国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<米連邦議会に「大学からファーウェイ排除法案」上程。英国でも。

2019/03/15

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)3月15日(金曜日)
   通巻第6018号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 米連邦議会に「大学からファーウェイ排除法案」上程。英国でも。
  ファーウェイ、ZTE、カルペンスキー(ロシア)も追い出せ
****************************************

 ジム・バンクス下院議員(共和党)ら三名の連邦議会議員は3月12日、「大学擁護法案」を議会に上程した。これは米国のアカデミズムから、ハッキングによる情報盗取や、学者間の交流によるハニー・トラップ、人材引き抜き、中国からの招待旅行など甘い手口によって次世代技術の研究成果を盗まれないようにする目的がある。

 バンクス議員はファーウェイのみならず、ZTE、ロシアのカルペンスキーなどの米国の大学への浸透、ラボなど大学施設への購入や敷設禁止、個人の使用禁止などを織り込んだ。同議員は昨夏にも、大学への寄付行為監視などを強化する法案を上程し、26名の議員と共同提案をなした中心人物である。

 英国でも同様な動きがあり、「情報自由法」が議会に上程されている。これによれば、米国で既にスタンフォード大学、プリンストン大学がファーウェイ排除をきめているように、英国のロンドン王室大学、マンチェスター大学、グイーンメアリー大学、帝国大学などが、大学施設の設備などからも排除、学生のメールに関してもファーウェイなどとの接続に慎重な取り扱いをするなどの措置がとられている。

 ところで3月14日、米民主党のベト・オルーク元下院議が2020年大統領選への出馬を表明した。昨秋の中間選挙で「保守王国」と言われるテキサス州で、共和党現職のテッドクルーズを苦境に追い込んで、全米が注目した若手。民主党のホープとしてメディアの脚光を浴びた。
これで民主党の候補者は16名ほどとなり、ますます混戦の模様。次の注目は世論調査でつねにトップをつけているジョセフ・バイデン前副大統領の去就である。
     ◎□△◎み□△◎□や△◎□△ざ△◎□△き△◎□△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
アンディ・チャンのアメリカ通信
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
「有名大学卒」のレッテルだけでエリート社会に加入する 事 が保証されるのなら
レッテルのある者と無い者の格差が広がる社会となる。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

AC通信:No.731 Andy Chang (2019/03/14)
AC論説 No.731 米国の裏口入学スキャンダル

 3月11日、連邦検察官は一年前に始めた“Operation Varsity Blues”と名付けた調査の結果に基づき、50人に上る有名人や有名女優がカリフォルニア州New Port Beachにある入学斡旋会社に大金を払って子女が有名大学に裏口入学したことで起訴すると発表した。
このうち有名女優Felicity Huffmanは既に逮捕され、もう一人の女優Lori Loughlinと有名デザイナーの夫も逮捕されるとロスアンジェルスタイムスが報道した。
報道によると多くの有名人や有名女優が子女を有名大学に入学させるため払った金額は大体20万ドルぐらいで最高では650万ドルと言う。連邦検察官の調査で発覚した有名校は、アイビーリーグのイェール、スタンフォード、ジョージタウンなどの名前があがり、その他の有名大学ではカリフォルニア大、南カリフォルニア大、テキサス大、サンディエゴ大なども名前があがっている。

 斡旋会社の裏口入学の手口は簡単だが、手数料の支払いで支払った方と受け取った方の両方には脱税行為が含まれているので実情はかなり複雑である。子女の入学資格を偽造する方法は大学の入学テスト(Scholastic Aptutude Test, SAT)の成績を変更することや、入学テストの場所を買収された監督員のいる所に変更してテストの答えを教える、
SAT試験の答えを書き換えるなどの外に影武者がテストを受けたこともある。斡旋業者のWilliam Singerはこれを可能にするため、カリフォルニア州のWest Hollywoodとテキサス州のHoustonに居る監督員を買収したとされた。買収された監督員は既に逮捕された。

 もう一つの違法入学は子女のスポーツ成績を偽造して有名大学のスポーツ監督を買収してその大学のスポーツチーム、例えばサッカーやテニス、ボートレースなどのメンバーのリストに入れて入学許可を得ることである。この方法で南カリフォルニア大のスポーツ監督と助手の三人が大学当局から罷免された。イェール大学のスポーツ監督も収賄を認めたので免職になるのは確かとされている。
ロスアンジェルスタイムスの報道によると免職された監督や助手は総額25万ドルから130万ドルほどの賄賂を受け取ったとしている。
 裏口入学の手数料のも問題がある。
斡旋業者に手数料を支払うのではなく斡旋業者が作った¥違法の慈善事業に献金名義で金を入れ、払った親は税金申告でその金を慈善献金として収入から控除した。そして斡旋業者は慈善事業は課税免税だから申告しない、つまり支払い側と受け取り側の双方の脱税行為である。新聞の報道によると有名女優のFelicity Huffman は1万5千ドルをSinger が作ったKey Worldwide Foundationと言う慈善基金に入金して娘のSATテスト成績を1020から1420に改造し、南カリフォルニア大学に入学したと言う。

 一方、,斡旋業者のSingerは「恵まれない子女の教育を援助する」名義で設置したKey Worldwide Foundationと呼ぶ慈善基金に手数料を振り込めば収入ではないから申告もしない明らかな脱税行為で、既に罪を認めたので16年から20年の有罪判決を受けると言う。
 なぜ富豪の父母が大金を払ってまで子女を有名大学に入らせるのか考えてみたい。
有名大学の学歴はすなわち子供が社会のエリートグループに入る保証であると言われる。これは外国の若者がいろいろな違法手段でアメリカに留学することとは違う。
中国やインド、台湾、日本などでは成績を偽造してでアメリカに留学するケースがある。外国の若者が違法手段で米国に入国するのはアメリカに来ることで自由と民主の社会に来るチャンスを得ることだが、アメリカ人富豪の子女は金持ちの子女であるからすでに優渥な生活が保証されているはずで、大金を払って有名大学に裏口入学する必要もない。

 それでも親は子供たちのために「有名大学の学歴」のレッテルを買う。
つまり学歴さえあればエリート社会に入って将来を保証されることを期待しているが実際にそれだけの価値はあるのだろうか。もともと大学に入学して高等教育を受けることは高い知識を学んで立派な将来を確保することである。違法な手段で学歴レッテルを買っただけで将来が保証される社会なら大学で受ける学識は必要でなく、「有名大学卒」と言うレッテルだけで将来が保証されることになる。
 金さえあれば何でも買えるのが社会の実情なら、大学側が学生を教える必要もなく、学生が大学で学ぶことも無用と言うことになる。有名大学に入れたこととは人生の競争に勝った証明だから「有名大学卒」のレッテルだけでエリート社会に加入するのが保証されるのがまかり通る社会なら、レッテルのある者と無い者の格差が広がる社会となる。
おまけに裏口入学が増えれば本当に成績がよくて新知識を学びたい熱意のある若者が入学できなくなり大学も社会も堕落する。何でも金で買える社会、金で入学できる大学は早急に改善すべきである。
             (アンディ・チャン氏は在米評論家)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 READERS‘ OPINIONS  どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 投資家のジム・ロジャースが日本経済はもはや望みがなく、衰退、自滅に向かうなどと悲観的見解をのべているそうです。
腹立たしいけれども、入管法改悪、働き方改革などを見ていると、日本人が美徳としてきた「勤勉」がタブーとなり、働かなくても食べていける、汚い仕事は外国人に任せようなどとする風潮があります。
日本の未来は暗澹としていますから、この現実を見ているとロジャースの言うことは、或る意味正しいかも。
 元気を取り戻す日本にするにはどうしたら良いかと思案するこの頃です。
   (水戸の老人)


(宮崎正弘のコメント)嘗ての欧州病、いまの日本を蔽っている空気は「働かない」という、あのヨーロッパの気質に似てきたのです。
 しかし中国も深刻、こちらは働きたくても職がないという全体主義特有のビョウキ。
 鳴り物入りのEVですが、リコールが相次ぎ、消費者の評判は最低です。補助金やら奨励策で無理矢理購買させられているのが実情でしょう
 ちなみに2018年に261万台のEVが中国で生産され、そのうち中国製EVのリコールは135700台、テスラが8905台。ジャガーが3300台という、まるで目立たない中国初の報道があります。



   ♪
(読者の声2)私は、以前の投稿で、次のように述べておきました。
「じつは、人類の歴史上、その統一を見事に成し遂げた唯一の国が日本です。日本は、「カタカムナ」の昔から、対自的な本質の世界と、即自的な現象の世界との、世界の二重構造を自覚していました。つまり日本人は、即自ばかりでなく対自的な認識も、早くから持っていたということです。
だから、共存共栄の精神が育まれたのです。」
 ここで私は、日本の古代の書「カタカムナ」について言及しておりますが、この時はまだ直感レベルでしかなかったのですが、最近その直感・直観がまったく正しいものであったことを確認することができました。
それは、具体的には、「カタカムナ」で説かれている内容が、ヘーゲルの学問の構造とぴったりと一致したからです。これは凄いことです。ヘーゲルがこれを知ったら驚嘆したことであろうと思います。
 そして、これによって、なぜ日本だけが、神話が現実の国家と直接的に結びついて、しかも、それが21世紀の今日に至るまで連綿とつながる国家として存在しえたのはなぜか?という謎を解くことができるようになったのです。
さらに言えば、これまでの天皇という呼称が生まれた謎も正しく解けるようになると思います。
では、早速その「カタカムナ」の中の一節を見てみましょう。
 
カタカムナウタヒ第5首
「ヒフミヨイ
 マワリテメクル
 ムナヤコト
 アウノスヘシレ
 カタチサキ」

第6首
「ソラニモロケレ
 ユエヌオヲ
 ハエツヰネホン 
 カタカムナ」

第7首
「マカマタノ
 アマノミナカヌシ
 タカミムスヒ
 カムミムスヒ
 ミスマルノタマ」

 解説しましょう。
これをヘーゲルの学問論と比較して見ますと、次のようになります。
まず、第5首は有論・現象論に相当し、第6首は本質論、第7首は概念論に匹敵します。では何故そう云えるのか具体的に見ていきましょう。まず、第5首の内容は、「マワリテメクル ムナヤコト」すなわち万物は流転する「カタチサキ」の即自的な現象的世界を詠っています。
 次に第6首は、「ソラ」すなわち対自的な天上から捉えた、「ハエツヰネホン」すなわち物事の発生・発展・消滅の根本論理、つまり本質の世界である「カタカムナ」を詠っています。

 そして、極めつけは「タカミムスヒ」すなわち八百万の神々が住む「カタチサキ」の現象的世界と、「カムミムスヒ」すなわち八百万の神の大本となる神そのものの棲む「カタカムナ」の本質の世界、との統一によって、現象的世界にも本質的世界にも「ミスマ」って自由に行き来する魂となって躍動する、世界の「ミナカヌシ」すなわち絶対精神の概念論の世界を詠っているのです。
 これは驚くべきことです。日本人は太古の昔から、ヘーゲル的な学問的精神を持っていたということです。だから、日本人は、世界の中で唯一、高等な対自即自の、弁証法的な言語を創り上げ、対自即自の共存共栄の精神を創り上げ、対自即自の国家の歴史を創り上げてきたのです。これまで、何故それが可能となったのかについて、いろいろ環境要因など偶然的な要素で説明されてきましたが、何よりも決定的な必然性としての、この主体的な要因にこそが、本質的な要因であったと思います。

 ヘーゲルの学問は、人間が神になる道を説きましたが、古代の日本人も同じく人間が神になる道・方法を見出しておりました。
だから神話が現実の国家とつながるのです。
また、なぜ天皇を名乗ったのかは、云われているように中国の皇帝に対抗して名乗ったのではなく、本当に人間が神になるものと捉えていたからこそ、天皇と名乗ったのです。さらに言えば、日本の古代の言霊の意味も、この観点からしますと全く違ったものとなります。それは、人間が絶対精神になる道として行われていたということです。
そして、それは、現代においても有効な道なのですが、このことは、ヘーゲルの学問を否定してしまったマルクスによって汚染されてしまった、現代の多くの学者先生方には、到底理解の及ばない問題のようです。 
(稲村正治)

□◇◎◎◇◎▽▽◇◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
大好評発売中
宮崎正弘 vs 大竹慎一『米中壊滅』(李白社、発売=徳間書店。1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 辣腕ファンドマネージャーで米国在住の大竹氏と、激論、辛口批判。
 https://www.amazon.co.jp/dp/4198647984/
 ――EUが分裂するという予測は数々あれど、本書では「『ユーロ』は南北に別れる」という大胆な予測が展開される。
 ――中国軍のハッカー部隊が、内側から中国を破壊する畏れが強まった。
 この本、投資家の間で話題となっています!


  ♪♪
<<新刊予告>> 3月26日 発売
宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 五百年の孤独に耐えて、歴史の真実が明らかになった
 明智光秀評価の間違いを糺し、従来の本能寺の変の解釈を根底的にひっくり返す!
 これほど誤解された武将はいないが、原因は『光秀ごときが』という黒幕説だった
 信長への過大評価と光秀への過小評価が真実を隠蔽してきた
 主殺し、謀反人という逆宣伝で光秀を貶めたのは秀吉と誠仁親王だった
 当時の空気。人々は予兆していた。光秀がことを起こそうとしていることを
 この謎は愛宕神社、あの「愛宕百韻」の発句が「ときはいま天の下しる五月哉」だ
 光秀の『文化防衛論』は切支丹伴天連との戦いだったのだ
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ★ まもなく予約募集を開始します(予価1620円)
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   ♪
宮崎正弘『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632
   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++

●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/

宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)  
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。