国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ロシアMTSがファーウェイの5Gと正式契約

2019/06/10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)6月10日(月曜日)
       通巻第6104号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 プーチンの策略なのか、政治宣伝か、米国を牽制が目的か
  ロシアMTSがファーウェイの5Gと正式契約
****************************************

 2019年6月8日からサンクトペテルブルグで開催されていたロシア主催の「国際経済フォーラム」のメイン・ゲストは習近平だった。
プーチンと並んで「貿易は自由であらねばならない。保護主義はよくない」と述べて、自由貿易圏を驚かせる一方で、習は「トランプ大統領とは友人である」と述べ、作り笑いを演じた。

 他方、プーチンは日頃の憂さを晴らすかのようにアメリカを名指しで批判し、「保護貿易主義に反対してきた米国が制裁だの、排斥だのと言うのは、時代錯誤だ」とファーウェイの5Gプロジェクトの排除をきめたトランプ政策を批判した。

 この席で、派手な政治演出があった。ロシア最大のプロバイダーMTS(モバイル・テル、システム)が、ファーウェイの代表と固い握手を交わし、5Gを採用する正式契約に署名した。ロシアのMTSは、ロシアばかりかウクライナ、ベラルーシ、アルメニアで同じシステムを使用しており、ロシア圏最大の通信企業である。

 『モスクワ・タイムズ』によれば、「ほかにファーウェイの5Gとの契約を準備中の欧州の国にはオーストリア、ベルギー、ルクセンブルグ、オランダ、ドイツ、仏蘭西、アイルランド、ハンガリー、ギリシア、リトアニア、ポルトガルだ」と報道した(同紙、6月6日付け)。

 こうした儀式によってロシアは中国との仲の良さをアピールし、米国を強く牽制したことになるのだが、じつは焦眉の急は ロシアも中国もベネズエラの今後の扱い方を決めかねており、両国に意見に一致がみられないことだ。

ただし、両国はもはやマドロゥ政権を見放しているらしく、現政権救済の展望は一切語られなかった

 ウォールストリートジャーナルは「ロシアの軍事顧問団ならびにマドロゥ大統領の警備に当たってきたロシアチームは賃金不払いのため、まもなくベネズエラを去る」と報じた。
 ロシアのラブロフ外相はすぐにこの報道を否定したが、かつての熱烈なベネズエラ救済の姿勢はもはやない。中国も同様である。

 見限られたと自覚したのか、どうか。同日、マドロゥは四ケ月に亘って封鎖してきたコロンビアとの国境を開放した。ベネズエラからどっと避難民が国境を越えた。国連はすでにベネズエラ難民は四百万人を超えたとした。

 こうした動きの反面で、ロシアへ対する外国投資の筆頭が中国でもドイツでもなく、意外にもアメリカだったことが判明した。

 2018年統計で、アメリカの対ロシア投資は70件、全体の33%を占め、二位のドイツは24件のプロジェクト、中国は19件だった。この数字は中国にBRI(一帯一路)が財政的にも貧窮化しており、投資の続行が困難になった事態をそれとなく裏付けているのではないか。
      ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は海外取材のため6月14日―22日が休刊となります 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1907回】                
 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(1)
鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

       ▽
 鶴見祐輔(明治18=1885年〜昭和48=1973年)が群馬県に生まれ、大正末年から昭和初期にかけリベラルな政治家として活動し、戦後は厚生大臣や自由党総裁を務める一方、文筆家としても『母』『子』などの小説、啓蒙的主張に溢れた政治評論集『英雄待望論』などで社会に影響を与える一方、岩波文化人としては正統の部類に入る鶴見和子、異端というより斜に構えた鶴見俊輔の父親であることは知っていた。

  だが、『偶像破壊期の支那』を読み進むうちに、鶴見に対する見方が変わった。リベラルな政治家といった一般的形容詞では括れそうにないモノを感じたのである。では、それはどんなモノなのか。その辺りを読み解いてみたい。

  「序」は、「われ支那に客遊すること、前後五回、しかも未だ深く心を動かしたることなし」。これまでは「空しく往いて而して空しく歸るを慣はし」としていた。
だが「すぐる年の夏、六たび」目の旅を70日ほどかけて行った。するとどうだ。「觸目の山河、ことごとく新粧をもつて我が眼を驚かし、遭逢の人間、我が胸臆に深き印象を留めざるはあらず」というのだ。かくして「我が支那觀は全く昨と異なりたるを知」ることになる。

  だが変わったのは「支那の土地」でも「人」でもない。ひとえに「支那を見る我が眼なり」。
 「われ甞ては、日本を見るの眼をもつて、支那を見、支那をあざ笑ひたり」。だが、今は違う。「世界を見るの眼をもつて支那を眺め、驚心駭魄す」。
では、なぜ見る眼が変わったのか。
「支那は日本にあらず。全く異なりたる環境と人生觀をもつて成る國なり」。つまり「支那は日本に取りては『見知らぬ國』」であるからだ。この当たり前すぎるほどに当たり前の事実に、鶴見は気が付かなかった。
だから「われ久しく、支那を知れりと思ひ誤りて支那を解せず」。今になって「支那を知らずと思ひ到りて、初めて支那を學ばんとす」。

  加えて時代の違いもある。第1次大戦は結果として「ロマノフ王家の廢墟に、勞農政府をつくり、ホーヘンツォルレン王朝を、逝く水の如く流し去」ってしまった。価値観が逆転してしまったのだから、やはり謙虚になって「新しき道を索ぐべき時」なのだ。

  「この時にあたりて、吾人は過去を見」た。やはり「東洋文化の淵源として支那あり」。そこで「今更のごとく古代支那の偉大に驚く」のであった。

  アヘン戦争以来、「支那の苦しみたること一再にあらず」。いまや国は破れんとする一歩手前と思いきや、じつは「支那は、新しき生に甦らんと」している。
なぜなら第1次大戦は「大西洋の隆昌」の終焉を意味し、「いま將に、太平洋の時代は開幕せんと」しているからだ。
「太平洋の時代は、東洋民族の時代」でもある。「日本は太平洋の樞鍵を握り」、「支那は太平洋時代の最大因子」である。かくして「いま、兩個の國は、如何なる思想的經驗を通過して、開かれるべき太平洋劇に登場せんとするか」。

  どうやら鶴見は、第1次世界大戦によって西欧の時代は終わった。これからは太平洋の時代であり、「太平洋の樞鍵を握」る日本と「太平洋時代の最大因子」である支那とによって拓かれる――と考え、新しい時代の予兆を掴もうと6回目の旅行を企てたようだ。

 かくして「われ今、思ふて茲に到り、支那南北の形勢を按ずるに、山河の新粧、人間の新生、芳葩未だ發せずして、春のといき既に地に滿つ。新しき時代の準備は、いま日本と支那の戸口にある」。太平洋の時代には「儉難はあり、窮厄はあり、しかれども、信ある者のゆくべき途は、たヾ進むあるのみ」。

 新しい太平洋・東洋民族の時代の到来を前に「支那は、新しき生に甦らんと」していると見做す鶴見だからこそ、旅するのは「偶像破壊期の支那」でなければならなかった。
《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆  ☆⌒☆⌒☆  ☆⌒☆⌒☆  ☆⌒☆⌒☆
  ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
--(読者の声1)アイヌ民族を法律として「先住民族」と初めて明記したアイヌ新法が4月19日、国会で成立した。この政府の動きは、沖縄問題を専門として活動している筆者にとっても看過できないものだと認識している。
 昨年8月16、17日の2日間にわたり、スイス・ジュネーブの国連人種差別撤廃委員会で対日審査が行われた。日本政府代表の外務省の大鷹正人・国連担当大使は、初日の全体説明で、真っ先に2020年4月にアイヌ文化センターをオープンすることについて紹介した。
先住民族であるアイヌの象徴空間を建設し、文化保護に力を入れていることをアピールしたのだ。 
全体説明終了後、各委員から日本政府に対して質問が行われた。「アイヌ語は危機にひんしているが、学校で教えられていない」「教育や労働、文化・言語の権利が保障されていないのではないか」などといった内容であった。
先住民族の人権問題として指摘されているのはアイヌだけでない。沖縄についても多くの指摘を受けた。
・琉球・沖縄の人たちを先住民族として認め、権利を守ることが必要である。しかし、日本は先住民と認めることを拒否している。
・日本の本土から移住した人は別として、琉球の人たちの先住民性を認め、権利を守る必要がある
・琉球・沖縄について、日本は先住民族ではないというが、米軍基地があり、事故が起き、人々が苦しんでいる
2日目、大鷹代表から前日の質問に対する回答が述べられた。アイヌに関しては、「アイヌ生活実態調査が定期的に行われているが、生活状況の向上は着実に効果を上げている」と回答した。
 沖縄に関しては、「先住民はアイヌ以外には存在しない。沖縄の人々が先住民だとの認識は国内に広く存在しない」「米軍による事故について、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設が、危険を一刻も早く除去する唯一の解決策である」と回答している。沖縄についての回答は、筆者もその通りだと思う。アイヌに関しては専門家でないので、問題点の指摘は他の専門家に譲る。

しかしアイヌ新法の成立が「琉球独立工作」という最も危険な火種に油を注ぎ込むことになるのではないかと、大きな危惧を抱いている。
それは、今から約5年前の出来事がちらついて離れないからである。
2014年、糸数慶子参院議員が米ニューヨークの国連本部で、先住民族代表としてスピーチを行ったことが地元紙に報じられた。筆者はその報道を知り、抗議するために、彼女の所属する沖縄社会大衆党の事務所の連絡先を探し出し、電話で次のように追及した。
-筆者: 私は沖縄県出身の者だが一度も自分を先住民族だと思ったことはない! あなた方は『沖縄の自己決定権の回復』を唱えているが、それは日本政府に沖縄県民を先住民族と認めさせて、その権利を獲得するということではないのか。
社大党職員: はい、そうです。
筆者: では、大事なことを隠しているのではないか? 先住民族の権利を獲得するかもしれないが、それにより、日本人としての権利を失うではないか。それを隠しているのは卑怯(ひきょう)だ。
この追及に対し、社大党職員が言葉に詰まるだろうと予想していたが、思いもよらない回答が返ってきた。
仲村さん、心配はいらないですよ。アイヌの人々は、既に政府により先住民族だと認められていますが、彼らは日本国民であり何の権利も失いませんよ。------------- 
この答えに、筆者は衝撃を受けた。彼らの求める沖縄の「自己決定権」とは、総額3千億円の沖縄振興予算を受け取る権利を維持しながら、先住民族の土地の権利により、米軍基地を撤去する権利を新たに獲得する運動だったからだ。
先住民族の特権のみを獲得しても、何一つ失うものはない。つまり、新たな巨大な「在日特権」が日本に出現するということを意味する。そして彼女の言葉に、アイヌが先住民族として認められたのなら、いずれ沖縄も先住民族として認められるべきだという思いも込められていることにも、強い危機感を覚えた。続きは、iRONNAのサイトで御覧ください。
https://ironna.jp/article/12716?p=2
◇沖縄フォーラムの公式ホームページはこちらです。
http://www.okinawa-seisaku.org/
◇入会申し込みHPhttp://www.okinawa-seisaku.org/entry
◇沖縄フォーラムのイベントスケジュールです。http://www.okinawa-seisaku.org/events
     (仲村覚)



   ♪
(読者の声2)貴著『明智光秀 五百年の孤独』(徳間初演)ですが、アマゾンの書評で絶賛がつづいています。
 (引用開始)「A 明智光秀の謎に挑んでかれこれ10年経過したと筆者が文中で述べていますが、登山や山城踏破をしつつ史跡巡り・現場取材を重ね、戦国時代の日本と大航海時代の世界を併せて鳥瞰し、歴史の正統という価値観と異端のそれとを考察した力作です。
退位を迫るなど度々天皇への不敬をはたらき、切支丹伴天連らによる伝統文化の破壊を放置続ける織田信長に対し、国体護持・文化防衛という義挙から発した軍事クーデターが本能寺の変であるとの結論を導きだす論理展開が見事です。(中略)
とりわけ、「ときはいま、天(天皇が治める国)が下しる五月かな」から始まり99句中15句が光秀の作の「愛宕百韻」は、万葉集、古事記、源氏物語、平家物語、太平記、神皇正統記、愚管抄などを読破したであろう光秀の底知れぬ教養、学識、和歌の素養があることを解析してくれます。同時に、光秀らの連句が、打倒「平家」旗揚げの寓意を盛った、その実は打倒「信長」、尊王保守主義の復権をめざす光秀の意志を見抜くところが、白眉でしょうか」(引用止め)
そしてB氏
(引用開始)。「光秀を中心に、まわりの人物、宗教界、海外からの脅威など、かなり丁寧に掘り下げながら、徐々に、光秀の真相に近づいていく流れになっています。あまり、この頃の歴史に詳しくない私には、新鮮は史実がたくさんあり、勉強になりました。
例えば、「イエズス会」は、今でいえば、「アルカイーダ」か「IS」であり、正確な訳は、『イエズス軍』であると、何度も書いています。日本と中国との将棋の違いもなかなか納得するところです}(引用止め)。
 このくらいにしておきますが、さてアマゾンでずぅっと売り切れになっています。古本、或いは『キンドル版』で読むしかないようですが、重版予定はないのでしょうか。
   (KY生、横浜)


(編集部から)大河ドラマの撮影進行に合わせて、おいおい増刷となるようです。ただし近年の宮崎の著作のなかでは、もっとも反応が早く、鋭く、否定論も含めて書評の多いものとなりました。



  ♪
(読者の声3) 貴誌前号の宮脇淳子『中国・韓国の正体』の書評は実に興味深い。中国の歴史といわれるものの、かなりの部分がトルコ系やイラン系だとするのは事実でしょう。
西安の博物館に展示されていた古代の女性のミイラの説明文にはコーカソイドだとありました。四川省出身の石平氏、石という姓はソグド人の末裔といわれます。新疆ウイグル自治区でも西のカシュガルまでいくとモスクのミナレットはバオバブの木のように上端が細くなるウズベキスタン様式。ポプラ並木はトルコと変わらぬ光景です。
 イランの博物館で見た細密画は胸もあらわな女性を描いたもの。インドの宮廷文化がペルシア由来であることがよく分かるものでした。
イランとトルコは隣国ですが絨毯の織り方も異なります。似ているけれどもどこかが違うというのは自己主張でもありますが、間違えると某国のような劣化コピーと言われてしまいます。
日本でも青森や岩手などトルコ系やペルシア系を思わせる彫りの深い顔立ちの人がいます。兄嫁が岩手の北部の生まれで色白、甥などヒゲを伸ばせば中東で現地人として通るほど濃い顔立ちです。兄嫁の家系をたどると福井県に行きつくのですが、昔は日本海側が大陸との表玄関だったわけで、色白美人が多いのも納得。
 日本の歴史といえば難波から奈良・京都といった大和朝廷の歴史観が主流ですが、青森の十三湊(とさみなと)遺跡など北日本では大陸と独自の交流があったことが明らかです。なよなよの平安貴族に対する坂東武士はどこから来たのか。戦前の青森・岩手は軍馬の産地でしたが、騎馬武者による流鏑馬と同じようなものがハンガリーにもあるといいます。
 日本は本当に不思議の国で、大陸では敵対していた民族も、日本に流れ着き定着すると、もとからあった縄文人の遺伝子と融合して角が取れ丸くなって協調できるようになったのかもしれませんね。
   (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)縄文中期にすでに稲作が伝わっている新事実が、東北の縄文遺跡で確認され、とくに縄文人と弥生人が対立していたのではなく渡来人の弥生に縄文人が融合したと、現在の考古学、文化人類学は推定しています。
 先月もカナダから渡邊惣樹さんが来日したので、一緒に八戸の是川縄文館、九戸城跡、久慈の琥珀記念館、そして函館の郊外まで行って縄文土偶の国宝を拝んできました。



  ♪
(読者の声4) 6月9日(土曜日)夜に放映された討論番組「危機水域に達した世界の政治経済」は下記サイトからユーチューブでご覧になれます。
出演は宮崎正弘、西岡力、川口マーン惠美、渡邊哲也氏ほかです。
https://www.youtube.com/watch?v=zl7tKF4KMOE
   (日本文化チャンネル桜)



  ♪
(読者の声5)  櫻井よしこ氏の発言が正論すぎて共産党の反応が見ものです。
「どうして国会議員の皆さんは共産党に聞いてくれないのか。現行憲法が施行された昭和22年、共産党の議員全員が反対した。こんなことでは日本国を守れないと全党挙げて反対した。それなのに何で今、自分達がかつて全否定した憲法を何で守ろうとしてるのか」
https://snjpn.net/archives/135862
 かつて民青に一ヶ月所属しただけで共産党のインチキぶりに嫌気が差しました。民主集中制という、中央の独裁を柔らかく言い換えただけの言葉に唯々諾々と従う幹部たち。
自分の頭で考えることを放棄し、なにかあると〇〇の著書を読め、??の論文にはこう書かれている、といった権威の押し付け。要は共産党教ですね。
 共産党の集会に集まるのはゾンビのような生気のない目をしたジジババばかり。それでも寝たきり老人になるよりはマシですから共産党にもそれなりの存在理由があるのでしょう。
安倍総理の長期政権を批判するよりも、志位和夫委員長が長期低迷する共産党のトップを20年も選挙もなく居座る方がどうかしている。
 日本の国体を破壊する目的の共産党ですら合法な日本。それだけ皇室への国民の思いが深く、そんな大多数の国民を信頼する政府。ある外国人が日本のドラマを見て、どうして日本人は水戸黄門や大岡越前のような権力側の人間が正義になるのか不思議だと言っていました。
外国では権力=私欲なのでしょう。カルロス・ゴーンのような人物が大統領になるのが西洋のあたりまえなのでしょうね。
 (PB生、千葉)
◇◎□◆ど◎◇▽く◆▽◇し◇◎▽◇ゃ□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は海外取材のため6月14日―22日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
6月26日発売(定価 1728円)
++++++++++++++++
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ●グーグルマップでも見ることができない世界の裏。ガイドブックにない国、地方、秘境。昼と夜でその顔を変えてしまう、あの街。不思議な世界!
 写真およそ百枚、256ページ。
  ●現代は世界の隅々の地図を瞬時に把握できる。世界のどこかで起きている災害もテロ事件も、お祭りもSNSの発達により把握できるが、さて地図に載らない場所が、世界中にある。著者は20代のころから世界各地、時には危険地域も数多く取材してきた。50年以上に渡る取材旅行で訪れた国と地域のなかでも、ガイドブックの地図に載らない世界がある。
――海流のなかの島々、ガラパゴス、イースター島、パプアニューギニア、フィジー
――孤島の東チモール、モルディブで何が起こり、どのような生活をしているのか。
 ――世界の秘境と言われるブータン、ネパール、そして日本人が殆ど行かないアジアの国々のなかでも、コタキナバル、クチン、あるいは日本人が寄りつきたくないバングラデシュ。遠き過去の思いでとなったベトナムの激戦地ディンビエンフーを訪ねてみると。。。。
 ●予約受付を開始しました!
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4759316663/


  ♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/


  ♪♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は海外取材のため6月14日―22日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。