国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<パンチェン・ラマ猊下、もし生きていれば30歳になられる

2019/05/10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)5月10日(金曜日)
        通巻第6071号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 パンチェン・ラマ猊下、もし生きていれば30歳になられる
  ダライ・ラマ法王が抱くチベット仏教の深刻な存続危機
****************************************

 それは1995年5月17日の出来事だった。
ダライ・ラマ法王は、急死したパンチェン・ラマの後継としてパンチェン・ラマ十一世と指名した少年(当時六葦)がいた。
三日後に、家族もろとも忽然と消えた。

直後、中国共産党は別の少年を引っ張り出してきて、これが「正式のパンチェン・ラマだ」と言い張った。以後、この「偽パンチェン」が各地に出没して、チベット仏教徒に教えを垂れているが、だれも本物とは信じていない。
いや、表向きはどこの公共施設や土産店、レストランなどでも、偽パンチェンの写真が飾られ、どこにもダライ・ラマの写真はない。

学校では北京語が強要されており、わかい世代は「親は喋ってますが、わたしたちはチベット語がわかりません」と平然としている。チベットは国語も奪われたのだ。
しかし、裏路地へ、或いは住宅の中はどうかと言えば、ひそひそ話はチベット語、ダライ・ラマ法王の写真はちゃんと飾られている。

 チベット仏教は輪廻転生を信じており、ダライ・ラマ法王の後継者は、パンチェン・ラマが指名し、パンチェン・ラマの後継者をダライ・ラマが指名する。つまり中国共産党の傀儡=偽パンチェンが、あろうことか、次のダライ・ラマを指名すると手筈となる。

 先代のパンチェン・ラマ十世は1989年にチベットのシガツェに滞在中、急死をとげ、その死因は謎に包まれたままだ。
ダライ・ラマ猊下がインドへ亡命したのは1959年だった。
爾来、お互いの連絡は表面的にはなかった。ダライ・ラマは亡命地ダレムサレムで、チベット亡命政府をつくり、世界に散ったチベット仏教徒に深甚な影響力を持つばかりか、世界の仏教界全体へも、発言力には強力な磁性がある。
世界をいまも行脚されており、とくに日本の仏教界はダライ・ラマ亡命政府と非常に深い絆がある。

米国でも歴代大統領は訪米したダライ・ラマ猊下を、ホワイトハウスで暖かく迎えている。
日本政府は北京の顔色を見て、まだ首相との会見は実現していない。

「(本物の)パンチェン・ラマはどこにいる?」とBBCが特別番組を放送し、またチベット亡命政府は六歳の時の少年の写真を手がかりにコンピュータで30歳になった本物の少年の想像の画像を配信し、米国政府系「フリーアジア・ラジオ」も有名な画家に、想像されるパンチェン・ラマの似顔絵作成を依頼し、それを公表した。

   ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

トランプは文在寅との会見を二分で打ち切った。相手にしていないのである。 
    「韓国は、米朝いずれからも支持されない独り相撲を取っている」

  ♪
李相哲 vs 武藤正敏『「反日・親北」の韓国はや制裁対象!』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 まず対談した二人の履歴に注目である。
武藤氏は元韓国大使。韓国政治の裏にまで精通している論客である。
李相哲氏は龍谷大学教授だが、黒竜江省生まれで、新聞記者として来日後、上智大学で学び直し、朝鮮近代史と南北問題の専門家。日本国籍を取得している。
 トランプに無理矢理時間をとって貰ってワシントンに押しかけた文在寅・韓国大統領は、わずか二分で会見を打ち切られても、それを外交的失態とは認識できないようだ。世界の首脳に向かって平気で嘘をつく文在寅大統領の頭の構造は、いったいどうなっているのか?
 徴用工議論は、背後に「総会屋」のごとき反日組織があって、ナチスのユダヤ人差別に匹敵する日本人イジメを展開している。このまま放置すると文在寅政権は東アジアの平和を破壊するだろうと二人は口を揃える。
 わかりやすく言えば文在寅政権とは「共産党の志位委員長が首相になった」ごときの「革命政権」である。(李相哲氏。79p)
 徴用工への賠償問題にしても、今さら細密な調査は不可能であり、「日本企業に対する個人の請求権は消滅しているけれど、個人の請求権そのものは消滅していないというならば、その請求権は、韓国政府に向けられるべき」(武藤氏。53p)
 李教授は、次を続ける。
 「仮に国際司法裁判所にこの徴用工問題が提訴されたら、韓国裁判所のトンデモ判決の矛盾が明るみになる」(中略)「国際司法裁判で敗訴したら文在寅体制は崩壊する」。
 そうなってほしいと望む良識派も韓国にはちゃんと存在している。
 いずれ揺れ返しがあるだろうが、次期韓国大統領に有力は、元首相の黄教安で、保守最大野党「自由韓国党」に入党し、代表となった。保守系の核が出てきたとし、ふたりは黄教安氏の活躍に期待していることが分かる。
 いずれにしても結論的なまとめを武藤氏が展開している。
 「韓国は、米朝いずれからも支持されない独り相撲を取っているのです。それは何故か。韓国の政権は現在の状況を客観的に分析せず、自分たちの一方的な思いで政策を立てているからです」
 嘗て韓国の元大統領で自殺した盧武鉉大統領がワシントンへ行ってブッシュ・ジュニアと会い、一方的なはなしを我慢強きブッシュは聞いたが、その後の共同記者会見でブッシュが切れた。
盧武鉉大統領をさして「この男」と言ってのけた場面を思い出す。
 トランプは文在寅との会見を二分で打ち切った。相手にしていないのである。文在寅大統領に耳には、弔鐘がなっているのが聞こえないのだろうか?
             ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
 ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)5月の三島由紀夫研究会の公開講座は元『正論』編集長の上島嘉郎氏です。

日時 令和元年5月28日(火)18時半開演(18時開場)
会場 アルカディア市ヶ谷(私学会館) JR・地下鉄「市ヶ谷」下車2分
演題 「三島由紀夫と西郷南洲」(仮題)
講師 上島嘉郎(かみじまよしろう)氏はジャーナリスト、元月刊「正論」編集長
(講師略歴)昭和33年生。長野県出身。愛媛県立松山南高校卒。フリーランスを経て産経新聞社に入社。月刊「正論」編集長を歴任。現在はフリージャーナリストとして活躍中。
著書として『韓国に言うべきことをキッチリ言おう!−いわれなき対日非難「サクサク反論ガイド」』(ワニプラス)、共著に『大東亜戦争「失敗の本質」』(飛鳥新社)がある。



   ♪
(読者の声2)ペンタゴン「中国の軍事動向に関する年次報告書」
 米国防総省は5月3日、中国の軍事動向を分析した2019年の年次報告書を連邦議会に提出した。以下のサイトに報告書全文。
 報告書 
https://media.defense.gov/2019/May/02/2002127082/-1/-1/1/2019_CHINA_MILITARY_POWER_REPORT.pdf
シュライバー国防次官補によるブリーフィング 
https://dod.defense.gov/News/Transcripts/Transcript-View/Article/1837011/assistant-secretary-of-defense-for-indo-pacific-security-affairs-schriver-press/source/GovDelivery/

国防総省の記事 
https://dod.defense.gov/News/Article/Article/1836512/dod-official-details-continuing-chinese-military-buildup/



  ♪
(読者の声3)前号、女性宮家創出問題ですが、「土壇場がくれば超法規という手段があるから」とおっしゃっていますが、調査によっては国民の80%以上が「男女平等」などの観点から「女性宮家」に賛成するという結果になっています。
こうした世論に、時の政権が阿る、という事態は考えられないでしょうか。また加藤清隆さまのご指摘、私もそのとおりだと思います。先生は勘違いされて筆が滑ってしまっただけかと存じます。
    (独村)


(宮崎正弘のコメント)小生は林房雄門下ですので、日本民族を信じるという信念でおります。すべては楽天主義で考えています。
 世論とは衆愚政治の代表格みたいなもので気にする必要はありません。松下村塾はわずか十七名の塾生しかいませんでした。



   ♪
(読者の声4) 前回の投稿で、マルク主義の原理的誤りについて論じましたが、その続きとして、なぜ左翼が、科学的社会主義などと科学的を標榜しながら、事実を無視したねつ造を堂々と行えるのか?
なぜ唯物論を標榜しながら、悪しき観念論の極致ともいえる独善主義でいられるのか?
なぜヘーゲルの弁証法をバージョンアップした最新の科学的弁証法だと豪語しながら、その内実は、羊頭狗肉の古い硬直した形式論理学的思考でしかないのか?
つまり、欺瞞に満ちた詐欺的な主張でしかないのか、を論じてみたいと思います。
 というのは最近の左翼の言動を見ると、あまりにもその劣化ぶりが目に余るものがあり、その原因としてすぐに思い浮かぶのは、そういう文化、と云うより民度を持つお隣の国の直接・間接の浸透や、かつての日本人だったら事実にないことを平気で云うことはできなかった、という嘆きの証言が示すような、日本人自身の劣化、という要因などなどです。たしかに、そういうことは存在するとは思いますが、何より一番の問題は、マルクス主義自体に、そういう要素が厳然と存在することであり、そのマルクス主義が、決して立派なものではなく、むしろとても、いかがわしいものにすぎないのだ、という点にこそあると思います。

 マルクスは、ヘーゲルの弁証法を唯物論的に改作した唯物弁証法が、ヘーゲルの弁証法を超えた、最高の科学的弁証法だと豪語しています。しかしこれは、人類を誑かす詐欺です。人類の歴史・人類の学問の歴史を見ますと、弁証法は、まず観念論的な哲学によって<静止体の弁証法>(これを消極的弁証法と呼ぶ先生もいます)として生まれました。これが、すなわちアリストテレスの「形而上学」です。そして、その後の学問の歴史、唯物論的な科学の誕生とその発展の歴史を踏まえて、ヘーゲルが、この学問界において対立しながら発展している観念論哲学と唯物論の科学とを見事に統一して、学問的な<運動体の弁証法>(積極的弁証法)を完成したのです。ここから、ヘーゲルの学問的立場は、唯物論と観念論とを統一した<絶対観念論>となるのです。

 そういう学問として肝心なことが、全く分かっていなかったマルクスは、科学は、唯物論の立場に立って凄い成果を上げている。しかし、ヘーゲルは観念論の立場に立っている。これは学問的に誤りだから、ヘーゲルの観念論的な部分を取り除けば、弁証法は科学的になるはずだと、観念論を否定した「唯物弁証法」と名乗るようにしたのです。
 しかし、これは当然のことながら、単なる呼称の変更に止まるものではありませんでした。
その内容は、マルクスの意図とは裏腹に、ヘーゲルの弁証法を超えるどころか、皮肉なことに古い<静止体の弁証法>、すなわち彼らが盛んに揶揄し、軽蔑していた「形而上学」への退化にしかならなかったのです。
これは必然性でした。なぜなら、対立物の一方を否定し消去することは、運動性を否定することになりますので、硬直した形式論理学に堕してしまうことは、当然の論理的帰結だからです。

 ヘーゲルの学問的弁証法は、運動性・全体性の弁証法です。これに対して、科学は部分性です。
したがってマルクスの科学的弁証法は、学問性・全体性を否定した部分的弁証法ですので、弁証法の本性を否定した絶対矛盾的自家撞着の弁証法となって、自分が否定した反対物への転化が、好むと好まざるとにかかわらず、必然化されてしまうものになってしまうのです。
 ここが、マルクスのすべての誤りの出発点です。そしてその結果はどうなったでしょうか?
弁証法は弁証法でなくなり、唯物論は、いつの間にかあれほど非難していた宗教的観念論に、自ら主体的に転化して独善主義に陥り、結果として科学は、その原点・出発点として尊重すべき事実を、自分の都合で如何様にも勝手に変容させてしまうほどに軽視され、真実などどうでも良くなっている始末なのです。
 (稲村正治)



  ♪
(読者の声5)ギャロップの4月下旬の世論調査の結果、トランプ大統領は、米経済の改善が続けば支持率は50%を超える可能性があると予測しているようです。
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)リベラルなメディアの世論調査は作為的な質問がならぶ誘導型ですので、信用できませんがギャロップはある程度、まっとうな実情を反映しているとおもいますね。
  ◎▽□◎▽□◎□◇◎▽□◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   ♪♪
  重版出来!
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。3700兆円の債務は爆発寸前! 
 ――BISも、中国の負債は3740兆円と認定した
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」
           
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
  ♪
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(五月の休刊予定)小誌は5月21日―26日が休刊の予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。