国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<パキスタン、IMFと救済案を準備交渉で合意

2019/05/14

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)5月14日(火曜日)
         通巻第6076号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 パキスタン、IMFと救済案を準備交渉で合意
  カーン首相補佐官が地元メディアに答えて「本格合意は近い」と。
****************************************

 IMF特別チームがイスラマバード入りしたのは四月下旬だった。
 パキスタンの首相諮問委員会的な金融チームを首相アドバイザーのアブダル・ハフィーズ・シャイカ博士が率い、5月12日にようやく合意に漕ぎ着けた。

 イスラマバードにおける、地元メディアとの会見で、
 「向こう三年間にIMFは60億ドル、くわえて世銀、ADBなどから20〜-30億ドルの新規融資に目処が立ち、下準備交渉で合意が成立した」とシャイカ博士は語った。

 IMFがパキスタンに突きつけた必須の条件とは、パキスタン国営企業の改革、無駄の削減、政府補助金廃止、とりわけ非能率のLNG国営企業の民営化などが骨子とされ、これらの条件を満たすには決定的な政策変更がイムラン・カーン政権に課せられることになる。

 カーン首相は就任後、北京へは行かずにサウジアラビアを二度訪問し、緊急の繋ぎ融資を決めてから中国を訪問した。しかし中国が約束した30億ドルの追加融資は雲散霧消していた。しかし何があっても懲りないのはパキスタン人の特徴でもあり、四月のシルクロード国際フォーラムにはまたもカーン首相は訪中した。しかし、この会議はカネに群がろうとするカザフスタン、エジプト、ミャンマーなども出席しており、確約的な返答は北京政府からは明示されなかったという。

 パキスタンは中国と軍需産業でも合弁企業を経営しており、じつは戦車を製造しているが、これも削減対象となったかは不明だ。
     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 異様な事態に陥没していても「国際化」の波は停まらない
  惨状を呈してきた外国人の交通事故、逃亡、難民申請、そして生活保護

 ♪
猫組長『暴力が支配する一触即発の世界経済』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 世界経済の闇に異次元の方向から光を当てて、常識をぶち破る非論理的な世界。こうした裏世界で逞しく図太く展開されている「やぐざ金融」とマフィアの経済活動の実態を知らない人が多い。
 著者は元山口組で金融の世界に学び、裏取引、インサイダー取引を実際に展開してきた人物である。本書でいよいよ本名を公開したが、それまでは謎の作者「猫組長」で知られてきた。
 嘗て取引のあった中国のシノペックの子会社の幹部が、猫組長に助けを求めてきた。
「中国に帰るとヤバイので、マレーシアへ亡命したいから手伝って欲しい」というSOSだったそうな。
 海航集団のCEO王健がフランスで事故死した直後のこと、そもそも王健の「事故死」とて、絶対にあやしく、その直後にこんどはインターポールの王宏偉・総裁が北京へ召喚され、そのまま拘束されて裁判が五月にはじまった。
 海航集団において王健はアンチ王岐山派の先頭に立って、経営戦略をあらそった。王の事故死によって、ふたたび王岐山派が主導権を回復したとか。シノペックのくだんの紳士も、反習近平派に属していた。
 
 さて海外からの留学生は現代日本で34万人強もいる。
 このうち中国人が12万3000人、ベトナム人が8万強。かれらは真面目に学校に通っているのか。
 コンビニ、居酒屋などのアルバイト戦線で主要な働き手だが、国を出るときにブローカーに法外な手数料が支払われる。だから日本語学校に70万円とか百万円の高い授業料をおさめても、学校に通わないで蒸発するのだ。
 就労先ではブローカーが、とくにベトナム人を焚きつけ、残業代の精算から、補償の裁判を起こさせ、雇用主からカネをむしり取る算段を教唆する。
 あげくに難民申請をすると六ヶ月間日本に残留できる。生活保護を繰り返して暮らす手口もブローカーという名前の悪質なやくざもどきベトナムの仲介業者、そして日本のブローカーたちが組んでいる。
 だから始末に負えないのだ。
 さて本書で、参考になるデータの一つは、日本の47都道府県で、日本語を喋れなくても自動車免許がとれる地方自治体がどれだけあるのか、調べ上げた一覧がある。
 47都道府県のうち、岐阜県をのぞく46地方自治体では、英語だけで免許がとれる。
 中国語だけで自動車免許が取得できるのは30もあり、ついでポルトガル語が18,これはブラジルからの出稼ぎが多いからだ。そしてベトナム語だけが2県(神奈川と奈良)ある。
 外国人がこれほど容易に日本で免許取得でき、かつレンタカーをかりるわけだから、事故率が高くなってレンタカー会社を泣かせているのも無理はない。 

      ◎▽□◎▽☆  ◎▽□◎▽☆ □◇◎▽□☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

公共投資削減が日本の大不況をもたらした
 インフラ投資拡大あってこそ、国土強靱化。経済成長を飛躍させられる

 ♪
藤井聡『インフラ・イノベーション』(育鵬社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 日本再生プロジェクトによって日本は再び豊かな国家になれる。日本復活の道筋がみえてきたと、内閣参与を辞してから精力的に各地を行脚する藤井聡・京都大学教授が自信を持って未来図を描く最新作である。
 GDP構成要素のひとつは、公共投資、つまり政府支出である。日本は過去二十年間で、この分野の予算は半分にした。そうなるとGDPは成長するはずがない。金融政策の誤謬が重なって「失われた二十年」は、まもなく「失われた二十五年」となる。
 無駄な投資だと反対、酷評が多かった典型例は静岡空港と茨城空港だった。
 空港のない都道府県は過疎地になる?
 奈良、京都、岐阜には飛行場がないが、福島や長野には出来た。福岡県にはふたつ、山形県にも二つ。秋田県には三つ。北海道は十。長崎県は対馬、壱岐、五島を含めると四つ。
熊本は天草を含めて二つ。鹿児島は奄美、徳之島、沖永良部にも空港がある。福井県は空港があるけれども小規模で、自家用飛行機の発着に使われている。
 藤井教授がしらべて判明したことは評判が悪かった茨城空港も静岡空港も、黒字に転化していたという明るい事実である。単年度決算ではあるが、そのことは本書を読むまで知らなかった。

 新幹線もかつては大野伴睦の横やりで強引につくった岐阜羽島駅の評判が悪かった。とうに黒字となっているが、滋賀県は新幹線新駅に反対した。掛川は市民が浄財をだしあって運動し、新幹線を停車させた。経済繁栄が継続できた。
 藤井教授は下水道イノベーション、河川のイノベーション、水力発電の強化、砂防事業の充実などをインフラ・イノベーションの好例にあげるが、もっとも力点を置くのは食糧の自給自足である。
 裏返して言えば、「農水産業を軽視してきた」日本人の意識の劣化をあげる。
まさに日本に国家戦略が不在だった証拠であり、はやく農業活性化、自給自足の政策強化に打って出るべきだと説かれるのである。

 この稿を書いているときに、評者(宮崎)は皇室関連のニュースに接した。
 五月十三日に宮中では「齋田点定の儀」が厳粛に行われた。これは亀の甲羅で祭田を占う儀式であり、大嘗祭の前におこなう秘儀である。だから卜の秘儀は幕で隠され、非公開だった。

 「悠紀・主基というのは、大嘗祭に天皇が天照大神はじめ天神地祗に奉り御親らも聞こし召す(召し上がる)新穀を耕作する神聖な田を定めるのであるが、古来の亀卜という亀の甲を焼いて占う方法によって、(昭和のときは)悠紀は滋賀県、主基は福岡県と決められた」(真弓常忠『大嘗祭』、ちくま学芸文庫)。
引用は原点が昭和天皇の大嘗祭を論じた時代だが、平成では秋田県と大分県だった。
 亀甲を火であぶり、ひび割れの具合から齋田をきめた。
令和の亀卜のおいては、アオウミガメを小笠原から調達し、そのうえ加工業者も、正倉院の宝物の復元経験がある鼈甲職人で六代続く老舗から選ばれた。
現在、日本で伝統的な亀卜は長崎県の対馬でのみ残り、無形民俗文化財に指定されているほどに、齋田選びにも古来より大事な伝統が復活した。
そして大嘗祭とは天皇即位の年におこなわれる新嘗祭であり、五穀豊穣を祈る祭祀王としての天皇がおこなう最も重要な伝統儀式。この伝統にこそ、日本の農業復活の意議と願いが込められているのである。
インフラ・イノベーション、それは「帰農」ではないのか、と評者は思った。 
          ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1894回】            
 ――「民國の衰亡、蓋し謂あるなり」――渡邊(6)
  渡邊巳之次郎『老大國の山河 (余と朝鮮及支那)』(金尾文淵堂 大正10年)

    ▽
 大連の街を歩き、「日本民族不撓の發展的精神は、時代を閲して達せられたといふべく」と絶賛する。だが山縣通り、大山通り、奥町、寺内通りなどといった地名に対しては、「武人の名を命じて喜へるが如き、痴氣、稚心、最も笑ふべく、余の最も不快とする所、亦大志ある日本民族の不用意の極みといふべきなり」。満鉄が「日本民族發展の大動脈となり、文化的經營を以て發展の良法と」するなら、このような「街名を改むるべく、斷じて斯かる痴氣、稚心の繼承を以て進むべからざるなり」と苦言を呈す。
そう、「稚心」去るべし。

  「宛然これ一大國家、一大政府を成すものといふべ」きほどの満鉄だが、そうであればこそ「其責任、其影響の亦至大なるものあるを思はざるべからず」。
その振る舞いは確実に「支那の政府及人民の意志と利害とに影響するところ少なからず」。やはり「北伸的日本勢力の消長を左右する位置にあることを忘れるべからざるなり」。

  だから満鉄は「國民の同情と後援とにより、外務、陸軍兩關係者と相理解し相協調して以て大に其地歩を進むるにあらざれば」、「終に無用の長物視せられ、其組織を改め、其權限を縮少するの主張に會する」こともある。現状に自己満足してやりたい放題を続けるなら、いずれ満鉄の無用論・解体論も起きかねないということだ。

  確かに満州各地で邦人は意気軒高と活躍してはいる。
だが実態は万事が満鉄頼みで、「殆ど滿鐵の寄生蟲の如」し。だから「滿洲其他競爭地點に立てる邦人が、滿鐵事業の縮小に驚愕狼狽し、日軍撤兵の説に憤慨し且恐怖するもの、主として依頼心の過大なるによる」のである。

 満鉄であれ在留邦人であれ、日本の方向のみを向くのではなく、「直實、忍耐、隱健の裡に進取の氣象を發揮し」、夜郎自大にも自己中にもならず、日々接する諸外人に対し「尊重と愛撫の精神」で接すれば、「日本民族の前途」は輝かしいものになるはずだ。

  であればこそ、「支那人學童に對して強ひて『君が代』を學習せしめ、彼等の無意識に之を歌ふを見て大に喜び、却つて其父兄の内心に憤慨を煽動するの不利なるを悟らざるが如き武斷的?育法は斷じて改め」るべしとの現地教育関係者の「絶叫」に、「眞に一理ありといふべし」と綴った。

  大連における満鉄と、その満鉄を頼りにするしかなかった日本人の振る舞いから受けた渡邊の印象は、渡邊に遅れること10数年後の昭和13(1938)年冬にソ満国境に位置する孫呉を訪れた小林秀雄の憤怒と諦念にも似ているように思う。

  昭和13(1938)年11月上旬、小林は蒙開拓青年義勇隊孫呉訓練所に向かった。
満蒙開拓青年義勇隊とは昭和12(1937)年11月の閣議決定で成立し、翌13年1月に茨城県内原訓練所で始まった2、3ヶ月程度の訓練の後、満蒙に送り込まれた青少年開拓団員である。もちろん防衛の任務も課せられていたが、彼らの活動は昭和20年8月の敗戦で途切れる。

  時に零下22度。小林は孫呉訓練所で「会った幹部の指導者達に、満州生活の経験者と呼んで差支えないと感じた人を見付け出す事はできなかった」。
ならば満蒙開拓青少年義勇隊という極めて『野心的な試み』は、最初から頓挫する運命にあったというべきだ。「この新しい仕事には、皆言わば素人であった」わけだから。

  小林の説く「この新しい仕事」を満鉄に依る満州経営に、青少年義勇隊隊員を満鉄に頼るしかなかった邦人に重ね合わせるなら、満州経営にせよ蒙開拓青年義勇隊にせよ、その実相が浮かび上がってくるように思える。

 やや強引に結論を急ぐが、やはり満州経営にしても「皆言わば素人であった」。素人であればこそ“手加減”が判らない。そこで「支那人學童に對して強ひて『君が代』を學習せしめ」て満足しているのではなかろうか。

《QED》 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)追悼  沼山光洋さん
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
               玉川博己(三島由紀夫研究会代表幹事)
  ▲
長年「靖国会」の事務局長をつとめてこられた沼山光洋さんが5月11日未明に九段の靖国神社近くの路上で割腹自決を遂げられた、とのニュースを聞き、大変驚くとともに在りし日の温厚にして篤実な沼山光洋さんの風貌に接してきた者として心より追悼の誠を捧げたいと思います。
  聞くところによれば、沼山さんは平成の御代に天皇陛下の靖国神社御親拝が実現できなかったことを英霊にお詫びするとともに、御親拝の環境が整わなかったことを臣民として謝し奉るという趣旨の遺書を残されたといいます。
また沼山さんは靖国神社の境内ではなくて、敷地外の路上で見事に割腹されたとのことですが、これは英霊が鎮まる靖国の神域を血で穢すことのないようにとの配慮からだと思われます。誠に沼山さんの高潔なお人柄が偲ばれる作法だと思います。
 沼山さんが事務局長をつとめてこられた靖国会は、靖国神社の国家護持と国家祭祀、そして天皇陛下御親拝を最大の目標として活動を行ってこられました。また2年前には沼山さんがお一人で全国の護国神社を巡拝されるという大事業を成し遂げられました。本当に敬服すべき尊皇敬神の活動でした。

  沼山さんの壮絶な自刃のニュースを聞いて、私が思い浮かべたのは、終戦直後敗戦の責任を謝し奉るとして集団自決を遂げた大東塾14烈士と愛宕山の尊攘義軍の12烈士女であり、昭和45年11月市ヶ谷台で憂国の死を遂げた三島由紀夫・森田必勝両烈士であり、昭和54年5月元号法案の成立を熱祷して自決した大東塾の影山正治塾長であり、そして平成17年12月郷里新潟で国体恢弘を念じて自決したわが友・三浦重周(三島由紀夫研究会事務局長)でありました。
 
 本来静謐な環境の中で護国の英霊を祀る靖国神社を参拝することが、今日のような政治・国際問題化した最大の責任は、自民党政府とその政治家達にあります。
靖国参拝を自己宣伝のパフォーマンスに利用し、出鱈目な参拝作法で靖国神社を冒涜した中曽根康弘元首相、同様に靖国参拝を自己の政治利用に用いた小泉純一郎元首相、「他人の嫌がることはしない」と英霊よりも中国・韓国など外国のご機嫌取りを第一とした福田康夫元首相など枚挙にいとまがありません。
およそ国民の代表者たる総理大臣が靖国神社に参拝せずして、どのように天皇陛下に御親拝をお願いし奉ることができましょうか。一強長期政権の安倍晋三首相でさえ靖国を参拝しようとしません。連立を組んでいる創価学会=公明党に遠慮があるのでしょうか。

 もちろん、外国勢力の走狗と化し、靖国神社参拝を外交問題にしてしまい、中国や韓国に日本攻撃の格好の手段と口実を与えてしまったマスコミや反日左翼勢力の罪科は極めて重いものがあるのはいうまでもありません。

 沼山さんは三島由紀夫先生を大変尊敬され、私ども三島由紀夫研究会の活動にもご理解を示され、憂国忌や私どもの行事にもよく顔を出してくれました。
またその他保守・民族派の行事でもよく顔を合わせましたが、もはやあの温容を見ることがないと思うと寂しさを覚えます。
いずれ追悼会が開催されるでしょうが、我々は沼山さんの遺志を継ぎ、靖国神社をお守りし、天皇陛下の御親拝が実現できるような世論づくりに微力を尽くしてまいりたいと思います。沼山さん、どうか天上より我々の行く手を見守り給え。心よりご冥福を祈念申し上げます。合掌。
   ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲



  ♪
(読者の声2)貴誌前号の読者の声3,それに対しての宮崎先生のコメントに関してですが、追加の情報を申し上げますと、沼山烈士の自決現場には花輪が山となっております。
  (FR生、大田区)


(宮崎正弘のコメント)ええ、12日は地方におりましたので、小生も昨日13日午後一番で現場に慰霊に赴き、献花をしてきました。
臨時の祭壇のようなものが便宜的にしつらえられ、花束、タバコ、お酒、ビールなどが置かれていました。警備の人に聞くと多くの花輪は、葬儀用のために移転した由でした。なお現場は大鳥居手前、左の大灯籠のところです。
◎▽□◎▽□◎□◇◎▽□◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<休刊のお知らせ>> 海外取材のため5月21日―26日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   ♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。3700兆円の債務は爆発寸前! 
 ――BISも、中国の負債は3740兆円と認定した
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」
           
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
  ♪
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<休刊のお知らせ> 小誌は海外取材のため5月21日―26日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。