国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国はメンツにこだわり、米国は農家もメーカーも苦杯が続く

2019/06/13

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)6月13日(木曜日)弐
       通巻第6109号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は海外取材のため6月15日―23日が休刊となります 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 貿易戦争は関税合戦、トランプの本心は早く幕引きしたい。
  中国はメンツにこだわり、米国は農家もメーカーも苦杯が続く
****************************************

 そろそろ幕引きとトランプ大統領は内心で考えているのではないか。
だから「大阪のG20で、習近平が首脳会談に応じなければ第四次制裁関税をすぐに発表するだろう」とさかんにツィートしている。
畏怖と威嚇で相手から譲歩を引き出すディール。トランプ大統領一流の駆け引きである。
そう言えば、トランプが若き日に世に問うたベストセラーは『駆け引きの芸術』(THE ART OF DEALS)」という題名だ。いまも筆者の手元にある。

 米国からの対中輸出は29・6%減少、中国はところが8・4%減らしただけ、駆け込み輸出が主因だが、生産、流通、そして消費が、米国市場とて中国にしっかりとビルト・インされているからだ。
 なにしろトランプの標語「MAKE AMERICA GREAT AGAIN」の帽子もシャツも国旗も中国でつくっている。
日本とてアパレルに関しては91%を輸入に頼っており、国内アパレルは壊滅同然となっている。

 中国は消費者物価が2・7%値上がりし、とくに豚肉は18・2%,生鮮果物は26・7%、たとえばニンニクの中国における小売価格は45〜-50ドルから55〜-60ドルに値上げになった。

 漁夫の利を得ているのは欧州とベトナムである。とくにベトナムは中国企業が夥しく移管して「ベトナム製」として対米輸出しているため輸出が急伸中だ。
 
かくして世界貿易構造に地殻変動にたぐいする大変化が起きている。米国は、この変化を十分に認識しながらも、失業率が低く、国内世論はトランプの対中強行策を支援しているので、現在の政策続行はやむを得ないと判断している。

 ところがトランプ支持基盤であるオハイオ、アイダホ、インディアナ、アラバマなどの農業州で、悪影響が著しく出始めた。
大豆輸出は四分の一にまで減少、そのうえ異常気象による洪水が重なり、これはトランプへの批判票となって、共和党の固い地盤である農業州で、あろうことかバイデン支持が見られるようになった。

 現段階では、議会が中国制裁の法律を作ってトランプにはやく実行せよと迫り、メディアも議会に輪をかけて中国に強硬であるがゆえに、貿易戦争の強硬姿勢は、アメリカの総意である。

しかし大統領選挙が近付けば、選挙対策がどうしても視野に入る。
 そのうえ、トランプ政権の内部はケリー去り、バノン去り、マティス去りで、バラバラの様相、通商政策は強硬派のナバロとライトハイザーが主導し、ロス商務長官ら穏健派は声をあげず、安全保障政策はボルトンの一人舞台。だいいち安全保障会議が開催されていない気配が濃厚である。


 ▲中国に進出した米企業も大苦戦

 他方、中国へ進出して大規模な投資を続けてきたアップル、デル、そしてGMなどは中国国内で急激な売り上げ不振に見舞われ、大量のレイオフをだしている。中国市場で立場がかなり悪化、不利になってきた。

 従って貿易戦争における高関税合戦は、米国も中国もはやめに手を打ちたいのである。G20大阪で、米中首脳会談を急ぐのはトランプのほうにその動機が強い。しかし選挙の心配のない習近平にとってはメンツを保持することがもっとも重要で、『譲歩』の印象だけは避けたいというところであろう。

 貿易戦争なんぞより、米国が重視するのは次世代ハイテクの覇権であり、こちらの方面ではファーウェイ、ZTE、チャイナモバイルに引き続き顔面識別のカメラメーカーに社、ドローンのメーカーなどの米国上陸を阻止した。
 
 米中は現在の貿易戦争のレベルから、早晩、金融、技術をめぐる総合戦に移行する。
トランプ政権は、こちらを優先させるために、やはり貿易戦争で徒な譲歩を拒み、中国経済の衰退を時間をかけて攻めながら、技術の流失を防ぎ、中国経済のパワーを弱め、これまでのパワーを集中させて、新しい政策発動へ向かう方向にある。


 ▼ABCD包囲網、ハルノートあたりまで戦前と酷似してきたが。。。

 とはいうものの、熱い戦争に至る可能性はきわめて低い。
 戦前のFDRは、対日戦争を準備するために、移民法改悪、対日悪宣伝キャンペーン開始、ABCD包囲ライン、日系人強制収容、ハルノートと徐々に日本をして戦争を仕掛けるように謀り事をめぐらせて、パールハーバーを待った。直前には中国奥地にフライングタイガー基地を志願兵と偽って準備し、日支事変では事実上の対日参戦をしていた。

 いま、米中戦争が、このパターン通りに繰り返すことはないが、一つの歴史教訓として見直せば、中国人移民規制、中国の悪宣伝キャンペーンは開始され、技術移転封鎖、関税戦争は一種のABCD包囲ライン、ペンス副大統領演説はハルノートと言えなくはない。

 中国は戦争も辞さない。最後までおつきあいすると威勢の良いタンカを斬ってはいるが、兵站準備はまるで出来ていない。
口では台湾に強硬姿勢を示すものの事実上の戦争準備態勢にはない。むしろ台湾企業が中国から撤退して行くのを拱手傍観している。
 ならば次は何が起こるか?

     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は海外取材のため6月15日―23日が休刊となります 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1909回】                    
――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(3)
鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

    ▲
 その「第二の斷案」というのが、「儒?なんてものは支那では死んで仕舞つた」である。
 後日、胡適は「第二の斷案」を説くために鶴見をホテルに訪ねた。
  胡適が口を開く。
「儒?が支那人の思想をそんなに支配したと思ふのが謬りである」。どうやら胡適は「老、荘、禪を理想主義と呼んだのに對し儒?を自然主義」と見做しているようだ。

  そもそも儒教とは何であるのか。
儒教の柱である「論語は斷片的な道?と常識だけではないか。しかも論語の中の十六篇は僞文である。孟子、これは勿論孔子には關係ない。して見れば、孔子の?義が天下を感化すると言つた所で、その内容はなんであるか」「孔子の生涯には、そんな深い神秘的な感化を與ふべき何物もない」。
まさに一刀両断である。

  そこで鶴見が孔子第一の弟子とされる顔回に対する孔子の感化力を持ち出すと、「顔回?顔回が何をしましたか。顔回が貧乏したと言ふだけで、何の感化と言ふことが出來ますか」。
全く以て身も蓋もない。
「人も馬もなで斬り」である。そして筆を以て「一、命運(フェータリズム)――知足(コンテント)。/二、果報(カールマ)/三、道家の報應(レトリビユーシヨン)。」と記し、「是れが、支那人を支配した思想である」と説いた。

  胡適の話を聞いた後、鶴見は「只儒?全盛の支那に於て――胡適君の説あるに關せず自分はさふ思ふ――斯の如く大膽に卒直に、儒?――孔子と言ふ權威を否定しやうと言ふ、年若き偶像破壞者の熱情に感動した。一體に、國權、即ち兵力と財力とを以て、一つの哲學や宗?を一般人に強制すると言ふことは、卑怯なやりかたである」。
そんな儒教が「自由にして忌憚なき批評の的になる」ようになったのは、やはり「支那の權力階級の綱紀が緩んだお蔭であ」り、それゆえに「支那の動亂は、支那の思想發達上の恩惠である」と考えた。

  次いで訪れたのは、新文化運動の指導者であり後に共産党の創立に大きな役割を果たした陳独秀と共に「反孔?運動の急先鋒であると聞いた」呉虞だった。
呉は、「孔?を非とする理由として、次の如く記された。/一、其學説主張不合國體。/二、偏重一楷級人的利?。/三、主張尊卑貴賤上下男女楷級太不平。/四、輕視女子。/五、尊天重喪禮祭禮入於迷信。/六、不合現代生活」と記し、さらに「科學の眞理に純据し、以て迷信を破除す。外國人も亦多く賛成す」と綴っている。この6項目を簡単に言うなら、「統治階級に最便利重寶なる學説であつて專制政治の支柱」ということだ。

  呉との筆談中に、「流暢な日本語で言う三十四五の支那服」がやってきた。陳啓修である。
 「東京帝國大學の學生として、よく新渡戸先生の御宅に出這入りしていたのは、早いもので、もう十餘念の昔である」。現在は北京国立大学経済学教授として「多望なる未來を大勢の人に嘱目せられて居る」。「その時に陳君のされた話は、公にすべき性質のものではないと思うから、此處には書かない」。
だが彼が「月並な意味に於ける日支親善論者でないことが、自分には大層うれしかつた」という。どうやら当時も「月並な意味に於ける日支親善論者」が圧倒的に多かったわけだ。何時の時代も、軽佻浮薄の徒は掃いて捨てるほどいる。

  かくして鶴見は「日本と支那との、新しき了解の播きなほしは、陳?授や周作人君等の手にある」と結論づけた。

  次に周作人を訪ねる。この人ほどに日本を理解し、生き方、生きる形・姿としての日本文化を存分に堪能した人は見当たりそうにない。
だが彼もまた「月並な意味に於ける日支親善論者でないこと」は明らかだ。毛沢東に持ち上げられた兄の魯迅とも、共産党の走狗然と振る舞った弟の周建人とも違い、共産党政権下でも節を枉げることはなかった
《QED》
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(読者の声1)日本文化チャンネル桜から討論番組のお知らせです。
番組名:「闘論!倒論!討論!2019 日本よ、今...」
テーマ:「本当の中国・韓国経済」(仮)
放送予定:令和元年6月15日(土)夜公開
日本文化チャンネル桜、「YouTube」「ニコニコチャンネル」オフィシャルサイト
インターネット放送So-TV
<パネリスト:50音順敬称略>
澁谷司(拓殖大学海外事情研究所教授)、田中秀臣(上武大学教授)
田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員)、福島香織(ジャーナリスト)
宮崎正弘(作家・評論家)、室谷克実(評論家)、渡邉哲也(経済評論家)
司会:水島総(日本文化チャンネル桜 代表)
    (日本文化チャンネル桜)
☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 << 今月の拙論と予定 >>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ▼
(1)「令和改元と縄文文明」(北風抄、『北国新聞』、6月11日)
(2)「『ANZUS』から『AUS』へ」(『月刊日本』7月号、6月22日発売)
(3)「今、世界は? ニュージーランド」(『エルネオス』7月号、月末刊行)
(4)「米中貿易戦争は新段階へ」(『内外ニュース』7月号、月末発行)。

<近く発売予定単行本>
『地図にない国を行く』(海竜社、6月26日発売)
『神武天皇「以前」と縄文文明』(仮題、育鵬社、8月頃を予定)
『中国経済崩壊の秒読みが始まった』(仮題、ワック。石平氏の対談第十弾) 
『上海発チャイナショックはリーマンの十倍』(仮題、徳間書店、8月を予定)
           ○◎○ ○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
6月26日発売(定価 1728円)
++++++++++++++++
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ●グーグルマップでも見ることができない世界の裏。ガイドブックにない国、地方、秘境。昼と夜でその顔を変えてしまう、あの街。不思議な世界!
 写真およそ百枚、256ページ。
  ●現代は世界の隅々の地図を瞬時に把握できる。世界のどこかで起きている災害もテロ事件も、お祭りもSNSの発達により把握できるが、さて地図に載らない場所が、世界中にある。著者は20代のころから世界各地、時には危険地域も数多く取材してきた。50年以上に渡る取材旅行で訪れた国と地域のなかでも、ガイドブックの地図に載らない世界がある。
――海流のなかの島々、ガラパゴス、イースター島、パプアニューギニア、フィジー
――孤島の東チモール、モルディブで何が起こり、どのような生活をしているのか。
 ――世界の秘境と言われるブータン、ネパール、そして日本人が殆ど行かないアジアの国々のなかでも、コタキナバル、クチン、あるいは日本人が寄りつきたくないバングラデシュ。遠き過去の思いでとなったベトナムの激戦地ディンビエンフーを訪ねてみると。。。。
 ●予約受付を開始しました!
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4759316663/

  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/


  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/06/13

    貿易戦争は関税合戦、トランプの本心は早く幕引きしたい。

      中国はメンツにこだわり、米国は農家もメーカーも苦杯が続く

    ****************************************



     そろそろ幕引きとトランプ大統領は内心で考えているのではないか。

    だから「大阪のG20で、習近平が首脳会談に応じなければ第四次制裁関税をすぐに発表するだろう」とさかんにツィートしている。

    畏怖と威嚇で相手から譲歩を引き出すディール。トランプ大統領一流の駆け引きである。

    そう言えば、トランプが若き日に世に問うたベストセラーは『駆け引きの芸術』(THE ART OF DEALS)」という題名だ。いまも筆者の手元にある。←情報ありがとうございます。