国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国、新幹線を分割、民間企業に売却という新手

2019/04/28

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019)4月28日(日曜日)
        通巻第6058号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 絶望の果てか、「損切り」を覚悟の民間払い下げか?
  中国、新幹線を分割、民間企業に売却という新手
****************************************

 中国は新幹線の一部を民間企業に払い下げる。
 すでに累積赤字は、邦貨換算で87兆円にも達しており、それでも中国は新幹線プロジェクトを強気の投資継続で続行する。その一方で、完成した区間の一部売却なのか、部門売却なのかは明らかではないが、民間企業に払い下げるという新手を思いついた。新華社が伝えた。

 初契約は41億8000万ドル(4600億円内外)で、中国の国有銀行団がシンジケートを組み、浙江省政府と民間大手の「復星國際集団」に融資する。高速鉄道経営権が委譲される仕組み。シンジケートを組む銀行団には中国発展銀行、中国工商銀行、中国農業銀行、中国建設銀行ほか二行が加わる。

 復星國際集団と言えば、その傘下にある上場企業だけでも二十社を越え、初代CEOの郭広昌は「中国のウォーレン・バフォット」などと持ち上げられた。ところが、一時期、郭が行方不明になるなど、謎の部分が多い企業。日本でも星野リゾート買収で名前を馳せた。

 おりから閉幕した「一帯一路國際フォーラム」でも7兆円の投資続行がアナウンスされたが、中味をよくよく見ると、民間企業の出資であって、政府支出ではない。中国が外貨払底に直面している傍証にもなる。

 問題は予算面である。なぜ自爆的肥大化を続けざるを得ないのか。
2006年に北京―天津間を開通させて以来、わずか十三年で敷設したレール(営業キロ)は25000キロ以上(日本は半世紀かけて3000キロ)。
さらに2019年もプロジェクトを拡大し、予算8兆円強がつけられた。
 事業体の強制的維持である。

 したがって車より熊の交通量が多い山岳地帯や、荒涼たる砂漠を越えて、長い河川には橋梁を架け、山稜には片っ端からトンネルを掘る。
中国鉄道は第十局まで地域別に分けられ、鉄道建設のほか、配線、電気工事を請け負う企業、その下請けから鉄道学校。関連する産業分野はレール、枕石、コンクリート、駅舎建設。開発の建材、ブルドーザ。運営は運転手、車掌から踏み切りに至るまで数十万の大所帯が、給料をいただき、その上で黒字路線が北京―上海と上海―広州しかない。

あとの路線はすべて赤字。そこで余剰人員と鉄材、セメント在庫を処理するために、新幹線プロジェクトを海外にも売り込んだ。
 インドネシア、マレーシア、ラオス、タイで工事は進んでいるものの、ベネズエラ、米国などでは新幹線工事中止、プロジェクトそのものが拒否されるなど散々な結末となっている。

中国新幹線の民間への払い下げとは、回転資金確保のためなのか、経営の硬直化を民間のフレキシブルな判断に委ねるのか、あるいはすでに資金ショートを来しての断末魔的な最終処理なのか。いずれにせよ、正念場をむかえたようだ。

   ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★本日です! 主権回復記念日国民集会!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
 第23回 主権回復記念日国民集会のお知らせ
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@

国家主権の尊厳の再確認を!
         記
とき   4月28日(日) 14時00分(終了予定16時30分)
ところ  星陵会館ホール(地下鉄永田町駅6番出口 徒歩3分)
https://www.seiryokai.org/kaikan/map.html

<世話人>小堀桂一郎 (東京大学名誉教授)、入江隆則(明治大学名誉教授)、水島総(日本文化チャンネル桜 代表)
(登壇)山田宏 (参議院議員)。長尾たかし(衆議院議員)。加瀬英明(外交評論家)
宮崎正弘(作家・評論家)。田中英道(東北大学名誉教授)。増元照明(「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」前事務局長)。加藤清隆(政治評論家)。水間政憲(近現代史研究家・ジャーナリスト)。西村幸祐(批評家・岐阜女子大学客員教授・関東学院大学講師)
三浦小太郎(評論家)。我那覇真子(琉球新報、沖縄タイムスを糺す県民・国民の会代表運営委員/チャンネル桜沖縄支局キャスター)。SAYA (シンガー)
佐波優子(ジャーナリスト)。三輪和雄(「日本世論の会」会長・「正論の会」代表)ほか

主催  主権回復記念日国民集会実行委員会。「頑張れ日本!全国行動委員会」
    どなたでも予約なしでご参加いただけます。
       ◎▽□☆◎▽□ ◎▽□☆◎▽□ ◎▽□☆◎▽□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)中国経済の減速と米中貿易摩擦で日本への擦り寄りが目立つ中国ですが、青島で行われた観艦式では「旭日旗」を掲げた海上自衛隊護衛艦も歓迎するほど。市民の反応はもちろん良好、一般公開には5000人もの行列という人気ぶりでした。
産経の記事は共同電によるもの。ブログ記事には写真多数掲載。
https://www.sankei.com/world/news/190424/wor1904240025-n1.html
http://toychan.blog.jp/archives/55211813.html
 日頃は反日的な記事の多い共同通信社も中国主催の行事となれば別。中国政府の意向を忖度したのか、旭日旗を掲げる海上自衛隊護衛艦の青島入港の様子を動画配信。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=88&v=MDmC8YPKcdI
 国内の反日勢力を潰すには親玉と手をにぎるのが手っ取り早いのですね。
    (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声2) 5月25日に、楠公祭と記念講演が行われるということですが、私はずっと気にかかっていたことがありました。
それは皇居外苑にある楠公像の台座には「楠正成」と彫られてあることです。
https://www.env.go.jp/garden/kokyogaien/1_intro/his_06.html
 明治の時代にできたものだし、「楠木正成」という現在の書き方は間違っているのではないかと…。
最近この変化の意味が分かりました。『太平記』の古い写本には、「楠」「楠木」の双方があり、どちらかといえば「楠」が多いそうです。正成が産湯の水に使ったという伝説の河内の観心寺近くの井戸にも「楠」とあるそうです。
明治元年以降の公文書にも「楠正成」が使われています。しかし近年、といっても昭和の時代ですが、正成親子在世時代の古文書にはすべて「楠木正成」とあることが分かったそうです。それで現在は、「楠木正成」が普通になっているということでした。私は喉のつかえが降りた感じでした。
   (HT生、大田区)



  ♪
(読者の声3) グローバル主義と反グローバル主義について分析して見ました。以下ご参考まで。
1.思想の形成
人間の持つ感情は現実主義と夢です。この現実主義が思想化したものが保守、愛国、
民族主義などです。夢が思想化したものが救済願望で発明(TV飛行機など)、宗教
(キリスト教、仏教)、政治思想(ユートピア)です。このユートピア主義の中に、
いわゆるリベラル主義、社会主義、共産主義などがあります。
2.現代の思想
現代のグローバリズムの原動力は国際商業主義です。輸出の邪魔になる思想,慣習、
制度を何でも破壊します。問題は、これにリベラルが便乗して、移民、難民、文化破
壊を起こしているように見えます。
3.ポピュリズム
これに対して抵抗しているのが各国のいわゆるポピュリズム(愛国主義、民族主義)
です。これは単なる民族主義の自衛運動にすぎません。自衛はすべてに優先します。
しかしメディアは愛国主義、民族主義と呼ぶと正当な思想なので、レッテルを貼って
誤魔化して非難しています。
4.弱いリベラル主義
先般トランプ大統領が移民を、移民制限方針に反対するリベラル地域に優先居住させ
ると云ったところ、リベラルが反対しているらしく笑われています。実はリベラルは
弱い思想で、困ると保守に逃げてきます。1941年の独ソ戦ではスターリンがマルクス
主義では赤軍兵士の士気を鼓舞出来ないので、帝政ロシアの民族主義に切り換えた史
実はよく知られています。モスクワの道路もクツゾフなど帝政ロシアの将軍の名前に
改められました。
この結果、戦後ソ連共産党内部の思想もロシア民族主義へ変質したそうです。皆マル
クス主義の虚構性に気付いていましたが、建国の思想なので「裸の王様」状態で誰も
言い出せ真戦でした。リベラル主義やPCは裸の王様なのです。
5.反グローバリズム
なお反グローバルというのは民族主義ですが、これは個別なので纏まることはない。
プーチンが反グローバルだから、と言ってもロシア第一主義という意味だから連帯は
ありえません。いわゆる「一匹狼の会」が無いのと同じです。国家は唯我独尊です。
6.日本の対応
日本は国際的な通商に依存しています。従って国際通商は否定しませんが、外国文化
や人間の影響から日本文化を守るために、日本の文化、慣習、制度を積極的、計画的
に守り発展させ継承する努力が必要と思います。
    (落合道夫)



  ♪
(読者の声4)御即位奉祝式典並びに奉祝行進のご案内
 皇太子殿下には来る5月1日、第126代天皇陛下として御践祚遊ばされます。我ら民草、連綿たる皇統の御承継をことほぎ、かつは皇位の無窮を熱祷しつつ、令和の新御代を仰ぎたく存じます。就きましては国民としての誠を捧げるべく、下記により御即位奉祝式典並びに奉祝行進を執り行ひます。
              記
日時    令和元年5月2日(木)13時開式(12時半開場)
会場    文京区民センター2A
       文京区本郷4−15−14 TEL 03-3814-6731
             都営三田線/大江戸線「春日」駅 徒歩2分
        東京メトロ・丸の内線/南北線「後楽園」駅 徒歩5分
式次第   国民儀礼、聖寿万歳、実行委員長・来賓挨拶
記念講演  宮本雅史氏(産経新聞編集委員)
      「御代替はりー我々の役割は」
      長谷川三千子氏(埼玉大学名誉教授)
      「御即位を奉祝する」
会場協力費 1千円
奉祝行進  15時より 約1時間半程度
主催    御即位奉祝委員会(実行委員長 近藤 誠)
連絡先   中村信一郎(090−4815−8217)
      森田忠明 (070−5366−5511)
      ◎▽□☆ ◎▽□◎ ▽□◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は日本侵略を狙った切支丹伴天連との戦いだった
https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/


  ♪重版出来♪ 
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。3700兆円の債務は爆発寸前! 
 ――BISも、中国の負債は3740兆円と認定した
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」

   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
  ♪
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。