国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国金融危機が表面化。「包商銀行」の倒産回避。国家管理に

2019/06/06

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)6月6日(木曜日)
       通巻第6100号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ついに中国金融危機が表面化。「包商銀行」の倒産回避。国家管理に
  米中貿易戦争が原因は口実、本当はインサイダー取引のATMだったのだ
****************************************

 リーマンショックの一年前、何がおきたかご記憶ですか?
 ベアスターンズ倒産をアメリカは救済した。モラルハザード、楽観論が拡大したが、一年後、リーマンブラザーズは救済されなかった。サブプライム債券が不良債権に化け、ウォール街を未曾有の危機が襲った。

 5月24日、倒産寸前だった内蒙古省が拠点の「包商銀行」を中国は国家として買収を決め、89%の株式を取得した。つまり国有化されたのである。
 具体的には中国銀行保険監督管理委員会(CBIRC)が「公的管理」とし、元本の30%削減という措置をとった。営業店舗は現在シャッターが下ろされたままである。

 心理恐慌の拡大を懸念する中央銀行(中国人民銀行)は6月2日になって「これは単独の案件であり、金融不安は何もない」と発表した。投資家の不安はかえって拡がった。
過去二十年間、こんなことはなかった。同行は608億元の資産と270億元の預金があり、不良債権率は148%(2017年)と報告されていた。

 ここで粛建華という人物の名前を思い出していただきたい? 連想で郭文貴という名前も。<???>

 郭文貴は江沢民時代から証券界の黒幕、香港を根城に共産党幹部と組んで、大々的なインサイダー取引を展開した。しかし習近平時代にはいって、権力闘争の先を見越すや、郭はさっとアメリカへ逃げた。
NYの豪邸に住み、テレビ媒体などを駆使して、さかんに習近平一派の不正蓄財、不法経済行為を暴いている。郭はアメリカに政治亡命を申請している。
 
 粛建華は、その郭文貴の番頭格で江沢民人脈の金庫番とも言われた。インサイダー取引の元締めで、香港の豪華ホテルに長期滞在していた。
四人のボディガードに囲まれながら、二年前に白昼堂々と拉致され、中国で取り調べを受けてきた。

ちかく裁判が始まると言われるが、悪魔的な金融界の闇をバラされると困る人々がいるので、裁判は非公開とされるかも知れない。

 さて「包商銀行」である。
じつは同行は粛建華が主導した投機集団「明天証券」グループの隠れ蓑、インサイダー取引の前衛部隊の役を担い、217億元を投下して、シャドーバンキング機能をやらせていたうえ粛建華集団のATMとして駆使され、投機資金に廻されていたのだ。


▲中国の金融危機がついに表面化した。

 上海、北京を避けて内蒙古省の銀行を活用したのも、中央政界とは無縁のバンカーだったから、利用価値があったのだろう。

 中国の財務当局は「米中貿易戦争の煽りだ」との口実をさかんに口にしているが、米中貿易戦争と原因は無縁である。
不動産バブル、株投機の裏金処理、インサイダー取引のATMだったわけで、この銀行を倒産させないで、救済したのはリーマンショックの前兆と金融界が認識することを怖れたのだ。

中国にはおよそ4000の銀行、地方銀行、信用組合があるが、このうち420の金融機関がリスクを抱えていると中国の金融業界はみているようだ。
 「灰色の犀」の早期発見、しかし、二番三番の「包商銀行」は、各地にごろごろと転がっている。
この事件によって、中国の金融危機がついに表面化した。
      ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆  ☆⌒☆⌒☆  ☆⌒☆⌒☆  ☆⌒☆⌒☆
  ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)多くの保守の論客が、日本は西洋的な民主主義が入ってくる前から民主主義だった、と主張しています。しかし、正直なところ、この主張は、多くの人々を心から納得させるところまでは、いっていないように思います。
その原因は、一つには、そう主張する論客が、それを納得させるだけの論の展開を行っていないからであり、もう一つは、大変残念なことに、一般大衆の側に、それを理解しうるだけの基礎的な論理・思考が育まれていない現実があるからです。

 たとえば、日本が古来から民主主義であった根拠として、よく挙げられるのは、古の日本では民が大御宝として大事にされた、という事実でしょう。
しかしこれは天皇や為政者の側が、民を大事にしたということであって、主が民である、とは考えにくいものだからです。
つまり中身は民主主義であっても、形式上は民主主義とは言えないのではないか? という疑問がどうしても残ります。したがってこのような疑問に応えるような論の展開が求められると思います。

 その検討に入る前に、二番目の基礎的な論理・思考について、見ていきたいと思います。というのは、それなしには正しい論の展開はできないからであります。本来ならば、人類は、その正しい思考、すなわち真に生きた論理学、運動の生ずる論理を、自分のものとして世界創造をしていなければならないはずでしたが、マルクスに誑かされて人類は、いまだに死後硬直した思考のままなのです。
だから国家をないがしろにした人権という空虚な概念が、普遍的概念だとするバカげた主張が堂々とまかり通って、慰安婦の問題やLGBTの問題などで、日本国を脅かすために利用されている現実があるのです。
そしてそれに対して有効な反撃もできずに、許してしまっているのは、こちらの側も同じ土俵のままだから、その論理を根底から覆せないでいるためです。。

 人類の学問史において、あれかこれかの運動性のない論理学を、根底から革命して生きた運動性のある論理学を創り上げたのは、云うまでもなくヘーゲルです。
あれかこれかの運動性のない論理学では、有と無とは、永久に交わることができないため、運動が生じることができませんでした。
ヘーゲルは、この硬直した常識という硬い岩盤を打ち砕いて論理学に革命を起こして、有と無とを一つにすることによって、はじめて運動を論理的に解明する道を切り拓いたのです。これによって、運動し発展する生きた事象すべてを解明することが可能となったのです。国家と国民をダイナミックな運動体として、本物の普遍性として解明できるようになったのです。
 そのヘーゲルの国家論が正しいことを、実証的に証明したのが、日本の歴史なのです。
 日本の歴史が、世界の中で人類の歩みとして最も見事であるという事実が、ヘーゲルの学問が本物であることの証明となるのです。そういう日本の歩みを可能としたものが、ヘーゲルの学問の構造と相似の「カタカムナ」の詩にも見られ、世界に類を見ない、表音と表意とを、ひらがな・カタカナと漢字とをダイナミックに、弁証法的に統一した日本語の構造を創り出した、日本人の認識の構造なのです。

 このことが分っていない者が、日本の宗教のあり方を見て、進んだ一神教に対して、日本の宗教は八百万の遅れた多神教であるかのように勘違いされているようですが、実はそうではないのです。
日本の神のあり方こそが、現実の世界の構造に見合ったとても優れたものなのです。その証拠が、何度も云うように、日本の「カタカムナ」の構造が、ヘーゲルの絶対精神の自己運動の構造とぴったりと一致するものだからです。
 すなわち「マガタマ」(真魂)である「アマノミナカヌシ」(天の御中主)すなわちヘーゲルの云うところの絶対精神が、「タカミムスヒ」(八百万の多神「タカミ」として現実的存在の中に住む「ムスヒ」)ヘーゲルの云うところの絶対精神が現実的存在に化態して世界を動かし発展させ、また、そして時々「カムミムスヒ」神を束ねる神中の「カムミ」本来の自分に戻るというように、行ったり来たりをくり返しながら「ミスマルノタマ」(御統の魂)すなわち全体を統括しているのです。

 このダイナミックな構造の認識に、ヘーゲルよりもはるか以前の太古の昔に、日本人は到達していたのです。
これは本当に凄いことです。
こういう認識に到達していたからこそ、日本人は、自ら主体的に絶対精神の道(神の道)を歩んできたのです。聖徳天皇は、これが分かっていたから、自ら天皇と名乗ったのです。そして、その血を受け継ぐ天武天皇が、その意志を継いで天皇と云う名称を定着させたのです。
 話が横道にそれてしまいましたので、元に戻して、そういう生きた論理学から説く、日本の古来からあった民主主義とは、国家主義と同義であって一体のものなのです。
つまり国民は、国家が化体して一人一人の国民として現われたものだということです。つまり国家は国民であり、国民は国家であるということです。
両者は独立しているように見えて、実は一体なのだということです。
その国家が、どういう国家なのかを表わす国家理念が化体して現れたのが、すなわち天皇だということです。したがって天皇は国家の全体であり、国民は国家の部分だということです。国民は、天皇自身の一部分だからこそ大御宝なのだということです。別々のものが相手を大事にするというのではなく、自分自身だからこそ大事にするということなのです。

 国家の一部分である国民が、戦争で捕まって捕虜になって、国家の一大事を耳にしたときに、身を犠牲にして御注進におよぶということが、普通にできていたのが、古代の日本でした。硫黄島の灼熱地獄の中で、何か月間も米軍をくぎ付けにし、頑張り続けた日本軍の強さの根底には、こういう認識があったからこそできたのだと思います。
 こういう院主主義こそが本物の民主主義であって、欧米流の抽象的個人をベースにした、空虚な中身のない人権を振りかざす民主主義は、国家を滅ぼす民主主義でしかありません。こういう民主主義だと、たしかに同等の戦力だと独裁主義に負けるでしょう。しかし、日本古来の本物の民主主義は、独裁主義を圧倒することでしょう。
何故なら、国民一人一人が国家そのものだからです。 
 しかし戦後のGHQの自虐史観教育と、マルクス主義の蔓延によって、日本の民主
主義は見事に崩されてしまいました
令和の御世に、それを取り戻すには、ヘーゲルの学問をもって、日本の歴史を日本の未来へとつながる形で再措定し、人類史の中に正しく位置付ける必要があると思います。
  (稲村正治)



  ♪
(読者の声2)大東亜戦争で、朝鮮人が兵役に志願!徴兵制の適用を熱望!歴史は真逆だった。真実の歴史を知ろう!
朝鮮人孤児が兵役を志願するまでを描いた昭和20年5月公開作品映画「愛の誓ひ」の鑑賞会です。 
 監督 今井正
 製作 朝鮮映画社 
後援 東宝・海軍省・朝鮮総督府大本営

 6月8日(土)午後1時1開場1時15分開会〜4時まで
 映画鑑賞後映画について鼎談(三浦小太郎・村田春樹・崔三然先生(元日本帝国陸軍少年飛行兵、元韓国空軍大佐、空軍士官学校名誉教授)
 会場 TKP九段下神保町ビジネスセンターカンファレンスルーム5B
   メトロ半蔵門線「九段下駅」5番出口 徒歩1分
 会費 1,000円 事前申し込み不要  
 主催 そよ風(080-3704-6088 鈴木)

    ◇◎□◆ど◎◇▽く◆▽◇し◇◎▽◇ゃ□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
6月26日発売(定価 1728円)
++++++++++++++++
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4759316663/
(↑ 予約受付を開始しました)
 ●グーグルマップでも見ることができない世界の裏。ガイドブックにない国、地方、秘境。昼と夜でその顔を変えてしまう、あの街。不思議な世界
  ●現代は世界の隅々の地図を瞬時に把握できる。世界のどこかで起きている災害もテロ事件も、お祭りもSNSの発達により把握できるが、さて地図に載らない場所が、世界中にある。著者は20代のころから世界各地、時には危険地域も数多く取材してきた。50年以上に渡る取材旅行で訪れた国と地域のなかでも、ガイドブックの地図に載らない世界がある。
――海流のなかの島々、ガラパゴス、イースター島、パプアニューギニア、フィジー
――孤島の東チモール、モルディブで何が起こり、どのような生活をしているのか。
 ――世界の秘境と言われるブータン、ネパール、そして日本人が殆ど行かないアジアの国々のなかでも、コタキナバル、クチン、あるいは日本人が寄りつきたくないバングラデシュ。遠き過去の思いでとなったベトナムの激戦地ディンビエンフーを訪ねてみると。。。。
 ●予約受付を開始しました!
宮崎正弘『地図にない国を行く』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4759316663/


  ♪♪
 在庫払底、増刷しばらくお待ち下さい
 !!!!!!!!!!!!!!!!!
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/


  ♪♪♪
大増刷出来!
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。天文学的債務が爆発寸前だ 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は海外取材のため6月14日―22日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。