国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<親中派メディアでさえ「つかの間の蜜月」と皮肉った日中首脳会談

2019/06/28

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)6月28日(金曜日)
         通巻第6119号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 しらけきった顔が並んだ。さはさりながら「日中新時代」だそうな
  親中派メディアでさえ「つかの間の蜜月」と皮肉った日中首脳会談
****************************************

 追い詰められると藁をもすがるため気持ちの悪い笑顔をつくる。大阪のG20開催に便乗して行われた日中首脳会談の席で、習近平と、中国側のならんだ顔を眺めて、薄気味悪さを感じたのが大方ではなかったのか。楊傑チ国務委員、王毅外交部長ほかの面々、誰も心からの愉しい表情を浮かべていなかった。

 そして李克強首相も王洋副主席も随行団には入っていない。団派を外交の檜舞台には堕なさいという習近平の狭量さが浮上する。

 安倍首相は「日中関係は完全に正常化された。来年の桜の咲くころに国賓としてお迎えしたい」などと本気なのか、随分と下手にでたものである。
「水に落ちた犬を打て」というのが中国人のしきたりだから、習近平側からみれば、日本は何か罠を仕掛けたのかと勘ぐるだろう。

 それでも安倍首相はかなり言いたいことを伝えている。
(1)沖縄尖閣諸島周辺での中国公船の活動に自制を要請
(2)南シナ海の非軍事化の重要性
(3)香港問題では自由で開かれた香港の繁栄が重要との認識を伝達
(4)ウィグル自治区における人権問題を念頭に、人権の尊重、法治など普遍的価値の認識を伝えた。さらに貿易問題では
(4)中国の補助金制度の是正
(5)知的財産権の保護強化
などを要求しており、欧米の要求と歩調を合わせている。ファーウェイ排除、半導体製造装置の禁輸などには触れなかったようである。

 不思議なことに日中首脳会談に出席していない河野外相は舞台裏でジョン・ボルトン国家安全保障担当大統領補佐官と打ち合わせをしている。

◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
   ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前号「6月26日に「FOXビジネス」とのインタビューに答えたトランプは日米安全保障条約に言及し、「日本が攻撃されれば、米国は第3次世界大戦を戦う。我々は命と財産をかけて戦い、彼らを守ることになるが、我々が攻撃されても、日本は我々を助ける必要はない。彼らができるのは攻撃をテレビで見ることだ」とした。さてこの日米安保条約の廃棄だが、条文に「どちらか一方が一年前に通告すれば、この条約は効力を失う」とあり、日本人が想定さえしなかったシナリオが現実のものになる」(引用手止め)

どうみてもトランプ大統領に筋(論理)があります。日本はこのまま安保タダ乗り継続ならばアメリカ人の軽蔑を買うのは時間の問題ではないかと懸念します。
言い換えれば、いまのまま日本人の頭がお花畑で変わらないんじゃ、数年の内にアメリカ人から日本人もシナ人も大同小異と軽侮されるようになるでしょう。日本人は「アメリカのためじゃない!日本のために戦う」覚悟を決める必要がある。覚悟とは最低の事態を覚悟すること。
戦前の日本人にはそれがあった。日本人の大勢が妻子や子孫を守る気がないなら日本はもうだめだ。海外在住の日本人も手の打ちようがない。
たしかに、それはディープステートがアメリカがより儲けやすい形にシナを変えるのが目的かもしれない。
しかし最前線はもはや日本の五島列島、沖縄、北海道である。
 日本人は伝統の「腹芸」を忘れたの? アメリカの軍産金融複合体の意図、シナの意図、ロシアの意図、周辺国の意図を裏まで理解し、それを腹におさめて闘うことができるのか?しかし、変化しようにも、民主主義で変化は遅い。例えば日本人はロシアが嫌い? それはわかっている。しかし、それはデカい腹に収めて、地政上の理由からロシアと仲良くしなければならないのと同じことだ。
 そして7・21は参議院選挙。在外投票はベトナムでは7月5日から14日まで。
 消費増税をする安倍政権には投票したくない。三橋貴明氏のいう保守の反グローバル政党。日本文化チャンネル桜の水島社長が立ち上げた新党に期待しているんですがよくわからない。
今回は最後の最後まで消費税についての情報が変化する可能性があるし、棄権した方が良いかなと思っている。宮崎先生メルマガ読者の方々のご意見をぜひ拝聴し、参考にさせていただきたいと思っています。
   (R生、ハノイ)



  ♪
(読者の声2)トランプ大統領の日米安保条約に対する不満の声がG20の目前に報道されるなど、どうも日米のプロレスではないでしょうか。
憲法改正をしたい安倍総理ですが、国会は憲法審査会すら開かれない状況、与党の公明党も「加憲」といった小手先の対応しか考えていない。
 トランプ大統領といえば2007年にプロレス興行団体WWEのオーナーにラリアットをしたつわもの。プロレスの場外乱闘はお約束とはいえガタイのいいトランプ大統領のラリアットは迫力があります。おまけにオーナーの頭をバリカンで丸刈りに。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=36&v=T27sbmDBSm4
 この動画のボコられる役を「CNN」にしたものがこちら。
https://www.buzzfeed.com/jp/bfjapannews/cf-tcv
 派手な演出で最大の効果を狙うトランプ流。
日本は昔から「外圧」を利用して国内の不満を抑えてきました。ホルムズ海峡やマラッカ海峡を通る日本のタンカーは日本が守るのが当然のこと。ついでに消費税の還付(戻し税)は輸出企業に対する実質的な輸出補助金である、という理由でカナダの消費税を下げさせたアメリカ、という主張が岩本沙弓氏の『アメリカは日本の消費税を許さない 通貨戦争で読み解く世界経済 (文春新書)』にあります。
このあたりもアメリカが問題視するなら消費税増税凍結につながるかもしれません。
衆参ダブル選挙はなくなったと思わせておいて、G20閉幕後に臨時国会招集、冒頭解散という線もまだあるらしい。
G20サミットは大荒れになりそうです。
   (PB生、千葉)



   ♪
(読者の声3)通巻第6118号 「トランプ発言」ですが、(引用)「トランプは日米安全保障条約に言及し、「日本が攻撃されれば、米国は第3次世界大戦を戦う。我々は命と財産をかけ戦い、彼らを守ることになるが、我々が攻撃されても、日本は我々を助ける必要はない。彼らができるのは攻撃をテレビで見ることだ」とした(:引用終り)
このトランプ発言ですが、論旨の出発点が、まったく間違っております。「日本が攻撃されれば、」まず、第一に、我が自衛隊が反撃します。
これは、明々白々のことです。
むしろこの場合に、「米軍が直ちに、日本を攻撃した国に反撃するかどうか?」は日米協議事項のはずです。
「日本が攻撃され、日本人は反撃せず、戦おうとはしないのだ」というトランプ発言は、日本人と日本国にとり、甚だしい「侮辱発言」です。 
(磯野和彦、尼崎市)



  ♪
(読者の声4)貴誌前号、トランプが日米安保条約を破棄する。
 もしか日本はやっと本当の戦後に入るかも。自立自足で自国を守ること!
ビーバ トランプ大統領、やっと日本を解放してくれる。
   (FK生、コロラド州)



   ♪
(読者の声5)28日(金)12:50-2:00ラジオ日本(1422kHz)「マット安川のずばり勝負」に藤岡信勝先生が出演します。
映画「主戦場」の話に加えて、後半では、関連して、慰安婦、徴用工などの話題も取り上げます。後半はリスナーのメールでの質問に答えるコーナーもあります。
    (ラジオ日本担当)



  ♪
(読者の声6)恒例「とびっきりの講演会」のお知らせです。
?演題 「米中戦争の考察」
?講師 公益財団法人日中友好会館副会長・元中華人民共和国特命全権大使・宮本雄二
?時  令和元年7月29日(月)PM6:00〜
?定員 先着90名(要予約)
?会場 神奈川県民サポートセンター3F 304号会議室(JR横浜駅西口徒歩3分ヨドバシカメラ裏手)
?問い合わせ先 045−263−0055
☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ●グーグルマップでも見ることができない世界の裏。ガイドブックにない国、地方、秘境。昼と夜でその顔を変えてしまう、あの街。不思議な世界!
 写真およそ百葉。256ページ。
  ●現代は世界の隅々の地図を瞬時に把握できる。世界のどこかで起きている災害もテロ事件も、お祭りもSNSの発達により把握できるが、さて地図に載らない場所が、世界中にある。
――海流のなかの島々、ガラパゴス、イースター島、パプアニューギニア、フィジー
――孤島の東チモール、モルディブで何が起こり、どのような生活をしているのか。
 ――世界の秘境と言われるブータン、ネパール、そして日本人が殆ど行かないアジアの国々のなかでコタキナバル、クチン、あるいは日本人が寄りつきたくないバングラデシュ。遠き過去の出来事となったベトナムの激戦地ディンビエンフーを訪ねてみると。。。。
 ●宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759316663/
 (↑ アマゾン、残部僅少)


  ♪♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
   在庫払底。キンドル版のみ。


  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420746
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
https://www.amazon.co.jp/-ebook/dp/B07N2V8CL8
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。