国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<米国、「孔子学院」をスパイ拠点として、15大学孔子学院を閉鎖

2019/05/14

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)5月15日(水曜日)
         通巻第6077号 <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「中国人とみたらスパイと思え」。トランプ大統領のオフレコ発言を思い出した
   米国、「孔子学院」をスパイ拠点として、15大学孔子学院を閉鎖
****************************************

 日本には立命館大学など15校に「孔子学院」がある。
いったい、そこで何が為されているのか? 世界に548ケ所、しかし孔子学院をまっさきに閉鎖したのはカナダだった。
PTAが立ち上がり、「あそこでは中国語教育いがいのことを教えている」と告発、その後、この波は米国へ伝播した。

 2018年8月、トランプ政権は国防権限法を成立させた。それ以前から米国はファーウェイ(華為技術)など、中国企業の排斥に踏み切り、ZTE(中興通訊)へはインテルの半導体輸出を停止した。同社は生産がストップし、倒産寸前となった。
 国防権限法成立以後では、「チャイナ・モバイル」(中国移動)と米国参入を拒否した。

 米国では大学への支援プログラムのなかに、孔子学院援助予算が入っていて、これを全額拒否すると、孔子学院は物理的にも運営がしにくくなる。このポイントに国防権限法が有効に作用する。
ミネソタ大学などで孔子学院閉鎖がつづくのは、予算面からの措置である。また一部の大学では教職員が、教育カリキュラムに問題が多いとして、孔子学院閉校の署名活動や、抗議集会を開催してきたところもある。

 中国へ進出した外国企業に中国は技術の強制移転を求め、また企業内に共産党細胞の結成を強要するなど、高度技術の獲得には非常識な強硬手段を辞さず、米国は改善を求めていたが、土壇場で中国側が拒否した。
このためトランプ大統領は中国からの輸入品すべてに25%の関税をかけるとして、米中貿易戦争は全面戦争の様相となったのである。

 米商務省は国家安全保障上、貴重なハイテク技術や情報が中国に漏れたり、技術移転が行われることに対抗し、「EL」を作成している。
ELとは「エンティティ・リスト」の略で、すでに昨年には福建省晋華集成電路(JHICC)に発動した。このため米国からの半導体製造装置が輸出できなくなり、台湾から百名のエンジニアも派遣されていたが、現在、この工場は閑古鳥が鳴いている。

 5月13日、米商務省はあらたに中国企業六社を「EL」に加えた。
 中国人民解放軍のダミー企業に米国製品がわたったとして「台州中浮新材料科技」など、また電子部品関連で「深セン市天高科技」。「宇力達科技」などはイランへの不法輸出に関連したとして輸出管理法に抵触したと理由づけた。

 米国が指定した六社を英文名で列記すると次のようになる。
 Avin Electronics Technology Co Ltd, based in Shenzhen; 
Longkui Qu of Linhai, Zhejiang province; 
Multi-Mart Electronics Technology Co of Nanhai, Guangdong province; 
Taizhou CBM-Future New Material Science and Technology Co Ltd of Linhai, Zhejiang province; 
Tenco Technology Co Ltd, Shenzhen
Yutron Technology Co Ltd of Shenzhen.

 なにしろ「中国人とみたらスパイと思え」と財界人との非公式食事会で、トランプ大統領のオフレコ発言があったほどに、米国は中国を明確に「敵」と位置づけたのだ。

     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)女系天皇、女性宮家に関して産経とFNNの世論調査でも64・2%が「賛成」としてことにショックを受けております。女系天皇反対という正論が、国民には理解されていないという現実に深い失望を覚えました。
   (HF生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)テレビ漬け、漫画漬けの無知蒙昧な大衆に意見を聞くというのも、どうかしていますが、メディアという通信、情報伝達手段が、依然として左に牛耳られているからには、当然の結果とも言えるでしょう。
 歴史に詳しくない、というより伝統に興味が薄いマスは、画像操作や印象操作で、騙されやすいという特質があり、プロパガンダの優劣も考慮する必要があります。
 しかし日本の世論は一夜にして変わることがあり、また「超法規」という手段が有りますので、失望されることはないでしょう。



  ♪
(読者の声2)大阪府在住の読者です。このたび、堺、藤井寺、羽曳野にまたがる百舌鳥、古市古墳群が、世界遺産に認定されることが確実になり、地元あげて喜んでいるところです。
観光客も増える筈ですし、経済的にも裨益しますが、問題はなぜ、いままで、こういった歴史的古跡が、ユネスコで議論されなかったのでしょうか?
    (TK生、羽曳野市)


(宮崎正弘のコメント)文化庁主導ですので、順番待ちという「政治」も絡むのでしょうね。
観光客が増える? 果たしてそうでしょうか?
小生も試みたことがありますが、たとえば、仁?天皇陵は一周するのに一時間半ほどかかりますし、展望台でもつくらないと全景を眺望もできないですね。住宅地が古墳群を囲んでしまっておりますから。
 むしろヘリコプターによるツアーが組まれるのではないか、と予測しています。



  ♪
(読者の声3)沼山光洋さんが令和元年5月11日の早朝、靖国神社前の道路上で自決されました。沼山さんの御霊に謹んで哀悼の誠を捧げますとともに、沼山さんの生前の御活躍に感謝と尊敬の意を表します。沼山さんは腹に刃物を深く突き刺し、腹を一文字に割っさばきました。見事な切腹です。
大量の出血のため、携行していた遺書は血塗れとなってしまい、判読できなくなりました。しかし冷静沈着な沼山さんは写しを自宅に遺していてくれました。
さらに沼山さんの凄いところ、素晴らしいところは、靖国神社の神域を血で汚さないよう、自決されるときまで配慮されていたことです。中通りといわれている靖国神社の神門前の路上、歩道というよりも車道にかかっている道路上での自決でした。
神域は血で汚していません。生真面目な沼山さんらしいことですが、驚くばかりでした。
沼山さんの人物を一言でいえば「優しい笑顔が輝いている好漢」です。沼山さんを知っている方々は同じ感想ではありませんか。沼山さんの遺言ともいうべき言葉は、沼山さんが事務局長をされていた靖国会のホームページに「新時代令和を迎えて」と題する文書が掲載されています。
靖国会のホームページは次の通りですので、ご高覧ください。
http://yasukunikai.com
沼山さんの遺書と考えてください。

沼山さんは靖国会の事務局長をはじめ、多くの敬神尊皇団体の役員として獅子奮迅かつ東奔西走のご活躍をされていました。靖国神社をはじめ全国各地の護国神社の忠霊に誠を尽くしてこられましたことは、全国の皆さんもご承知の通りです。
沼山さんは、先帝陛下が御譲位の御希望を明らかにあそばされてから、天皇陛下の靖国神社御親拝を祈願され、全国各地の護国神社を巡拝されるなど、全力を尽くされました。
沼山さんは平成29年春、天皇陛下の靖国神社御親拝を祈願するため、靖国神社を参拝してから全国の護国神社を巡拝、そして靖国神社に奉告されましたことは、靖国会のホームページに詳細が掲載されています。
巡拝のとき、天皇陛下の靖国神社御親拝を実現するため「命を懸ける」と、忠霊にお誓いしたとのことです。
「命を懸ける」
そう誓ったのだから、実現できないときは責任を取るんだとのことです。しかし誤解なさらないでください。沼山さんの自決は、先帝陛下への諌死ではありません。もちろん批判でも抗議でもありません。絶対に違います。
先帝陛下へ、天皇陛下へ、お詫び申し上げるための自決です。
靖国神社御親拝をお望みであらせられる天皇陛下が、靖国神社へ御親拝できない状況を打破できない、天皇陛下の靖国神社御親拝を妨げる勢力を打倒できないことをお詫び申し上げたのです。
天皇陛下にお詫び申し上げた自決、靖国神社の忠霊にお詫び申し上げた自決です。これだけは絶対に誤解せず、絶対に理解してください。
ちなみに5月11日は、沼山さんが尊敬されていた靖国神社御祭神の西田高光命の御命日です。西田高光命は海軍特別攻撃隊の神雷部隊に所属された学鷲のお一人でした。なお、靖国神社の御厚情により、自決現場近く、玉垣の内側に献花台を設けていただきました。
靖国神社の御厚情に感謝いたします。献花台には多くの方々からのお花が捧げられています。ありがたく存じます。
沼山さんと御家族たちとのお別れでは内々ながら、沼山さんが最も尊敬されている方が斎主をつとめてくださり、厳粛に神事が執り行われました。沼山さんの棺には多くの皆さまから寄せられた献花、また靖国神社をはじめとする全国の護国神社の御朱印帳、そして「嗚呼忠臣楠子之墓」の拓本などの大楠公に関する品々を納めました。沼山さんの御希望に沿う形での友人葬(神葬祭)は後日あらためて執り行います。御遺族は心痛かつ心労が激しいですので、御遺族へのお問い合わせなどは差し控えてくださいますよう、宜しくお願い申し上げます。
末筆となりますが、沼山さんの自決に際しましての靖国神社および警視庁の御高配には感謝いたしております。
今はただ、ただただ悲しいです。沼山さんと同じ時代を生きることができた幸福と光栄には感激いたしておりますが、悲しいです。
(三澤浩一)
◎▽□◎▽□◎□◇◎▽□◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<休刊のお知らせ> 海外取材のため5月21日―26日が休刊となります

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   ♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。3700兆円の債務は爆発寸前! 
 ――BISも、中国の負債は3740兆円と認定した
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」
           
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
  ♪
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<休刊のお知らせ> 小誌は海外取材のため5月21日―26日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/05/14

    >女系天皇、女性宮家に関して産経とFNNの世論調査でも64・2%が「賛成」としてことにショックを受けております。==>天皇、秋篠宮ご一家のお子様に男子がお一人しかいないのも大きな理由なのかも。これが何人もいらっしゃったらどのような結果になっていたかどうか。正直な感想として雅子様が心身ともにご健康だったならと