国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<米国、バロチスタン解放軍を「テロリスト」と認定へ

2019/07/03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月3日(水曜日)
       通巻第6126号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 米国、バロチスタン解放軍を「テロリスト」と認定へ
  中国の「借金の罠」を念頭にしながらも、中国の見解に同調
****************************************

 7月2日、米国務省はバロチスタン解放軍を「テロリスト」と認定した。
 パロチスタンはパキスタンの西部地方に位置し、州都はクエッタ。
その国土面積は広いが、人口はパキスタン全体の5%、タリバンやアルカィーダの秘密出撃基地としても活用され、また西にイランをひかえる交通の要衝として中世からシルクロード中継地として栄えた。

 最西端のグアダールや州都のクエッタにおける中国人襲撃ばかりか、バロチスタン解放軍とそのシンパはバザールに爆弾をしかける無差別テロを展開した。
2018年11月にはカラチの中国領事館を自爆テロの攻撃目標とした。2019年5月にはグアダールの最高級ホテルを襲撃し、五名を殺害した。

 そもそもバロチスタンで中国人を攻撃するテロ活動は、中国の推進するCPEC(中国パキスタン経済回廊)が攻撃目標である。
石油、ガスパイプライン、鉄道、ハイウェイ、そして光ファイバー網の建設が進むが、バロチスタン現地にはなんら裨益せず、労働者の雇用もほとんどなく、中国から労働者ならびにコックまで連れてきたため、かれらから見れば「中国は侵略者」となる。

 中国は「一帯一路」の目玉にグアダール港の近代化をすすめ、パキスタン政府が借金を支払えないとみるやグアダール港の43年間の租借を認めさせた。

これらすべてがバロチスタン州のあずかり知らぬところで行われてきたことに不満を爆発させたのである。もともバロチスタンは独立国で、英国が無理矢理にパキスタンに編入させた歴史的経緯もある。
 とはいえ、米国が中国の主張に同調するかのようにバロチスタン解放軍をテロリストと認定したことにより、かれらへの弾圧が合法化される。

 そのネットワークや、背後のスポンサーなどの情報を米国はパキススタンに提供することになるか、これまでにも米国はパキスタン軍情報部への不信感があり、協力体制を組むかどうかは定かではないものの、北京としては米国の決定にほくそ笑んだことだろう。

 米国は2001年9月11日にNYの貿易センター爆破テロに衝撃を受け、対テロ戦争に中国の協力が必要という文脈から「東トルキスタン解放軍」をテロリストと認めた。
これによって中国はウィグル人への弾圧の正当性を主張してきた経緯を振り返ると、今回の措置も同様な結末を招くのではないか。

◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1919回】                   
 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(13)
鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)
 
    ▽
 張謇(1853年~1926年)は1894年に42歳で科挙試験に全国トップで合格しているから、当時における最高の頭脳の持ち主(とはいえ伝統的思考ではあるが)と言える。
それゆえに清朝最後の皇帝である宣統帝溥儀の退位詔書を起草したことも、なにやら頷ける話ではある。中華民国成立後、政界中枢で働いたが、その後、実業家に転じ、中国近代化の先駆者とも呼ばれる。鶴見が向かった南通は、張謇が心血を注いで建設した近代化モデル都市とでも言えそうだ。

 1903年春には日本を訪れ、2カ月半ほどを掛けて長崎から北海道までを教育状況を中心に視察。当時の著名な新聞人や実業家、さらには嘉納治五郎など教育者とも交友を深めた。

 張謇を訪れるに際し、鶴見は「(閻錫山の進める)自治といふことが、支那の國情の根本に立脚する政治的一特色であるやうに、經濟といふことは、支那人の國民性に根ざす重要な社會現象であ」り、じつは「渾沌たる現代支那の救匡が、必ず?育と自治と經濟開發との三點から出發しなければならいことが、明白すぎるほど?然たる事業である」との考えを記している。
であればこそ「南通洲の一縣」で「?育と自治と經濟開發」を実践する張謇に、是非にも会わねばならなかった。

 鶴見を出迎えた欧陽予倩は日本に留学し成城学校に学び革命運動に参加したものの、「近年支那の政治に愛相つかして、役者となり、自作の戯曲を演じて、支那劇壇に新思想を鼓吹している」。じつは欧陽は日本留学中に当時流行していた新劇に興味を持ち、これを中国に持ち帰り演劇活動を始めたのである。
歌劇の性質が色濃いだけに、京劇などの伝統演劇の歌詞やセリフは一般庶民には難解に過ぎる。そこで日常会話による現代劇を、さらに言うなら現代劇によって社会を変革しようとしたわけだ。これを「話劇」と呼んだ。

 鶴見は続ける。
「(欧陽が活動する)其の劇場は更俗劇場と言つて、矢張り張謇の南通州に於ける社會改良事業の一端であるといふことを聞くと、張氏の見識の凡ならざることに、?々驚かされるのである」。民衆に「?育と自治と經濟開發」の重要性を学ばせるには、やはり“娯楽の王”である芝居に限るというわけだ。毛沢東が人民教育の手段として一貫して芝居を活用したのも、同じ事情である。

 さて張謇と話をしているうちに鶴見が最も注意を惹かれたのは、「先生の目であった」。その目は「こうキッと見据ゑるときに、一種の壓するやうな威嚴があつた」。
かくて「自分は支那で會つた凡ての人の中で、張謇先生ほど『威力』のある人を外には見なかつた」という。科挙全国トップの学識を基盤に学者として事業家として想像を絶する研鑽を重ねたからだろうと、鶴見は考えた。

 先ず鶴見の「今日の支那の?育の中心は、何に置かれるお考えでありますか」との問いに対し、「それは、色々ありませう。併し、私は矢張り支那傳來の?義たる儒?によることがよいと考える」と。

  先に対話した「北京大學の新人胡適君が『儒?なんてものは、支那では死んで仕舞つた』と喝破し」ていたが、やはり張謇のような「隨分しつかりした人々」のなかに「儒?を國本としやうと言ふ考えの人」がいることに鶴見は安堵する。

  次は「支那の低廉なる賃銀が、全世界の勞働者の脅威となる日が來る」。「(経済問題だけからも)今日の如く無制限に人口が増殖するのであつては、いつまでも一人前の勞銀は上らない」。「(伝統的家族制度を基礎にして)子孫の増加を奨勵しては、支那人民全體の繁榮は困難ではありますまいか」と、人口問題に就いて質した。

  鶴見の話を「じつと聽き乍ら」、威厳のある目が「折々こちらを、キッと見た」。
《QED》
     ◇◎□◇ひ◎◇◎▽い◇◎▽◇ず◇◎▽◇み○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜■「加瀬英明のコラム」 ■「加瀬英明のコラム」■「加瀬英明のコラム」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
パリのノートルダム聖堂が炎上した
@@@@@@@@@@@@@@@@

 4月15日にパリのノートルダム聖堂が、キリスト教の最大の祝日とされる復活祭のさなかに、炎上した。
 イエス・キリストが十字架に磔(はりつけ)られ、3日後に復活したと伝えられるのを祝う祭である。
 私はテレビのニュースで尖塔が燃え落ちるのを観ながら、セーヌ川の中洲のシテ島に建つ大伽藍といえば、エッフェル塔と並ぶパリの観光名所だが、もはや信仰の対象でなくなっていることを思った。
 ノートルダム聖堂は歴史の博物館だ。ヨーロッパでは、キリスト教というより宗教離れが、進んでいる。フランスも例外ではない。最近、フランスで行われた調査によれば、フランスの若者の7%しか教会に通わない。
 いや、ノートルダム聖堂は観光施設になっているというよりも、貴重な歴史博物館といったほうがよい。
 ノートルダム聖堂はいまから800年前に着工され、200年かけて完成した。「ノートル・ダムNotre Dame」は「わが婦人」を意味するが、聖母マリアのことだ。
 フランスといえば、すぐにフランス革命を連想させられる。
 フランス革命は、国王、王妃をはじめ、5万人以上の貴族、地主など富裕階層、僧侶、尼、政敵などを大量処刑した蛮行だったのに、いまでも「パリ祭」として盛大に祝われている。
 情――心よりも、理を優先するヨーロッパ人や、中国人は恐ろしい。日本に生まれて幸せだったと安堵する。
 5年以内に再建するというがフランス革命は1789年に始まったとされているが、革命派はキリスト教を敵視して、徹底的に弾圧した。
 1793年に、ノートルダム聖堂から十字架や聖像をいっさい取り払って、かわりに祭壇に革命の象徴とされた、裸身に腰巻きをまいた猥雑な女性像が安置され、「自由、平等、博愛」の殿堂となった。

 ナポレオンが1804年に皇帝として戴冠式を行うために、再び教会とした。
 ノートルダム聖堂が炎上すると、マクロン大統領がただちに「5年以内に聖堂を再建する」と述べた。2024年にパリ・オリンピック大会が、開催される。
 私はフランスだけでなく、西ヨーロッパ諸国でキリスト教が力を失っているが、いったいノートルダム聖堂が再建されたとしても、ヨーロッパでキリスト教が力を復活できるのか、疑った。
 フランスでは、イスラム移民が人口の10パーセントに当たることから、再建したノートルダム聖堂は多文化を尊重して、イスラム教の礼拝も合わせて行うべきだという議論がある。
 それにしても、ノートルダム聖堂の火災が、宗教や人種対立のテロによるものではなく、失火だったと知って、胸を撫でおろした。宗教・人種間のテロのグローバリゼーションの恐怖が、世界を覆うようになっている。
 ニュージーランドのクリスチャン・チャーチにおける、白人至上主義者による大量殺戮が起ったばかりだ。もし、スリランカのようなイスラム過激派による放火だったとしたら、ヨーロッパにおける宗教・人種間のテロが激化した。

 ▲西洋の信仰心の行方は

 ヨーロッパにおいてキリスト教の信仰心が衰えたといっても、ヨーロッパの人々はヨーロッパをキリスト教文明圏だとみなしており、イスラム住民に対する嫌悪を強めたことになったろう。
 宗教・人種対立の根は深い。ユダヤ教から分かれたキリスト教が、ユダヤ教の唯一つの聖書を、神の古い約束である『旧約聖書』と呼んでいるが、『旧約聖書』と、ユダヤ・キリスト教から派生したイスラム教の聖典『コーラン』を読むと、宗派や、部族間の憎悪を煽っていることに、呆然(ぼうぜん)とさせられる。
 神武天皇が即位された時に発せられた詔(みことのり)に、世界の全ての人々が一つの家族として睦みえという、「八紘一宇(はっこういちう)」の教えがあるのと比較すると、地球と別の惑星が存在しているようにすら思える。
 神道が森羅万象の和を説く、心の信仰であるのに対して、宗教は信じること――理のうえに、成り立っている。
 紀元1世紀頃に生きたローマの大学者だったケルススが、キリスト教を論じた著作がある。
 「キリスト教徒は十字架を力の象徴として仰いでいるが、もし、キリストが絶壁から投げ下ろされて死んだとしたら、壁を拝むのだろうか」「なぜ、全知全能の神が人の姿をして、地上に降りる必要があったのか」「どうして完全無欠の神が、欠陥だらけの人を装うことができたのか」「なぜ、この時になって人を救おうとしたのか。世界のなかでたった一つの地域だけ、選んだのか」「神とイエスの二人の神がいるのなら、その上に最高神がいるはずだ」と、辛辣に批判している。
 ケルススはセルサスとしても、知られている。百科事典を編纂したといわれるが、このなかの薬科全書だけが遺っており、ヒポクラテスと並ぶ碩学として称えられてきた。

 ▲キリスト教離れが進んでいる

 キリスト教の教義のなかで、もっとも難解なのが、神とその子のイエスと精霊の3つが1つの存在であるという三位一体であり、教義の基本となっている。
 私が親しくしているフランス人のジャーナリストは、もはやキリスト教を信じていないが、「三位一体はスーパーマーケットで、1つの値段で3つ買えるというものだ」といって、笑っている。
 フランシス教皇が来日する
 この11月に、カトリック教会のフランシス教皇が来日して、長崎、広島を訪れることになっているが、このところカトリック教会は崩壊の危機に瀕している。
 カトリック教会では全世界にわたって、枢機卿、大司教、司教、神父をはじめとして、多くの聖職者が、青少年、女性や、尼僧に性暴行を加えたかどで告発され、教会の土台が大きく揺ぐようになっている。
 教会は性的な紊乱によって蝕まれてきたのを、長いあいだにわたって隠蔽してきた。
 イエス・キリストが「人を獲る漁師」と呼ばれたことから、魚がカトリック教会のシンボルの1つとなってきたが、在京のイタリアの外交官と教会の性スキャンダルについて話していたら、「イタリアには『ロ・ソホ・コメ・ウンペチェ・ノン・ポソ・パルラーレ』(魚は口をきかない)という諺(ことわざ)がありますよ」と、教えてくれた。

 ▲エコロジーが新しい信仰だ
 
フランシス教皇は2013年から「神の代理人」として、カトリック教会の頂点に立ってきたが、カトリック史上、離婚者の再婚をはじめて容認し、聖書で固く禁じている同性愛者を祝福するなど、物議をかもしている。フランシス教皇はバチカン法王庁教皇補佐役のクリストフ・カラムサ神父と、同性愛のパートナーとして同棲してきたことを認めたと、欧米で報じられている。
 アメリカの大都市部でも、キリスト教離れが進んでおり、人々が自然に神性を感じるようになっている。宗教にかわって、エコロジーが人々の新しい信仰となりつつある。

 ▲日本は自国の文化を大切にしよう
 
宗教、人種間のテロがグローバル化しているかたわら、人が八百万千万(やおろずちよろず)の森羅万象によって生かされており、自然を敬う日本の心に当たる、エコロジーが力をえるようになっている。
 幕末から明治にかけて、浮世絵を中心としたジャポニズムが、西洋の絵画芸術、ファッション、庭園、建築などに、深奥な影響を与えた。だが、この時代のジャポニズムは、視覚的なものだった。
 だが、いまや万物に霊(アニマ)が宿っている日本のアニメから、自然を食する和食、武道、茶道、おもてなしの心まで、精神的なジャポニズムが新たな高波となって、西洋を洗いつつある。
 日本国民として、いまこそ自国の文化を大切にしたい。

                  (かせひであき氏は外交評論家)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)我々の研究所が国連人理事会に並行して行ったサイド・イヴェントに関する産経新聞電子版の報道です。かなり大きく取り上げられています。パリ支局長の三井美奈さんからの現地報道です。
https://www.sankei.com/world/news/190702/wor1907020038-n1.html
   (山下英次)



  ♪
(読者の声2)東京の夕刊紙(誌)で小沢一郎応援団の「日刊ゲンダイ」が発狂しています。
https://www.moeruasia.net/wp/wp-content/uploads/2019/07/index_5-5.jpg
 「安倍暴挙 韓国禁輸 日本企業大打撃」「韓国制裁 国際社会は唖然だろう」「安倍首相とシンパたちは狂っている」といった見出しが並び、なんとも心地よい。
 一方、安倍応援団側の「夕刊フジ」は『「ファーウェイの10倍」衝撃 禁輸韓国破綻』縦見出しには『室谷氏「他の優遇措置も廃止すべきだ」』といつもの論調。駅の売店では夕刊フジ他が売り切れているのに日刊ゲンダイだけ売れ残っていたのが印象的。
 日刊ゲンダイの発行元は講談社系の日刊現代社ですが、当初は講談社のクレジット。政治経済文化競馬までまんべんなく扱う夕刊フジに対しピンサロ等の風俗系の記事と広告がやたら多い印象でした。
講談社といえば戦前の大日本雄辯會講談社であり、大衆雑誌「キング」「少年倶楽部」の発行元。山中峯太郎「敵中横断三百里」江戸川乱歩「怪人二十面相」田河水泡「のらくろ」などが有名。江戸川乱歩など図書館では今でも児童書の定番です。

 そんな歴史のある講談社から日刊ゲンダイが発行されるのはどうも納得しがたいですが、朝日新聞と週刊朝日の論調が全く違うように売れ筋に合わせているうちに路線も編集部も半島系になってしまったのでしょうか。
小沢一郎を何度も押しては選挙のたびに大外れ、ジリ貧でいずれは廃刊になることでしょう。
 G20サミット前には滋賀や京都で関西生コン関係者の逮捕が相次ぎました。
組合の仮面をかぶった朝鮮ヤクザというのがもっぱらの評判で、委員長の武健一を『大阪のお父ちゃん』と呼ぶのが辻元清美。ガサ入れの際の写真にはハングルとともに前堺市長ほか自民党政治家のポスターもありました。自民党内も半島利権ずぶずぶの政治家が多数。岩屋防衛大臣もパチンコマネーが噂されています。
 トイレの消臭剤のCMで「臭いにおいは元から絶たなきゃゃダメ」というのがありました。カビ取り剤でも「5分で根に効く」がキャッチフレーズ。
 今回の韓国に対する禁輸措置の発動が韓国産業の心臓を直撃するレベルに至ったのも韓国の自業自得ですが、ソウルの日本大使館建て替え申請の取り下げで日韓断交まで視野に入れていたのでしょう。
今まで好き放題に暴れまわった在日も韓国・北朝鮮もまとめて排除する流れ。
 「ナチス占領下のフランス」にはユダヤ系の帰化取り消しやフランコ政権からの亡命者の送還といった事例がでてきます。
韓国が反発すればするほど日本の対抗措置は強くなる。キレたら怖い日本を戦後初めてキレさせた韓国に対する制裁は100倍返しになることでしょう。
    (PB生、千葉)

 
(宮崎正弘のコメント)おおよそ五、六年ぶりでしょうか、日刊ゲンダイをみました。なるほど狂っていますね。
 ところでG20大阪はおわり、米朝首脳会談の板門店へ世界のテレビは移動して、すっかりG20は話題からはずれました。
 20ですから、20ヶ国の国と機関のトップが大阪に集合したわけですが、安部首相は19人のトップと会見しました。ひとりだけ、会わない人がいましたね。
 その大統領は自国にやってきた米国大統領からも、すっかり見放された風情で、板門店の会議では同席出来ませんでした。
そして翌日、日本政府は韓国をブラックリストに加えて、制裁案を提出したようにG20終了をまっていたことになります。



  ♪
(読者の声3)「日本文化チャンネル桜」の「フロント JAPAN」(7月2日)の宮崎正弘 v 福島香織の番組は下記でご覧になれます。
 テーマは宮?さんが「米朝首脳会談が『思いつき』、『一日で決まった』って本当か?」。
 福島さんが「香港7.1デモと立法会占拠」(番組を終えて福島さんは香港取材に旅立ちました)。
とくに後半のトークでは日本のメディアが使わなかった様々な写真の臨場感があります。
https://www.youtube.com/watch?v=6uYrtJafcMk
        (桜チャンネル)
 ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ●グーグルマップでも見ることができない世界の裏。ガイドブックにない国、地方、秘境。昼と夜でその顔を変えてしまう、あの街。不思議な世界!
 写真およそ百葉。256ページ。
  ●現代は世界の隅々の地図を瞬時に把握できる。世界のどこかで起きている災害もテロ事件も、お祭りもSNSの発達により把握できるが、さて地図に載らない場所が、世界中にある。
――海流のなかの島々、ガラパゴス、イースター島、パプアニューギニア、フィジー
――孤島の東チモール、モルディブで何が起こり、どのような生活をしているのか。
 ――世界の秘境と言われるブータン、ネパール、そして日本人が殆ど行かないアジアの国々のなかでコタキナバル、クチン、あるいは日本人が寄りつきたくないバングラデシュ。遠き過去の出来事となったベトナムの激戦地ディンビエンフーを訪ねてみると。。。。
 ●宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759316663/
 (↑ アマゾン、残部僅少)


  ♪♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
   

  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
(アマゾン在庫切れ。キンドル版のみです)

宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため7月14,15日が休刊予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。