国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ペンス副大統領、24日の演説を無期延期へ

2019/06/22

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)6月22日(土曜日)
       通巻第6112号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ペンス副大統領、24日の演説を無期延期へ
  「G20を前に中国を刺戟するのは良くない」? それとも他の理由が。。。
****************************************

対中強硬演説で注目をあびたペンス副大統領の第二弾は6月24日、ウッドロー・ウィルソン・センターで予定されていた。
ところが、週末からワシントンでは演説の延期、もしくは中止説が飛び交っていた。

第一に大阪で28日から開催予定の「G20」を前に、来日を予定している習近平主席ならびに中国をこれ以上刺戟するのは良くない。すくなくともG0が終わってからにするべきた等の反対論が共和党内で議論されていた。

第二にイラン問題が、緊急案件として浮上し、加えて、サウジへの武器供与を議会が否決した。米国連邦議会はカショギ問題が尾を引いているうえにイエーメンへの武力攻撃を続けるサウジアラビアに対して懐疑的、かつ否定的姿勢に傾いており、紛争を悪化される武器の対サウジ供与は時期的に不適切とする理由をあげた。トランプ大統領は議会決議への大統領拒否権発動を準備しており、あくまでのサウジへの武器供与を続ける方針である。

 第三に中国の動きが微妙である。
 習近平は外交的失敗を隠蔽するための芝居を狙っていたが、それが北朝鮮への突然の訪問となってあらわれた。

 ハノイにおける弐回目の米朝会談の失敗後、金正恩は北京に報告のために立ち寄らず、無言で平壌へ帰国した。この行為にむくれていた習近平が自ら北朝鮮にご機嫌うかがいに行ったのだから、これほど中華思想の文脈から看て、屈辱的なことはないだろう。
 かくしてペンス副大統領の第二弾演説は無期延期となった。
      ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1910回】       
――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(4)
  鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

         ▲
 周作人といえば思い出すのが香港留学時代に知った鮑さんである。じつは鮑さんが、共産党政権下の北京で一種の“幽閉生活”を強いられていた周作人にとっての日本との窓口だった。周作人は文革が始まった翌(1967)年に亡くなっているが、生前は手紙で鮑さんに東京出張の際には神田や本郷界隈の老舗の品物を指定して買ってきてくれるよう依頼していたそうだ。注文先が“通”しか知らないような老舗だったというから、やはり周作人にとって青春を過ごした東京は格別の地であったに違いない。因みに彼の妻は日本人であり、彼女と魯迅の折り合いの悪さが後の周兄弟疎遠のキッカケだったとも言われる。

  鶴見を前にして周作人は語る。
 「私は近頃日本の小説を支那語に譯して見ますが、その時、如何にも支那文字の不足と言ふことを感じますね。從來の支那文字では、どうも感じがしつくり出ない。日本文は此の點では、永く西洋の影響を受けて居ますから、餘程現代人の心持にしつくり合ふやうになつて居ますね。支那文字では、まだどうしてもそこまでは往きません」。

  「久しい前から、日本語については深い疑ひを持つてゐた」という鶴見は、周作人の発言が「大變面白かつた」らしい。じつは鶴見は「偏狹な愛國心を離れて靜觀する時、日本語と言ふものを驅使して、日本人がどれだけの思想的水準に上り得るか疑問と思ふ。併し、現代の支那語は、それ以上に實生活とかけ距れた不便なものであると言ふことを聞いて驚いた」。

 周作人の発言から、鶴見は「現代の支那語」が「實生活とかけ距れた不便なものである」ことを初めて知ったことになる。

 胡適、陳啓修、呉虞、周作人などと話をして鶴見が感じたことは、「支那の文學革命の波が、今この大きな國のうちに擴がつてゆく」ことであった。だが、だからといって、それが「現代の支那を動かす最も大なる力である、と言ふわけではない」。
古い国であればこそ。「かういふ?史が繰りかへして來た」ことになるのだ。

  1911年の辛亥革命は清朝を倒し、漢族の国である中華民国を建国したものの、「本當の意味に於ける革命ではなかつた。專制政治に對する、議院政治の勝利とすらも往かなかつた」。じつは「當時の支那人は佛蘭西革命の前にあつた精神的動揺時代を經過してゐなかつた」。だが最近になって「支那民族の思想的動揺の端緒が起つて來た」。つまり新文化運動であり文学革命だ。「鋭き懷疑の精神を以て古き傳統の偶像を片つ端から破壞しやうと言う眞劍な心持が、一部の人々の間に湧いて來た」。そこで「今迄は、考へることなしに、先祖から相續したものを、彼等は根本的に『何故』と探究し始めた」のである。

  鶴見は、過去2年半の彼らの動きから「懷疑精神の勃興」を読み取り、「偶像破壞の運動」を認め、次にやってくるであろう「建設的運動」の形態、時機に注目する。そして、いくつかの事実を指摘する。第1が「今日の支那の思想界には、まだルソーは出てゐない。トルストイもまだ出てゐない」。つまり歴史の試練に耐える思想家が生まれてはないとうこと。第2は「今日の支那は、或る外國人の夢みるやうな、英雄政治の實現を許さない」。フランス革命後に出現したナポレオンのような武人独裁者が現われ「天下を統一するであらうと言う空想に、對支政策の根底を置く人が萬一あるならば、その人は必ず失望するに違ひない」。
第3は「今日の儘の形では、支那の議院政治は成功しまいと言うこと」である。

  じつは古くから官吏になることが学問、殊に儒学徒の目的だった。だから「競爭激烈となつて腐敗を來した」。
こういった風潮を「矯正する爲めには、學徒の目的を官吏以外、實業、科學、文藝、百般の方面に置かしむるべし」との主張を、鶴見は熱烈に支持する。
《QED》

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【知道中国 1911回】                     
 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(5)
  鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

   ▲
 伝統を支えてきた儒学は、科挙と結びつくことで官吏への道筋を約束する。「昇官発財(官位が高くなれば金儲けができる)」という“伝統”を打ち破り、官位に就かなくても「発財」が可能となる社会に変革すべきだ。つまり学問を儒学以外に解き放ち多角化することで、多くの人材が養成され、そのような人々によって組織されてこそ国会は「人民の親附を受くる機關となるであらう」。

  このように偶像を破壊してこそ、「新しき支那に多くの期待を繋ぐ」ことができる。だから「永き隣國たる日本人としては」、現に進んでいる新文化運動(=偶像破壊)を「深き注意で見守つてゐなければなるまい」。

  だが歴史を振り返ってみた時、「永き隣國たる日本人としては」、はたして隣国で進行する新しい状況を「深き注意で見守つてゐ」たと言えるだろうか。やはり日本人の対応は甚だ心もとなかったと考えざるを得ない。この点に就いて追々展開される鶴見の議論を注目しておきたい。

  先に取り上げておいたように「或る運動の正體を觀るには、その運動が産出した多くの文獻を見るより、寧ろ其の運動を指導して居る人々に會ふ事が必要であると常に考えていた」鶴見は、自らの考えに従って、多くの指導者に会って話を聞いている。

  鶴見は先ず当時の中華民国大総統である徐世昌に会うべく大総統府に向った。案内に立ったのは、陸軍支那通の象徴的存在であり、当時の北京政界に影響力を行使していた坂西利八郎中将だった。

  鶴見は案内役に先導され応接室に入る。「うすれ行く優美が庭の木立にさへぎられて、部屋にはたそがれの色が漂つてゐた。/つと見ると、部屋の中程に、?い支那服を着た人がスラリと立つて居る。正しく、大總統徐世昌氏であ」り、「今自分の前に立つて居る徐世昌氏は、彼の筆跡のやうに、優雅で上品であ」った。

  鶴見の質問に正面から応ずるのではなく、悉く躱す。会話が成り立たない。だが「自分は少しも、不快な感じを覺えなかつた」。「一体に申し分のない風采であつた」と綴っているところをみると、その立ち居振る舞いには好印象以上の印象を覚えたということか。

 その夜、鶴見は漢口行列車に乗り北京を離れた。その2日後、徐は大総統を辞任し北京を離れ天津に居を移した。
おそらく鶴見と面談した折には、既に辞任は自明のことだったのだろう。「その引退が脚下に迫つてゐたことを、腱毛のゆるぎにもみせなかつたのである」。

 さて徐は傲然と腰を抜かしていたのか。苦境を表に表さない“超”の字のつく大人(たいじん)だったのか。それとも強靭無類の鈍感力の持ち主だったのか。 

  次いで鶴見は国立北京大学に蔡元培総長を訪ねる。

 「背の低い――と言つて五尺二三寸、痩せこけたやゝ前こゞみの中年の老人」であり、「日にやけた顔は?骨が高く見える程肉が落ち、眼がくぼんで見える。只話してゐるうちに、其の眼は、折々輝くやうに思はれた」。その風貌を、「壮年時代のあの八面奮鬪の猛志が、修養の積みきつた今日でも、思はず、姿を顯はすのであらう」と形容する。

  蔡との会話を「まつすぐ打ち込んでゆく仕合だときめた」鶴見は、「只今支那全土に漲る?育熱」を認めたうえで、急務である学校建設費用の算段について訊ねた。それなりの返答を受けた後、「さういふ風にして、作つた學校で何をお?へになるかであります。即ち現代支那の?育の中心思想は、何であらうか、つまり?育の内容は何であらうか」と質問した。これこそが「自分の抱いて來た、本當の質問」であったのだ。

  すると間髪を入れずに「それは、自由、平等、博愛、と申すことであります」と。
《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 +++++++++++++++++++++++++++++++++++
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)第45回兵法講座 兵法書として読む古事記・日本書紀(ご案内)
大化改新について、これほどビジュアルで詳しい解説はおそらく二度と聞けませんので、皆様奮ってご参加ください!
第45回 家村中佐の兵法講座 兵法書として読む『古事記』『日本書紀』
 日本の歴史上で初めて先帝の御譲位により即位され、最初の元号「大化」を用いられた孝徳天皇の御代とは、どのような時代だったのでしょうか。
今回の兵法講座では『日本書紀』巻第二十五を読み説きながら、権力をほしいままにしていた蘇我蝦夷・入鹿父子を滅ぼした中大兄皇子と中臣鎌足が乗り出した政治機構の大改革「大化の改新」や、こうした改革を必要とした時代背景などにつきまして、図や絵を用いてビジュアルに、分かりやすく解説いたします。
      記
演 題:第18話 孝徳天皇と大化の改新
日 時:6月29日(土)13:00開場、13:30開演(16:30終了予定)
場 所:文京区民センター(シビックセンターではありません)2−B会議室
講 師:家村和幸(日本兵法研究会会長、元陸上自衛隊戦術教官・予備2等陸佐)
参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)
お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
 FAX 03-3389-6278(件名「兵法講座」にてご連絡ください。事前に、「新説『古事記』『日本書紀』でわかった大和統一」(宝島社新書486)をお読みいただくと、理解が深まります!)
     (日本兵法研究会事務局)

   ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
6月26日発売(定価 1728円)
++++++++++++++++
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ●グーグルマップでも見ることができない世界の裏。ガイドブックにない国、地方、秘境。昼と夜でその顔を変えてしまう、あの街。不思議な世界!
 写真およそ百枚、256ページ。
  ●現代は世界の隅々の地図を瞬時に把握できる。世界のどこかで起きている災害もテロ事件も、お祭りもSNSの発達により把握できるが、さて地図に載らない場所が、世界中にある。著者は20代のころから世界各地、時には危険地域も数多く取材してきた。50年以上に渡る取材旅行で訪れた国と地域のなかでも、ガイドブックの地図に載らない世界がある。
――海流のなかの島々、ガラパゴス、イースター島、パプアニューギニア、フィジー
――孤島の東チモール、モルディブで何が起こり、どのような生活をしているのか。
 ――世界の秘境と言われるブータン、ネパール、そして日本人が殆ど行かないアジアの国々のなかでも、コタキナバル、クチン、あるいは日本人が寄りつきたくないバングラデシュ。遠き過去の出来事となったベトナムの激戦地ディンビエンフーを訪ねてみると。。。。
 ●予約受付を開始しました!
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4759316663/

  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/


  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/06/22

    ペンス副大統領、24日の演説を無期延期へ

      「G20を前に中国を刺戟するのは良くない」? それとも他の理由が。。。←延期の理由について、宮崎先生のその後の分析をぜひ、お聞きしたいです。