国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 「中国はグアダル開発をやめろ」。BLAがヴィデオで警告

2019/05/13

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)5月13日(月曜日)
         通巻第6074号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「中国はグアダル開発をやめろ」。BLAがヴィデオで警告
  BLAは豪華ホテル襲撃、カラチ中国領事館自爆テロの武装集団
****************************************

 中国主導のCPEC(中国パキスタン経済回廊)は随所で工事が頓挫している。
 プロジェクトの総額は620億ドル。中国はイランとの国境に近いグアダル港を近代化し、将来は潜水艦も空母も寄港できる軍港の使用を狙っている。
付近には工業団地、大学、新興住宅地、病院などを建設し、一大都市にすると豪語してきた。

 グアダルを起点に新彊ウィグル自治区のカシェガルまで(1)鉄道(2)ハイウェイ(3)光ファイバー網。そして(4)原油パイプライン(5)ガスパイプラインを敷設し、その建設のための鉄鋼からクレーン、ブルドーザ、建設機械、材料から労働者まで中国から連れてきた。現場のバロチスタンには、なんの裨益もなかった。

 パキスタンのバロチスタン州は、もともと独立国家である。国王は英国の亡命したままである。英国が植民地時代に勝手に線を引いてパキスタン領としたため、紛争が絶えないのだが、近年は中国を「侵略者」とみて、これまでにも中国人誘拐、殺人、現場襲撃、カラチにある中国領事館へも自爆テロを仕掛けた。

そして、こんどは中国人が宿泊する豪華ホテルの襲撃となった。グアダルには「パールコンチネンタル」という五つ星ホテルが開業しているが、宿泊客の大半が中国人。二回に亘る襲撃で、四名が死亡した。

グアダル港の中国人労働者の居住区は高い塀で囲われ、しかも工事現場を含めて、警備をパキスタン軍が担うという矛盾がある。直近でもこのパキスタン警備兵が襲撃され、26名が殺害される事件も起きた。

「グアダル港開発プロジェクトはバロチスタン国民にとって、弊害こそあれ、一銭の利益にもならない。バロチスタン国民は経済的に裨益するどころか、困窮し、大事な資源が中国とパキスタン政府にむしり取られているではないか」というのがBLA(バロチスタン解放軍)の主張であり、「中国よ、プロジェクトをやめろ」とヴィデオ・メッセージで警告した。


 ▲パキスタンはデフォルトを免れるのか?

一方、パキスタン政府はCPECによる負債の膨張に頭を悩まし、中国に緊急援助を乞うた。
ところが面会した李克強首相は、「パキスタンとの友好関係は変わらない。両国関係は全天候型だ」などとわけの分からないことを発言したのみ。

いよいよ、デフォルト直前になったため、イムラン・カーン首相は急遽、サウジアラビアとUAE(アラブ首長国連邦)に飛んで救済を求めた。
サウジアラビアならびにUAE諸国は、緊急に200億ドル前後のドルを送金し、当座の危機は救われた。

先月末からイスラマバードを訪問していたIMF調査団はパキスタン財務省幹部等との会合を重ね、救済策の協議をしていた。
パキスタンがもし、IMF管理下になると、プロジェクトは全面的な見直しを迫られ、政府予算にも介入される。
また債権国には80%の債権放棄が迫られることになる。

   ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1893回】                   
――「民國の衰亡、蓋し謂あるなり」――渡邊(5)
  渡邊巳之次郎『老大國の山河 (余と朝鮮及支那)』(金尾文淵堂 大正10年)

        ▽
 「不快なる夜の東清列車」でのことだった。「支那人は東清鐵道督辨處の官紳なりとて悠揚長者の風あり」。
これに対し「露人に至つては風采揚らず、眞に亡國の放浪漢に似たり」。レーニン革命で国を追われたロシア人の悲哀が目の前に浮かんでくるようだ。

  やがて「南滿洲北部の最大農産市塲」である長春に。
「日本國民の滿蒙に對する發展の遲鈍にして、萬里の沃野を等閑に附するを慨し」、「日本官民の對支經營の不熱心、不適當、小規模、無手腕」を激しく憤る同地在住某氏に触発されたのか、渡邊は満蒙こそが「西伯利の極東三州と共に、日本の人口及食糧問題を解決するの地」であり、それは急務であり、「五十年の後、人口一億一千萬人を數ふるの時」に備えよと説く。

  以下、渡邊の主張を追ってみたい。
「滿蒙は今支那に屬し、西伯利は名において尚露國に屬すと雖も、滿蒙元來支那の地にあらず、西伯利亦露國の地にあらざるなり、唯侵略と殖民とによれる威力活用の結果のみ」。だが「今や露支兩國」は国家の態をなさず、「徒に内亂殺傷を以て相踵ぐのみ」といった惨状である。であればこそ「今や露支兩國」が両地に対し「共に主人顔するの資格」はないから、「無主の地と稱する必ずしも不可ならざるなり」。

 かくして「勤勉努力、農耕の從ひ、奮勵刻苦、鑛漁を營み、富源を開き、文明を進め、秩序を維持し、利福を増すの能力を備ふるの優越民族ありて是等地方の經營に任ぜんか、斷じて之を拒むの理由あるべからざるなり」。その「優越民族」である日本人は、「人口において世界の二十三分の一の多きを占め」ているにもかかわらず、「領土において二百分の一の少なきに苦し」む。加えるに「多々?々加する人口の増殖に會して餓死せんとする」有様である。だから「日本民族が、是等地方の經營に從事するは、當然の運命、即ち天命と稱すべきなり。日本民族の力、實に之に堪ふ」。

 渡邊は続ける。
 
 元来が地球上の土地は無主なのだから、「力あるもの能く之を保つに過ぎ」ない。「?史的變遷と坤球元來定主なきの理を悟ら」ない支那人。「山賊的侵略によつて西伯利を収め」たロシア人。さらに「英米人が、海賊的國民として進化し來り、其領土の多くが略奪の遺物たるを顧みず、人道を云々して人種的差別觀を脱する能はず、自由平等を云々して鎖攘の非法に出で、到る處に日本人を排斥し、詭辯と猾智と強力とを以て日本民族を饑餓の死地に陷れんとするは、暴虐無道の極といふべく、千萬言の修辭と理想論とを以てするも、斷じて其非を飾るに足らざるなり」。

  つまり「日本民族の生きんが爲に、滿蒙及西伯利において、平和的農商鑛の經營に任ぜんとする、亦當然の事のみ。片言隻語の異議あらしむべからざるなり」。かくして渡邊は「我が當局の對外折衝の拙劣軟弱」を強烈に糾弾する。

 渡邊から百年後の21世紀冒頭の現在に立って、これを過去の誤った暴論と批判し否定するのは簡単である。

だが考えてみれば――いや、左程は深く考えなくても――国際秩序は終始一貫して「千萬言の修辭と理想論」ではない。「詭辯と猾智と強力」に依って維持されてきたし、これからもそうであるはずだ」。いわば「詭辯と猾智と強力」の3者が一体となった時、それを「千萬言の修辭と理想論」で粉飾しながら自らの生存空間を拡大するのが国際政治の本質だろう。世界唯一の超大国を誇っていた時代のアメリカがそうであり、そのアメリカを追い付き追い越そうと猪突猛進する中国がそうだ。
現に習近平政権は「詭辯と猾智と強力」を綯い交ぜにしながら、「一帯一路」を画策している。

 それにしても「我が當局の對外折衝の拙劣軟弱」は、いつまで続くというのだ。
《QED》 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴著『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店)は、待ちに待たれた歴史論でした。老生は、弓削道鏡、足利義満、そして信長が、天皇にとってかわろうとする野心を抱いていたために滅びたと考えています。
たとえば信長は「信長王朝」を立てようとしていた。それを阻止した明智は和気清麻呂、菅原道真と伍すべき日本史の英雄です。
   (MN生、大阪)



  ♪
(読者の声2)憲法改正に関して、自民党案も産経新聞案も、その第一条は「天皇=象徴」である。自民党案だと、前文に「象徴天皇制は、これを維持する」とまで明記している。みんなGHQが大好きで感謝感激のようだ。
「国民統合の象徴」は、せめて「国民統合の中心」にしたらどうか。そうすれば、陛下も「象徴のお務め」などやめて、公務・皇室外交に集中することができる。
それと、天皇の国際的位置付けも無視できない。国際認識では「天皇= Emperor」である。
明仁天皇は生物分類などの論文を投稿されており、下記リンクもその一つである。
■Early cultivators of science in Japan   By Akihito. His Majesty the
Emperor of Japan
  https://science.sciencemag.org/content/258/5082/578
( TA生、川崎市)



  ♪
(読者の声3)5月19日 第四回「天皇陛下御即位奉祝行進」
https://www.facebook.com/events/453354418750073/
        記
日時:令和元年5月19日(日) 
(日の丸行進を奉祝行進と変更いたします) 
●集合場所:大阪市西区・新阿波座公園
●集合・集会:13:00  ★なお行進参加者は正装でお願いいたします
●唱和の内容:
・「私たちは天皇陛下御即位をお祝いする奉祝行進を行なっております」
・「沿道の皆様も共感していただけるようでしたら、ぜひ行進へご参加ください」
・「天皇陛下御即位、おめでとうございます」
・「先帝陛下『御譲位』そして『上皇』におなりあそばし、おめでとうございます」
・「新しく126代天皇陛下をいただき、2600年以上もの長き我が国の歴史を誇りに思います」
・「天皇陛下、万歳、万歳、万歳」



  ♪
(読者の声4)韓国抗日施設をめぐる研修報告会のお知らせです。
嚆矢は松木国俊先生。演題は「今後の日韓関係はどうするべきか」です。

とき   5月26日(日) 1830
ところ  文京シビックセンター 26階「スカイホール」
講師   松木国俊先生。
演題   「今後の日韓関係はどうするべきか」
参加費  1000円(学生無料)
共催   「真実の種」を育てる会、英霊の名誉を守り顕彰する会
問い合わせ (03)6912−0047



  ♪
(読者の声5)東京オリンピックの予約サイトのソース表示を見ますとハングル文字が一部表示されます。
 海外へ、丸投げしたのでしょうか? 飛躍すると思いますが、政府は高度な防衛機材を購入していますが、内側から浸食されているような気がしますが如何でしょうか?
  (ZER生)

 ◎▽□◎▽□◎□◇◎▽□◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<休刊のお知らせ>> 海外取材のため5月21日―26日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   ♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。3700兆円の債務は爆発寸前! 
 ――BISも、中国の負債は3740兆円と認定した
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」
           
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
  ♪
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<休刊のお知らせ> 小誌は海外取材のため5月21日―26日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。