国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ウィドド大統領、首都移転を決断

2019/05/08

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)5月8日(水曜日)
        通巻第6069号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「大阪都構想」など小さく見える、首都移転のインドネシア
  ウィドド大統領、330億ドルの大投資、首都移転を決断
****************************************

 ジャカルタの深刻な交通渋滞、豪雨となると道路が川になるという年中行事のような洪水はジャカルタでは日常の風景。この狭い土地に1700万人が暮らす。排水溝と暗渠の建設を日本企業が請け負っているが、渋滞道路の下の工事ゆえに遅々として進捗しない。
ジャカルタ近郊を含めると3000万人がメトロポリタンに集中しており、ジャワ島だけで、インドネシアGDPの58%を叩き出す。ジャワ島に経済が集中しているからである。

 どれだけの交通渋滞かは、行ってみると実感できる。
ラッシュ時には空港からジャカルタ市内まで2時間。市内でも歩いて30分のところへタクシーで一時間かかる。ちょっと裏通りに雑草の生い茂る場所にも、ぎゅうぎゅうに人が住んでいる。おまけにテロを警戒しているため外国人の宿泊するホテルは入り口で荷物検査がある。ここにも列ができる。

 中国が日本から横取りしたジャカルタ ー バンドン間の新幹線プロジェクトだが、あれから三年しても、まったく進捗しないのは用地が確保出来ないからである。
 日本人が観光で行くのはバリ島と、せいぜいジャンジャカルタからボロブドール遺跡くらい。インドネシアのカリマンタン(ボルネオ)とか、スラウェシ島とか、行く人はまずいないのではないか。

 ウィドド政権は再選前から閣議を開催し、首都移転を決断している。その決定的理由は人口の不均衡、富の集中と渋滞、不衛生、非効率経済。そして洪水対策である。
インドネシアは火山国でもあり、地誌学的均衡が必要という提案、つまり首都移転はインドネシア独立の時からの宿題だったのだ。

 ウィドド大統領の首都移転計画の対象は、ボルネオのカリマンタンか、スラウェシ島とされ、先週も候補地の視察に出向いた。
本気なのである。

カリマンタンはインドネシアGDP全体の8・2%、スラウェシ島は6・1%,ちなみにスマトラは21・7%。宏大な土地の割に工業力が集中していないアンバランスぶりでえる。

 都市計画委員会の素案でも、投資額は330億ドルにのぼると言われ、十年から十五年での新都心建設が青写真の中心にある。
目標としているのはブラジリア、ネピドーだ。

    ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
 ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)「第23回 主権回復記念日国民集会」(4月28日、星陵会館ホール)に出席し、多彩な登壇者の主張を聞けたのは有益でした。
 これに触発されたということもあり、連休中には、あらためて『軍隊なき占領』(『AN OCCUPATION WITHOUT TROOPS』, 1996)、『ニッポン日記』(Mark Gayn 『JAPAN DIARY』,1948)、孫崎享著『戦後史の正体』(2012)等を読み返しました。あらためて読んで、驚きを感じるというほどではないのですが、かなり率直な叙述がされていることを再認識させられます。
 例えば、「平和条約の批准により国として名目上の主権をとりもどす日本は、独立国とはいうものの、実際には占領下体制をとりつづける運命にあった。日本は、表面上は、憲法、自由選挙等がととのった『民主主義』のショーケースとなるはずだった。しかし、この『民主主義』は、米軍の庇護のもとに、またおそらく一ダースもの軍民の諜報機関の監視(surveillance)のもとに、文化、教育、労働、法の執行、防衛だけでなく、外交政策、国際経済のあらゆる重要な局面におけるアメリカ側の徹底した指導(firm guidance)の下に進められることになっていた。」(『AN OCCUPATION  WITHOUT  TROOPS』;87)

 「(軍人による軍命令によって) 国民の咽喉もとにつきつけられ強制されたどんな憲法でも(any constitution forced down a nation’s throat )、民主的なものでありうるという考え方に内在する矛盾」(『JAPAN  DIARY』; 131)

 中華人民共和国の成立は1949年10月1日、蒋介石の国民党が首都を台北に移したのが同年12月、北朝鮮軍が38度線を越えて南へ進撃したのが1950年6月25日。対日講和条約調印は1951年9月8日、発効は1952年4月28日です。
 小生は、敗戦直後に出生し、戦後70数年そのものを生きてきたわけですが、以上については、ほとんど記憶がないものの、現上皇ご成婚(1959年4月10日)、新安保条約をめぐる動き(1960年5月19日可決、6月19日自然承認)は、明白に記憶に残っています。今から振り返ると、あの頃は、経済白書で「もはや戦後ではない」と述べられた1956年7月から既に数年を経過し、社会全体として、貧しさも少しずつながら癒えてきていたとは言うものの、まだまだ「戦後」の傷跡を残していたという状況だった。

 しかしながら、あのころから60年近く経ち、戦後も75年近くとなった現在においても、宮崎先生も4月28日に述べられたように、政治面だけでなく経済面においてさえも、日本は米国に対する自主性を回復できていないのが現実です。
 バブル経済が破綻した後の「失われた30年」も、財政金融担当者などの無能によるところは大きいものの、そもそもの発端は、米国に強要されたプラザ合意にあったと私は考えています。
 ところで今から見ると、米軍占領体制に対する民族的情念の噴出であったとも思える60年安保ですが、それに参画した「一市井人」の戦後史を描いたものとして、佐野真一著『唐牛伝』(2016)も連休中に読み返しました。
 唐牛健太郎氏は昭和12年2月の生まれですから、小生より10年近く年長ですが、ここの10年の差は大きいですね。この世代だと、「敗戦」「占領下」という事実が、心身ともに実感として刻み込まれたことでしょう。
そういえば、「美空ひばり」さんも、昭和12年の生まれです(昭和12年5月―平成元年6月)。
(椿本祐弘)


(宮崎正弘のコメント)そういえば、美空ひばりの歌詞に「右のポッケにゃチューインガム、左のポッケにゃ夢がある」でしたね。
その『夢』はどこへ行ったのでしょうか?



  ♪
(読者の声2)改元と新天皇陛下のご即位で日本人が元気になりました。あとは歴史と政治の理論武装です。
以下ご参考まで。
共産主義は思想、黒幕、運動に分けて考えることが必要と思います。
1.共産主義の評価、ソ連の思想の最高責任者A・ヤコブレフの「歴史の幻影」、「マルクス主義の崩
壊」、A・ツィプコの「コミュニズムとの訣別」が面白かった。これは西側の人が見
ることの出来ない、体制の内側から見た共産主義である。
2.マルクス主義は裸の王様
ソ連の思想研究所では、世界中の左右の文献を集めて多年研究したが、マルクス主義
は出鱈目という結論しか得られなかった。最高幹部以下、皆気付いていたが,建国の
思想だったので誰もおそろしくて口に出せなかった。まさに「裸の王様」だったので
ある。
3.一文の価値もない共産主義
以下はソ連末期、反政府運動鎮圧の件でモスクワに呼ばれたポーランドの共産党幹部
のラコフスキーの言葉である。「・・・私がモスクワの皆さんに会いに来たのは、非
難や告発を聞くためではありません。私は共産主義を売りませんでした。それは売れ
ないという単純な理由からです。共産主義は誰も必要が無いのです。我々が40年、
皆さんが70年かけて築いてきたものは一文の価値もなく、これをどうすることも出
来ません。無価値の物を売ることは出来ないのです。・・・「コミュニズムとの訣別
」A ツイプコ著から
4.ショーペンハウエルの注意
彼は「読書論」で、分からない文章は,書いた著者が分かっていない証拠と記してい
る。私はさらに、騙し、を加えてみた。するとマルクスの難解性が理解出来る。マル
クスは出鱈目論を隠していたのである。それを左翼が宣伝に使ったので、多くの人が
だまされたということだ。

5.その他
ソ連ではノルマ制度が課せられ,マルクスの「労働価値説」は否定された。ソ連では
市場を廃止したので経済のデータが得られず,大浪費で経済崩壊した。経済は社会の
原則であり政治思想とは異質である。不合理な政策は即罰を受ける。私有財産を否定
したので、すべて公有物になった。これにより窃盗という概念がなくなり、上から下
まで工場や農場の物品を持ち帰るようになった。スターリンは警告したが、どうにも
ならなかった。
日本ではまだ無価値のものを売って豪邸に住んでいる奴がいる。おかしい。
    (落合道夫



  ♪
(読者の声3)最近の新聞やテレビを見ていると女性天皇論、あるいは女系天皇論が盛んです。女性にも宮家創設を認めろ、女性天皇を認めろ、と。今は「男女平等」の世の中ではないか、君は未だに女性差別主義者なのか、と。
 悠仁殿下が結婚され、そこに男子が生まれないと皇統は遅かれ早かれ途絶えてしまう運命にあります。このままでは女性宮家の創設、果ては女性天皇にまで一気に議論が進みかねません。
 GHQによって皇統から外されて臣籍降下した旧宮家11家があることを世間の人々はほとんど知らされていません。
この11家には明治天皇の直系の男系のお子様が120人も居られるそうです。中でも、そのうちの5人は愛子内親王殿下や悠仁殿下より血が濃いそうです。この元宮家の方々を何とか皇族にお戻りいただくしか、男系の皇統を続けていく方法は無いように私は思います。
 具体的には、『令和万歳!』(https://sns.orahonet.jp/blog/blog.php?key=17183
をお読みください。
   (独村)


(宮崎正弘のコメント)女性宮家創設云々という議論は、甚だしく歴史伝統を逸脱したものですが、GHQと共産主義者による、戦後七十三年にわたる「洗脳」の結果、日本人が莫迦になった証拠でもありますか。
 さて将来の天皇家の血筋ということですが、小生は何の心配もしておりません。現在の議論は「皇室典範」という枠のなかで行われているだけで、これは憲法同様に無効であり、土壇場がくれば超法規という手段がありますよ。
 そもそも現上皇様が譲位を言われて、内閣は慌てて特別法を作ったわけで、これは超法規でしょう。また内閣が元号を決めるなど、明治の皇室典範を無視しており、明らかに現行憲法と皇室典範に囚われすぎ、法家というより法匪のごとき視野狭窄、考え方の枠を広げる必要があります。
 過去の歴史を溯れば、何回か同じことが起きています。しかし女系天皇のリリーフはあっても、結局、女性天皇は誕生しませんでした。



  ♪
(読者の声4)グローバル・イッシューズ総合研究所は、公益財団法人日本国際問題研究所客員研究員田村重信氏を講師に迎え、新防衛計画大綱の概要、日本周辺の軍事環境の変化、憲法と自衛隊の関係、55年体制の崩壊の意味、新聞によって違う憲法・安保報道、憲法改正に関する今後の動向―等々に関して、以下の要領で御講演して頂きます。今回も懇親会を予定しております。

日時:(講演会)2019年5月22日18時から19時30分
   (懇親会)2019年5月22日20時から21時30分
場所:(講演会)憲政記念館(電話:03―3581―1778)
   (懇親会)町村会館ペルラン(電話:03―3581―9471)
講師:田村重信 
会費:(講演会)3000円(書籍代込み。当日、尾崎財団受付にてお支払いください)
   (懇親会)4000円(パーティ代。当日、ペルラン受付にてお支払いください)
予約:以下の申込フォームから必ず事前にお申込みください。
https://ozakiyukio.jp/information/2019.html#0411
 
 講師:田村重信:1953 年、新潟県栃尾市(現長岡市)生まれ。拓殖大学政経学部卒業後、宏池会(大平正芳事務所)勤務を経て、自由民主党本部勤務。政調会長室長、総裁担当(橋本龍太郎)などを歴任。政務調査会の調査役・審議役などとして外交・国防・憲法・インテリジェンス等を担当。元慶應義塾大学大学院法学研究科非常勤講師。現在、自由民主党政務調査会嘱託、日本国際問題研究所客員研究員、拓殖大学桂太郎塾名誉フェロー、国家基本問題研究所客員研究員、防衛知識普及会理事長、防衛法学会理事、日本論語研究会代表幹事など。著書に『知らなきゃヤバい!防衛政策の真実』(育鵬社)、『改正・日本国憲法』(講談社α新書)『日本の防衛政策 第2版』『新・防衛法制』(内外出版)他多数。
 共催:一般財団法人尾崎行雄記念財団、論語研究会
協力:株式会社近代消防社 



  ♪
(読者の声5)産経電子版には過去記事を紹介するページがあり、20年前の産経抄や夕刊フジの人物紹介「ぴいぷる50年史」が面白い。
5月7日の夕刊フジの記事は「皇室愛す一徹『提督』」として阿川弘之。当時の紙面の写
真の日付は平成5年2月11日(前日発行)とあり西暦表示なし。記事本文の見出しは西暦で「1993.2.10 阿川 弘之」となっています。
 当時を思い起こすと株価はピーク時よりだいぶ下がったとはいえまだまだバブル景気真っ最中。いわゆる「箱物」といわれる施設がどんどん作られた時代です。
千葉市の幕張メッセの竣工が1989年、同じく幕張に1996年、県立高校3校を統合した幕張総合高校設立。1学年18クラス、生徒数二千人以上の巨大高校ですが7階建て吹き抜けの校舎とか三千人収容のアリーナとかちょっとした大学並みの設備はバブル時代を感じさせます。
カリキュラムも単位制で生徒の自主性尊重(ある意味放任)で中国や韓国の高校とは真逆ですが、こんなところが日本の強みにつながっているのかもしれません。
 当時は全国各地でコンサートホールも多く作られ、いまでは海外からの演奏家にも高い評価を受けています。箱物で誰も住まない高層マンションが林立する中国とは雲泥の差ですね。
 阿川弘之の話に戻ると、海軍の話をしていた阿川氏「ちょっと失敬。二時半からなんだ」。テレビをつけると、皇太子さまと雅子さんの婚約会見が始まった。画面を見つめる目が次第に細くなる。
 ―お子様は何人ぐらいご希望ですか。
「コウノトリのご機嫌にまかせて、というふうにもうしあげておきましょう」
 バシィ!
 膝ならぬ座っていた肘掛けをたたき「これはいいですよ。最高の知性がユーモアにあることをご存じだ」「堂々として、しかも視聴者をリラックスさせておられる。私心が全くなかった先帝陛下のお血筋。名君の風格ありです」。
 元海軍士官はまさしく『天気晴朗』、すこぶる上機嫌。
「宮澤さんは国際情勢を解さない戦後最低の首相。エヘラエヘラ笑ってばかりでユーモア一つ言えない。ああいう首相でも対面を保てるのは皇室のおかげ」
 英語が得意でも外交も内政もはからきしダメだった宮澤総理。それでも鳩ポッポとかスッカラ菅と比べれば100倍マシ。韓国の文在寅大統領など英語もできずエヘラエヘラ笑ってばかりで、トランプ大統領との会談ではストーカー文在寅の視線にトランプ大統領が怖気をふるっているのが丸わかり。
 握手するだけでも鳥肌(関西ではサブイボ)ものといった雰囲気。韓国語での質問には視線があちこちさまよい、何言ってんだこいつ、はやく終わんねーかなー、とイヤイヤ感120%。
https://twitter.com/camomillem/status/1117046857622933504
 安倍総理とはニコニコ顔で握手。そもそも日本と韓国では比較の対象にはなりませんが
https://www.youtube.com/watch?v=q5G9bv2lv8w
   (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)阿川弘之さんとは何回もお目にかかっておりますが、徹底的に帝国海軍軍人の精神を失わない作家でした。
    ◎▽□◎▽□◎□◇  ◎▽□◎▽□◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/

   ♪♪
  重版出来!
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。3700兆円の債務は爆発寸前! 
 ――BISも、中国の負債は3740兆円と認定した
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」
           
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
  ♪
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(五月の休刊予定)小誌は5月20日―27日を休刊の予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。