国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<世界第二位の経済大国が、「発展途上国」からの離脱を拒否

2019/04/10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019)4月10日(水曜日)
        通巻第6039号 <特大号>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 世界第二位の経済大国が、「発展途上国」からの離脱を拒否
  WTOルール違反もなんのその、中国は「最大の発展途上国」と開き直った
****************************************

 中国が2001年にWTO加盟が認められたとき、「十五年間は『発展途上国』としての特典」を与えられた。
つまり各種の免税特権や貿易上の最大の輸出強化策に繋がる「最恵国待遇」、そのうえ国内産業保護的政策などが認められた。中国は人件費の安さを売りに世界の生産工場として外貨を稼ぎまくった。

西側は経済的成長を遂げ、豊かになれば必然的に中国は「民主化」すると期待して、中国の経済発展に協力してきた。
この西側の目論見はみごとに外れ、中国は民主化どころか、人権弁護士を片っ端から監獄にぶち込み、民主活動家を引っ捕らえ、劉暁波のノーベル平和賞に悪態をついて彼を「病院」なる場所に閉じこめ、ガンの悪化を放置し、死なせた。

香港の自治は踏みにじられ、人々は自由な言論を封じ込められ、ネットは監視され、少数民族は血の弾圧を受け、密告が奨励され、まともな発言をする政治家は冤罪をでっち上げて失脚させられ、有望な学者の言論活動を封殺し、政府発言を繰り返していた著名教授らを失職に追い込んだ。
西側の期待は無惨にも打ち砕かれた。

 『発展途上国』という状況はとうに克服したにもかかわらず国有企業への補助金、輸出補助政策を継続し、太陽光パネル、風力発電などを発展させ、いまでは米国と並ぶ5G開発、AI、宇宙航空産業に挑み、外貨準備世界一というスティタスを獲得し、稼いだカネの大半を軍事費に投入してきた。

 十五年という起源が切れたので、過去三年にわたり西側は中国に対し、「発展途上国」のスティタスを返上せよと迫ったが、世界第二位の経済大国は、「いまも世界一の発展途上国であり、WTOルールに従う」などと開き直った。

 ブッシュ、クリントン、ブッシュ・ジュニア、オバマと続いた「中国幻想」から醒めて、トランプは対中国政策を百八十度変更した。
対中外交の転換におそらく日本は追随するだろうが、EUはすんなりと素直に米国に従わない。
まだ暫し西側の絆の緩さを標的に中国のロビィ活動は続行しそうである。
     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 象徴天皇のあり方を模索され、敢えて超法規的行動をとられた今上陛下
  「象徴天皇」はGHQの押しつけとは言えない

  ♪
小堀桂一郎『象徴天皇考』(明成社)
@@@@@@@@@@@@@@@

 ことしが皇紀二千六百七十九年であることを知らない人々が新元号の号外を奪い合った。結婚式を耶蘇教の教会であげ、初参りは神社へ行き、葬儀は仏教で行う人々だから、べつに不思議な現象とは言えない。
 神武天皇の肇国以来の歴代天皇の諡名を諳んずる日本人はいまや皆無に近いのに、正月の一般参賀は二十万人近い国民が列に並んで数時間も待って天皇一家にご挨拶をした。
 新元号が「令和」と決まると、突如、太宰府に観光客が押し寄せた。太宰府天満宮は遣唐使廃止を建言した菅原道真を祀る神社である。

 太宰府長官だった大友旅人が梅花の宴を開いて詠んだ「初春令月、気淑風和」から万葉の学者によって「令和」が選ばれた由であり、従来の観光客は天満宮しか参観しなかったのに、太宰府跡地も訪れるという新現象が見られ、地元はPRに力を入れるというニュースに接した。
 つい先だっての海外旅行に評者(宮崎)が携行したのは林房雄『神武天皇実在論』と『天皇の起源』、そして産経取材チームの『神武天皇は実在した』だった。
前者弐冊は半世紀を経ての再読、いや三度読みかえし、ようやく内容を咀嚼できた。後者も二回読んだのだが、神武東征という神話の残る地名や伝説を元に、観光ガイドブックにはまったく掲載のない、伝承されたゆかりの場所を探検隊のようにゆくので、地図を横に置かなければならない。

 さて小堀先生の本書を論じる前に、読書事情を書いたのも、日本国憲法が謳う「象徴天皇」と前掲の書とに密接な繋がりがあるからだ。
 昭和天皇までの論壇における天皇論の近代的論理には納得できない点が多い。
 神武天皇以前の自然崇拝、原始的浸透の成り立ち、神武天皇の大和朝廷確立と以後の天皇統治の性格、さらには武力を用いた雄略天皇、天皇親政を復活した後醍醐天皇との対比、くわえて令和改元の象徴天皇との差違は説明の必要もないほどに明確である。

 しかし、カムヤマトイワレビコノミコトが、なぜ後世に神武天皇と諡されたのか。ワカタケルはなにゆえに雄略天皇と諡されたのか。
武断政治の象徴から奈良、平安を経て源平では征夷大将軍が天下のまつりごとを動かしてきた。武士にとって帝は権威であり、祭祀王であった。つまりその時代から天皇は国民統合の「象徴」であり、戦乱から江戸時代の安泰期ともなると天皇は庶民からは忘れられた存在となり、井伊直弼の日米修好条約の「無勅許」によって目覚めた維新の志士らが、突如天皇親政を思い出したのだ。
そして西?も大久保も天皇を玉(ぎゃく)の隠語で呼び、政治利用が維新回天のダイナミズムを産みだした。

 明治天皇は軍服姿、昭和天皇も大東亜戦争の時代には軍服に白馬、まさにヤマトタケルやスサノオか、いや神武東征、そして雄略天皇である。
仁?天皇のような悠久の平和のイメージが時代によっては激変する。今上陛下はまさに平和ニッポンを象徴される。
 新渡戸稲造、岡倉天心が、本書で彗星の如く蘇り、彼らの天皇論を思い出させる。
 つまり新渡戸稲造の『武士道』は明治三十二年(1899)に英語で書かれ、世界中に翻訳された。邦訳がでたのは英訳から十年後だった。
このなかに「我々にとりて天皇は、法律国家の警察の長ではなく、文化国家の保護者でもなく、地上において肉身を有ち給う天の代表者であり、天の力と仁愛とを御一身に兼備したまう」として事実上の天皇象徴論を述べている。
 岡倉天心の『日本の覚醒』も明治三十七年に英語で刊行され、江戸時代の天皇認識に触れて、「帝は彼ら<徳川幕府>にとってはシンボリズムであった」と叙した。
すでに明治時代から、日本を代表した論客らが、天皇象徴論を唱えていたのである。

本書のもう一つの重大箇所は天皇陛下の靖国神社御親拝に関しての考察である。
 小堀氏はこう主張される。
 御譲位について陛下自らの御表明は「陛下の個人としてのお考えを法制の上で実現するために、憲法の規定とは離れた次元で、つまり超法規的措置の執行を求めて先ず直接に国民の理解を得ようとされた行動」だった。

 小堀氏はこう続けられる。
「憲法尊重は所謂建前であって。現に憲法二十条三項に謂ふ国の宗教教育、宗教活動の禁止の条項は宗教学校への国費の補助といふ形で空文化している」(中略)「米軍占領中の神道指令の横暴と同様な酷薄な政教分離原則の要求」は、国法が政治権力の下位に立つという「行政の方便」でしかない。
すなわち現行憲法は敗戦国ニッポンが、勝った「米国への臣従の誓い」のたぐいであり、ときに超法規で臨むべきときがある。
したがって小堀氏は、下記のようにまとめられる。
「大東亜戦争での戦没者一般への慰霊も<象徴としての>お務めに一環であるとするならば、それは戦没者達の『魄』の眠る戦跡地に向けてであるよりも、彼らの『魂』が帰り来て祀りを受けている靖国神社は詣でてこそ十全に果たされるはずだ、という霊の論理とうふものがある。天皇の靖国神社御親拝は、国家が英霊に対して果たすべき、それこそ是亦言葉の本来の意味での象徴的な慰霊鎮魂の義理である」
 感銘深い余韻を味わいながら本書を閉じた。
       ○△□☆◎○△□☆◎○△□☆◎△□○   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1877回】              
 ――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(3)
竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)
 
       ▽
 上海で知られた料理屋の小有天で席に着くと、「矢繼早に料理が運ばれて來た」。食事中というのに、店の外から物売りが次々に闖入して来る。「不要!と言はれて素直に出ては行くが、でないと、ぢツと籠を提げたまゝ何時までだつて吾々の食事を頭越しに凝視めてゐる。これもまた支那だ」。

 振り返ってみれば半世紀ほど昔の香港で留学生活を送っていた当時、いつも昼飯は場末の労働者向けの食堂で超低価格で済ませたが、ごった返す店内で客の間を縫うように物売りが歩いていたっけ。彼らは店側の許可を取ったわけでもなさそうだし、だからといって店側が彼らを外に追い出そうとするわけでもない。

  客は食事しながら買い物ができる。良い買い物ができれば、明日もまた客は食事にやってくる。店内に群れ集う食事客を相手にすればいいのだから、売り手は買い手を探して歩きまわる無駄をしなくていい――店側も食事客も物売りも、誰も損はしない。互利互恵であり、今風の表現に従うなら双◎(ウイン・ウイン)の関係というヤツである。

  不要といえば素直に立ち去るが、売り手はひっきりなしにやって来て食事中のこちらの鼻先に商品を突きつけるのだから、あまり気分のいいものではない。だが先ずは腹を満たすことに専心すればこそ、やがて彼らの騒がしい掛け声も一種の香辛料に思えてくるから不思議だ。
「時と所」を超え、料理屋と客と物売りの関係は綿々と続いていたのである。

 「どうせ支那は無政府状態同樣の國だから――こんな國が吾々の直ぐ隣國だとは想像もつかないが」、「先づこんな事に平氣になれるのが支那通の第一期だらう。つまり邊りには無關心で私慾の滿足を第一義と心得ること!」との竹内に従うなら、香港での留学生活の中で、どうやら「支那通の第一期」を通過していたということか。

 竹内の上海に戻る。
やはり「人生は錢!錢!錢!だ。公私混淆で千金一攫することもまた一法なる哉だ。それに精力を傾倒することだ。(中略)如何にして錢を獲るかを考へることだ。斯く支那は?へる」。

 ここで竹内は支那人の振る舞いについて改めて考える。
「支那人は好事的なことは萬古不易の傾動だが、慾慾複雜なことが好きだ。淫書だけかと思つてゐると料理もその筆法だ」。「兎も角支那人は仕事に念を入れる民族だ。それも義務ではいけない。道樂でなくてはいけない。藝術家だ。だが常に血腥い。同じ極刑なら一と思ひに殺してやればいゝものを、態々穹窿形の橋上に連れ出して、環衆の前で、如何にその首が一刀のもとに落斬されるかを樂しむ。どんぶり水中に落ちたのを見て樂しむ。胸板に墨で的標を描いて銃殺する。體を木枠の箱に容れて、首枷の嵌つた顔だけ出させて置いて、街頭にさらす。
食に餓えて死ぬ。この道樂がまた料理に働いて吾々の舌を滿足させる」。
だから「萬里長城から翡翠細工に至るまで、この民族は、手をかけることを厭わない」。

 「支那を見、支那を感じ、支那を知らうとして來てゐる」竹内の目に映った支那は、「つまり單なる傳統の國である。批判に先立つものは常にこの傳統の形式的尊重である。道義觀にしても風俗的習慣にしてもこの點は執拗である。主義の犠牲である」。

「この國は恐ろしく拝金の國である。贋造錢の大量的な國である。即ち『私有』と言ふ點に最大の奸智を働かす國である」。
「支那では、錢を有てる者は一條の龍で、錢無き者は一條の蟲だと言ふ。無數の蟲ケラがその俥に龍を乘せて駛つてゐる譯である」。

 かくて「支那に於ける新時代人が等しく悲憤列擧するものは、通貨の統一、南北用語の統一、次に公私混淆の惡弊打破である」。だが「公私混淆の惡弊打破」は不可能に近い。
《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   *********************************
  ★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)改元を機に政府は紙幣の肖像デザインを、一万円札が渋沢栄一、五千円が津田梅子、千円札が北里柴三郎とするそうです。聖徳太子から福沢諭吉になったときに唖然としましたが、こんどは、どれほど国民の支持が得られるでしょうか?
   (KA生、足利市)
 


  ♪
(宮崎正弘のコメント)その時代の世論を反映していますから商業にモラルを説いた渋沢が選ばれるのは当然でしょう。以前は和気清麻呂も採用されていました。しかし西?隆盛、吉田松陰らが肖像となる新札は、何時になるでしょうか。
 渋沢は「右手に算盤、左手に論語」が有名ですが、もっと重要な箴言を残したのは二宮尊徳翁です。
 「経済のない道徳は戯事だが、道徳のない経済は犯罪だ」。
 いまの日本の資本主義、まさに犯罪行為に近いのでは?



  ♪
(読者の声2) 三島由紀夫研究会の四月の「公開講座」は金子宗徳氏(里見日本文化学研究所所長)をお招きして、国体論をテーマに講演して頂きます。

日時 4月19日(金)18時半開演(18時開場)
会場 アルカディア市ヶ谷(JR・地下鉄「市ヶ谷」下車2分)
http://www.arcadia-jp.org/access/pdf/DL_2018_04.pdf

演題 「御代替わりに際して 〜あらためて国体とは何か」
講師 金子宗徳氏(里見日本文化学研究所所長、月刊『国体文化』編集長)
会費 会員・学生1千円(一般2千円) 
<講師略歴 昭和50年生。名古屋市出身。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了退学。 著作『安全保障のビッグバン』(共著・読売新聞社)『「大正」再考―希望と不安の時代』(共著・ミネルヴァ書房)『保守主義とは何か』(共著・ナカニシヤ出版)
 どなたでも、予約なしでご参加いただけます。



  ♪
(読者の声3) 前回の投稿で、高橋洋一なる人物の「大阪都論」が、軽薄で現行地方自治制度を十分に理解した上でのものではないことを指摘した。高橋氏は、また、次のように述べている。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/63365?page=4
(引用開始)「「大阪都構想」批判派の一部から、「東京でも東京市復活という動きもある」という指摘が出ている。もちろん言論の自由があるので、言うこと自体は自由であるが、少なくとも筆者には、そのような話は聞こえてこない。そのような荒唐無稽な話が唐突に出てくるなんて、いかに「大阪都構想」批判派の議論が、地に足が着いたものでないか、ということの証拠である」
(引用終)
 高橋氏には、東京市復活論が聞こえてこないようだが、私の耳には相当数の意見が聞こえてくるし、これを「荒唐無稽」と切り捨て、反対論を「地に足が着いたものでない」と断じるだけでも、高橋氏の論の浅薄さが分かる。
 そもそも、歴史的に見ると、「(明治時代の当初)東京は大阪、京都と並んで府に指定された。三つの府では、自治権は普通の県より厳しく制限されていて、初めて市長が選出されたのもほかの市より十年近くも遅れ、ようやく明治31年になってからだった。大阪や京都は現在も府のままで、知事のほかに市長もいるが、東京は昭和18年『都』となり、現在、日本中で市長のいない唯一の都市である。
明治31年10月1日、三つの大都市の市制特例は廃止され、東京もまた市長を持てることになった。そこで今でも東京では、10月1日を都民の日としてこれを記念している。」(サイデンステッカー『東京下町山の手』)のである。
 戦前の知事は官選であったから、現在とはかなり意味が異なるが、「市」を解体して「市長のいない都市」にすること自体には、何の意義もないどころか、歴史的には逆行でしかないだろう。どうしても「市長のいない都市」にし、行政を府に一元化、効率化したいのならば、現在の東京都のように、都の区域の相当部分の行政を、広域的自治体である都が統合的一体的に管理するべきであろう。

 高橋氏は、「広域発展政策を行うためにも、『大阪都構想』は合理的だ」と言うが、広域発展政策というのならば、堺市を含む周辺諸都市の相当部分をも、大阪市と併せて特別区に再編成して、その全体を「府」が一体的、広域的に管理しなければならないだろう。大阪市の身を「解体」するだけではほとんど合理性を認められない。
「大阪なら現状は松井知事と吉村市長の2人で一人前だが、東京なら小池都知事1人で十分だ。それをわざわざ、東京を『船頭多くして船山に上る』にするはずがないし、その必要もないのだ。」(高橋氏)という点など、普通地方公共団体が広域自治体と基礎自治体から成る、という現行地方自治制を全く無視する暴論でしかない。
 高橋氏自身が「上下水道や公共交通などの広域的なインフラは広域自治体(都道府県)が担当」するのが適切な役割分担だと述べるが、府全体の行政組織を再編成することなく、単に大阪市のみを4特別区に解体するだけでは、上下水道事業など、広域的に実施することが望ましい事業を、特別区の一部事務組合が管理するというような逆行的事態となる。
 高橋氏は、「もし異論があるのであれば、公の場で、正々堂々と議論すべきであるが、筆者が知るかぎり、『大阪都構想』反対派には表で議論する動きはほとんどなかったようだ。」と言うが、私が感じる限り、郵政民営化論の際も、民営化消極論は封殺され、いわゆる国民B層向けの、内容的にも疑問が多い政府広報がマスコミに満ち溢れたのではなかったか。
(椿本祐弘)



  ♪
(読者の声4)FBで天皇陛下の靖国御親拜問題について事実誤認を正したところ非常に反響がありましたので、以下ご参考まで。
●「ご親拜の歴史」昭和天皇は戦後30年近く長い間靖国神社をご親拜されていた。米国はいっさい妨害していない。しかし1976年三木内閣の妨害で出来なくなった。中共の差し金だろう。三木の大罪だ。
●「合祀」そこで心配された昭和天皇は2年後の1978年東京裁判の東條英機以下の英霊を合祀された。合祀は天皇陛下のご裁可が必要なので松平宮司の一存では不可能だ。その後も政府が対外弱腰のためご親拝ができない。そこで勅使が送られている。ご親拜が再開されないのは陛下のご意志ではないのだ。
●「反日デマ」したがって反日デマは時系列、手続き論で虚偽である。富田メモや靖国神社に入り込んだ反日宮司のデマに騙されてはならない。
●「生花のご下賜」これは歴史講演で東條由布子氏から直接伺ったお話しだが、東條家には毎年宮内庁から東條英機元首相の命日に生花がご下賜されていた。これは遺族代表として天皇陛下から贈られたものと理解していたという。
●「敵の狙い」ご親拜をめぐるデマの狙いは、日本の再軍備の妨害、昭和天皇の御遺徳を気づける、愛国者を誹謗する、日本人同士を争わせて日本の再軍備を妨害するなどが考えられる。しかし時代は変わった。もう騙されない。
●「フィンランドに学ぶ」。なお、フィンランドは同じ第二次大戦の敗戦国だが敵の宣伝にだまされず反省などせず、指導者のマンネハイム大統領はヘルシンキ駅頭で銅像となって国民の尊敬を集めている。
負けたが正しい戦争だったのだ。日本も反日宣伝に騙されず再軍備により真の独立を実現し新しい令和の時代を大東亜戦争の敗戦を取りもどす偉大な時代にしなければならない。
以上
    (落合道夫)
     ○△□☆◎○△□☆◎○△□☆◎○◎△□○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊  ■宮崎正弘の新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ▲
忽ち重版!
  ♪♪
宮崎正弘『余命半年の中国・韓国経済』(ビジネス社。定価1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/4828420924/
 ――中国市場から制御不能の金融危機が始まる。3700兆円の債務は爆発寸前! 
――中国と韓国に投資する日本企業は正気か! ?
 ――あのBISも、中国の負債は3740兆円と認定した
 ――トランプの反中国は「新ココム」の形成ではないのか
 ――ファーウェイ排除は次世代技術覇権競争が本質にある
 ――FAGA vs BATの新展開
 ――ソロスが言った。「習近平は西側のもっとも危険な敵」
 ――韓国経済は中国より先に崩壊する
       ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆   
 
  ♪♪♪
注目の書 斯界騒然!
   ★
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は切支丹伴天連との戦いだったのだ
https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
(キンドル版 ↓ 1458円)
https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B07PWLGXRS/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=
     

  ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
宮崎正弘 v 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
 https://www.amazon.co.jp//dp/4198647984/ref=sr_1_4?hvadid=335324065607&hvdev=c&jp-ad-ap=0&keywords=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98&qid=1554792694&s=gateway&sr=8-4


宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ) 国内講演旅行のため小誌は4月12日から15日まで休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/04/10

     世界第二位の経済大国が、「発展途上国」からの離脱を拒否 WTOルール違反もなんのその、中国は「最大の発展途上国」と開き直った←宮崎先生、情報ありがとうございます