国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <人民元為替レート、1ドル=7人民元を中国は死守できるか?

2019/05/17

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)5月17日(金曜日)
          通巻第6082号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 人民元為替レート、1ドル=7人民元を中国は死守できるか?
  保有米国債を売却すれば、かえって中国の首を絞めることになる
****************************************

 国際金融市場において、米中貿易戦争の険悪化で深刻な懸念が拡がっている。
 第一の懸念とは中国人民銀行(中央銀行)は、人民元為替レート、1ドル=7人民元をいつまで死守できるか? という問題である。
 第二は習近平が面子にかけてどぎつい報復にでた場合の最悪のシナリオは、中国が保有する米国債券を売却するのではないかとする懸念である。

 米中貿易戦争が第三幕(3000億ドル分にも25%の課税)に移行するや、上海の株式市場は下落を演じたが、人民元も対ドル相場を下落させ、1ドル=6・9人民元となった(韓国ウォンはもっと下落した)。逆に安定感のある日本円は上昇した。
 中国にとって、為替の死守線は1ドル=7人民元であり、これを割り込むと、下落は底なしになって1ドル=8人民元を割りこむことになるだろう。

 中国人民銀行はしずかに香港での対策を講じた。3ヶ月物と一年物の短期債券を100億元(1700億円)発行して、香港の通貨市場に介入し、人民元を買い支えたのだ。なんとしても、人民元の下落を防ぐ狙いがある。
 またASEAN諸国は1997年のアジア通貨危機の二の舞を演じかねないとして、中国の金融当局の出方を注目している。
 
 中国は最後の報復手段だとして、保有米国債を売却すれば、かえって中国の首を絞めることになることを、金融界は承知している。しかしながら、あの「やけくそプーさん」こと習近平が何をしでかすか分からないだけに、警戒を怠らないのである。
 米国債(米国の赤字国債総額は22兆ドル)は5月12日統計で、中国が依然首位の1兆1230億ドル、日本が1兆420億ドルを保有している。
     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<休刊のお知らせ> 海外取材のため5月21日―26日が休刊となります 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  地図になかったチベット仏教の聖地を探検した日本人学者がいる
   再び外国人立ち入り禁止の機密対象地になり、立ち入り出来ない秘境

   ♪
川田進『天空の聖域 東チベット宗教都市への旅』(集広舎)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 驚きに満ち満ちたカラーグラビアが冒頭をふんだんに飾る。
 凄い、こんな聖域、これほどの秘境が地球上にあったとは! しかも中国の地図には出ていなかった場所だ。
過去に現地へ入った日本人は数人もいないうえ、中国旅行ガイドブックにはもちろん出ていない。むろん評者も西寧あたりまでは行ったが、その奥地に踏み込んだことはなかった。地図に記載がなかったからだ。
この「聖域」の場所は四川省の西側、中国の「異界」とされ、妖怪がでて、怖いところという政治宣伝がなされたため誰も近付こうとしなかった謂われが附帯しているという。
 あなたは知っていましたか? 聖域「ラルンガイ」を?
 評者(宮崎)も本書を手にするまで、まったく知らなかった。
ラサのポタラ宮殿やセラ寺ほか、青海省の西寧郊外に拡がる宏大なチベット寺院、塔爾寺も一日がかりで見学したことがあるが、ラルンガイは高度四千メートルの山稜に忽然と拓けている宗教都市だった。
 成都から直通バスで18時間、乗換バスだと36時間かかる遠隔地、というより山岳の悪路をのろのろと走行するのだから、それくらいはかかるだろう。
本書にある概略図で確認すると、西寧から西へ向かい、玉樹の手前を南下して、そこから迷路のような悪路を辿るルートのようである(現在、外国人の立ち入りは禁止されている)。
 創設者はジグメ・プンツォという「ニンマ派」の高僧であり、しかも何故か漢語の伝記がでている。プンツォ師は2004年に入寂されたが、後継ラマを見つけるなと遺言したという。
 当時、数千はあるかと思われる学舎らしき建物が僧坊だった。巨大な寺院の回りに、小粒の住居が山にへばり付くように並んでいる風景は神々しくもあり、逆に或る意味で雑然としている。
 一万人を超える学僧が住み着いて、天空の聖地ともいえるコミュニティを形成していた。尼僧もおり、バザールが開かれて、ちかくの農民や行商が売りに来る。山の中腹には大仏塔が輝き、やまの頂上からは巨大なタンカを敷き詰める網が張られていた写真も残っている。
 葬儀は鳥葬だった。
 著者の川田氏は大阪工業大学の教授。なぜ工学部の先生が、この聖域に惹かれたのか、これまでに六回の視察をしているという。
 「ラルンガルは現実世界とつながっているにもかかわらず、長年、中国の地図や仏教関係書に載ることはなかった」という著者が最初に、この聖域に足を踏み入れたのが2001年だった。
爾来六回、定点観測のために訪問してきた。
長田教授はこう書く。
 「(初回の訪問時)脳天を割られたような衝撃に襲われた。学僧たちの住居である僧坊数百戸がことごとく破壊され、基礎と土壁が露わになり、まるで空襲語の残骸と化していた」。
 その後、墓場のような情景につづいたのは「すり鉢状の谷の三方を僧坊群が埋め尽くす姿が眼前に現れると、再び私の脳天に一撃が加えられ、一瞬言葉を失った」
 江沢民の仏教弾圧によって寺院と僧坊群は破壊され、そのあと地震が襲った。そして現在までに何が起きたかは明らかではない。
 カシュガルでホータンでモスクが破壊されたように、ラルンガルは中国共産党の標榜する「改造計画」によってまったく新しい「観光用宗教地区」となりそうな雰囲気であるというのだが、外国人は誰も近付くことさえ出来ないため、真相は闇のまま。
 それにしても、シャングリラ(理想郷)から地獄に落とされたのか、ラルンガルの現況はおおいに気になるところである。 
    ☆☆☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
 *********************************
 ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)トランプ大統領の非常事態宣言への署名、それにつづく商務省のEL発表、そしてファーウェイへの部品輸出禁止令。まるで「新ココム」です。これでファーウェイ排除は完璧、ファーウェイは倒産しますかね?
   (SD生、足立区)


(宮崎正弘のコメント)中国企業は、いま、どこも破れかぶれですよ。アリババの馬雲が激越なジョークを飛ばしています。『「996」から「669」へ』です。
意味? 午前九時から午後九時まで週に六日間はたらかせたブラック企業が、「セックスを毎日六回、それを六日間続ける」という意味です。
トランプのファーウェイ排除は規制の方針ですが、抜け穴を狙うドイツ、英国、そして台湾、韓国も死活問題です。
日本でもブローカーが第三国を通す迂回輸出などを持ちかけてくるでしょうから、いずれ日本企業のなかにも制裁されるところが出てくるでしょう。



  ♪
(読者の声2)イランと戦争になりますか? サウジのタンカーがミサイル攻撃を受け、米国は空母攻撃群を近海に派遣しています。イランも外相を日本に派遣してきたように、相当深刻に対応していますね。
   (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)トランプ政権はイスラエル対策を何よりも優先させており、つぎにサウジ対策でしょう。
イランと戦争しても、米国に利益は薄く、むしろ強硬なポーズをとり続けて、イランと中国、露西亜が三角同盟を組まないように、軍事的な牽制と考えられます。
 局地戦にせよ、イランと実戦を展開するには12万人の兵力が必要であり、いまのアメリカ軍の装備はともかく、兵隊はLGBT、とくに女性兵士が戦闘にもでるとなれば、これまでのような強さを発揮できるか、どうか。
 そのうえ本気で戦争するならば、イランを孤立させ多国籍軍を形成する必要からも外交は全方位的方向に傾くはずで、こんなときに中国と全面的な貿易戦争をやっているのですから、やはり対イランとの戦争の勃発は考えにくいと思います。
      ◇◎□◇ど◎◇◎▽く◇◎▽◇し◇◎▽◇ゃ○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <休刊のお知らせ> 海外取材のため5月21日―26日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   ♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。3700兆円の債務は爆発寸前! 
 ――BISも、中国の負債は3740兆円と認定した
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」
           
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
  ♪
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。