国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<米朝首脳会談が「思いつき」、「一日で決まった」って本当か?

2019/07/01

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月1日(月曜日)弐
       通巻第6123号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 米朝首脳会談が「思いつき」、「一日で決まった」って本当か?
   親書交換、予定になかった韓国訪問の発表で演出は決まっていた
****************************************

 大阪における「日中首脳会談」も「米中首脳会談」も吹き飛んでしまった。ましてや「日米首脳会談」は定例会見のごとくで、新しいことはなかった。せっかく日本に来たのにプーチンもメルケルもモディも印象が薄かった。
突如、全世界のメディアが板門店に焦点を移したからだ。

韓国の米軍基地へ向かったエアフォースワンを追って、世界のメディアが板門店に飛んだ。急ごしらえの取材班ゆえにチームワークも取れない。だが、板門店に至る間にも、殆どの人々は半信半疑であった。

 南北朝鮮をわかつ38度線の境界線の中央で、トランプと金正恩は握手を交わし、トランプが北朝鮮側へ足を一歩踏み込めば、金正恩も韓国側へ足をいれた。
そのうえ北朝鮮側の建物ではなく、韓国側の「自由の家」で、当初「二分の予定」だった米朝首脳会談は53分に及んだ。「仲介役」を自認した文在寅・韓国大統領は同席を許されず、最初から最後までピエロだった。

「二分でも良いから」とのレトリックは、さきにワシントンを訪問した文在寅が、米韓首脳会談をたった二分で打ちきられたことに重ねているのである。
そのうえ、戦後初めて米国大統領が北朝鮮に足を踏み入れたのだから、次は金正恩が渡米するのが答礼儀式となる。だからこそトランプは「制裁解除はしないが」、金をワシントンへ招待すると言ったのである。

 トランプ・金会談で決まったことはと言えば、打ち合わせを再開するための専門チームを二、三週間以内に組織し、その責任者にはポンペオ国務長官があたること。
そのうえ「非核化は急がない」と、従来の姿勢を大きく後退させたことに留意しておくべきだろう。つまり米国は「長距離ミサイル」に深い関心があるが、もはや核弾頭の廃棄の「完全な検証可能な実施」には拘っていないことを示唆している。
まして日本人拉致問題への言及はなかったようである。

 G20大阪の最終日に「金正恩委員長と会うかも知れない」とトランプは唐突にアドバルーンをあげたのも、メディアの関心を引きつけるためだった。
ツィッターで「二分でも良いから」としたメッセージを金正恩が受け止めた可能性があり、「会談は実現するかも知れない」と含みを持たせた。軽佻浮薄、付和雷同型のジャーナリストと、とりわけ画面効果を追うだけのテレビの関心が、奈辺にあるか、トランプは重々承知の上での、劇的な効果を狙った。
プロレスの応援団長や、テレビ討論番組の司会を通して、トランプはテレビの扱い方をじつによく把握しているのだ。

 さて一番むくれるはずの韓国は、結果的に随分と莫迦にされたものだが、そのことに気がついている様子がない。
 トランプは韓国訪問といっても、驚くなかれ青瓦台に立ち寄りもせず、公式晩餐会も拒否し、文在寅とは板門店で「立話」をしただけだった。米朝会談の主目的を果たすや、さっさとヘリコプターで米軍基地へ飛び、そのまま帰国してしまったではないか。

 そでにされたことには触れず「半島に平和が来る」などと騒ぎ、日本はお祭り騒ぎ、冷静な解説がどこにも見あたらない。
 米国ではルビオ上院議員らがトランプの接触を批判したが、声は大きくない。
 おそらく最も臍を噛んだのは中国の習近平だろう。先月に突如ピョンヤンを訪問して、金正恩とあったばかりだから、北朝鮮の綱渡りには立腹しているのではないのか。

 おなじく蚊帳の外はプーチン、メルケル、メィ、モディ、モリソンらだろうが、批判を控えている。

 それにしても「思いつき」で「一日で決まるとは思わなかった」などと表面は取り繕っているが、春頃から親書の往復がワシントンとピョンヤンの間に交わされていた。

そのうえでG20に来日が決まったときも、トランプは韓国には立ち寄る予定がないと言っていた。韓国訪問を土壇場で追加した。そのときに、おそらく米朝会談の段取りは設定されていたのだ。
◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)◎トランプと頭領の板門店会議の茶番
全く商売人のトランプさん 頭領をおだて上げ祭り上げ よくまあ<最初に会った時から好きだった>などとよく言うわあ それに頭領の腰巾着みたいにウロウロするどっかの大統領さんのみっともなさ
アホらしくなる世界外交の滑稽さ 
トランプに振り回されミスリードされつつシナに近寄ってあるいは自由貿易を声高に叫び立場を悪くさせてトランプを怒らせたとか巷に言われている中途半端な安倍外交の行方に暗雲だ 要するに綺麗事だけ喋りなんの意味もない外交(まさにNo action Talking only =NATO これはミッキー安川があの歴史的有名な一日10ドルの旅でアメリカでのデートその他について書いた本 女性との関係に使う言葉を今の安倍外交に使うのだ わはは)
口先のNATOで平和など無理しかも来年の選挙目当ての茶番のアメリカ大統領 昔の即武力でトマホークで叩き潰す方が男らしいし平和は確実に得られる アホな平和主義 そして核もなく攻撃力も去勢化された日本がいかに綺麗事をほざいても哀れな女衒外交しかできまへんわあ あのなあトーキングオンリーで愛撫もでけへん男など総スカンですがな 爆笑
   (AO生、世田谷)



  ♪
(読者の声2)宮崎正弘先生の独演会、演題は『余命半年の中国・韓国経済』です。
 本誌メルマガ読者の皆さん、宮崎先生の独演120分、焦眉の問題に集中して、行われます。

とき   令和元年7月13日(土)14時30分〜16時30分(開場:14時)
ところ  文京区民センター2F 2-A会議室(文京シビックセンター向かい側)
https://www.google.com/maps/place//@35.7093449,139.7523338,17z/data=!4m5!3m4!1s0x60188c3788294175:0xe0caa434378f574d!8m2!3d35.7087787!4d139.7542113?hl=ja

参加費  事前申込:2000円、当日申込:2500円、事前申込の学生:1000円
(高校生以下無料)
【懇親会】 17時〜19時頃 参加費:事前申込3500円、当日申込4000円
申し込み  7月12日21時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可)
(懇親会は7月11日21時迄)
FAX 0866-92-3551 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp
主催    千田会 https://www.facebook.com/masahiro.senda.50
https://twitter.com/Masahiro_Senda
詳しくは下記で。
https://www.kokuchpro.com/event/c237dbd6ec09c8fc1252184030ef9cc4/



   ♪
(読者の声3)ケン・フォレット 三部作
* 『巨人たちの落日』 Fall of Giants (2010) 戸田裕之訳 ソフトバンク文庫 2011
* 『凍てつく世界』 Winter of the World (2012) 戸田裕之訳 SB文庫 2014
* 『永遠の始まり』The Century Trilogy.3:Edge of Eternity 戸田裕之訳 SB文庫 2016
合計分厚い文庫版で三部作11冊 本日読了した。僕は最後から三部作を読み上がったのだ。
まずはこんな面白い大河小説しかも20世紀から21世紀初頭までの世界の歴史を自分なりに整理するのに最高に役だしかつ内容はケン・フォレットだけあってまさに読み出したら止められないストーリー・テラーで僕が彼に惚れ込んだ<針の目>からその素晴らしさは衰えていない。このような書をインテリの日本人は是非読んでほしい。素晴らしいのは実名実存の男たちが登場する。
それはフィクションとして出てくるのだが、大筋間違っていない人物像だろう。歴史の勉強にもなる。20世紀は戦争の世紀で波乱万丈の欧米をアメリカ、イギリス、ウエールズ、ロシア、ドイツの貴族階級の有り様をその斜陽と滅びを見事に描きその5つのファミリーを(お互い付き合いのある)を発展集約させていく手法は素晴らしい。時間的には忙しいので一気読みはできなかったが時間のあるときは二日で一冊のペースで読んだのでどうだろう? 一ヶ月で読了した。
貴族の世界の面白さ。ふんだんに男女関係の描写も興味をそそる。さらに実在の人物レーニン、トロツキー、スターリン、ロイドジョージ、ウイルソン大統領、ケネディ、などなどまさに彼らがそうだっただろうというリアリズムも緻密なフォレットの調査の賜物と言える。
これほど運命に翻弄された欧米の家族たち なんとリアルなことか?学校で歴史を学ぶならこの本を読んだ方が余程身に付く世界史だ。
是非お読みいただきたい。恋愛が好きな方はこのダイナミックな上流階級の男女の愛、しょぼくれた庶民の長屋か三畳間の愛、男女愛の永遠の愛の素晴らしさホロっとするそんな愛に涙ぐんで小説を読む喜び この三部作に感謝する。
   (奥山篤信)
 ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ●グーグルマップでも見ることができない世界の裏。ガイドブックにない国、地方、秘境。昼と夜でその顔を変えてしまう、あの街。不思議な世界!
 写真およそ百葉。256ページ。
  ●現代は世界の隅々の地図を瞬時に把握できる。世界のどこかで起きている災害もテロ事件も、お祭りもSNSの発達により把握できるが、さて地図に載らない場所が、世界中にある。
――海流のなかの島々、ガラパゴス、イースター島、パプアニューギニア、フィジー
――孤島の東チモール、モルディブで何が起こり、どのような生活をしているのか。
 ――世界の秘境と言われるブータン、ネパール、そして日本人が殆ど行かないアジアの国々のなかでコタキナバル、クチン、あるいは日本人が寄りつきたくないバングラデシュ。遠き過去の出来事となったベトナムの激戦地ディンビエンフーを訪ねてみると。。。。
 ●宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759316663/
 (↑ アマゾン、残部僅少)


  ♪♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
   

  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため7月14,15日が休刊予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/07/02

    投稿は何でも載せるのでなく、下らないものははじく必要があるだろう。

  • 名無しさん2019/07/01

    宮崎正弘先生へ

    .

    >さて一番むくれるはずの韓国は、結果的に随分と莫迦にされたものだが、

    >そのことに気がついている様子がない。

    .

    >そでにされたことには触れず「半島に平和が来る」などと騒ぎ、日本はお祭り騒ぎ、

    >冷静な解説がどこにも見あたらない。

    .

    上記の宮崎節ですが、宮崎先生にもあるまじき、分析間違いです。

    .

    (1)ムンジェインの著作(自伝)をお読みになりましたか?

    まだなら、お読みになることをお勧めします。

    彼は、主体(チュチェ)思想の信奉者です。

    つまり、北のエージェントです。

    北が韓国を呑み込むための工作員として活動しています。

    韓国大統領となったからには、韓国軍の弱体化や北の動向監視部の閉鎖等々・・。

    韓国経済を疲弊させ、日本との関係を悪くして貿易を細らせ、韓国をさらに疲弊させ、

    北が呑み込みやすくします。

    .

    (2)冷静な分析は、藤井厳喜先生が、最初からしていますように、

    北朝鮮が韓国を併呑します。

    .

    (3)問題は、日本の国際情勢分析家のプロたちが、トランプ政権の本質を

    全然わかっていないことです。

    トランプ政権は、軍事インテリジェンス政権で、NSA内部のチームQが主導しており、

    トランプ自体を担ぎだしたのがチームQで、公約は、軍事オペレーションの如く、

    きっかりこなして行く政権です。

    .

    (4)チームQは、「米国ディープステート」と闘い、これを一掃するための革命政権です。

    その動向は、Qmapなどなど、「米国Q情報」で入手でき、米国民の多くが真実に気づき初めています。

    日本国民の情報は、大手マスコミが米国ディープステート側なので、情報遮断され、周回後れです。

    .

    これを是非チェックイット

    https://www.youtube.com/user/gunnytorres/videos

    .

    ご笑覧下さい。

    「在韓米軍の撤退」カウントダウン、開始!

    .

    ⇒ https://ameblo.jp/e-aria-souken/entry-12483234457.html #アメブロ @ameba_officialさんから

    ↑は、当ブログの5月27日の記事

    ●韓国は北朝鮮に呑み込まれる!(確定事項)

    https://ameblo.jp/e-aria-souken/entry-12464263173.html

    の続報・経過ウォッチングの記事になります。

    .

    以上。