国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国もブラックリストを作成し、米国のEL(エンティティ・リスト)に対抗

2019/06/01

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)6月1日(土曜日)
         通巻第6095号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国もブラックリストを作成し、米国のEL(エンティティ・リスト)に対抗
  同時に報復関税25%を宣告、関税戦争はエスカレート
****************************************

 5月31日、中国は米国からの輸入品に25%の報復関税を課すと発表、同時に、「信頼できない企業」という独自のブラックリストを作成するとした。

 他方、米国商務省は、およそ80社の中国企業と個人をテンティティ・リストとして発表しているが、ファーウェイ、ZTE、チャイナ・モバイルなどのほか、半導体製造、ICチップなどが自製できないように、中国のビルトイン・システムの破壊を狙ったものとして注目される。

 ところが此のレベルではなく、米国はさらに品目と品種を限定するリストを作成中で、夏頃を目処に発表する。米国製部品を25%つかった製品もしくは半完成品を中国に輸出した場合、制裁が適用されるというシロモノで、ローカルコンテンツ法の新バージョンとも言える。事実上、中国の完全な締め出し、歴史的に見れば大東亜戦争前のABCD包囲ラインと酷似している。

 この段階で米国の究極的な狙いが明らかになった。
 要するに中国の企図した「2025 MADE IN CHINA」を絶対に阻むということで、法的準備は国防権限法の強化、輸出管理改革法、外国投資リスク審査現代化法(CFIUS=の権限を強化する一環)でいつでも応戦できる態勢は整っている。

 日本のメディアはまだのんびりと「貿易戦争」というタームを多用して、話し合いによって解決可能という展望を語っているが、根本的な間違いである。
関税をかけあうレベルから、つぎは総合戦に移行するのである。
     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)明日(6月2日。日曜日)、小誌は休刊の予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1903回】         
 ――「民國の衰亡、蓋し謂あるなり」――渡邊(15)
渡邊巳之次郎『老大國の山河 (余と朝鮮及支那)』(金尾文淵堂 大正10年)
 
   ▽
 「利己的箇人主義の極度を發揮する」ものであり、「安逸、利得の外、何ものもなく『明日の百より今日五十』を以て偸安的動物的生活に其日を送りて平然」とし、栄耀栄華を満喫している者も貧乏人も同じように「今日主義を以て其身の無事に滿足」している。

 「財政紊亂、内訌續發、殆ど自ら手を下す能はざる状態にあり」、「今や民國の状態は、滿清の末路にも劣ること遠い」からこそ、この国を救うためには「外人の力に待つのほかなかるべきは、必至の運命」だ。「支那は終に列國共同管理(分割的委任統治の形勢を馴致すべき)の下に立つ形勢を現に自ら提示しつゝあると斷ずるの外なし」。

 だが「若し眞に支那人にして」、自民族の「愚を悟り、凋萎せる四千年來の中華文明に新花を加へ、宗主的亞細亞民族たる權威を回復し、東西の長所を調理して」、世界に対すべしとするなら、「宜しく鞏固なる中央的權力を作り、同種の日本民族と結託して、眞劍的に徹底的革新を斷行し、敢て歐米の離間的嫉妬的助言」を退けるべきだ。

 確かに「支那人中往々米國に親しむべくして日本に近づくべからざるを信ずるもの」がいないわけではないが、やはり「『血は水よりも濃し』、同文、同種、融化の實久しき日支人は、同一亞細亞民族の性情より、又其地理的利害より、到底爭ふ能はず、又離るべからざるなり」。このように「日支兩國相信じて相提携し、同心協力、邁進して避けずんば何ものも之を遮るものなかるべし」。
 
いまや「日本にして支那と強戳する時」であり、「靜に支那を改善し、東西の文明を調和し、以て『大和保合』の綜合的世界文明を樹立するの使命を果し得べ」きだ。確かに「温言を以て支那に近より來たる米國の如き警戒すべき」だが、米国は決して「仁義の國」ではない。「他國の内亂を煽動して之に乘じ、其國土を割いて自家の保護下し招致し、其内事に干渉して利權を占むる國」だ。そういわれれば21世紀の現在も「仁義の國」ではない。

  アラスカ、カリフォルニア、テキサス、ハワイ、フィリピン、プエルトリコ、キューバ、パナマ、メキシコを見るまでもなく、かつては「日本も亦提督ぺルリの爲に沖縄を根據として侵略せられんとした」ではないか。そのうえ「自ら首唱したる國際聯盟に入ることを拒み、熾に陸海の兵備を張るものは米國」ではないか。

  こういう状況下で「日支兩國の内、一にして米國の命下に入」れば、「他の一は自ら保つ能は」ず。この点を「支那たるものは深思」すべきだろう。

  やはり「支那人が日本の援助によつて立つは今日を措いて復好機なからんとす」。「支那の今日、日本によつて革新を全うせんとするは、自ら濟ふ」だけではなく、「又白人の爲に奴隷の境遇に沈淪せる他の有色民族に對する一大刺戟、一大奨勵たるべきなり」。

  かくして渡邊は「吾々日本人としても亦大いに覺悟すべき所にあらずや。帝國の使命は?重大にして前途の崎嶇愈多し」の一文を以て、『老大國の山河 (余と朝鮮及支那)』を閉じた。
 
渡邊の主張を屋上屋を重ねたように引用したのは外でもない、「『血は水よりも濃し』、同文、同種、融化の實久しき日支人は、同一亞細亞民族の性情より、又其地理的利害より、到底爭ふ能はず、又離るべからざるなり」といった類の、『アジア主義』の5文字で括ることができるような考えが、じつは日本の針路を誤らせることに繋がったのではないのか、と思うからだ。

 はたして当時、日本では「日支兩國相信じて相提携し、同心協力、邁進して避けずんば何ものも之を遮るものなかるべし」などとマトモに信奉されていたのだろうか。「日支兩國相信じて相提携し」たことで、幸が日本にもたらされたことなどなかったと思うが。
《QED》
  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
  ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)靖国会事務局長、沼山光洋さんが令和元年5月11日早朝、靖国神社前の道路上で自決されました。悲しみの極みです。
沼山さんを敬愛する私たち友人一同、このたび「沼山光洋さんを追悼し感謝する集ひ」を執り行ひます。
沼山さんに「さやうなら」ではなく「ありがたう」をいふ集ひです。沼山さんが好きだ!といふ方でしたら、どなたでもお越しになつてください。
 1人でも多くの方々がお越しになられることを願ひ、謹んでご案内いたします。
   記
【日時】  令和元年6月23日(日)午後1時より
【会場】  靖国会館(靖国神社内)
      なお、会費は不要です。「志」は受け付けます。
≪お願ひ≫6月23日は「沖縄慰霊の日」です。沼山さんは沖縄を強く意識されてゐました。お越しくださる皆さんは、集ひの前または後に靖国神社に参拝してください。
全てのご祭神はもちろんですが、この日は特に沖縄防衛のため命を捧げた方々に心をお寄せください。
 沼山さんは民族派、保守派を問はず、多くの運動に獅子奮迅かつ東奔西走の活躍をされました。しかし自分の名前を表に出すことを遠慮され、裏方や黒子に徹しました。
沼山さんの姿勢を見習ひ、集ひは委員長とか代表とかの役職を設けず、個人名を連記することなく、「友人一同」として執り行ひます。私たちの真情をご理解ください。
 お花などは拝受いたしますが、ご尊名などの名札は外させていただきます。ご無礼の段あらかじめご容赦ください。
会館には公共の交通機関を使つてお越しください。万が一、お車をお使ひになる場合は、靖国神社の外苑にある有料駐車場に駐車してください。
 平服でお越しください。
靖国神社へのお問ひ合はせは絶対に差し控へてください。またご遺族は心痛かつ心労が激しいですので、ご遺族へのお問ひ合はせなどもご遠慮ください。お問ひ合はせなどは下記までご連絡くだされば、できる限り対応いたします。
 携帯電話 090-2622-4242(三澤)
メール miego315nippon1momotaro@docomo.ne.jp

私たち友人一同、沼山さんにのみ、ま心を尽くして集ひを執り行ひます。もちろん靖国神社への礼儀、ご遺族への配慮は弁へてゐます。
しかし当日お越しくださいます皆さんにまでは配慮する余裕はありません。皆さんには不行き届きなことが多々あるかと存じますが、ご海容ください。
以上、ご案内いたします。
     (友人一同)



  ♪
(読者の声2)トランプ大統領の国賓訪問、ゴルフ場での安倍総理との写真は本当にリラックスした笑顔で気のいいおじいちゃんそのもの。
https://twitter.com/AbeShinzo/status/1132467086607802368
 そんな世界最強のアメリカ大統領と日本の総理大臣とのツーショットの写真をいともたやすく親しみを込めて加工してしまうのが日本人の遺伝子なのでしょう。中国では習近平主席をくまのプーさんに例えただけで逮捕されてしまいますから中国人には理解できないことかもしれません。
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-3082.html
 笑顔といえばメラニア夫人も日本では自然体の笑顔があふれてくる。
https://www.afpbb.com/articles/-/3226795?pno=4&pid=21305892
 そしてトランプ大統領のスタッフたちも日本では別人のような笑顔となる。いつもは怖いイメージのサンダース報道官も別人のような笑顔を見せています。
https://livedoor.blogimg.jp/honmo_takeshi/imgs/d/a/da03fce5.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/honmo_takeshi/imgs/e/9/e93d014f.jpg
 日本のマンガやアニメ、ゲーム、ハローキティなどさまざまなキャラクターに触れて育った世代がこれからの世界の主役となります。善悪二元論の欧米の価値観とは異なる日本的な和の精神が世界を平和にしていくのかもしれません。

 一方、お困りの国、韓国はいよいよ崩壊するのでしょうか。株安・ウォン安・輸出の不振・失業率の高止まり・国も企業も家計も負債が増加。世界から韓国が孤立している。さらに「韓国の文在寅大統領に認知症疑惑」
https://www.news-postseven.com/archives/20190530_1379434.html
なにしろアミダくじすら理解できないのですから。
http://www.moeruasia.net/wp/wp-content/uploads/2018/02/OMvnCYJ.gif

 明治の日本人は朝鮮半島の人々をあまりの不潔さに禽獸にも劣ると評しましたが、21世紀の今日においてもサル山のサルであることが判明。「中国四川省成都で開かれていたサッカー男子U18(18歳以下)のユース国際大会「パンダカップ」で29日、優勝した韓国チームの選手がトロフィーを足で踏みつけ、中国側に侮辱行為だと抗議される騒ぎを起こした。韓国側は謝罪したが、主催者はトロフィーの回収を決定した」
https://www.asahi.com/articles/ASM5Z4GMZM5ZUHBI016.html
 朝日新聞ですら擁護できない不祥事ですが、他のメディアが優勝トロフィーを剥奪としているの朝日はやさしいですね、トロフィーの回収と穏やかな表現。サル山の大将でも50年前に比べたらだいぶ進化しました。50年前の韓国・北朝鮮サッカーといえば「釘」を隠し持ち審判の見ていないところで日本選手を攻撃するというレベル。勝つためには手段を選ばずフェアプレーのかけらもないのが半島民族です。
 古田博司氏は中国に押しつけるくらいでよいとされていましたが、中国の軍拡を考えると釜山だけは英領ジブラルタルのように日米で押さえ中国海軍の動きを封じ、済州島は難民収容所として保障占領するのが現実的で済州島出身者が多い在日の送還先にも最適。国連解体も見据えて日米中露で半島問題を解決する時期なのかもしれません。
   (PB生、千葉)

    ◇◎□◆ど◎◇▽く◆▽◇し◇◎▽◇ゃ□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)明日(6月2日。日曜日)、小誌は休刊の予定です 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊    ■宮崎正弘の新刊     ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
――光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/


  ♪
大増刷出来!
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。3700兆円の債務は爆発寸前! 
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


   ♪♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
  ♪
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。