国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<アサンジ逮捕の顛末は漫画的でさえある

2019/04/18

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019)4月19日(金曜日)
        通巻第6049号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため小誌は4月20日―23日が休刊となります。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 一連のドタバタ、アサンジ逮捕の顛末は漫画的でさえある
  裏切り者の末路なのに、アサンジ支持の左翼は抗議集会、ウィルス攻撃
****************************************

 ウィキリークスの創業者、少年時代からの天才的ハッカー、世界の情報漏洩のセンター、婦女暴行常習犯、奇行愛好家、そして自由世界の機密を漏らした裏切り行為の数々。世界にその悪名を轟かせたジュリアン・ポール・アサンジが4月11日にロンドンで逮捕され、起訴された。

 米国は国防総省、国家安全保障局などから機密情報を盗み出しウィキリークスに掲載したことを反逆罪と見なしており、いずれ身柄の引き渡しを英国に要求すると見られる。
アサンジは2016年の大統領選挙のおりも民主党本部のコンピュータに忍び込んで機密を盗んだとされ、げんにヒラリー・クリントンは「わたしがトランプに負けたのはアサンジの所為よ」と批判しているくらいだ。

 また国防機密は米国内における協力者マニングという共犯者がすでに逮捕され、服役しているため米司法省は主犯格のアサンジを法廷で裁くのは当然としている。

 アサンジがロンドンのエクアドル大使館に逃げ込んで亡命を求めたのが2012年6月だった。
爾来7年、寛大なエクアドルは彼を大使館内に住まわせ、その大使館という治外法権を活用したアサンジのスパイ行為を黙認した。アサンジ警護のためにエクアドル政府はおよそ6億五千万円、くわえて食費など大使館七年間滞在中にアサンジに使われた金額はおよそ7億円に達する。エクアドルは貧困な国であり、この出費は納税者の税金でまかなわれる。

 エクアドルは赤道直下という意味だが、政治的にも不思議のくに、でもある。太平洋上はるか沖1000キロにはガラパゴスをかかえ、他方でバナナ、カカオ、珈琲など輸出国としても知られるが、法定通貨は米ドルなのである。
 首都はグアイキル。人口は1400万人。ひとりあたりのGDPは6000ドル弱。最大都市はキトだ。

 これらの輸出に携わる商社、明治時代からの移民があって、ささやかな日系社会もあるが、国民の主力は原住民とスペインの混血である。

 アサンジは英国のエクアドル大使館をスパイ活動のセンター化し、施設内では寄行を繰り返し、さんざんな悪態のうえ、エクアドル政府の機密をウィキリークスに漏らしていた。とくにモレノ大統領の私的会話やら、家族の機密を漏らしたため、大統領側も激怒していた。

 もともとエクアドル政府が、アサンジ亡命を受け入れたのは、反米という政治イデオロギーからである。
コレア前大統領は反米政治家で、騒ぎを大きくしようと受け入れ指示を出したとされる。その証拠に、現在、事実上ベルギーに亡命しているコレアは「モレノ政権のアサンジ逮捕は自由言論への野蛮な挑戦だ」と反米意識丸出しの非難声明を出している。

 世界をかき荒らしたアサンジの直接の犯罪容疑は、2010年にスウェーデンで四件の婦女暴行で訴えられ、裁判となり、保釈が認められたが、2012年に保釈中の身でありながらスイスに亡命を申請し却下されたりした。

 そこでロンドンのエクアドル大使館に逃げ込んだが、エクアドルはアサンジに市民権をあたえたばかりか、2017年には国籍も与えた。それほど厚遇だった。今回の逮捕により、市民権剥奪、国籍取り消しも予定している。なおスエーデンは告訴を取り下げている。


 ▲反米国家なのに通貨は米ドル、急速に親米外交に修正していた

 温厚で福祉政策を推進するレーニン・モレノ(エクアドル大統領)を激怒させたのは、限界を超えた悪行で、壁に汚物を塗りたくったり、警備員を殴ったりのやりたい放題を、これ以上放置できなくなったからだとされる。

 しかし実際は反米路線から大規模な軌道修正で、エクアドル外交を親米路線に切り替えたことが基本の流れにある。
その前段階にエクアドルは、南米諸国家のALBA(ボリバル同盟)から脱退し、ついでUNASUR(南米諸国連合)からも脱退。米国と急速に関係修復に動き、ペンス副大統領が訪問したあたりから、米国は武器供与を再開した。

そもそもモレアは、コレア政権十年の時代、副大統領であった。また1990代に銃撃を受けて半身不随となり、車いす生活。世界でも珍しい車いす元首として福祉予算を五十倍にするなどノーベル平和賞推薦の動きがあったほどだった。


 ▲南米で親米路線は難しい選択なのだ

モレアはタイミングを選んだ。
南米諸国の中でエクアドルは孤立を避けたい。なにしろアサンジ保護は反米諸国からは歓迎され、称賛されていたのだから。
しかし、南米諸国の団結は脆かった。
転機はベネズエラだった。原油価格暴落によって経済が立ちゆかなくなったベネズエラは中国に救いを求めたが、ひややかにあしらわれた。インフレ率はついに280万倍、通貨は紙くず化し、国民の350万人がブラジルとコロンビアに批判した。

資金枯渇のベネズエラはニカラグア支援が困難となり、このタイミングを選ぶかのようにトランプ政権はニカラグア、ベネズエラ、キューバの三カ国に対して規制強化と経済制裁を加えるとした。
このタイミングを見逃してはならない。モレアはアサンジ追放を決定した。

 他方、アサンジ逮捕に抗議し、言論の自由の弾圧だなどと豪、スペインなどでは極左グループが集会を開催したほか、ハッカーにとってアサンジは英雄。逮捕直後からエクアドル政府にかけられたサイバー攻撃は4000万回を超えた。

     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため小誌は4月20日―23日が休刊となります。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)戦後体制が壊れてきている今こそ、日本が自らすすんで自らを虜としてきたその呪縛を解き放って、本来の自分を取り戻す絶好のチャンスだと、青山繁晴氏が檄を飛ばしていますが、そんな時に「令和」の時代への御代替わりを迎えるということは、まさしく絶妙なる天の配剤と云うべきでしょう。
 そういう日本を取り戻す「令和」の時代を迎えるにあたって、誰もが問題にもしていないであろう問題、否、むしろ克服すべき課題として認識されている問題について、全く新たな視点からの問題提起をしてみたいと思います。
それは何かと云いますと、日本の伝統的な言霊思想についてです。
 私はこの日本の言霊思想について、大方の批判的な議論に反して、これこそが、日本が、全人類の中で唯一、かのヘーゲルが羨むほどの、世界の本質である絶対精神としての歩みを、見事にしてきた国であることの証しである、と考えています。
「令和」の出典となった「万葉集」や「古事記」に、この言霊思想が濃厚に貫かれている意味・意義は何か?
それは、日本の国造りにこの言霊思想が大きく関わっていたことを物語るものです。
 ところが、この言霊思想に批判的な人々、とりわけその代表格と云える故山本七平氏や井沢元彦氏は、憲法9条を後生大事に守ろうとする日本人の心底には、この言霊思想が存在すること、臭い物に蓋をして済まそうとする心理が、自由な議論を阻んでいる、と指摘しています。
 この批判は、事実としてはこの通りであり、その事実を否定するものではありません。しかしながら、これはまだ現象論に過ぎず、問題の核心は更にもっと奥に存在するのですが、その奥の構造への切込みがないという意味で、表面的な皮相な批判でしかないと思います。
なぜならその言霊思想が、今より支配的だった時代に、日本は強大な大国・隋に対して臆することなく対等であることを宣言し、侵略してきた元・高麗連合軍を撃退して、独立国家としての歩みを見事に守り切ったという歴史を持っているからです。

 言霊思想を説く場合は、この両者を統一して解かなければ、正しい答は得られません。言霊思想から脱皮しなければ本当の自由は得られない、という指摘は本当に正しいのか?の検証も必要になると思います。
 この問題を正しく解くためには、まず言霊思想とは何か? が正しく説かれなければなりません。
では、言霊思想とは何かと云いますと、人間の精神・言葉には世界を変える力がある、という思想です。
これは自分が世界の本質であり世界を変える主体であるという思想ですから、強烈なと言って良いほどに主体的な思想です。
ところが、戦後の日本人はどうでしょうか?
主体性を喪失した抜け殻になってしまった日本人と云わざるを得ません。そういう主体性を喪失した日本人の言霊思想は、はたして本当の言霊思想といえるでしょうか。つまり、本物でないものを批判しても、本当に言霊思想を批判したことにはならないということです。
ここはむしろ安易に批判することよりも、本物の言霊思想を持て!と叱咤することの方が大事だと思います。

 では、本物の言霊思想とはどういうものでしょうか?
それをより鮮明にするために、ここで言霊思想と、ヘーゲルの本物の学問との共通点について見ていきたいと思います。言霊思想では、「言と事」とを同一性・一体と見ます。じつは、ヘーゲルの学問も「存在と認識・精神」とを同一性・一体と見ます。西洋社会では、神はあくまでも神であって、人間は絶対に神にはなれない存在ですが、そんな西洋社会にあって、ヘーゲルは人間が神になる道を説きました。それによって、彼は、ものすごいバッシングを浴びることになったのです。
 ところが日本では人間が神になるのです。
その人間が神になる方法・道が、言霊思想です。ヘーゲルは、世界の本質である絶対精神が、現実の様々な存在になって発展していって、最終的に人間の精神となった時、絶対精神は本来の自分自身に回帰したと見ます。そしてさらに、即自的な絶対精神が、己自身を対自的な絶対的理念へと発展させて、学問的な世界創造をするようになることを、ヘーゲルは、人間が神になる、と説いてのです。

 一方、古代の日本人は、「カタカムナ」の第七首にある通り
マガタマノ・・・・本物の世界の本質=魂は
アマノミナカヌシ・・・天(全宇宙)の御中主である。その全世界の魂が
タカミムスヒ・・・・現実世界に存在する多くの神すなわち八百万の神となったり
カムミムスヒ・・・・本質の世界におわす八百万の神の大元となる神そのものに戻ったり
ミスマルノタマ・・・・その魂が、現在の現実の世界にみ住まって人間となる、つまり、人間は、世界の本質すなわち神なのだ。(人間よ神としての自覚を持て!ー稲村)
 と考えていました。
そして、人間が世界の本質=魂となる方法・道としての言葉を創り上げて実践していたのが、古代の日本人だったのです。
だから全人類の中で、日本人のみが、即自の自分の利己的な自由を他人に押しつけて、皆殺しをしたり、奴隷としてこき使ったりせず、天の気(全体性=国家)と自分とを一体化して把えた自由の観念を持ていました。
だから、日本人の自由観は、他と分かち合う自由、全体の中の自分を自覚した自由でした。これこそが、本当の言霊の自由であり、ヘーゲルの云う「自由とは必然性の洞察」の自由であり、すなわちこれが、「令和の自由」なのです。

 人間は動物と違って、本質的に自分の周りの世界を変えようとする存在です。
言霊によって、自らを即自的に絶対精神化した人間は、その言霊によって直接に世界を変えていきます。
これに対して対自的に自らを客観化して学問的に対象の構造を解明して、それに則って世界を大きく造り変えてきたのも、人間の別の一面でもあります。
その両方の統一が、真の人間なのです。即自的な絶対精神として歩んできた日本が、学問的な技術力を持った西洋と遭遇した時に、瞬く間にそれを自分のものとすることができたのも、即自的な絶対精神と、対自的・学問的な絶対理念とは、本来同一のものだったからに他なりません。
 言霊思想とは、世界と一体化した即自の自分の整え、それを通じて世界を変える思想です。
自分自身を整えるために、不吉な考え・言葉を排除するのです。それによって即自の自分が乱され、それが周りの世界にも悪影響を及ぼすことを防ぐためです。

もちろん、それに影響されない方法も存在します。そのことを分かっていれば言霊思想が問題から逃避させているという批判が、見当違いであることが分かるはずです。
なぜなら、問題の解明と対策は、対自の問題だからです。
言霊批判の多くは、この即自と対自の区別と連関が分かっていないのです。なぜなら、問題から逃げずに真正面から問題に対処しようとする、即自の自分の整えとしても、この言霊思想は非常に有効な方法だからです。、
 令和の時代を迎えるにあたって、日本人は日本の歴史における言霊思想の意義を、もう一度噛み締めるべきであると考えます。
そして絶対精神の道を歩んできた歴史的な日本の凄さを改めて見直し、それを受け継ぎ発展させていく覚悟を持つべきだと思います。
      (稲村正治)



  ♪
(読者の声2)「大阪都構想」について、前稿で「組織論などは、それほど新奇なものが出てくるわけもなく、歴史的に見ると『逆行』のような場合も多いのです。」と述べました。
 たとえば衆議院小選挙区制などもそうです。
 戦前を含めた歴史を見ると、我が国も、大選挙区制、中選挙区制、小選挙区制をすべて「体験」しています。小選挙区制については、戦後だけでも、鳩山一郎内閣、田中角栄内閣で提言されています。
したがって小選挙区制の実行も、「変革」ではあったとしても、新規性はなく、革新性もない、いわば回帰というにすぎません。そして、予期された以上の弊害が顕在化しているのが現状のように私には思えます。
しかし、これを実施しようとした際は、多くの人が、「政治改革」の切り札かのごとき口調で、熱気をもって唱導したのではなかったか。
 組織論で言えば、たとえば、多くの金融グループが、純粋持株会社の合法化(これも、GHQの占領政策以来、長く禁止されていたものが、規制緩和で「復活」したもの)にともなって、純粋持株会社を設立しました。
しかし、「二層構造」とする以上は、そこでは当然に、持株会社と個別企業との間で相克、二重統治の問題が生じることは必然でしょう。
そして、グループ経営を所掌する持株会社と傘下企業との間で、グループ経営施策と個別企業施策を調整できない弊害が大きく、これを一元化したいというのならば、組織的に、持株会社と主要企業を合併して、事業持株会社にするほかないでしょう。
しかしそうすると、事業持株会社と子会社企業群との間で、明白な支配・被支配関係、上下関係が生じますから、グループ経営という面では問題となります。
また、これでは、元々の問題局面に回帰するということに過ぎず、組織的に、以前から取られてきたグループ体制、資本政策に「復帰」するということです。
 今回の、大阪府と大阪市を、実体的に合体するという案は、従来は、広域行政を行う府と基礎行政を行う市の間で、その権限(財源)配分が円滑に行われていなかったことから、これを一体化するということでしょうから、少し粗っぽい比喩をすれば、純粋持株会社体制で二重統治の弊害が大きくなりすぎてきたので、持株会社と最大子会社が合併して、事業持株会社体制に変えるということでしょうか。
もちろん、それが望ましいのならば、そうすればよいのでしょうが、提案者とそのお為ごかし連中が言うほどの「改革性」はない。

 要するに私が言いたいことは、組織体制など、しょせんは完全ではありえず、メリット・デメリットは夫々に想定され、不可避なのであって、安易な組織いじりに頼るのは愚策だということです。
まずは、作用的に、運用的に問題解決を図っていくべきです。
 私の知る限り、大阪府と大阪市の水道事業の一体化を図ろうとしたものの、成功せず、個別事業の統合ではなく、組織全体の統合に「転換」したというのが、今回の提案経緯ではないでしょうか。
 それも当初の構想のように、政令指定都市である堺市はもちろんのこと、大阪市周辺都市の相当部分をも包含した、構造的一体化というような「建設的」「未来展望的」な構想ならともかく、現在の案は、単なる大阪市解体論に矮小化されてしまっています。
 橋下元知事・市長というか「維新」と称する怪しげな組織体は、水道事業の統合さえ実行できなかった自らの統治能力、調整能力の不足を隠したまま、「大阪市解体論」に逃げているのでしょう。
単に大阪市を解体するだけでは、現在の大阪市水道事業は、特別区から成る一部事務組合が管理主体とならざるを得ず、「改革」どころか、まったくの「改悪」でしかない。
 何よりも水道事業の統合さえ実行できなかったような者が、さらに大きな統合政策を建設的、未来指向的に実行できるわけがないではないか。
こんな簡単なごまかしに騙されようとしている大阪市民には哀しくなります。
(椿本祐弘)
 
    ◇◎□◇ど◎◇◎▽く◇◎▽◇し◇◎▽◇ゃ○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため小誌は4月20日―23日が休刊となります。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
 4.28 第23回 主権回復記念日国民集会−国家主権の尊厳の再確認を!
         記
とき   4月28日(日) 14時00分(〜16時30分)
ところ  星陵会館ホール(地下鉄永田町駅6番出口 徒歩3分)
https://www.seiryokai.org/kaikan/map.html
<世話人>小堀桂一郎 (東京大学名誉教授)、入江隆則(明治大学名誉教授)、水島総(日本文化チャンネル桜 代表)
(登壇)山田宏 (参議院議員)長尾たかし(衆議院議員)加瀬英明 (外交評論家)宮崎正弘 (作家・評論家)田中英道 (東北大学名誉教授)増元照明 (「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」前事務局長)加藤清隆 (政治評論家)水間政憲 (近現代史研究家・ジャーナリスト)西村幸祐 (批評家・岐阜女子大学客員教授・関東学院大学講師)三浦小太郎 (評論家)我那覇真子 (琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会代表運営委員/チャンネル桜沖縄支局キャスター)SAYA (シンガー)佐波優子 (ジャーナリスト)
三輪和雄 (「日本世論の会」会長・「正論の会」代表)ほか
主催: 主権回復記念日国民集会実行委員会。「頑張れ日本!全国行動委員会」
事務局: 日本文化チャンネル桜( 03-6419-3900)
           ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は切支丹伴天連との戦いだったのだ
https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
(キンドル版 ↓ 1458円)
https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B07PWLGXRS/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=


  ♪♪ 
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。3700兆円の債務は爆発寸前! 
――中国と韓国に投資する日本企業は正気か! ?
 ――BISも、中国の負債は3740兆円と認定した
 ――トランプの反中国は「新ココム」の形成ではないのか
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」

   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
  ♪
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/04/18

    資金枯渇のベネズエラはニカラグア支援が困難となり、このタイミングを選ぶかのようにトランプ政権はニカラグア、ベネズエラ、キューバの三カ国に対して規制強化と経済制裁を加えるとした。

    このタイミングを見逃してはならない。モレアはアサンジ追放を決定した。



     他方、アサンジ逮捕に抗議し、言論の自由の弾圧だなどと豪、スペインなどでは極左グループが集会を開催したほか、ハッカーにとってアサンジは英雄。逮捕直後からエクアドル政府にかけられたサイバー攻撃は4000万回を超えた。←いつものことながら、宮崎先生、情報ありがとうございます。こういう情報、新聞からでは得られません。感謝いたします。