国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ベネズエラ危機報道の影に隠れたが、ラテン・アメリカ諸国で「洗車作戦」

2019/05/02

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)5月2日(木曜日)
        通巻第6063号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ベネズエラ危機報道の影に隠れたが、ラテン・アメリカ諸国で「洗車作戦」
その結果、大手オデブリヒト倒産、かわりにやって来たのが中国企業だった
****************************************

 「はい、こちらブラジル商事汚職課です」と、どぎついニックネームのゼネコン大手は「オデブリヒトS・A」。
ラテン・アメリカ諸国の大きな公共事業に必ず応札し、政治家に巨額の賄賂を贈って入札に成功してきた。ブラジルを代表する巨大デベロッパーとして知られた。

 2014年頃から本格化した「洗車作戦」とは、汚職政治家の訴追、追放。ケイコ・フジモリにも収賄容疑がかかったほど、どの国もカネまみれ、ブラジルでアルゼンチンで、ペルーでメキシコで、大物政治家から大統領まで訴追されて失脚した。なかには自殺に追い込まれた大統領もでた。
 
 ブラジルの歴代大統領三人が起訴され、ペルーではガルシア前大統領が自殺し、エクアドルでは前副大統領が懲役六年、過去に政治家や企業の入札責任者に贈った賄賂の総額は35億ドル(邦貨換算4000億円弱)にものぼるという(米国ジェイムズタウン財団「チャイナ・ブリーフ」、2019年4月24日)。
こんな会社まともな工事が出来るのだろうか?

 オデブリヒトS・Aの株式は下げ止まり、ついに2017年に会社更生法を申請、なにしろ売り上げが十分の一となって、倒産は時間の問題となった。
 汚職なんて、ラテン・アメリカではつきもの、なんでまた「洗車作戦」などというくだらない政治キャンペンを開始したのか、これでは経済発展が停滞すると旧裨益組は不満を述べる。
このオデブリヒトの失態、公共事業の空白という絶好の隙を狙って食いいってきたのが、またしても「あの国」である。

 「ひどい企業汚職が去ったと思えば、もっとひどいのがやってきた」と陰口の聞こえるほどに、オデブリヒトの失敗の穴埋めを、中国国有企業が引き受けはじめたのだ。

また既存の企業を中国はつぎつぎと買収し、発電所まで建設している。よほど楽天的で享楽的、かつ刹那的な民族性が合うのか、ラテン・アメリカの政治家には儒教を看板とするだけの国の、モラルのない人々との付き合いは肌に合うようである。


 ▲賄賂漬けの南米諸国に「賄賂の本場」から応札するんだってサ

 ところが異変がまた起きた。中国の投資集団の資金が息切れし、プロジェクト中断や、入札後のキャンセルなどという失態が次から次へ明るみに出始めた。

 コロンビアのマグダデナ川浚渫プロジェクトもオデブリヒトが撤退したあと中国の「チャイナ・ハイドロ」がやってきた。同社は以前に入札に失敗したプロジェクトの復活を狙っているのだが、最終決定をコロンビア政府はだしていない。

 ペルーでは水力発電所をオデブリヒト撤退のため、中国の国有企業の「三峡水力発電建設」が、13億ドルでプロジェクトを購入するとした。ところが、オデブリヒト社に貸与してきたカネの焦げつきの回収をJPモルガンとSMBC(三井住友銀行)が要求し、ペルー政府と交渉に入った。

 王岐山(国家副主席)と関係の深いHNA集団(海航グループ)は、リオデジャネイロ空港をオデブリヒトから買う約束を提示してきた。これも中国の外貨逼迫ならびに怪しげな経理内容からブラジル航空当局の反対にあって沙汰止みとなった。

 2018年11月、賄賂スキャンダルで中断されていた火力発電を、ドミニカ政府は国際入札にかけると公告した。応札したのは中国の葛州堤集団だけだった。もともと同社は2014年の入札でオデブリヒトの半値を提示していた。このためオデブリヒト社は政府高官に9200万ドルをばらまいていた。

 ことほど左様に、ラテン・アメリカでも、ベネズエラの不良債権の圧迫で、中国は熱意を失うか、もしくはファイナンスの面で危機に直面しており、威勢の良かった最初の勢いは大きな後退をみせている。 
     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

平成天皇と皇后両陛下の和歌はセットとなっていた
その妙音に籠められた熱情、国民への篤き思い

  ♪
竹本忠雄『平成の大御代 両陛下 永遠の二重唱』(倫理研究所)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 平成天皇の御製は、天地を貫く一条の瀧、皇后の御歌で水が流れる。二重唱なのだ。両陛下の和歌はセットとなっている。その妙音に籠められた熱情、国民への篤き思い。
 竹本氏は皇后陛下の選歌集『SEOTO せせらぎの歌』をパリでフランス語訳を刊行された。日本語版は扶桑社『祈りの御歌』(新装版は海竜社)である。
 
 両陛下の二重唱を二例。

 (沖縄ご訪問のおりに)
 御製
   激しかりし 戦場(いくさば)の跡 眺むれば 平らけき海 その果てに見ゆ
 御歌 
   波なぎし この平らぎの 礎と 君らしづもる 若夏(うずりん)の島

 硫黄島玉砕に際して栗林忠道中将は以下を辞世とした

   国のため 重きつとめを 果たし得で 矢弾尽き果て 散るぞ悲しき

 (硫黄島慰霊の旅にて)
 御製
   精根を 込め戦ひし 人未だ 地下に眠りて 島は悲しき
 お歌
   銀ネムの 木木茂りいる この島に 五十年(いそとせ)眠る み魂かなしき

 竹本氏は言う。
 「日本の天皇にあっては、御霊鎮めという神道の秘儀をつうじて、やはり死は乗り越えられていきます。この秘儀を両陛下の二重唱は達成し、不思議な力を発揮していくのです。それは、単に空間的のみならず、遠く離れた時間をも貫いて、むすんでいく力であります」
 そしてこうも言われる。
 「天皇の御製は天と地を結ぶ一条の瀧です。それを承けて美智子さまの歌によって瀧の水は流れはじめるということであります」
 評者のこころの中にも清流が流れた。

 (編集部から) 本書は近くアマゾンでも販売予定です。当面は下記に直接注文されるのが一番確実です。定価500円。連休明けから配送されます!
https://www.rinri-jpn.or.jp/ec/html/products/detail/450
        ◎○◎○◎○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこえ 
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)新天皇の即位に際し、各政党首脳の談話がありましたが、日本共産党までが「象徴としての天皇が憲法を守り」云々と、えっ「天皇制打倒」をいつ引っ込めちゃったのかと思いました。
 各国の反応でも、韓国は「天皇は謝罪せよ」と言っていたのが、いつのまにか逆転ですよ。これが天皇効果というものでしょうか。
    (MS子、杉並)



  ♪
(読者の声2)この度の御譲位(それにしてもメディアが「生前退位」と書いているのは不敬です)。各国より多くの祝福の言葉を戴いております。とりわけ、あの中国がすんなりと祝意を表したのには、びっくりしました。
 いかにも、中国らしい、「機を見るに敏」という感性を改めて感じます。それに引き換え、韓国はどうするんでしょうか?
世界標準の「天皇陛下」という言葉も使わずに、どんな言葉を発するんでしょうか?
 あの国の異常性を改めて、日本国民が知れば、それはそれでオメデタイことであります。
    (HY生)



  ♪
(読者の声3)上皇陛下が「靖国神社」に一度も参拝されなかったことには、戦時中を知る国民としては些か腹立たしいものがありますが、原因を作ったのが時の総理大臣中曽根康弘でしたね。
 今に残る日中関係をぎくしゃくさせたのはこの男でしょう。この様な人が日本国の大勲位とは。日本人はどうかしていますね。
   (北九州素浪人)



  ♪
(読者の声4)昨日の午後から、関東東部は終日雨。夕方、たまたま見た雨雲レーダーには驚きました。
午後六時台に千葉県北部から太平洋に向かって光が二筋出ているように見えます。光の筋はもちろん雨雲がないだけなのですが、その元はもしかして。地図を拡大すると太いラインはの元はやはり「香取神宮」、やや北のラインは潮来から「鹿島神宮」の南を通っています。皇室とゆかりが深いだけではなく御祭神は「武の神様」でもあります。
 午前零時をすぎても二本のラインは太いまま。
「令和」が「日出ずる国」の復活の始まりを示しているようでもあり、東の大国「アメリカ」と緊密に連携し「武備」を整えよと示しているようでもあります。「令和」の始まりにこのような不思議を見せられ、日本は本当に「神の国」なのだなあと実感した一日でした。
  (PB生、千葉)
     ◎▽□☆ ◎▽□◎ ▽□◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/


  重版出来!
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。3700兆円の債務は爆発寸前! 
 ――BISも、中国の負債は3740兆円と認定した
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」
            ◎◎◎

   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
  ♪
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。