国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<サウジ、バングラデシュへ200億ドルを投資

2019/03/16

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)3月16日(土曜日)
   通巻第6019号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 サウジ、パキスタンに続き、バングラデシュへ200億ドルを投資
  中国とのバランス回復が主目的。イスラム圏の安定目指す
****************************************

 バングラデシュの主力産業は繊維、縫製加工、中国資本の工場がおよそ500社、100万人のミシン女工を雇用している。バングラデシュは世界最貧国の一つだが、出稼ぎ労働者による送金で外貨収入の30%近くを占める。

 最大の援助国は日本である。しかしJICAの職員十名がダッカでテロリストに殺害されて以来、バングラへの派遣を尻込みする日本人若者が増え、次々と投資を拡大する中国とは対比的である。

 バングラデシュからサウジアラビアへの出稼ぎは2017年ピーク時に280万人。ついでインド、フィリピンと続いたが、原油代金下落によるサウジの不況入りによって陸続と出稼ぎ組は帰国しはじめた。とくにフィリピンでは出稼ぎ組の帰国をドゥテルテ大統領自らが空港に出向き慰労した。

 2016年10月、習近平はBRICS会議の帰路、バングラデシュを公式訪問し、1320メガワットの発電所建設に16億ドルなど、合計260億ドルのプロジェクトをぶち挙げて大歓迎された。そのなかにはチッタゴン港の近代化も含まれていたが、後者のプロジェクトはバングラデシュ政府が断ったという。

 直前にインドはバングラデシュに対して20億ドルの信用供与を約束していたが、中国はいきなりインドの十倍以上の金額を提示し、ハシナ政権の度肝を抜いた。しかし例によってプロジェクトは遅々として進まず、大半は具体化せず、中国の誠意のなさに苛立って、サウジアラビアと水面下の交渉を続けてきたのだ。

 カショギ事件のほとぼりも冷め、ハシナ首相は二月にリヤドを訪問し、サルマン国王と会見した。
100メガワットの太陽光発電への投資、チッタゴン近郊の工業特区建設とバイオ薬品の共同開発プロジェクトなどおよそ200億ドルの投資が決まった。

 地政学的にはチッタゴンが最重要であり、インド洋を扼し、ベンガル湾航路の死活を制することが出来る。中国海軍にとってはマラッカからミャンマーの西海岸に港を建設し(チャウッピューが最有力候補)、ついでチッタゴン、スリランカのハンバントタはすでに海軍基地化が進み、モルディブからパキスタンのグアイダール、その先がてジブチに造成した中国軍初の海外基地へと繋げる。


▲バングラの頭痛のタネはロヒンギャ避難民だ

 ミャンマーから逃げてバングラデシュに入ったロヒンギャはおよそ90万人、スーチー政権は国際的な非難に晒され、窮地に陥った。孤立したミャンマーの政治空白に入り込んだのは中国だった。

 ところでロヒンギャ難民をかかえるバングラデシュは、国連や支援団体を通じて、いまのところ53万人を難民キャンプに収容している。不衛生で下水設備などあるはずがなく伝染病で死亡する犠牲が絶えず、急ごしらえの墓所もあちこちに出来た。

 この事態に対処するためバングラデシュ政府は、新しいキャンプ兼職業訓練センターを建設し、雇用に活用する方針に切り替えた。そのためベンガル湾の無人島を開発し、ここに10万人の難民を収容して、工業団地とする。すでに造成工事は開始されている。

 ジュネーブの国連、人権ウォッチ委員会は14日に人権状況の年次報告を発表し、ロヒンギャ問題を引き続き深刻な問題としたが、同時に中国新彊ウィグル自治区における100万人の強制収容所を人権侵害の典型として報告した。
https://www.state.gov/j/drl/rls/hrrpt/humanrightsreport/index.htm#wrapper

国連ジュネーブのキュリエ米大使は、イスラム諸国に対して「同胞が虐待されている現実を前に、なぜ中国非難に立ち上がらないのか」とし、最近、エルドアン大統領が中国の遣り方を「人類の恥」と非難したが、このトルコの路線変更を高く評価した。

     ◎□△◎み□△◎□や△◎□△ざ△◎□△き△◎□△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 孔子の「心」は中国になく、日本にあった
  日本人は『論語』の「愛」を体現し、中国人は「儒教」に「権力」を求めた

   ♪
石平『なぜ論語は「善」なのに、儒教は「悪」なのか』(PHP新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 渋沢栄一は「右手に算盤、左手に『論語』」と言った。
 二宮尊徳は「経済のない道徳は戯事だが、道徳なき経済は犯罪だ」と書き残した。
 出光佐三は「道徳には美がある、モラルには美がない」との箴言を残した。
 意味するところはモラルはルールでしかなく、道徳は不文律の人間のみちである、ということだろう。
 儒教はたしかに道徳を説いたが、それはルールの強制であり、モラルの法化とも言える。
『論語』は心のあり方、人間の精神を説いた。つまり儒教と論語は基本のところが異なるのである。
 しかし学校でも家庭でも道徳を教えなくなったため現代日本人は道徳どころか、モラルさえなくした。典型例を挙げれるなら、地下鉄やバスの「優先席」である。身体障害者、妊婦、老人が優先する座席とは、本来なら一般席であっても、尋常な人間なら席を譲った。いまはルールを設け、優先席を人工的に作ったが、すると若者は一般席では老人に席を譲らない。いやいや、そればかりか優先席にふんぞりかえる若者は老人が前に立っていても平然としている。
 日本人に道徳がいまも生きているとは思えない。情けない世情である。

 さて本書の著者、石平氏の大活躍については、いまさら記述する必要はないだろう。次々とアイディアが沸き出ずるように、旺盛な創作意欲の噴出がある。それも新作毎に新しい分野への挑戦があり、おろそかにして読み飛ばすことが出来ない。論壇で重要な位置をしめるようになったことは慶賀に堪えない。
 石平氏は「聖徳太子は仏教を取り入れたが、同時に輸入された儒教は日本で定着しなかった」と『なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか』で述べ、また前作(『中国人の「善」と「悪」はなぜ逆さまなのか』)では、中国人の精神の基軸になるのは一族(宗族)イズムであると説かれた。
 
 本書の急所は、「儒教」と『論語』は別々の存在であり、孔子の心を体現したのは日本であって、中国では儒教は、残酷な「礼教」に化け、人々を暴力的に支配し、また儒教に「権力」を求めた。この箇所が中国人の認識する儒教の本質である。
 文革の煽りで石さんの両親は田舎へ下放され、幼年時代の石少年は四川省の田舎、祖父の下で育った。祖父は漢方医で、『論語』を徹底的に石少年に教え込んだ。暗記するほどにそれを覚えたが、文革最中の或る夜、祖父が秘かに『論語』を燃やしていた。後難を怖れたからで、『論語』を持っているだけでもつるし上げの対象となったからだ。
 四川省から北京大学へ入学した頃、中国には自由の風が吹き始めていた。
 「哲学専攻の私たちは当然のように、孔子や儒教などよりも、ルソーやフランス革命の理想、そしてサルトルに心酔していた。儒教でいう『仁義礼智信』よりも、『自由平等人権』などの言葉がわれわれの心を捉えた」(20p)

 「『論語』には、人間性の抑制や人間の欲望の否定を唱える言葉など何一つなく、ましてや女性の『守節』や『殉節』を(礼教のように)奨励するような表現はどこにも見あたらない。そのかわりに、孔子が『論語』の中で盛んに語っているのは『愛』(仁)であり『恕』(思いやり」であり、親の気持ちを大事にする意味での『孝』なのである」(29p)。
 日本留学を思い立ち、神戸で生活し始める。
「日本にきてからわずかひと月で、私は『礼』に満ちている社会の中で生きる実感を得」た。日本では礼節、こころのぬくもりがあり、「故子供の頃に祖父から教わった「論語の言葉と同じような暖かさを(市井の人々が)持っていた」(35p)。
 すなわち「儒教とは結局、孔子が没してから三百数十年後に、孔子とはまったく関係のないところで作られた一種の政治的イデオロギーであり、権力の奉仕するための御用教学なのである」(142p)。
 だから儒教は論語とは無縁であり、「「論語」は大いに読まれるべきであるが、儒教とは単なる過去からの負の遺産であり、廃棄物として捨てておくべき」であると、ハッとするような指摘がある。
 中国および中国人の理解に大いに役に立つ。

       ○△□☆◎○△□☆◎○△□☆◎△□○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1872回】            
 ――「劣等な民族が自滅して行くのは是非もないこつたよ」東京高商(12)
東京高等商業學校東亞倶樂部『中華三千哩』(大阪屋號書店 大正9年)
 
   △
 この若者は「何ぞその臥薪嘗胆の悲痛なる」と綴り、「主として支那が直接關係する領土方面」における「國耻」に同情を寄せている。

 さらには「各種の方面に於て或は鐵道の敷設經營、鑛山の採掘事業の投資、かうした場合にも歐米人なら必ず利?折半で隱當だが日本人は大抵の場合四分六分だといふ、しかもいろんな有利な密約なんかを劍を以て強迫して定めると訴へられた時僕はむしろ彼らに同情したくなる」と、日本の強圧姿勢を前にして受け身になる中国側に同情を示す。
 
 若者が2つの同情を寄せてから12年が過ぎた昭和6(1931)年の春――数か月後には満州事変勃発する――、日本における英語学の祖とされる市川三喜は北平(北京)を旅し、「北平で新教育によって名高い孔徳学校を参観」した際の思いを次のように綴った。
 
 「日本に対しては国恥地図が小学四年の室にかけてある」のを見て、「阿片戦争やなんかはおかまい無しの、日本を目標としたものだ。よき支那人を作る為には、其自尊心養成に必要なら、国恥地図も是非無いとしても、そんなら各国からうけた恥を大小の順に並べるがいい。さしあたって突かかる目標なる日本に対しての反感を養うべく琉球までを、奪われた、此恨不倶戴天なんて焚きつける事は、教育をして人間を作る機関から切り離し、国家の道具製造場と化す苦々しい態度だと思う」のであった。
 
 若者が「國耻」に同情を寄せたのは大正8(1919)年。一方、壮者の市川が学校は「国家の道具製造場と化」し、「さしあたって突かかる目標なる日本に対しての反感を養うべく琉球までを、奪われた、此恨不倶戴天なんて焚きつける」と憤慨したのは昭和6(1931)年――同情から憤慨へ。一介の若者に対するに第一級の英語学者である。経験、識見、社会的影響力に大きな違いはあれ、同じような事象を捉えながらも、真反対の反応を示す。この間に過ぎた年月は僅かに12年に過ぎないものの、やはり12年の間に両国を取り巻く内外状況が激変したということだろう。
 
 だが、こうは考えられないだろうか。同情も憤慨も支那=中国に対する過度の思い入れに起因している。そうなって欲しくないから同情し、そうではないだろうと思うから憤慨する。どちらにしても心情的には根っ子は同じだ。
 
 ここで甚だ飛躍するが第2次世界大戦、ことに中国戦線において重要な役割を演じたアルバート・C・ウェデマイヤー将軍が綴った『第二次大戦に勝者なし  ウェデマイヤー回想録(上下)』(講談社学術文庫 1998年)の冒頭に掲げたアメリカ初代大統領のJ・ワシントンの「訣別の辞」を挙げておきたい。
 
 「国家政策を実施するにあたってもっとも大切なことは、ある特定の国々に対して永久的な根深い反感をいだき、他の国々に対しては熱烈な愛着を感ずるようなことが、あってはならないということである。(中略)他国に対して、常習的に好悪の感情をいだく国は、多少なりとも、すでにその相手国の奴隷となっているのである。これは、その国が他国に対していだく好悪の感情のとりこになることであって、この好悪の感情は、好悪二つのうち、そのいずれもが自国の義務と利益を見失わせるにじゅうぶんであり、(中略)好意をいだく国に対して同情を持つことによって、実際には、自国とその相手国との間には、なんらの共通利害が存在しないのに、あたかも存在するかのように考えがちになる。一方、他の国に対しては憎悪の感情を深め、そこにはじゅうぶんな動機も正当性もないのに、自国をかりたて、常日ごろから敬意をいだいている国との闘争にさそいこむことになる・・・(以下略)」。
 
 大正8年の同情から昭和6年の憤慨へ・・・「熱烈な愛着」から「根深い反感」へ。
《QED》
     □◇◎□◎●▽□◎○◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 READERS‘ OPINIONS  どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 貴誌通巻第6018号(読者の声2)で稲村正治氏が、「また、なぜ天皇を名乗ったのかは、云われているように中国の皇帝に対抗して名乗ったのではなく、本当に人間が神になるものと捉えていたからこそ、天皇と名乗ったのです」とお書きになられました。
気持ちは理解しますが、私は以下の宮崎市定氏の説が正鵠を射ていると思います。
1.「おおきみ」(大王または王)は尊称、つまり現代日本語での「殿下」、「陛下」に相当するものである。
2.「天皇」は称号である。
3.「天皇」は、元々は「天王」であったものが、「天皇」と書き改められた。根拠は、以下のとうりである。
(1)もともと「天皇」なら読み方が「てんこう」のはずである。
(2)三国時代と隋王朝の時代の間は、中国が小国に分れた南北朝時代であり、中原全体を支配した王がいなかった。
   そのため、諸王の内で最も有力な王を「天王」と呼んだ。「天王」はもともと仏教用語で仏教の守護者である王のことを言った。
   南北朝時代は仏教が有力であったためこの呼び名が流用されたのであろう。
(3)隋の時代になり、皇帝という呼び名が復活し、皇の方が王より格が上なので、日本では「天王」を「天皇」と書き方を改めたが、読み方は変えなかった。

 この説を宮崎先生は昭和40年頃に提唱されましたが、一般には認められませんでした。
この説を傍証するものとして、大宝律令で、「すめらみこと」を内政では「天皇」、宮中祭祀では「天子」、外交では「皇帝」と呼ぶと規定しました。
 日清戦争開戦の詔勅でも日露戦争開戦の詔勅でも「大日本帝國皇帝」の名で渙発されています。三つの呼び方を天皇で統一したのは昭和になってからです。
  (當田晋也)



   ♪
(読者の声2 貴誌前号にあった投資家のジム・ロジャースが「日本経済はもはや望みがなく、衰退、自滅に向かう」などと悲観的見解をのべているそうです。
じつに、いやな意見ですが、今年秋に予定されている消費税増税はどう考えてもおかしいと思います。
 『クライテリオン』でも反対の論陣を張っているようです。
https://the-criterion.jp/backnumber/s01_201812/
 世界経済の悪化も懸念されている今、安倍首相、本気でやるのでしょうか?
   (HT生、大田区〜



  ♪
(読者の声3)次回の「千田会」は黄文雄先生講演『韓国レーダー照射事件でわかった、日本を見くびる韓国の愚かさ』。
12月20日に発生した、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射事件。常識的な抗議を行った日本に対し韓国側は筋が通らぬ弁明を繰り返しているが、何故この様な事態が起きてしまったのか。日本を見くびる韓国の愚かさについて、評論家の黄文雄先生が多角的な視点から冷静に語ります。

とき   3月23日(土) 18時30分〜20時30分(開場:18時10分)
ところ  文京シビック5階会議室C(文京シビックセンター内)
       東京都文京区春日1-16-21  03-3812-7111
講師    黄文雄先生
演題    『韓国レーダー照射事件でわかった、日本を見くびる韓国の愚かさ』
参加費   事前申込:1500円(当日2000円、学生:500円、高校生以下無料)
懇親会   21時〜23時頃 参加費:事前申込3500円、当日申込4000円
申込先   22日21時迄にメール又はFAX(当日受付も可)(懇親会は21日21時迄)
      FAX 0866-92-3551 
E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp
主 催   千田会 https://www.facebook.com/masahiro.senda.50
 https://twitter.com/Masahiro_Senda
◇◎◎◇◎▽▽◇◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
大好評発売中
宮崎正弘 vs 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 辣腕ファンドマネージャーで米国在住の大竹氏と、激論、辛口批判。
 https://www.amazon.co.jp/dp/4198647984/
 ――EUが分裂するという予測は数々あれど、本書では「『ユーロ』は南北に別れる」という大胆な予測が展開される。
 ――中国軍のハッカー部隊が、内側から中国を破壊する畏れが強まった。
 本書、投資家の間で話題となっています!


  ♪♪
<<新刊予告>> 3月26日 発売
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「五百年の孤独」に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の「本能寺の変」解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 主殺し、謀反人という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 この謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」だ
 光秀の『文化防衛論』は切支丹伴天連との戦いだったのだ
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ★ まもなく予約募集を開始します(予価1620円)
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   ♪
宮崎正弘『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632
   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/

宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)  
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。