国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ダンフォード米統合参謀本部議長、「南シナ海の脅威に対応する」と言明

2019/03/18

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)3月19日(火曜日)
   通巻第6021号   <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ダンフォード米統合参謀本部議長、「南シナ海の脅威に対応する」と言明
  シルクロードの「借金の罠」は中国の地球的規模の野心が背景にあり
****************************************

 米統合参謀本部議長のジョセフ・ダンフォードが発言した(3月14日)。
 「南シナ海の九段線が中国の領海だとする法的根拠はない。すでにハーグ国際裁判所が結論を出している」。
しかし、国際ルールを守ろうとしない中国は、当該海域に艦船を派遣し、「2013年比較で、2018年に中国海軍艦船は12倍もの数となっている。米国は同盟諸国との連携を深めながら、『航行の自由』作戦を継続する」

ダンフォート統幕議長はこうも述べた。
「中国の侵略的な経済支援によって、スリランカはGDPの70%に相当する金額がハンバントタ港の開発に注がれ、スリランカは借金のカタに99年の租借を認めざるを得なくなった」。

 以下同様にパキスタンはグアダール港開発に100億ドル(CPEC全体で620億ドル)。43年間の租借を認めることとなった。
モルディブはGDPの30%に匹敵する額を中国から借りたが、この15億ドルはモルディブのGDPの30%に相当する(これまでモルディブ野党は100%と主張してきたが、米国の統計により訂正されたうえ、インドが14億ドルの瀋陽教を与え、中国の借金の罠から逃れる展望が見えた)。

ダンフォースが地政学的要衝として重視したのはジブチだった。
「ジブチはGDPの80%に相当する金額を中国が投資したことにより、中国初の海外軍事基地を認めた。そして同じ危機はエクアドルに迫った。エクアドルは2024年までに中国に原油の80〜90%の輸出と50%の免税特典を中国に与えた」。
 
 この発言を大きく報じたのが『ザ・タイムズ・オブ・インディア』で、ネット上の反応を見ると、「パキスタンは永久的に中国の奴隷となり、(中国からの借金が少ない)インドはいずれ大国となる」

或いは『パキスタンは乞食、中国は土地漁り』。いかにも中国を敵視するインドらしい意見が並んだ。
     ◎□△◎み□△◎□や△◎□△ざ△◎□△き△◎□△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 南船北馬、言語の大混乱、マンダリンは全土で通じなかった
  中国の憲法の四分の三は和製漢語で成立している。それほど語彙力に乏しい言語

   ♪
黄文雄『なぜ韓国は未来永劫幸せになれないのか』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 北京とソウルから売られた喧嘩を日本は正面から買うのではなく、なにしろ日本は中国、韓国の反日を額面通りに受け取るほどに素直すぎるのだが、中・韓を自ら自滅させる準備をしては如何と、皮肉たっぷりの歴史文明論である。
『褒め殺し』という手段もあります、とするあたり歴史家としての黄文雄節が冴えわたる。
 タイトルは韓国だけだが、本書は中国と韓国を同列に論じている。
 ならば黄さんの話を聞こう。
 「中華世界でもっとも基本的な(争い事は)南北対立であった」。稲作の華南と雑穀の華北では紹興酒と白酒の違いがあるように、文化が異なる。
人種も異なる。そればかりか、「経済的、人文的対立が二十世紀までつづく。決して『南船北馬の風物詩』という詩的な表現で語り尽くせるものではない」(128p)。
中国は地名を国名とし、なぜ「表意文字である漢字を今日に至るまで使用しつづけてきたのだろうか」という歴史的な謎も、文字と言葉の格差から考察する必要があるとする。
「甲冑文字を使う商(殷)は、おそらくチベット、ビルマ・タイ系ではないか」と言うのも「文字の文法と配列からは、むしろ南方系シナの先住民と考えられるからである。(中略)この言語構造の違いから、商(殷)人は北方系(アルタイ系の東胡)ではないと考えられ、最近の言語学の研究成果から、台湾先住民であるマレー・ポリネシア系(南島語系)とも呼ばれる語族のホームグランドという説が学界でもじょじょに主流となっている、夏人は南の越系か、台湾から北上してきた越族の可能性」があると大胆な仮説を同時に説かれる。
なるほど、殷が華南からきたとは、従来の通説をひっくり返す。
 統一言語はなく、ようやくマンダリンが国語になったと言っても、教育を受けていない地方へ行くとまるっきり通じない。現代中国の言語状況はいまも大混乱、むしろ和製漢語が中国の読法にも影響を与え、「自然科学や社会科学の用語だけでなく、マスメディアから日常生活まで和製漢語がなければ、殆ど伝達は不可能とまで断言しても決して過言ではない。漢字の本家である中国は、それを『新辞』、『新語』と称し字引まで出している。中華人民共和国の憲法は75%まで和製漢語の新辞によって書かれている」(132p)。
 こうした事実からも判然とするように、「日本の漢字仮名交じり文章体系の創出」こそが、「史上最大の発明」だと黄さんは「歴史的貢献」を述べる。
 言語史としても大いに有益だった。 
   
    ○△□☆◎○△□☆◎○△□☆◎△□○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
<<新刊予告>> 3月26日 発売
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
――「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 ――信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 「主殺し」、「謀反人」という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 ――謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」にある
 光秀の『文化防衛論』は切支丹伴天連との戦いだったのだ
https://www.amazon.co.jp/dp/4198648069/
 予約の受付を開始しました(定価1620円)
   ◇◎◎◇◎ ▽▽◇◎▽ ◇◎◎◇◎ ▽▽◇◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 READERS‘ OPINIONS  どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)ライトシェアの発展は、反面で既存の従事者に暗黒をもたらしました。具体的に言えば車のウーバーとは白タクの合法化であり、これによって売り上げを横取りされたタクシー運転手の自殺があいつぐという悲劇。中国ではトラックのウーバーに仕事を奪われたトラック運転手が同盟罷業に打って出るという現象が続いています。バイク、自動車のウーバーは殆どが倒産の憂き目。世の中せちがらい。
 宮崎さんはウーバーに批判的でしたが民宿、民泊にも反対でしたね?
   (DF生、埼玉県)


(宮崎正弘のコメント)民泊はドイツでは禁止されています。難民の絶交の住み家となりやすく、そのうえテロリストのアジト化しやすいからです。
 日本も管理人のいない民泊はいずれそうなる危険性があり、そうまでして観光客を増やす必要はないのではありませんか。
都内の裏通りまでスーツケースをごろごろ頃がしながらうろつく中国人をたくさん見かけますが、あれも民泊のアパートを探しているのです。先日も神楽坂で道を聞かれたので、中国語で応対したら先方が驚いていましたが。。。



  ♪
(読者の声2)ニュージーランドのクライストチャーチでおきた大量のテロ。白豪主義の狂信者が移民を差別した結果おきた悲劇ですが、しかし考えてみれば、豪でもニュージーランドでも先住民族を虐殺し、土地を盗んで国家を建てたのは白人じゃありませんか。
 豪はアボリジニ虐殺でしられますし、かれらは歴史的合法性を持ち合わせていないと思います。
   (HG生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)それを言い出せばアメリカン・インディアンをほぼ絶滅させたのが米国であり、イヌイットなどエスキモー先住民族を差別したのがカナダ、しかしアイヌは縄文人のあとからやって来て共生していたのであり、決して「先住民族」ではありません。安倍政権のアイヌ法は間違いです。



  ♪
(読者の声3)米国で、MMT(Modern Monetary Theory)を巡る議論が活発だそうですね。
https://jp.reuters.com/article/mmt-japan-idJPKCN1QP072
本日の読売新聞朝刊も報じています。日本財政・金融の今後という意味でも、興味深い論争です。
この点に関しては、3月12日に行われた参院予算委員会公聴会における河村小百合氏の口述も興味深い。河村公述人は元日本銀行勤務・現日本総合研究所上席調査役。
 口述の最後に、いわゆる「統合政府論」については、「全然納得いかないというか、お話にならないと思います。」と言い切っている。
   (CAM)


(宮崎正弘のコメント)「財政赤字は構わない」と言い切ってクルーグマンや、サマーズと対決しているNY州立大学の女性教授が、社会主義を標榜するサンダースの助言者であることも、政党の議論の応酬がからみ、興味深いところですね。
◇◎◎◇◎▽▽◇◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
大好評発売中
宮崎正弘 vs 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 辣腕ファンドマネージャーで米国在住の大竹氏と、激論、辛口批判。
 https://www.amazon.co.jp/dp/4198647984/
 ――EUが分裂するという予測は数々あれど、本書では「『ユーロ』は南北に別れる」という大胆な予測が展開される。
 ――中国軍のハッカー部隊が、内側から中国を破壊する畏れが強まった。
 本書は投資家の間で静かな話題となっています!

  ♪♪
宮崎正弘『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/


宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)  
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/03/18

    漢字変換が手抜き、残念

  • 名無しさん2019/03/18

    グノーシス・イルミナティと13の支配血流の間で進められていた交渉の一環として、フランシスコ法王は職を解かれた。



    能力主義を基盤とする勢力【※グノーシス・イルミナティ】と、歴史的な支配を基盤とする勢力【※13の支配血流】という、欧米の二大権力中枢が、ジュビリー【※一度限りの全債務の帳消し】や“この惑星を救おう”という大規模キャンペーンに同意したのだ。



     軍産複合体部門で最強を誇るグノーシス・イルミナティと、金融とメディアを支配下に置く13血流が、互いに妥協することに同意した理由はというと、彼ら曰く、力を取り戻したアジアと交渉するためには、自分たち欧米勢が統一戦線を張っていると見せる必要があるからだそうだ。







    引導を渡されたバチカン小児性愛ネットワーク



     フランシスコはお飾りとしてその地位に留まり続ける可能性はあるものの、バチカン銀行を動かし、小児性愛で有罪となったペル枢機卿を巡る大失態のせいで、既に実権は取り除かれている。



    バチカンおよび、“世界的指導者”とか称する連中の6千の賄賂口座を抱えるバチカン銀行は、今や“枢機卿によるトロイカ体制【=三頭制】”によって運営されている。



    この根本からの変化は表向き、10人の枢機卿がこのところ聖職を剥奪されていっているという形で現れている。最新の例はフランスのフィリップ・バルバラン枢機卿で、小児性愛を隠蔽したかどで先週有罪判決を受けた人物だ。

    https://cruxnow.com/vatican/2019/03/08/catholic-church-cardinals-implicated-in-sex-abuse-cover-ups/





    13血流の代表がこの状況について語った内容はこちら:





    「ペル枢機卿は、私たちの教団内で悪魔主義的な慣習【※つまり悪魔崇拝儀式】が認められ、受け入れられていることを象徴していました。」





     他の枢機卿たちが排除されたのは、悪魔主義的な慣習を麻薬中毒患者の治療の如く“彼らに断たせる”プロセスの一環なのだ。「フランシスコ法王がクビになったのは、何故かというと……



     ……彼はイギリスの国家サイバー・セキュリティー・センターの注目を集め過ぎたからです。アルゼンチンでの過去があだとなって返ってきたのです。誰一人――外の世界では誰一人として――役職を占めることは許されません、もし妥協によって支配下に留め置くのが無理な人物だと判断されたのであれば。



     加えて2019年3月11日は日本の福島に対する大量殺人攻撃から8周年でもある。冒頭の取引が成立したのは、そうしなければ福島攻撃に対する報復措置を受けてもらう、と13血流が脅されていたせいでもある。



    地球の救済を巡る西洋と東洋の最終合意に至る前に、欧米側は自身の粛清を完了させておくべきだ。





    “反ユダヤ主義”のレッテル貼りは意味なし



     この点、欧米の悪の主要な源泉であるシオニズムに対して、攻撃が繰り返されているのは良い兆候である。



     「米国議会にシオニストの影響が及んでいること(選挙の票によってではありません――米国にはたった900万人のユダヤ系有権者しかいないのですから――ではなくて、賄賂や脅迫や嘘によってです)に関するイルハン・オマール下院議員の真実に満ちた言葉は、民主党を崩壊させかねない危機に陥らせました。



    ジャレッド・クシュナーとジョン・ボルトンがホワイトハウスから間もなく追放されるそうです。そしてトランプ大統領は、米国の経済・政府・社会に対するシオニストの影響に終止符を打つことになるような形で、9.11の真相を開示してみせるようです。

    https://phibetaiota.net/2019/03/robert-steele-with-javad-heirannia-is-zionism-in-the-usa-over-one-former-spy-counterintelligence-officer-says-yes/



    シオニズムは死んだ。下院が賛成407対反対23で偏見を非難する決議を成立させたが、これはイルハン・オマールへの叱責となるどころか、非難対象が偏見全般に拡張されたことで、オマールの発言は反ユダヤ主義だとの抗議は骨抜きにされるわ、ナンシー・ペローシはユダヤ系の首席秘書ダニー・ワイスをクビにするわで、奴らシオニストのロビー活動は無力化されたのだ。





    【※オマール議員の指摘を待つまでもなく、「米国の議員は大半がイスラエルに買収されている」という指摘は昔から存在していますが、あまりに図星なので「反ユダヤ主義(=ユダヤ人イジメ)だ!」と皆さんが毎回激怒するようです。宗主国イスラエルへのアピールも兼ねているのでしょうか、非難決議の茶番劇へと発展しました。】









    ジャイアンなイスラエルの終焉



    今やシリアはイスラエルに対して公式に、ゴラン高原から撤退するか、さもなくば戦争を覚悟せよ、と警告するようになった。

    https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Syria-vows-to-attack-Israel-unless-it-withdraws-from-the-Golan-Heights-582858



    シリアがこのような動きに出たのは、イスラエルに国際法を順守させようとするトルコやロシアやイランの後押しがあるからで、一方の米軍はというと、イスラエルのために戦うつもりはないとの立場を明確にしている。



     イスラエルの核兵器――その“サムソン・オプション”という核戦略――は無力化されたことを裏付けてきた。だからこそ、あのロクデナシ国家に今までのような救世主的かつ反社会的な振る舞いを止めるよう強いることが可能となったのだ。



     古代神殿の再建を許されるようになるためには、神は自分たちに1億人以上の人間を殺害することを望んでいると未だに思っているのだとしたら、彼らイスラエル勢は明らかに神を理解していない。







    米国内の粛清



     一方、米国内部では民主主義と法の支配を取り戻すべく、鍵となる人物を狙った暗殺が加速度的に進められていっている。



     「ビル【※ウィリアムの愛称】・バー司法長官が、FISA【文書】の機密解除や大量逮捕の前にジョン・ヒューバーと会ったことからも、鉄槌は打ち落とされる直前だ」。ここにきてヒューバーが、ヒラリー・クリントンだのオバマだのといった連中に対してウラニアム・ワンなどの捜査が動かざるを得なくなった件のことだ。

    https://www.thegatewaypundit.com/2019/03/special-prosecutor-john-huber-meets-with-attorney-general-bill-barr/





    製薬業界も攻撃に曝されている。例えばイーライリリー社がジェネリックのインシュリンを半額で販売開始するよう強いられたし、FDA【=米食品医薬品局】長官で巨大製薬会社の宣伝係スコット・ゴッドリーブが各州にワクチン免除規定を撤廃させようとしてクビになった。





    ワクチン摂取を義務付けにしようという上記の動きは、有毒ワクチンを使って人口の多くを殺害して大混乱を生み出し、法の裁きを逃れようとしたハザールマフィアの最後の悪足掻きだった。





     またハザールマフィアは、ワシントンD.C.に本拠地を置く、彼ら所有のアメリカ合衆国株式会社が破産するのを避けようと必死に試みる中、アフリカの資源に対する支配を掌握しようと大掛かりで密かな戦争を仕掛けている。



    アフリカはロシアのほぼ二倍近い大きさで、カナダよりも大きく、中国と米国を合わせたよりも巨大だ。アフリカ勢が自分たちの国の資源に対する支配を取り戻すなぞ、ハザールマフィアが最も望んでいない事態なのだ。



    この極秘戦争が最も目に見える形で最近現れたのは、日曜日に発生したエチオピア航空のボーイング737の墜落である。この機体は遠隔操作でハイジャックされて国連職員19名を含む乗客乗員全員が殺されたらしく、アフリカの貧困と環境破壊を終わらせるための国連会議を邪魔する試みの一環だった。

    https://10times.com/united-nations-environment-assembly

    https://sustainabledevelopment.un.org/post2015/transformingourworld



    だがしかし、この航空機の遠隔操作による乗っ取りは、ハザール側の非常に愚かな悪手となってしまったようで、おまけにボーイング社の破産に繋がりそうな気配だ。というのも、ハザールマフィアがボーイングの機体を遠隔操作で墜落させたのはこの4箇月で二度目なのだ。



    中国の全ての航空会社もエチオピア航空(アフリカ最大の航空会社)もケイマン諸島を代表するケイマン航空も、全てのボーイング737の運航を停止した。ボーイング社を支配する連中から遠隔操作の乗っ取り犯が排除されるまで、この動きに他の航空会社や国々も倣うであろうことは必至だ。

    https://www.theguardian.com/world/2019/mar/11/ethiopia-airline-crash-china-grounds-boeing-737-max-8-jets-in-wake-of-disaster





    【※昨年10月29日インドネシア沖で189名の命が失われたライオン・エア610便墜落と酷似している、という声が大手メディアでも続々上がり、ボーイング社が売り出していた最新モデル737MAX8の評判は現在ガタ落ち。

    ちなみに3月10日のエチオピアでは、157名が死亡しました。カバールから見て私たちはゴイムだか虫ケラだかに過ぎないのかもしれませんが、それでも好き勝手殺して良い訣ないでしょうに(怒)。】





    トランプ政権から軍当局者が全員去ってしまった後、ボーイング社の重役パトリック・シャナハンが米国の国防長官代行となったのは、偶然でも何でもない。最早、米軍はワシントンD.C.を本拠地とする破産済みの株式会社政府になど従っていないのだから、シャナハンが米軍に対して実質的に有している力はゼロだ。





    「多くのトカゲ家系はボーイング社の株を持っており、ボーイング社はロッキード・マーシアン[原文ママ]とも提携している」







    【※「Xファイル」というのはかつての人気ドラマのことではなく、レプティリアンを含む宇宙人やUFOといった現代科学の枠外に関わっている人物、という意味だと思います。

    「ロッキード・マーシアン」は、「ロッキード・マーティン」という社名と、「マーシアン(火星人)」の掛け言葉で、意図的に間違えたということ。】









    3人のダイヤモンド億万長者



     何にせよ、アフリカを巡る秘密の戦いは他の局面、とくに鉱物資源の支配を巡って続いている。この戦争が起こっていることを窺わせるものは、最近の様々なニュースのヘッドラインから見てとることが可能だ。中でも最も奇妙だったのは、ダイヤモンドで富を築いた億万長者エフド・ラニアドが「陰茎増大手術の最中に」死亡したとかいう話だ。

    https://www.dailymail.co.uk/news/article-6777961/Billionaire-diamond-trader-65-dies-penis-enlargement-surgery.html





     実際には彼はパリのシャンゼリゼ通りにある、特殊な民間クリニックに連れて行かれたのだ。そのクリニックが営業を終えてから何時間も後の、夜遅くに。



     「彼は、ベニー・スタインメッツと直接の競合関係にあった。そしてスタインメッツという人物はほんの数箇月前までは、ベルギーやアフリカを含む幾つもの政府から、長年アンゴラやシエラレオネ産の密輸されたダイヤモンド原石や研摩石を違法に購入したり販売して、何十億ドルの税金を滞納した容疑で追われる身だったのだ。



     このダイヤ商二人は、世界のダイヤ取引の最大手に挙げられる内の二名で、最上層部から標的にされたのだ。一方は排除され、もう一方はこの業界の王として祀り上げられる地位に再び戻された。彼ら大物二人の盛衰のタイミングが如何に近接していることか。





    何箇月もの極秘交渉の末、鉱山の億万長者はギニア政府との深刻な言い争いを終わらせる」



    https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-02-25/steinmetz-stages-guinea-comeback-in-sarkozy-brokered-deal



    この記事を読めば、スタインメッツがジョージ・ソロス(の切れ端)やトニー・ブレアやニコラス・サルコジといったシオニスト・ハザールマフィア界の御歴々によって助けられていたのが分かる。

    https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-03-10/china-asks-local-airlines-to-ground-boeing-737-max-caijing-says



    インドのダイヤ王ニラヴ・モディが、本国への身柄引き渡しを要請されることになったというニュースも、この件に関係している。モディはインドの複数の銀行から20億ドル以上を奪って行方をくらましたとされている。



     司法の長い長い腕から逃れることは不可能だと世界に示すため、彼は連行され、法体制が盤石であることの“広告塔”にさせられる、と私は聞かされている。



     忘れないで欲しいのは、彼が内輪の“生え抜き”の一人ではないと言う点だ――間違った血筋の出なのであって、それ故にハザール・シオニスト連中によるこの『ゲーム・オブ・スローンズ』【※血で血を洗う熾烈な権力争いごっこ】においては、ただの使い捨ての駒に過ぎないのだ。

    https://zeenews.india.com/india/uk-certifies-indias-extradition-request-day-after-nirav-modi-tracked-down-to-swanky-london-apartment-2186288.html



    現在進行しているアフリカの資源強奪に関係した更なる展開は、コイ・サン族の人々からの偽の王族が土地と資源を盗もうと試みていることを警告する内容だ。







    南米でも悪足掻き



    ハザールマフィアは、南米でも同様の資源強奪を試みている。そちらでの最新の動きとしては、ベネズエラの電力供給網を破壊しようとサイバー兵器とエネルギー兵器をハザールマフィア側が使用した。





    【※グリ水力発電所や150もの変電所にサイバー攻撃を仕掛けられ、電磁波攻撃も受けたせいでベネズエラ史上最大の停電となりましたが、お蔭で米国の強硬派やグアイドが馬脚を現してくれた上に、中国が復旧支援を申し出てくれました。】





     世界の残りの勢力は、米軍への資金援助を継続し、善意あふれる惑星防衛軍へと変貌させることに合意した。米軍は上に記したような犯罪者連中全員を投獄するなり殺すなりして、一網打尽にする。

  • 名無しさん2019/03/18

    ダンフォード米統合参謀本部議長、「南シナ海の脅威に対応する」と言明

      シルクロードの「借金の罠」は中国の地球的規模の野心が背景にあり←宮崎先生、情報ありがとうございます。いつか、日本の爆撃機が、南シナ海の自由航行作戦に参加できる日がきてほしいとおもっております。