国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<郭台銘が台湾で初めて記者会見

2019/05/07

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)5月7日(火曜日)
        通巻第6068号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 訪米から帰国後、郭台銘が台湾で初めて記者会見
  「『中華民国』という正式名称を交渉の前提条件とする」
****************************************

 5月6日、訪米したトランプ大統領と会見した郭台銘(鴻海精密工業・会長)は台北市で、記者会見に臨み「北京との交渉は?」ときかれ、「先方がまず我が国を『中華民国』と正式な名称で呼ぶことから交渉が始まる」と煙幕のようなことを言いだした。そのうえで「中華民国は中華人民共和国の一部ではない」と言った。

 大陸に百万人を雇用し、数ケ所に最新家工場を持ち、中国との密接な関連から「台湾を売り飛ばすのか」と批判が強い問題に関して、郭の言い分は「主権」に触れず、『92年合意』にも触れず、ひたすら次のように述べた。

 「中国大陸においても、年次総会(創立記念日をさすらしい)では従業員に中華民国の国歌を唱うこと、国旗を掲揚することをやってきたし、日本でもシャープでそうしてきた」、「われわれは中国で工場を展開し利益を上げてきたのであり、中国重視はビジネスの拡大だが、政治は異なる。先方が中華民国という呼称をみとめることから、交渉が始まる」と不思議な論理を展開した。
 また米中対立は「台湾にとっては好機だ」とし、トランプ大統領が突然、中国からの輸入品に10%の関税上乗せ発表を受けての追加発言をなした。

 与党・民進党は、「92年合意なぞ存在しない」とする一貫した立場から、これを前提とする中国との交渉を拒否してきたが、国民党の幹部も『主権』に関しては譲っておらず、郭台銘の発言に批判的である。

 「ああいうことを主唱して総統選挙に出馬するとなると、むしろ独立派の支持を増やす皮肉な結果をもたらすのではないか」と国民党の選挙スペシャリストが分析している。
 郭台銘は、ホワイトハウスでトランプ大統領からウィスコンシン州の新鋭工場の建設の約束を守るよう強く迫られてた模様で、予定になかったウィスコンシン州知事との会見もこなして帰国した。

 訪米中、郭台銘は『中華民国の青天白日旗とアメリカ国旗』を並列した特注の帽子を被っていたが、中国では、この中華民国旗にぼかしを入れた映像を流した。

 郭があえて中華民国と発言した裏には、蒋介石時代から『中華民国』のなかに、中国を含んでおり、つまり中国人民共和国は「中華民国共匪区」という歴史認識で来たからである。
 つまり「中華人民共和国が中華民国の一部」というニュアンスが籠められている。

郭は、その一点に詭弁の基盤をおいたわけだが、マスコミの反応とは異なって台湾財界の支持はゼロに近く、国民党内でも有力政治家、幹部らはそっぽを向いている。この不利な状況から脱しようと、郭台銘は懸命だったことが分かる。

 世論調査でダントツの一位だが、組織票も国民党の指示もない、浮動票が頼みのポピュリズムだけで、国民党はむしろ安全パイとして朱立倫擁立に向かうとする分析もあるようだ。
     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1890回】              
――「民國の衰亡、蓋し謂あるなり」――渡邊(2)
渡邊巳之次郎『老大國の山河 (余と朝鮮及支那)』(金尾文淵堂 大正10年)
 
   ▽
 世界的に認められた「民族自決主義に一致せる日韓併合」によって、朝鮮半島には「平和と安寧と幸福と文化」とがもたらされた。
つまり「擾亂、強奪、誅求、壓制、窮苦、寒慘、薄瘠、其他あらゆる厭惡すべき文字を以て自然と人事の總てを形容するも足らざる惡政の下に、人心地もなく生活したる一千五百万餘萬の鮮人」を救い出し、彼らに「今日何の點においても殆ど日本と擇ばざる太平と文化と繁榮との下に、世界五大強國の民族として、樂しき生活を送りつゝあるに徴して明白なりといふべ」く、「日鮮同族の親和結合は、現代思潮の民族主義を最も完全に發揮する所以といふべきなり」である。

  ――このような渡邊の主張を、現代の視点から批判することは容易い。ここでは日韓併合問題について深入りすることを避けておくが、やはり当時、こういった主張が大阪毎日新聞で堂々と論じられていたという事実を確認しておくに止め、渡邊の旅を急ぎたい。

  鴨緑江を渡って朝鮮を離れ、中国人が営む安東県に入った。
  車中からチラッと目にしただけだが、建物は朝鮮の街と較べ「やゝ高大にして整然、復殆ど白衣の影を見ず、喧囂、殷賑、人亦活氣を有せるの趣あり」。ここから「鮮人の支人に及ばざる、一見して明らかなるを得るが如し」。

  広大な満洲で目にした人々を「其純朴の風や愛すべきものをあるを思」うが、それがまた「支那の支那たる所以」だ。「徒に無懷氏の民尚多くして人文の進歩なく、晝耕夜息、帝力何か我にあらんやと嘯くも、比々皆然るの状なるを察知し得べく、彼等のため支那の爲に悲しむべきなり」と綴る。

  次に渡邊は「一滿鐵職員の能く語る」ところを引用し、両民族を比較する。それによれば、「支那人は利に偏して氣慨乏しく、朝鮮人は意氣稍日本人に類するものあり、必ずしも利を以て誘ふべからず、其信念の發する所、其敵愾の迸る所、慷慨激越、斷じて非禮を受け昂然として威力に抵抗し、得失と休戚とを問はざるもの少なからず、時に學童亦排日の理由を説いて肯綮に當るものありといふ」とか。

  奉天で渡邊は「平滑無髯の一紳士」で「言語平靜、一點矯激のところ」のない「赤塚總領事」と面談し、滿洲問題について意見を交換している。

  「日本人の朝鮮に移住して鮮人を驅逐し」たことから、「鮮人の滿洲に入り込み支那との間に面倒な交渉の頻起するは面白からず」。だから「寧ろ日本人の朝鮮を飛越して滿洲に移住するを可とする意見」もある。
これまで「日支葛藤の調査し來」たが、「非慨し我にあり」。「又陸軍側に徒に威武を輝かすに偏するを非とする」――こう総領事が説いた。

 総領事の説いたところが当時の外務省公式見解と言うわけではないだろうが、それにしても我が外交最前線に在った奉天総領事が、「日支葛藤」に関わる「非」が「慨し我にあ」るばかりか、軍事的影響力に過度に偏る陸軍の対応を「非」としている点は注目しておきたい。

  総領事の話に耳を傾けながら渡邊は、「支那政局に中心點なく、勢力相錯綜し、一斑を以て全豹を斷じ難」いから、「一切の交渉問題、交渉の徑路等」は「内房に私議して」こそ「平隱なる決着を得」ることができる。「人道と正義とを標榜せる外交」という立場に立って、「鮮人移入によつて生ずる問題」の外交的解決を目指も外務当局にとっての障害は「陸軍の武斷的態度」である。
だが「外交當局の微力」「自己權限の小少」という現実を前に、打つ手なし――との『嘆き節』と受け取った。

 たしかに満鉄(政府)、陸軍、外務省の3者の権限が錯綜しているだけに満州問題解決は困難ではある。だが外交交渉当事者が泣き言を口にしてどうする! 渡邊は怒る。
《QED》
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)石平さんのツィッター(5月5日)に次の内容がありました。
 「連休の読書で、宮崎正弘氏の『明智光秀 五百年の孤独』を面白く読んだ。信長の暴走によって「易姓革命」の危機が迫ってきている中、日本の国体を守るために義挙の軍事クーデターを敢行したという、本書の書き上げた明智光秀像に心を打たれた。令和が始まった今こそ、読んでおくべき一冊だ」(引用止め)。
   (X生)


(宮崎正弘のコメント)小生はツィッターをやらないので、存じませんでした。有り難う御座います。



  ♪
(読者の声2)ちょっと古い話ですが4月21日の地方選挙です。ニューズウィーク日本語版にもコラムを持っていて「歌舞伎町の案内人」を自称する李小牧さん、メディアの報道は派手でしたが、やっぱり落選でした。
日本に帰化しているので問題はないといえ、中国人メンテリティの人物で、問題が多く、それが当選には結びつかなかったとは思いますが、如何でしょう。
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)選挙当日、小生は外国にいたので、帰国後知りました。新宿をあるけば、いまもかれのポスターが所々の飲食店の看板に残りますが、区議レベルの選挙はどぶ板であり、日常の活動を抜きにして、いきなりメディアだけで突出していても、よほどの利害関係でもない限り区議選挙には有権者は投票にいきませんから。
 新宿は嘗て小生も十五年ほど住んでおりましたので、1300票で当選できます。それこし二票差で当落を分けた事例もあり、今回は最低ラインが1450票ほどにふえていますね。
 新宿に住む中国人で国籍を取った人はむしろ台湾出身者が多いはずですし、基礎票が脆弱、浮動票は都議レベル以上でないと、なかなか集まらないでしょう。中国からの帰化が多い埼玉県川口市あたりだと、意外に当選していたかも。



  ♪
(読者の声3)「闘論・倒論・討論」という番組で、左翼の本質というテーマで、未だに世界にしつこく蔓延っている共産主義について、実際に闘っている先生方の議論を聞いて、大変参考になるところがありました。
と同時に私が前々から主張していた、マルクス主義を根本的かつ学問的に批判し葬り去ることの必要性が共通認識として示されたことは、我が意を得たりの思いでした。
 共産主義が人類に幸福をもたらさないどころか、不幸しかもたらさない、ということを示す事実が次々に明らかになっているのにも関わらず、それと逆行する様に、堂々と共産主義を標榜し、あまつさえ世界をその一色に染めようとの野心をもって、覇権を狙う国家が世界を揺るがせています。
それと軌を一にするように、欧米や日本などの先進諸国においても、堂々と共産主義を謳うものはなくなった(反日本共産党を除いて)面、リベラルなどと看板を挿げ替えただけの、中身は何も変わっていないマルクスを信奉する者たちが、驚異の粘りを見せて蔓延し、人類を不幸のどん底へと引きずり込もうとしています。何より始末い負えないところは、これらの輩が、自分たちの方が正しい、正義だと信じ込んでいることです。

 その議論の中で、そういう輩が正しいと信じ込んでいる、マルクスを学問的に克服することの必要性が、取り沙汰されていました。
これは全くその通りだと思います。
かつて私は、この投書欄で次のような内容の投稿いたしました。
「人類は、そのマルクスの誤りが、事実的に明らかになっているにもかかわらず、未だにその亡霊に取り憑かれたまま、克服できていない現実が多々あります。こういう現実に、共産主義の非道や脅威ばかりをいくら並べ立てても、共産主義を根本的に克服することは不可能です。それは何故かと云いますと、それに替わりうる、それよりも格段に見事な、本物の理論が出てきていないからに他なりません。つまり、人類を輝かしい未来へと導きうるものがないからです。しかしじつは、人類は、それをとっくの昔に、手に入れてはいるのです。人類はマルクスの目晦ましにあって、そのことに気づいていないだけなのです」

 マルクスが、人類に対して犯した最大の犯罪は、学問の体系化への道を切り開いたヘーゲルを葬り去ることによって、学問の体系化に向かうべき人類から、学問の体系化への道を奪ってしまったことです。
これによって人類は、自ら主体的に絶対精神となり、神となる道を閉ざされて、いつまでも人類に主体性を奪っている乳母的な宗教を卒業できなくなって、とうに歴史的使命を終えている宗教同士の不毛な対立に悩まされる一方で、唯物論的な無神論の対自のない即自の欲求丸出しの独善的共産主義の猛威にさらされるようになってしまったのです。
 マルクスは、ヘーゲルの学問的な全体と部分との相関関係論を理解できず、というより観念論だと決めつけて頭から無視して、全体性である哲学や国家・家族を否定して、部分を全体の上においた、共産党を国家の上に置くプロレタリア独裁など、自分たちに都合の良い非学問的主張をしているのです。
これは、全体性である国家を解体して、部分性に過ぎない経済権力による世界の一元的支配を企図する金融グローバリズムと全く同じ構造です。

 ところが、この非学問的なマルクスの全体ー部分論を、事実的・学問的に真っ向から否定し、破壊する歴史を持った国が世界の中でたった一つだけ存在します。
それがヘーゲルの学問的な全体‐部分の相関論・国家論を、ものの見事に実践し、実現してきた、天皇を萬世一系の国家理念として仰いで、まっとうな国造り・歴史創りをしてきた日本です。
これこそが、非学問的・形而上学的・観念論的な共産主義および金融資本による硬直したグローバリズムに対する、強烈なアンチテーゼなのです。だから、彼らは、日本の<全体性としての天皇>を壊そうと躍起になっているのです。そういう日本の国家そのものを壊さなければ、自分たちの非が公にさらされて、世界支配はできないと分かっているからです。
 そういう見事な歴史を持った日本人は、当たり前のように、対自の全体の中の自分と、即自の自分そのものとを見事に有機的に統一した自己形成を行ってきたので、そういう日本人が主体的に創り出す経済は、必然的に社会全体を潤すことになるのであたかも社会主義であるかのような外観を呈することもあります。
だからそのように評されたこともあります。これに対して、共産主義国の作り出す経済は、俗物的で即自的な自分の利益にならないと真面目に働かないために破たんするしかなくなるわけです。
その違いの所以は、ヘーゲルとマルクスの人間解放論の違いに由来します。

 ヘーゲルの人間解放論は、物質の歩み・生命の歩み・人類の歩みという絶対精神の歴史的な発展性を自分のものとして、主体的に自らを絶対精神として神として創って、理想的な世界創造をしていくことが、すなわち人間の解放だとしています。
これに対して、マルクスは、差別され抑圧された人間こそが人間解放の主体だとして、抑圧者と闘って、その頸木を断ち切ることが、人間解放だとして、差別されている者や抑圧されている者の即自的な感情をそのまま容認して、より高次の人間性の歩みを求めないがために、即自の自己中心的な欲求を、全体性の国家の上において、国家の秩序を乱し、自分たちが政権を取ったあとは、その自己中心的な欲求によって、経済の破たんをきたして失敗するというのが、マルクスの人間解放論なのです。

 現在の日本は、人権の名の下に、このマルクス的な歪んだ人間解放論によって、せっかく日本が歴史的に創り上げてきた見事な社会性・経済性・人間性が浸食され、破壊されつつあります。
ですからこれとの闘いは、まさしく日本が自分を取り戻す闘いです。
そのためには、彼らの思想の根底に存在するマルクスの考え方の誤りを、学問的に明らかにしたうえで、ヘーゲルを葬り、統一を否定して対立ばかりを煽る誤ったマルクス主義が蔓延してしまったために、人類がどれほど不幸のどん底に陥ってしまったかを、明らかにする必要があります。
 そして何よりマルクス主義のとの闘いは、マルクス主義の大本であり、マルクスが葬ったヘーゲルの学問をもって戦うのが、唯一の勝利の道であることを強調しておきたいと思います。
さらに言えばこのヘーゲルの学問をもって、日本の歴史的な歩みの正当性・正統性が学問的に証明されるからです。   
   (稲村正治)



  ♪
(読者の声4)我が国の財務省が固執する緊縮財政・増税は、その一因に財政法(第4条)の存在があるようだ。
■公債発行を禁じた財政法の規定はなぜできたの?
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-24/ftp20080424faq12_01_0.html
   ( TA生、川崎市)
     ◎▽□◎▽□◎□◇  ◎▽□◎▽□◎□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/


   ♪♪
  重版出来!
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。3700兆円の債務は爆発寸前! 
 ――BISも、中国の負債は3740兆円と認定した
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」
           

   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
  ♪
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(五月の休刊予定)小誌は5月20日―27日を休刊の予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。