島、パプアニューギニア、フィジー
――孤島の東チモール、モルディブで何が起こり、どのような生活をしているのか。
 ――世界の秘境と言われるブータン、ネパール、そして日本人が殆ど行かないアジアの国々のなかでコタキナバル、クチン、あるいは日本人が寄りつきたくないバングラデシュ。遠き過去の出来事となったベトナムの激戦地ディンビエンフーを訪ねてみると。。。。
 ●宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759316663/
 (↑ アマゾン、残部僅少)


  ♪♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
   

  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)

宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため7月14,15日が休刊予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。