国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <なぜトランプは「ファーウェイとの取引続行」を容認したのか

2019/07/01

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月1日(月曜日)
       通巻第6122号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 なぜトランプは「ファーウェイとの取引続行」を容認したのか
  第四次の対中追加関税は課さないとも発言した真意は
****************************************

 6月29日、大阪で開催された米中首脳会談において「話し合いの再開」が確認されたが、ほかにこれという合意点はなかった。つまり米中貿易戦争になんらの進展はなかった。

ただしトランプ大統領は二つの重要発言をしている。
第一に「ファーウェイとの取引続行を容認する」としたこと。第二に対中追加関税は課さないとしたことである。

この発言の真意は中国ばかりか、むしろ米国側が蒙る被害の甚大さを認識しているからで、第一弾の報復関税から第三次にいたるまで、じつはスマホ、パソコンだけは巧妙に対象から外されていたのである。

 ファーウェイのスマホは、インテルなどの半導体供給がなければ製造できないが、逆に中国で組み立てているアップルのスマホも、対米輸出ができなくなれば、立ちゆかない。アップルはどっぷりと中国依存の構造となっている。

 ファーウェイは4Gを前提として5Gの開発を進めており、4Gの大半の特許はクアルコムが持つし、OS「アンドロイド」はグーグルである。

 トランプ大統領の規制強化によって米国からの技術供与が停まったためファーウェイは独自のOS(鴻蒙)の開発の発表遅延と同時に、5G新型機の発売を延期せざるを得なくなった。
 一方、インテルも半導体輸出に暗雲が射し込み、主力工場をイスラエルに移管するとしたが、当面の販売急減は避けられない。

 ファーウェイのサプラインチェーンは中国の国内メーカー(大半が米国との合弁)、米国、日本、韓国、台湾のメーカーなど数十社が関与し、すなわち米国とてファーウェイのスマホ、基地局への部品供給が売り上げの相当額を占めていた。
米国も中国のサプライチェーンの一角にあったのである。

 トランプは、この構築されたサプライチェーンを破壊してまでもファーウェイの排斥を狙っていたとは考えられず、この点では周囲のナバロ、ライトハイザーらとは見解をことにしたと推察できる。
 だが米中会談にのぞんだ面々を見渡すと、ボルトン、ライトハイザー、ナバロが雁首を並べていた。


 ▲米国企業も中国にどっぷりと依存していた

 げんに2018年度のファーウェイの部品購入金額は7兆5000億円という途方もない巨額(なにしろ日本の防衛費の1・5倍!)。このうちの2兆2500億円分は米国のインテル、ブロードコム、マイクロテクノロジーなどが出荷した。
 それゆえにブロードコム、インテルなどは「取引停止などとんでもない、販売禁止措置は緩和せよ」と米国企業がトランプ政権に求めていたのだ。

 両国は、この現実を前に竦んだ。
 トランプは「目先の貿易の利益より国家安全保障が大事だ」として、国防権限法をもとに次々と対中制裁、高関税付与をなし、非常事態宣言によって商務省はELを作成し、中国のハイテク企業十数社をブラックリストに入れてきた。

トランプのアキレス腱も露呈した。
中国が報復関税をかけたためにインディアナ、オハイオ、アイダホ州などの農作物、とりわけ大豆などの生産農家が悲鳴を挙げた。
これらの地域こそはトランプを支える大票田であり、いつまでも報復関税を放任しておいては来年に迫った大統領選挙に悪影響が出る。

だからトランプは「ファーウェイとの取引続行」を容認し、第四次の対中追加関税は課さないとしたのである。

◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ナポレオン戦争を詳細に分析し戦争の本質に迫った不朽の名作『戦争論』
原作者のクラウゼヴィッツの知られざる人間像を軸に漫画で描いた

  ♪
石原ヒロアキ・作&画、清水多吉・監修
 『漫画 クラウゼヴィッツと戦争論』(並木書房)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 クラウゼヴィィッツと言えば、あのナポレオンを撃破した戦略家にして、名書『戦争論』を遺した軍事戦略の天才である。古典となった『戦争論』はかれの死後に出版された。
 その箴言に曰く。「戦争とは他の手段をもってする政治の延長である」
 この言葉は古今東西のまつりごとの本質であり、孫子も同様なことを示唆した。
クラウゼヴィィッツの影響は、その後のマハンや、戦争論を再評価したレィモン・アロン、そして『核時代の地政学』をかいた近年のコーリン・グレイにも及んでいるし、各国の士官学校でも教えられる。
 日本の論壇でも政治学者ならかならず引用するほどで、日本への最初の紹介者は文豪・森鴎外だった。戦争論翻訳の第一号は、鴎外が帰朝後に『大戦原理』(1901)を書いている。森鴎外は軍医としてドイツに派遣され、多くの名著を入手し、相当量を翻訳したことでも知られる。
 ともかくクラウゼヴィッツの『戦争論』は戦争の本質を述べた名書とされるが、あまりにも長いうえ、固有名詞、とくに人名や地名が不慣れなので、日本人で読んだ人は稀ではないか。
 ならばナポレオン戦争の主要な戦闘、その戦略をクラウゼヴィッツを主人公として漫画にすることによって平明に背景と時代の流れを描き、理解を深める副読本としたら如何にとばかり、世界でも珍しい漫画によるクラウゼヴィッツ解説となった。
 しかも漫画を書いた石原氏は、陸上自衛隊の一等陸佐、つまり大佐(退役)である。
 昭和56年に赤塚不二夫賞に準入選した腕前。しかし戦争論を漫画で描く前に自衛隊にはいって体験しなければ前にすすめないとばかりに自衛隊へ志願し、退官後、およそ二年をかけて本書に挑んだという、いわば労作である。
 監修した清水氏は、中公文庫『戦争論』の翻訳者で、立正大学名誉教授。絶妙のコンビとなった。
       ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1918回】                    
 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(12)
鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

    ▽
 鶴見に戻る。
 「『山西自治』。それが言ひあはしたやうに、凡ての人の唇から洩れた。支那の現状を論ずる人も、支那の未來を論ずる人も、一度は『山西自治』と言」う。
そこで「自分は支那研究と言ふ手前からも、どうしても山西省太原府に往つて、その音に高い山西自治運動なるものを見て來なければならない」と、「山西督軍閻錫山」の許を訪れた。

  当時「一度は『山西自治』と言」う人々が、千葉県山武郡源村のみならず明治末年の静岡県賀茂郡稲取村と宮城県名取郡生出村の模範村」に思いを馳せたことはあるだろうか。

  目の前に閻錫山は、「?い支那服をつけて、支那靴を穿いた、四十少し過ぎと見られる中背の人で色の淺?い、やゝ小肥りの、二重顎、下ぶくれの顔、?い八字ひげ、軍人と言ふよりは、學校長といつた風に見える」。

 先ず鶴見は、山西自治という「大事業」を進めるに当たって、行政事務に要する経費は必然的に膨張するだろうが、その場合の経費徴収方法を訊ねた。
すると「平素、餘程演説をして、出來あがった音聲にちがひない」「大そう錆のあるいゝ声」で、その場合は「輸出輸入などの税に依るつもりです」。

  この答えに鶴見は失望する。
それというのも、「(閻錫山が例示した)釐金税は、支那の經濟構造發達の妨害であつて、山西の如き進んだ政治をする處で、之を財源としやうと言ふことは、頗る自分の腑に落ちなかつたからである」。

 次に「山西省は産業の頗る有望なところと承知しますが、産業發達の結果、起つてく來る勞働者の團體運動即ち勞働組合を御許しになりますか」と労働組合に就いて質したが、要領をえない返事だった。どうも通訳が十分に訳せなかったようだ。

  3番目に産業発達の暁には必要となる電気に関して質問すると、「(山西省に豊富に蓄えられた石炭や水を使って)行く行くは電氣事業を起こすつもりであると簡短に言はれた」のである。
 鶴見が「二日間考へた上で」、「財政問題と、社會問題と、科學との三點について」の質問したのは、「ある米國人が自分に語つて、閻督軍は、志はよい人であるが、知識が乏しい、との話」を聞かされたからである。

  所期の目的は達せられなかったものの、鶴見は閻錫山が「近代的意義に於ける經世家の資格なし、と結論」づけた訳ではない。通訳に問題ありと痛感し、「英語の通譯を介した方がよかつたと、沁々と後悔した」のであった。

  ここで「督軍の得意の問題たる?育」に話題を転じ、単刀直入に「?育の思想的中心は何でありますか」と質すと、「それは、做好人有吃飯、と申すことであります」。「それは勞働すれば食事が出來ると、言ふ意味であるといふ」。いわば衣食足りて礼節を知る、である。ヒモジサが諸悪の根源ということではないか。

  去り際に「自分を玄關まで見送つて來られた、質素な誠實な閻督軍の風格」の向こうに、鶴見は北条時頼を思い浮かべたと記す。
質素かつ堅実で宗教心に篤く、執権政治の基盤を強化する一方で、御家人や民衆に対して善政を布き、以後は名君の誉高い北条時頼(1227年〜63年)である。

  「支那を研究する人は、きつと太原府と南通州とに巡禮しなければなるまい」との『格言』に従って、鶴見は太原府を後に「上海から海路六時間、楊子江に沿」った南通州に向かっている。
「閻錫山氏の山西自治が、政府の力による行政事業であるに反し、張謇先生の南通州の仕事は」、個人經營にかゝる經濟發展事業である」からであった。
《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
   ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)通州事件慰霊祭と靖国神社参拝のお知らせです。
 7月29日は、日本と中国との戦争が始まった昭和12年に、北京東方の通州という城郭都市で起こった日本人虐殺事件の82年目の日にあたります。この日は殉難者の命日でもあります。
 虐殺事件の下手人は、親日的な地方政権の配下にあった、「名目は警察・実質は軍隊」といえる保安隊という組織の3000人の支那人でした。彼らは通州に在住する約500人の日本人を保護する任務を帯びていたにもかかわらず、卑劣にも日本軍の守備隊が作戦行動のため出かけたスキをついて反乱を起こしたのです。
 29日午前零時、反乱軍は城門を閉鎖し、電話線を切断して外部との連絡が出来ない密室状態にしてから、未明から午後にかけて、城内各所で、予めチョークで印をつけておいた日本人の家屋や日本旅館を集団で襲いました。
 城内では、眼球を抉り取り、腹部を断ち割り、内臓を引き出し切り刻む、妊婦の腹から胎児を取り出し踏みつける、などの天人倶にゆるさざる蛮行が終日続きました。
城内には血の匂いが充満し、殉難者たちの阿鼻叫喚の声が止みませんでした。こうして、無辜の日本人257人が支那兵によって拷問・惨殺され、死体陵辱されたのです。詩人西條八十は、「かかる鬼畜に似たる蛮族を隣邦に持ちたるある時代のアジアの恥ずかしさ、けがわらしき歴史を子々孫々まで語り聞かせよ」と訴えました。
 私たちは、この呼びかけに応えて4年前から活動を始め、当時の新聞記事を網羅的に集めたり中国で出された事件関連論文の翻訳資料をつくったりするなど、歴史研究の基礎資料の蒐集・刊行に取り組んで参りました。
3年前からは靖国神社に昇殿参拝し、殉難者の無念の心に思いを致し、ご冥福をお祈りする慰霊祭を挙行して参りました。参加者数の多寡にかかわらず、この式典は必ず毎年続けて参ります。それが、恨みをのんで斃れた同胞への義務であり、未来に生きる子孫への責任でもあると信じるからです。
心ある日本国民のご参加をよびかけ、お誘いの言葉とします。
        記
とき  7月29日午後四時(三時半集合)
ところ 靖国神社参集殿
参加費 おひとり千円
主催  通州事件アーカイブス設立基金(代表 藤岡信昭)



   ♪
(読者の声2)最近、気になることがあります。トランプ大統領の日米安保片務発言です。マスコミや我が国識者はこれに対し、「在日米軍駐留経費に関し相応の思いやり予算を負担しているから公平だ」と反論していることです。
 米国人の価値観を日本国民は理解してないと私は思います。
 彼らが重視するのは米国有事の際、同盟国として日本国民が血の一滴でも流せるかです。
 第一次イラク戦争の際、我が国はバブルでした。
その時期私は、アメリカンレストランで友人と酒を飲み酩酊してエントランスホールにさしかかったとき、二回フロアーから米軍家族が降りて来ました。緊張で夫人や子供たちの顔がひきつっているではありませんか、実は米軍司令官が主催して、イラクに出陣する将兵とその家族を招待しての壮行会だったのです。
 私は一瞬にして酔いが覚めました。イソップ物語のアリとキリギリスを思い出しました。我が国は勿論、キリギリスです。
 その後、客員教授として都内某大学で中国人留学生に講義でこの話をしましたら、一学生が「先生、日本は南宋に似ています。南宋は問題が発生すると金で解決していたのですが、その金が尽きて滅びました」と言われました。
 今米軍が我が国に好意を寄せているのは、思いやり予算ではなく、第二次大戦の際、日系部隊が欧州戦線で多くの犠牲を出しつつ米国のために戦ってくれた」という史実に他なりません。
 日本国民は戦争を「犯罪」と勝手に解釈しておりますが世界の常識は外交の一手段です。この平和ボケを正さない限り中国人留学生が言った南宋=日本になるでしょう。と私は思います。
   (恵隆之介)
    

(宮崎正弘のコメント)南宋は華南に追われた残存部隊が、フビライの指示で日本侵略に派遣され、神風が吹いてほぼ全滅しました。
生き残りがアジアへちりぢりに。それが華僑の源流です。南宋の滅亡は中世の噺で、無防備で侵略者の滅ぼされた典型例は通商大国=カルタゴ、それを滅ぼしたローマとて傭兵が防衛にあたり、ローマ市民は怠惰な日常に溺れているうちに蕃族の侵入に堪えられずに滅び、こうした歴史の教訓を踏まえれば、防衛力のない日本がカルタゴ、ローマの轍を踏まないとは限らないでしょう。



  ♪
(読者の声3) 大阪G20で来日中の独裁者=習近平に対する抗議集会とデモが行われたが、メディアはこの抗議活動を無視した。
スローガンは、「習近平国家主席に全アジアの怒りの声を」
集会ではラビア・カーディル氏(自由インド太平洋連盟 会長)、ショブチョード・テムチルト氏(クリルタイ会長)、ツェリン・ドルジェ氏(SFTジャパン代表)、 王戴氏(民主中国陣線副主席)らが演壇に立った。
およそ三百名の参加者があり、「中国のウイグル・ムスリム対象の強制収容所の実態、民族抹殺ジェノサイド、臓器狩り、強制臓器摘出のみにくい産業との連携など、中国共産党の悪逆非道を告発した。
会場から堺筋、長堀通から難波まで御堂筋をコースにデモ行進も行われ、「中国共産党は弾圧を止めろ、中国共産党はウィグル人の虐殺を止めろ」のシュピレヒコールが響いた。
   (関西一読者)



  ♪
(読者の声4)ネットに次の情報が流れています。
「衝撃的なニュースが胸に突き刺さりました。香港の21歳の女子学生が抗議投身自殺しました。彼女は香港教育大学音楽系に在学し、29日の午後、壁に逃亡法反対の遺書を残し、身を投げました。21歳でした。「私は自分の小さな命で香港二百万人の願いが叶うことと引き換えにしたい。皆さん頑張って下さい。」これは彼女が残した最後の言葉です。
 抗議の自殺は香港では二人目のようです。チベット人の百数十名の抗議焼身自殺を思わされます。「我に自由を与えよ。さもなくば死を与えよ。」との言葉がありますが、命を大切に大切にしてくださいと祈ります」(柳燕子)。引用止め。
 なぜ日本のメディアはこういう重要な事実を軽視するのでしょうか。
   (MH子)



  ♪
(読者の声5) (1)最低の加憲玉にさえ食いつかないド護憲公明党を政治的に切れない現状では、憲法改正はできないと(レアリスト)安倍さんは認めていると、高橋洋一氏が文化人放送局加藤清隆さんとの番組で明言していました。
(2)アメリカもうるさく言ってこなくなったし、と田原某には言ったとか。安倍さん本心はうるさく言ってほしい、今回のトランプ発言は「ご要望にお応えして」
(3)しかし小川和久さんの分析のように日米安保の受益者が、一方的に日本だとは到底言えないとすれば、アメリカからの圧力といっても所詮、レトリック以上のものが期待できるか?
(4)消費税でも安倍さんは、集団無思考のうえ利権執着には機略縦横な財務省に屈し「国賊Z」は高笑い、この国では総理といえどもぴょんぴょんと鱶の背を跳ぶイナバの白兎、数ある鱶には与党鱶も官僚鱶も。
(5)安倍さんは例外に属するとしても、いかに(平成)歴代首相たちが官僚のパペットだったか元財務官僚高橋さんが実体験から赤裸々に語られたことは、面白いを通り越してすさまじいほど。ZはIQ集団。
(6)Zのキャリア部隊は1000人以上かその人数分の利権が大事なのですね、IQエリートの独善に閉鎖的ヒエラルキー、必然として思考は動脈硬化、その意味で、かつて国を誤った参謀本部に似ていないか。
あの戦争で緒戦南方攻略に道を開いた藤原岩一、戦争末期の硫黄島や沖縄での粘り強い戦いを可能にした堀栄三の両参謀は傍流とされていた情報部門の将校でした(『F機関―アジア解放を夢見た特務機関長の手記』、『大本営参謀の情報戦記』)
(7)高橋さんによると安倍さんは疲れ気味とか、消費税あげて選挙に失敗、G20は引退の花道になるのか。
(三猫匹、低IQ)


(宮崎正弘のコメント)他方、73歳になったトランプ大統領は疲れを知らないかのように元気ですねぇ。昨日の板門店での金正恩との会見でも、若さ、エネルギーを感じました。
 ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ●グーグルマップでも見ることができない世界の裏。ガイドブックにない国、地方、秘境。昼と夜でその顔を変えてしまう、あの街。不思議な世界!
 写真およそ百葉。256ページ。
  ●現代は世界の隅々の地図を瞬時に把握できる。世界のどこかで起きている災害もテロ事件も、お祭りもSNSの発達により把握できるが、さて地図に載らない場所が、世界中にある。
――海流のなかの島々、ガラパゴス、イースター島、パプアニューギニア、フィジー
――孤島の東チモール、モルディブで何が起こり、どのような生活をしているのか。
 ――世界の秘境と言われるブータン、ネパール、そして日本人が殆ど行かないアジアの国々のなかでコタキナバル、クチン、あるいは日本人が寄りつきたくないバングラデシュ。遠き過去の出来事となったベトナムの激戦地ディンビエンフーを訪ねてみると。。。。
 ●宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759316663/
 (↑ アマゾン、残部僅少)


  ♪♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
   


  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。