国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<IMFに続きADBも対中国向け融資に「チャイナ・プレミアム」を適用へ

2019/05/10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)5月10日(金曜日)弐
        通巻第6072号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 IMFに続きADBも対中国向け融資に「チャイナ・プレミアム」を適用へ
  誰も知らない負債総額。ひょっとして9900兆円か?
****************************************

 IMFもADB(アジア開発銀行)も世界銀行も、いや、中国共産党のトップも、いったい中国の負債総額がいくらなのか、誰も知らないのである。
なぜならデータがすべて不透明なうえ、水増しが常識であり、嘘の上に嘘を重ねていけば誰も本当のことが分からないのは当然である。
 
或る北京人民大学教授が「中国のGDPは1・67%だ」としたが、それでも多すぎる。実際のGDP成長率はマイナスだろうとする観測がほうぼうの専門家からあがり、また中国内部でも朱容基元首相の息子のグループは、負債総額は9900兆円だとする衝撃に数字をあげた。

 筆者自身、これまで中国の債務を3700兆円と踏んで、最新の拙著(『余命半年の中国・韓国経済』、ビジネス社)等でも開陳してきたが、奇しくもBISが昨年八月に報告した数字も3070兆円だった。
 欧米の金融界では、すでに中国企業の社債起債には2%以上の金利上乗せをはかり、IFMもすでに中国向け融資の金利を上げると公表している(つまり「チャイナ・プレミアム」は既に厳然と発生している)。

 「借金の罠」論がようやく世界金融界の常識となり、AIIBはサラ金のようなもの」と比喩した麻生財務大臣の発言が、いかに正鵠を得たものであったか、西側は共通認識として共有できるようになった。

 追いうちをかけるかのように、2019年5月4日、フィジーで開催されたADB年次総会において麻生財務相は「中国に借り手の『卒業』を促した」とした。
 
2018年だけでもADBは中国向けに26億ドルを貸し付けている。金満国家をほこる国になぜADBは貸すのか? 今後、たとえ中国からの借金要請があっても、ADBは金利をあげる準備をするとした。
言外にはあれほど鳴り物入りで設立した中国の「AIIB(アジア・インフラ投資銀行)が、カネを貸せば良いではないか」と皮肉っているのだが。

 欧州のバンカー、アナリストらは公表された数字からも、当該国家のGDPと輸出統計、外貨準備を精密に比較しつつ、下記の八ケ国がデフォルトをやらかしそうだと警鐘をならしている。
すなわちモンゴル、モンテネグロ、パキスタン、ラオス、キルギス、モルディブ、ジブチ、タジキスタンである。いずれも中国が最大の債権国である。

 この他にIMFに救援を求めたか、あるいは近い将来にIMF救援を求めざるを得ない国にはベネズエラ、ニカラグア、コンゴ共和国、とうに破産して国はジンバブエがリスト入りするだろう。

そうなると最も困惑するのはカネの貸し手である。つまり中国である。IMFは債権国に80%前後の債権放棄を迫るからだ。米国のロジウム・グループの報告書に拠れば、中国の一帯一路融資物件のうち、すでに38件、500億ドル強の債務のリスケがあったという。このうち14件は債権放棄だというが、秘密の二国間交渉だったために詳細は公表されないままである。
  中国発の金融危機、間もなく爆発する。

   ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 邪馬台国はあったのか、なかったのか?
  最新科学で古代史を解明すると意外な事実が続出した

  ♪
長浜浩明『日本の誕生 皇室と日本人のルーツ』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 左翼学者、左まき歴史家は、GHQのお先棒を担いで『日本書紀』は偽書、インチキだと嘯き、また「神武東征」なんぞは架空の作りばなしであり、本当はなかったのだと声高に言い張ってきた。
しかし科学的アプローチをすれば、神武天皇の実在、その東征は証明される。日本書紀に書かれた内容の真実性も殆ど証明されてきた。
 長浜氏は在野の歴史研究者ゆえに、氏の所論は斯界からは無視されている。学界にも派閥が蔓延り、視野狭窄と非寛容は、どの世界でもニューカマーを排斥するから、意外でもないが、正論は伝え続けなければならない。
 ただし神話から逆算すると神武天皇の即位は紀元前660年となるが、長浜氏は科学的アプローチによって、計算をやりなおし、神武天皇即位は紀元前70年だったとされる。
 この斬新な科学的方法、どこまで歴史家の賛同を得られるかは別の問題である。
 古事記、日本書紀では神武東征の歳月も異なれば、それぞれの天皇の在位期間も異なる記述となっている。なぜなら当時の暦は現代のそれとはまったく違い、現在の半年の時間が一年だった。長浜氏は、この方式を独自の方程式で測定し直したのだ。
そこで氏の経歴を拝見すると、東工大建築科卒、工学博士。あ、納得がゆく。科学的工学的建築学的方法で、歴史の真実に迫ると、旧来の古代史専門家らが見落としてきた諸矛盾が一気に解明されるわけだ。 
 こうした原則に立脚する氏から見れば、直木考次郎や家永三郎批判は当然にしても、井沢元彦、渡部昇一、田中英道らの所論も怪しい箇所ありとなり、とくに岡田英弘歴史学への批判となる。
 それはさておき、本書で長浜氏は邪馬台国について次の所見を述べる。
 倭人という古代日本人は、北九州(倭国)と朝鮮半島南部一帯を意味した。魏志でも、倭国以外の国の存在は記述されており、「加えて『旧唐書・日本』には、大和朝廷が北部九州の倭国連合を併呑したことを彷彿させる記述が遺されている」
 当該書には「日本国は倭国の別種なり。其の国、日の辺に在るを以て、ゆえに日本を以て名と為す」云々。
 それゆえに長浜氏は続ける。
 「今までシナは倭国と外交関係を結んできたが、その地は大和朝廷が併呑し、以後、シナと外交関係を結ぶのは大和朝廷・日本である、と宣言した」(中略)「日本書紀に邪馬台国の記載がないということは、四世紀初頭の大和朝廷にとって、衰退した『女王国』の併呑など、もはや取るに足らない地方の一事件に過ぎなかった」からである(150−151p)。
 氏の論理展開から言えば、邪馬台国の所在など重要課題ではないことになるが、ともかくも邪馬台国は何処にあったかという素人筋の興味への一見解として、福岡県山門郡瀬高町(現在のみやま市瀬高町女山の西の高台、女山神護石周辺)に卑弥呼の宮があったのではないか」とする。(172p)
周辺はまだ採掘作業の進まない遺跡が数多くあるが、これまで「中広銅矛」や首飾り、甕棺墓、石棺墓が出土、また権現塚は高さ五メートルの円墓なども存在している。
       ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1892回】               
――「民國の衰亡、蓋し謂あるなり」――渡邊(4)
渡邊巳之次郎『老大國の山河 (余と朝鮮及支那)』(金尾文淵堂 大正10年)

         ▽
 奉天を離れた渡邊の次に目的地はハルピンだった。
奉天から長春までの旅は「廣き滿鐵一等寝臺車に悠々安眠」したが、寛城子からハルピンまでのソ連経営になる東清鉄道の旅は最悪だった。出発時間は大幅遅延。加えるに「概して中以下の支那人群を以て滿たされ」た駅構内は大混乱。乗り込んだ車両は「汚穢を極め、總ての被衣の白きが灰色となり、幾多の汚斑を存せる、支那人、露西亞人の、飲食品もて且汚し、且啖唾を加ふるに至つて、其喧雜と其異臭と共に堪ふべからざるを覺えき」。この惨状に追い討ちを掛けたのは「暑熱」というから、ご同情申し上げるしかない。

  当時はロシア革命直後でもあり、「革命軍によって囚われたチェコ軍団救出」を掲げた連合国(日本、イギリス、アメリカ、フランス、イタリアなど)によるシベリア出兵(1918年~22年)は始まったばかり。極東における共産党の政権基盤は脆弱であり、当然のようにハルピン市政も一種の無政府状態であればこそ、鉄道の管理が行き届くわけはなかったはずだ。
因みに、この年3月にニコラエフスクにおいて領事以下の日本人多数が虐殺され、4月に沿海州守備のために派遣された日本は、6月にニコラエフスク港を占領している。

  まさに混乱の渦中にあった北満から沿海州にかけての旅行だったことになる。

 この当時、東清鉄道は中国側が回収し自己の管理下に置いたことから、「支那人及支那兵の得意」な様子が見られる。
かくして沿線各駅では「支那兵の銃劍を列ねて隊をなし、戒嚴令下に之を護るの風あり」。かく得意然と構える「彼等果して幾何の覺醒かある。萬丈の塵裡に羊豚の如く生活し、依然たる堯舜の民を以て國家の興亡を意に介せず」。であればこそ「東清鐵道の彼等によつて改良せらるゝ能わ」ざることはもちろんであり、彼らに東清鉄道の正常な管理など望むべくもない。

  やっと辿り着いたハルピンは、じつは「北滿における最重要都市、露國の東亞經略の策源地として露國帝政の一大記念物」ではあるが、渡邊は「惡印象のみ」の一言で片づける。だが、と日本の影響力の北進を提案する。

  「先づ哈爾濱までにても可なり、實際の經営を我に委託し、其の軌幅を改めて南滿線と同一にし、長春、寛城子を一貫して以て、同一列車を運轉せしむべきなり」。そのうえで「日支妥協して提携せば、以て世界の異論を排斥し、以て人類の幸福を進め得ばきなり。況や亡餘の露國をや」。
「日支妥協して提携せば」、ソ連(「亡餘の露國」)はもとより「米英佛の之を阻礙するする」ことはない。であればこそ、満鉄を長春から延伸し東清鉄道の南の終点である寛城子に繋げ、旅順・大連からハルピンまでを結んでしまえと提言しつつ、渡邊は「抑も亦日本之を策するの人なきか」と慨嘆する。

  ハルピンで訪ねた北満電気会社の横山専務から「日露支合辨計畫の哈爾濱電鐵が、支那側の態度によりて不成立」と聞き、渡邊は「北滿における利權競爭熱の如何に激甚なるか」を知るのであった。
であればこそ満州を「北行するに從つて邦人の西伯利撤兵を非とするものゝの多」く、「邦人の平和的北進亦容易にあらずといふべし」である。

  ここで唐突ではあるが渡邊の旅行の10年ほど後の1931年に起きた満州事変、翌年に建国された満洲国について調査したリットン調査団の報告書の一部を引いておきたい。

  「本紛争に包含せられる諸問題は、往往称されるごとき簡単なものにはあらざること明白なるべし。問題は極度に複雑なり。いっさいの事実およびその史的背景に関する徹底せる知識ある者のみ、事態に関する確定的意見を表示し得るものありというべきなり」。

  ロシア革命後の混乱期、北満利権をめぐって入り乱れる日・中・米・英・仏に加えソ連と帝政ロシア残存勢力・・・「往往称されるごとき簡単なもの」ではなかった。
《QED》
             ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
 ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)【台湾セミナー】「蔡焜燦先生と台湾歌壇」
 「台湾歌壇」の会員数は、李登輝元総統とともに台湾の日本語世代を代表する蔡焜燦先生が2007年に代表に就かれてから急速に伸びたそうです。2017年4月に迎えた創立50周年記念大会には日本からも大勢駆けつけて盛大に行われ、蔡先生はこの50周年を見届けて安心されたかのように7月にお亡くなりになりました。
 2018年12月、山口県下松市の米泉湖(べいせんこ)文学碑プロムナードに「蔡焜燦先生顕彰碑」が建立されました。蔡先生を顕彰する碑は台湾でも日本でも初めてのことで、建立されたのは「蔡焜燦先生を慕ふ和歌の会」代表の坂口隆裕(さかぐち・たかひろ)氏。蔡先生に日本人としての自覚を呼び覚まされ、台湾歌壇でご指導いただいたご恩に報いたいという一念からだったそうです。
令和元年最初のセミナーには、今年3月に本会理事にも就任した坂口隆裕氏を講師に迎え、蔡先生が伝えたかったことなど「蔡焜燦先生と台湾歌壇」をテーマにお話しいただきます。
セミナー終了後は、講師を囲んで懇親会を開きます。ご参加の方は、申し込みフォーム、メール、FAXにてお申し込み下さい。
                  記
◆日 時:令和元年(2019年)5月18日(土) 午後2時30分〜4時30分(2時開場)
◆会 場:文京区民センター 3-C会議室
      東京都文京区本郷 4-15-14 TEL:03-3814-6731
      【交通】 都営地下鉄:三田線・大江戸線 春日駅 A2出口 徒歩2分
           東京メトロ:丸ノ内線・南北線 後楽園駅 4b出口 徒歩5分
           JR総武線 水道橋駅 東口 徒歩10分
◆演 題:蔡焜燦先生と台湾歌壇
◆講 師:坂口隆裕氏(蔡焜燦先生を慕ふ 和歌の会代表)
      [さかぐち・たかひろ] 昭和29年(1954年)、福岡県生まれ。九州大学芸術工学部卒業(和楽器の音響について研究)。学生時代に国民文化研究会の夏合宿に参加して短歌詠みを体験。2005年〜2009年、半導体メーカー台湾デザインセンター出向。この間に蔡焜燦先生と出会い、日本人としての自覚を呼び覚まされて台湾歌壇に入会。3年間、月例会に通い続ける。2015年、蔡焜燦先生の勧めにより再生日本21のメンバーなどと「蔡焜燦先生を慕ふ 和歌の会」を設立して代表に就任。現在、アジアの和声についての研究を再開。宇ソリューソンズ代表、旺玖科技股份有限公司顧問、日本李登輝友の会理事。
◆参加費:1,500円(会員) 2,000円(一般) 1,000円(学生)
       *当日ご入会の方は会員扱い
◆申込み:申込フォーム、メール、FAXにて。 *5月17日(金) 締切
     E-mail:info@ritouki.jp    FAX:03-3868-2101
◆懇親会:講師を囲んで会場の近くにて [参加費=3,000円 学生:2,000円]
◆主 催:日本李登輝友の会


 
  ♪
(読者の声2)日本国史学会では、今週末5月11日(土)14時より茗荷谷駅前の拓殖大学で、《第二次世界大戦勃発80年シンポジウム》を開催致します。講師として日本では伝わらない世界最先端の学術論議を著書や論文で発表している福井義高青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授、そしてアメリカその他の最新史料にあたって従来の通説を覆してきたやはり多数の著書をもつ有馬哲夫早稲田大学総合学術院教授をお呼びしています。この御二方の話を同時に聞ける機会はここしかない、と自負しております。
 飛び入り参加も大歓迎です、懇親会もありますのでぜひ気軽にお越し下さい!

日本国史学会 第二次世界大戦勃発80年シンポジウム
https://www.facebook.com/events/593507791140000/
【日時】 令和元年5月11日(土)14:00〜17:00(開場13時30分)
【基調講演】 福井義高(青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授)「第二次世界大戦史研究の最先端」
       有馬 哲夫(早稲田大学総合学術院教授)「天皇とウォーギルト・インフォメーション・プログラム」
      基調講演後、質疑応答を含めたパネルディスカッション
【会場】 拓殖大学文京キャンパス(東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅下車徒歩3分)C館C603教室
【資料代】 学会員2,000円 / 非学会員3,000円(大学生・大学院生は一律500 円、当日入会可能)
【主催】 日本国史学会(代表理事:田中英道東北大学名誉教授)http://kokushigaku.com/
(大阪観光大学国際交流学部専任講師 久野潤)
kunojun@amethyst.broba.cc
090-2933-8598/kunojun@ezweb.ne.jp
(日本国史学会 事務局)
  ◎▽□◎▽□◎□◇◎▽□◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   ♪♪
  重版出来!
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。3700兆円の債務は爆発寸前! 
 ――BISも、中国の負債は3740兆円と認定した
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」
           
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
  ♪
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(五月の休刊予定)小誌は5月21日―26日が休刊の予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/05/10

    IMFに続きADBも対中国向け融資に「チャイナ・プレミアム」を適用へ

      誰も知らない負債総額。ひょっとして9900兆円か?←中国の金融危機つまり、金融のBigBanがくれば、消費増税の延期ができそうですね!宮崎先生!!!