国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <『借金の罠』には落ちない」。フィリピン代表団が北京で言明

2019/03/21

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)3月21日(木曜日)
   通巻第6024号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「われわれは『借金の罠』には落ちない」。フィリピン代表団が北京で言明
  民衆は天然資源の開発に参入した中国に「資源を盗むな、出て行け」と抗議
****************************************

 3月20日、北京を訪問中のフィリピン閣僚代表団は王岐山国家副主席と会談した。
 鳴りを潜めた王岐山が久々の登場も、習近平と李克強首相が外遊中で不在だからだ。

席上、「フィリピンでは、インフレ建設のプロジェクトが中国と日本との協同で75の案件が進んでいる。中国とは主権を尊重し合い、おたがいが利益となる関係。われわれは『借金の罠』に落ちることはない」とした。
フィリピンの代表団はレクシン外相、ドミンゲス財相が率い、一行は王毅外交部長とも面談した。

 中国はスカボロー岩礁を盗み、国際仲裁裁判所の判決(中国の主張に根拠はない)にもかかわらず居座って、フィリピンの抗議を受け流した。
スカボロー近海を漁場とする地元漁民は、領海に中国海軍艦艇が出没して威嚇するため、領海への出漁さえ出来なくなり、また沖合のガス、原油の開発プロジェクトに中国が参画したことに対して怒りを爆発させて、マニラで環境保護の抗議集会を開いた。
 「中国は出て行け」と大きなプラカードを掲げた。

 ドウテルテ大統領はかねてより親中派であり、スカボロー問題は議題にとりあえず、インフラ整備を急ぐ、「建設、建設、建設」だと唱え続けるが、他方でスリランカ、マレーシア、モルディブで中国傾斜の余り、借金が払えずに苦境に陥った実例を横目でみており、中国べったりの印象をぬぐうことに懸命である。
 4月に北京で開催される「一帯一路」世界フォーラムに出席を表明しているドウテルテは、言い訳のように「我が国の負債はGDPの45%であり、対日本が9・5%、対中国は4・5%でしかない」と根拠の薄い数字をあげた。
     ◎□△◎み□△◎□や△◎□△ざ△◎□△き△◎□△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 アンディ・チャンの台湾情勢分析
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
国民党が勝てば台湾は危ない
@@@@@@@@@@@@@

AC通信:No.732 Andy Chang (2019/03/20)
AC論説 No.732 台湾の総統候補者選び

 ずいぶん長い間台湾の記事を書いていない。台湾に興味がないのではないが、台湾の政情は混沌としていて書くべきものがないからである。来年一月に台湾の総統選挙が行われるので、今年四月までに民進黨と国民党が候補者選ぶため党内選挙が行われる。
 去年の中間選挙では蔡英文の現状維持に失望して民進黨が大敗北を喫した。本来なら台湾人民は独立願望があり、国民党の統一路線に警戒心が強いからいくら蔡英文に失望しても国民党に票を入れる筈がないと思っていたが結果は違った。人民は国民党絶対反対ではなく中国の台湾併呑に対する警戒心が薄い。国民党が勝てば中国の統一工作が一段と進み、「両岸和平協議」が統一を進める一歩となるだろう。
 総統選挙の主題は、独立、統一、現状維持の三つの選択である。
中国は一貫して台湾が独立すれば武力行使も辞さないと恫喝している。だから民進黨は現状維持で独立に反対で国民党も独立に反対だ。民進黨は中国と「両岸平和協議」を行うことに反対で国民党は賛成である。
蔡英文の現状維持路線は人民が既に去年の選挙で否決したから民進黨の候補者が蔡英文なら国民党に負けると言われている。このため数日前に民進黨の頼清徳が出馬を発表し、蔡英文も出馬を発表した。民進黨は蔡英文を支持すると発表したが人民は蔡英文の現状維持に反対、頼清徳は現状維持でなく台湾独立を主張したので人気が高まった。民進黨は現職の総統を支持しないわけに行かない。党内選挙では蔡英文に有利と言われているが民意調査では頼清徳の出馬に期待している。

 一方、国民党の候補者は朱立倫と王金平である。朱立倫は中国人と台湾人の混血で外省人の支持が高く中国の蔭の援助もある。一方、台湾人の王金平は長年国会議長を務めた経験があり、リーダーシップよりも協調と談合に長けている人物なので勝負は五分五分と言ったところである。
 ところが民間の調査によると朱立倫と王金平の二人は、どちらが出馬しても民進黨の頼清徳に負けると言う結果があり、代わりに高雄市長に当選した韓國瑜を出せば頼清徳に勝つと言う。党首の呉敦義は国民党が政権をとるため最有力な候補を出すべきだから党内選挙でなく、韓國瑜を徴発して国民党代表としたいと述べた。

これは既に立候補した朱立倫と王金平に不公平であるが、国民党が勝つためと言われれば彼らは反対できない。でもこの民間調査は不正確と言う意見もある。去年の選挙で韓國瑜が当選したのは中国の介入があったからで、彼がもう一度国民党を代表して総統選挙に出れば反中国意識が高まって国民党が負けると言う意見もある。

 台湾人民は民主主義の選挙では民進黨と国民党の二つの選択肢があると思っている。これが台湾の政情を混乱させた原因である。三年前、民進黨が政権を取ったあと蔡英文は国民党の政治家を閣僚に任命したりで国民党が生き残った。

しかも人民が大きな期待を寄せた国民党の腐敗調査、転型正義を徹底して陳水扁の違法裁判を調査すること、国民党の違法資産の調査も進展しなかった。蔡英文は現状維持を主張し、台湾は中国の一部ではないと主張しながら国民党との二党政治を維持している。台湾が独立するなら国民党と共存できるはずがない。
 
台湾独立運動はどうなったのか。
三年前に民進黨が政権を取ったあとで独立派の党首蔡丁貴がアメリカに来た時、我われ独立派は民進黨に一時期だけ政権を預けても2020年の選挙で独立派が勝つと述べた。それなのに最近はすっかり影をひそめてしまった感がある。
 これだけでも来年の選挙はかなり複雑だが、もう一人台湾の総統選挙を左右する人物が居る。現職の台北市長柯文哲である。

柯文哲市長は「両岸一家親」と言う親中国発言で多くの台湾人が批判し反対しているにも拘らず高い人気を維持している。
彼はまだ出馬を発表していないが選挙に出る可能性は高い。柯文哲が出馬すれば民進黨と国民党に加えた無党派の三人の選挙となり、民進黨の票が柯文哲に横取りされて国民党が勝つかもしれない。国民党が勝てば台湾は危ない。

 民進黨、国民党は誰が出馬するか、柯文哲は出馬するか。独立派は代表をだすか。四月になれば結果が出ると思われる。
              (アンディ・チャン氏は在米評論家)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはhttp://www.melma.com/backnumber_53999
         ■○◎□■
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 READERS‘ OPINIONS  どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)明日です。三島由紀夫研究会の「公開講座」。講師は葛城奈海さんです。

日時  3月22日(金)18時半より
会場  アルカディア市ヶ谷
演題  三島由紀夫と私(仮題)
講師  葛城奈海氏(ジャーナリスト、女優、環境運動家、予備自衛官)
   (略歴 昭和45年生 東京都出身。東大農学部卒。防衛省市ヶ谷台ツアー案内係を経て予備自衛官に。現在予備3等陸曹。チャンネル桜キャスター、防人と歩む会会長。著書に『国防女子が行く』(河添恵子、赤尾由美、兼次映利加との共著、ビジネス社)。最新刊は奥本康大氏との共著『大東亜戦争 失われた真実』(ハート出版)。
葛城奈海さんは防衛省の市ヶ谷台ツアーの案内係をしていた3年間、毎日のように三島自決現場を案内していた経験があり、ある日、霊を感じたという。
それを契機に予備自衛官になり、尖閣へも十回ほど行っている行動派、国防女子の代表格です。
        ◇◎◎ ◇◎▽ ▽◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊予告■宮崎正弘の新刊予告■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
<<新刊予告>> 3月26日(都内主要書店)発売。
(入学、転勤などで引っ越しが多く、運送のピーク期のため地方の方は配本が二、三日ほど遅れる様子です。アマゾンに発注すれば、早く届くと思われます)
  ♪♪♪
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は切支丹伴天連との戦いだったのだ
https://www.amazon.co.jp/dp/4198648069/
 予約の受付を開始しました(定価1620円)

     ◇◎◎◇◎ ▽▽◇◎▽ ◇◎◎◇◎ ▽▽◇◎▽ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★ 宮崎正弘の新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
大好評発売中
宮崎正弘 vs 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 辣腕ファンドマネージャーで米国在住の大竹氏と、激論、辛口批判。
 https://www.amazon.co.jp/dp/4198647984/
 ――EUが分裂するという予測は数々あれど、本書では「『ユーロ』は南北に別れる」という大胆な予測が展開される。
 ――中国軍のハッカー部隊が、内側から中国を破壊する畏れが強まった。
 本書は投資家の間で静かな話題となっています!

  ♪♪
宮崎正弘『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/


宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)  
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。