国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<次期指導者は第六世代を飛び越えて「第七世代」から選ばれることになる

2019/04/18

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019)4月18日(木曜日)弐
        通巻第6047号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 もし習近平が権力の座に居座り続けるなら
  次期指導者は第六世代を飛び越えて「第七世代」から選ばれることになる
****************************************

 もし習近平が党の総書記と国家主席という権力トップの座に居座り続けるなら、中国共産党の次期指導者は次期を目された第六世代をさっと飛び越えて、第七世代の若い指導者たちに移行することになる。
 では第七世代には、どういう人物がいるのか。1970年から73年生まれ、現時点でのポストは省副省長、市長クラス、あるいは地方の党副書記クラスにいて、注目を集めている指導者ということになる。

 世界的なチャイナ・ウォッチャーの一人、ウィリー・ラムが米国「ジェイムズタウン財団」が発行する『チャイナ・ブリーフ』誌(2019年4月9日付け)のなかで、次の人々の登場を予測した。

 人名   現在の肩書き        主な経歴
 ==   ======        =====
劉 捷   貴州省党委員会書記     江蘇省党委秘書長
諸葛宇杢  上海党委書記        上海党委員会部長
時 光輝  貴州省政治局法務委員    上海副市長
楊 晋伯  広西自治区副議長      国有企業副会長
李 雲澤  四川省副省長        工商銀行副総裁
郭 寧寧  福建省副省長        農業銀行副総裁(女性)
劉 強   山東省副省長        中国銀行副総裁
費 高雲  江蘇省副省長        江蘇省常州市党委書記
周 亮   銀行保険監査委副議長    規律委員会副書記
李 欣然  規律委員会主任       規律監査委第七局主任

 この一覧をみて三つの特色が分かる
 第一に貴州省が目立つのは習近平の子飼い、陳敏爾(現重慶市書記)の貴州省書記時代の右腕となった人脈である。 
 第二に上海、福建、江蘇省関係が多いのは習の十七年にわたる福建省時代、ついで浙江省、上海時代の「部下の部下達」で、近辺諸都市の人脈でもある。
 第三が銀行関係、規律委員会関係が多いのは、反腐敗キャンペーンのおりの実働部隊だったことからだろう。


 ▲2032年までに習近平は共生団の指導層入りを阻止したいのだ

 そして注目するべきは共青団がひとりも居ないことだ。
習近平は共青団(共産主義青年団)が嫌いで、ライバル李克強首相の人脈で『第六世代』と言われた共青団のライジング・スターのうち、孫政才を冤罪で失脚させ、周強は最高裁へ送り込んで政治局入りを阻害し、唯一残った胡春華には、いかなる重要なポストも与えていない。
 胡春華は政治局員にとどめおかれ、習近平お気に入りの陳敏爾には注目ポストや、重要な任務を与えて、ますます影響力を削いでいる。胡春華はくすんでいる。
 ただし陳敏爾が新たに赴任した重慶市は、大不況の最中、GMは撤退の構え、失業は深刻で、何の「実績」も挙げられないでいることは皮肉である。

 ここで世代の定義に立ち戻る。
中国共産党歴史における「第一世代」は毛沢東、劉少奇、周恩来ら革命指導者、四代元帥が輩出したが、毛沢東は権力闘争を通じてかれらを失脚させ、革命の手柄を独り占めした。

「第二世代」はその時期にかけて将校団だったトウ小平、胡耀邦、趙紫陽の世代である。
彼らは毛沢東の暴政への反省から「改革派」が多かった。
「第三世代」は江沢民、朱容基が代表する世代であり、経済成長に梶を切った。
「第四世代」は胡錦涛、温家宝ら、GDP躍進に安住できた時期だった。
「第五世代」が習近平、「第六世代」が、習以後を狙う胡春華、ライバルの陳敏爾らの世代となる。この第六世代には習が眼の仇としてきた共青団指導者が多く、かれら党官僚が台頭することに本能的嫌悪感を露呈する。
それは文革で教育を受けられなかった習近平の知的コンプレックスからくる激しい学識列劣等識からだろう。
     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴著『明地光秀 五百年の孤独』(徳間書店)を高く評価する書評がアマゾンに並んでいます。ファイブスターばかりです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
 なかには信長ファンからのおちゃらけ評もありますが。。。。
   (HI生、若狭)



  ♪
(読者の声2)再々、「大阪都構想」について投稿させていただいていますが、橋下氏の論を読んでも、私には、浅薄で、論ずるにも値しない愚論のように思えます。
まず歴史的認識が欠如している。本人は「改革」のつもりかもしれないが、組織論などは、それほど新奇なものが出てくるわけもなく、歴史的に見ると「逆行」のような場合も多いのです。
橋下氏の歴史知識など、恥ずかしいぐらい浅いものに私には思えます。もっと、着実な「将来」構想に満ちた「建設」的な提言が欲しいものです。
それにしても「変革」を論じる方々は、自らの無知も認識せずに、ずいぶんと「元気」な方が多い。中江兆民が、『三酔人経綸問答』で次のように述べています。
(引用始)
「彼らはたいへん変革が好きだが、古いものを棄てて新しいものを採るのが好きだというのではない。
ただただ変革するのが好きなのだ。善悪どちらでも、変革することが好きなのだ。破壊が好きだ。勇ましいところがあるからです。
建設を好まない。臆病のようなところがあるからです。保守を一番好かない。一番臆病のようなところがあるからです」(引用終)。
(椿本祐弘)



  ♪
(読者の声3)日本の株式市場は、米国の景気動向に左右されるが、もう一つ中国のそれにも敏感である。
中国の経済指標が、下記のように公表されるが本当なのか。
■中国経済指標【四半期国内総生産(GDP)】
四半期国内総生産(GDP)(1-3月期)結果 1.4%
予想 1.4% 前回 1.5%(前期比)
結果 6.4%
予想 6.3% 前回 6.4%(前年同期比)
(TA生、川崎市)


(宮崎正弘のコメント)中国の国家統計局の発表数字ですね。共産党幹部でも、この公式数字を信用していません。チャイナ・ウォッチャーも参考程度にするだけで、実態を反映していない作文であることは、周知の事実です。



  ♪
(読者の声4)日韓の外交摩擦はもはや修復不能レベル。親北朝鮮かつ素人集団の文在寅政権に日米とも匙を投げた。極めつけが米韓首脳会談。正味たった2分の会談でネットではカップラーメン以下とバカにされている。
政府専用機のタラップから伸びるレッドカーペットには黒い縁取り、韓国側が持参したものとバレてしまう。
 アメリカが用意した太極旗の下半分は青ではなく水色。「自由民主」のブルーチームから「中国・北朝鮮」のレッドチームへとなびく文在寅を皮肉っている。トランプ大統領との会談は火のない暖炉の前で黄色いバラがお出迎え。ヒトラーがユダヤ人に黄色い星をつけさせたように欧米で黄色いバラにはあまりいい意味はない。
 日本側の反応としてはソウルの日本大使館建て替えが中止になったことで明らか。
建築申請の更新をしなかったということですが、ソウル市からの問い合わせにもノーコメントのまま。世界の観光地で日本人はサイレントクレーマーと言われ、日本人相手にア
コギな商売をしているといつの間にか日本人がいなくなってしまいます。
それを見て他国もその国を見限ってしまうというのはよくある話ですが、日本が恒久的施設の建設を中断したことの意味を韓国はわかっているのでしょうか。
 日本のネットの反応はおおむね三通り。「日韓断交への第一歩」「北主導の統一で大使館は平壤へ」「北京の日本大使館が兼務」といったところ。韓国滅亡はほぼ既定路線。
 韓国人の反応は日本を見下すものばかりなのですが、面白かったのがソウルの中国大使館に関するもの。豪華で巨大な中国大使館はいずれ総督府になるのだろう、との自嘲的な意見。気になって調べてみたら案外あたっているのかも。
 2017年の中央日報に「ゴリアテのような在韓中国大使館…韓国で最大」という記事がありました。
https://japanese.joins.com/article/676/234676.html?servcode=A00&sectcode=A30

 ソウルにある各国大使館で最大かつ中国の在外公館ではワシントンの大使館に次ぐ大きさ。明洞にある24階建ての建物は中国式の屋根で周囲を威圧する。『1882年に壬午軍乱が起こると、これを鎮圧するために漢陽(ハニャン)に進駐した3500人の清の軍隊が買い取って駐屯したのが今の中国大使館の場所だ。その後、軍乱が落ち着くと清は朝鮮から軍隊を撤収し、漢城防衛責任者を残した。後に中華民国大総統にまでなった袁世凱だ。 
  事実上、清が派遣した朝鮮総督だった袁世凱はここに総領事館を建てて10年間ほど使用した。総領事館は1894年の日清戦争で清に敗れ、領事館に格下げされたりもした。』 

 朝鮮国王と袁世凱の関係といえば「三跪九叩頭の礼」ですが、石平氏によると叩頭とは地面に頭をつけるのではなく、そこには大きな石が置いてある。しかも叩頭した時に額を石に打ち付ける音がしないと何度でもやり直し。当時の袁世凱はまだ二十代の若者。さすが宗主国は半島人のしつけ方をよくわかっている。
 折しも日本では程永華駐日大使から孔鉉佑外務次官へと引き継ぎですが、孔鉉佑氏は朝鮮族かつ朝鮮半島問題特別代表も兼務という肩書。朝鮮半島情勢は一見19世紀末と似ていますが、21世紀の朝鮮半島はババ抜きのババでしかない。日本は真っ先にババ捨てに成功したようにさえ思えます。「助けず、教えず、関わらず」の『非韓三原則』を堅持する限り日本の未来は明るいことでしょう。
      (PB生、千葉)
     ◇◎□◇ど◎◇◎▽く◇◎▽◇し◇◎▽◇ゃ○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため小誌は4月20日―23日が休刊となります。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  重版出来!
  ♪♪ 
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。3700兆円の債務は爆発寸前! 
――中国と韓国に投資する日本企業は正気か! ?
 ――BISも、中国の負債は3740兆円と認定した
 ――トランプの反中国は「新ココム」の形成ではないのか
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」


  ♪♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は切支丹伴天連との戦いだったのだ
https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
(キンドル版 ↓ 1458円)
https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B07PWLGXRS/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=


  ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/

『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
  ♪
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため小誌は4月20日―23日が休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/04/18

    この一覧をみて三つの特色が分かる

     第一に貴州省が目立つのは習近平の子飼い、陳敏爾(現重慶市書記)の貴州省書記時代の右腕となった人脈である。 

     第二に上海、福建、江蘇省関係が多いのは習の十七年にわたる福建省時代、ついで浙江省、上海時代の「部下の部下達」で、近辺諸都市の人脈でもある。

     第三が銀行関係、規律委員会関係が多いのは、反腐敗キャンペーンのおりの実働部隊だったことからだろう。





     ▲2032年までに習近平は共生団の指導層入りを阻止したいのだ

      ↑

    本日もするどい中国情報分析、ありがとうございます。