国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<EU委員会、習近平、李克強の訪欧直前に「対中新政策」を提示

2019/03/14

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)3月14日(木曜日)弐
   通巻第6017号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 EU委員会、習近平、李克強の訪欧直前に「対中新政策」を提示
  初めて「中国はシステム上のライバル」と認定。対中強硬路線に転換
****************************************

 これまでEUは中国を「発展途上国」と位置づけてきた。
ファーウェイの進出と市場寡占状況にも、対抗措置をとらなかった。米中貿易戦争では、ビジネス拡大のチャンスと捉え、中国進出を抜け目なく加速させた欧州企業もあった。

 3月12日、EU委員会が発表した「EU・中国戦略的概観」は21日のEU議会で採択される予定だが、22日からの習近平イタリア、フランス訪問直前というタイミング、しかも4月9日にはEU委員会と中国との共同会議が開催され、ブラッセルに李克強首相もやってくる。

 もっとも効果的な政治的タイミングを選んで、外交通商政策の一大転換を謳うペーパーを準備したことになる。

 EU委員会ペーパーは「双務主義に立脚した関係を重視し、中国の外国企業に対する抑圧的政策を改めさせる」ことを第一に謳い、また「中国は発展途上国ではなく競合国であり、システム上のライバルである」と米国の強硬路線と同様な内容となった。
 
 米中貿易協議の過程で中国は米国の圧力により「外商投資情報報告」と言われる法体系の見直しに入った。具体的には米国が要求する『知財の強制移転』をやめさせる。中国での利益を送金できるようにするなどシステムの改善を強く求めていたもので、中国は渋々「法律に従って」という文言と「企業内に共産党労働組合を組織する」という条項をするりと挿入したうえで、知財強制移転や外国への利益還元の制度化を約束した。
いつものように口約束、その場しのぎの手段ではないかと批評が強い。

 中国外務省はEU委員会の提言発表直後の記者会見で、即座に反応し、「中国に対する正しい理解を。対立は回避すべきである」などと釈明に終始した。
 EU委員会においても親中ムードは色褪せたようだ。

     ◎□△◎み□△◎□や△◎□△ざ△◎□△き△◎□△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ここまで解明された縄文時代。実証主義による緻密さで追求
  日本の縄文研究の最前線を、世界史の関連で客観的事実を比較すると

  ♪
山田康弘『縄文時代の歴史』(講談社現代新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 本書での縄文土器の初見を16500年前としている。これが現段階の考古学会の定説のようである。
 日本の考古学の最前線。縄文の文化と文明がここまで解明されたことが、本書の緻密な報告と各々の遺跡の研究成果の集大成から分かる。縄文ブームは静かに、しかし広汎な読者の関心を惹きつけながら浸透しつつあるようだ
 本書はアカデミズムの立場を貫いて、あくまでも冷徹に、極端なほど客観的に縄文時代を論じている。読んでいて苛立つほどに恬淡なのである。古代の浪漫を漂わせるような、ロマンティックな表現は強く抑制され、あくまでも科学的に、実証主義的に、明らかになった事柄だけに絞りこんで、縄文時代を論ずるのだから、それはそれで宜しいとしよう。
 だが日本の考古学の病理と限界が同時に露呈された。
 病理とは科学的実証主義、あくまでも合理主義の視点で古代を裁断するために、当時の人々の心理、集団としての戦闘性、奥に潜む浪漫ティズムが軽視されがちになる。とくに呪術に関して、この非合理な儀式を縄文人が行っていたが、科学的合理主義では説き明かせないだろう。
つまりイマジネーションが枯渇している。だがそれがアカデミズムの鉄則なのだ。
 縄文期には黎明期、前期、全盛期、後期があるが、後期には農耕文明が取り入れられ弥生時代との明確な区切りがない。地域によっては同時並行的に縄文人が農耕を取り入れていたからだ。 
 縄文の土器とは鍋のことだ。火を使って料理をなし、植物から狩猟、漁業を通して、食糧を加工し、保存していた。狩りにつかった石斧や鏃、そのうえ発掘された土器、石器は、当時の縄文人の生きる知恵が結集されている。
 この点で重要な指摘を山田氏はしている。
 「北海道においては草創期の土器がほとんど見つからないことである。これほど発掘調査がおこなわれているにもかかわらず、草創期の土器が見つからない。しかも最古級の事例が見つからないということは、土器が北回りルートで伝播してきたことに対して否定的にならざるをえない。また、同様に朝鮮半島においても一万六千年をさかのぼる土器文化は見つかっていない。朝鮮半島域で最古の事例は済州島の高山里遺跡出土例でおよそ一万年前であり、中国南部からの西回りルートによる日本列島域への伝播を考えることは今のところ難しい。となると、縄文土器は日本列島域内で誕生した可能性がきわめて高くなる」ということなのである。
 このポイントが一等重要である。縄文土器は日本独自のものである、ということ。

 ▲縄文土器、定住生活、貝塚の発見

 もっと人類の淵源をたどり、縄文人は何時、いったい何処から来たのか。
 ホモ・サピエンスの誕生はアフリカ、20万年前とされる。その末裔が日本にも渡来したのは氷河期の終わりの時期であって、現在の間宮海峡も千島列島の南部も樺太とは陸続きだった。だから縄文遺跡の多くが北海道と東北に集中している。なにゆえにこれほどの遠距離を?と問えば、それはマンモスやシカを追ってきたからだ。
 また本州、四国、九州は陸続きで、海面は50ないし100メートルほど低かった。瀬戸内海は陸地だった。氷河期の終わり、地球の温暖化が併行して、人類の食物採取空間が拡大し、縄文時代の日本列島の人口はおよそ26万人と推定されるという。
 縄文人は小集団で暮らし、移動した。三内丸山遺跡にみられるように、大規模な竪穴式住居も建造する能力があった。
「1メートルにも及ぶ柱材を使用するような大型建物をつくる建築技術があり、クリ林の管理や漆工芸などをはじめとするきわめてすぐれた植物利用技術があり、各地の環状列石(ストーンサークル)や土偶などに見られるように複雑な精神文化があった」のである。
 当時、使用された黒曜石は、かなり遠くから運ばれた。翡翠、琥珀などが装飾品として使われているが、これらの産地も信州や富山などに限定されており、すでに縄文人は丸太船を超える造船と航海技術があった。
山田氏が言う。「当時の人々が強い海流を横断するほどの航海技術を有した」。
 ならば縄文人は「原日本人」なのか?
北回りから北海道へ入ってきたのは、シベリアのヨーロッパ系ではなくDNA分析の結果、むしろ東アジアの人々が北回りで渡来した可能性が強いとする。それが四万年から三万八千年前のことだった。石器時代以前のこととなる。
 そして土器、定住、貝塚という三つの縄文文化の要素が五千年ほどの時間をかけて、ゆっくりと日本に定着していった。

 ▲石器時代の暮らしが残る地球上最後の土地がある

 林房雄はアンデスの学術調査団に加えて貰い、ペルーなどのインカ、アステカ文明の遺跡発掘作業の一団に加わって、そのとき体現したのは、スペインに滅ぼされた古代文明の復活が、かれらの「国学」の蘇生につながると直感した(『緑の日本列島』、『神武天皇実在論』など)。
 評者(宮崎)はそこまで広汎な国際比較は出来ないが、現在の世界に秘境、なぞの邦、自給自足で、周囲の集落とは隔絶し、しかも呪術による社会が、つまり石器時代の未開社会が残る地域がある。ロックフェラー・ジュニアが行方不明となったパプア・ニューギニアである。ここが「世界でいちばん石器時代に近い国」である。

 その紀行は別の機会に譲るが、パプア・ニューギニアの奥地では黒呪術、仮面、妖怪(これらがラバウルから奇跡の生還を遂げた漫画家・水木しげるの世界だ)がいまも頑固なほどの風習として残り、お祭りでは仮面をつけ、鰐のような背中や、入れ墨をした現地人が踊り、それはまるで石器時代の再現のごとしである。
 祭祀が重視された。族長がでるのは自然の流れであろう。本書でも、山田氏は、この点を重視して次のように言う。
 「縄文人も様様なアクセサリーを身につけていた。たとえば頭飾りとして、漆塗りの櫛や骨角製の笄(こうがい)、耳飾りとして、石製のけつ状耳飾りや土製耳飾り、多種多様な素材による首飾り、鹿角製の腰飾り、トリの長管骨や猪の犬歯による足飾りなどである。(中略)ボディ・ペインティングなどの装身」も。「入れ墨、身体変工」。抜糸技術もあった。しかもこれらは個人的嗜好や趣味ではなく、その集団の習慣であり、強制力を伴ったのである。集団社会には秩序が必要であり、かつ指導者が出てくる。魔術師、呪術師も出てくる必然性がある。
 だから合理主義的な実証主義では、この縄文の精神文化の骨格を形成した呪術と祭祀の核心部分には迫れないのである。
 しかし縄文時代の文明的な謎解き、考古学の世界における解明作業の最前線が、ここまできていることが本書によって理解できた。
                     ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 読者の声 READERS‘ OPINIONS どくしゃのこえ 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)3月12日(火曜日)に放映された「フロント・ジャパン」(ホスト福島香織、ゲスト宮崎正弘)の「中国の経済統計、ここがおかしい」は下記のユーチューブでご覧頂けます。
https://www.youtube.com/watch?v=DpkmqpYWqoM
 なお、次回の宮崎正弘先生の登場は3月18日(月曜)2000からの同番組です。出演は鈴木邦子さん等。
   (日本文化チャンネル櫻)



  ♪
(読者の声2)3月13日付「PRESIDENT Online」で、前大阪市長・元大阪府知事橋下徹氏が、「『大阪クロス選挙の理由はこれだ』維新の必死さが他党にあるか」と題して、次のような論を述べている。
https://president.jp/articles/-/27998?page=2
 (引用始め)
「たとえ10段目の階段を上れるかどうか分からなくても、目の前の1段目を上ることに全力を尽くす。もしかすると、その後10段目をやはり上れずに結局ゴールにたどり着けないかもしれない。しかし、まずは目の前の1段目を上り、そして次に10段目に挑戦する。その繰り返しによってやっと1000段目にたどり着く。」
「道を拓くには行動しかない。目の前の階段を上り続けるしかない。」
「大阪維新の会は公約を実現するために、とにかく必死に階段を上ってきた。その姿勢が有権者に強く支持されているということを野党は理解できないのか。」
(引用終り)

これを読んでも、橋下氏の主張は、衆愚政治家によるものの典型であるように私には思える。橋下氏は何が言いたいのだろうか。
政治、政策とは、「理」に基づいた判断を基底においた長期的目標を着実に実現していくものだと私は考える。「政治とは情熱と判断力の二つを駆使しながら堅い板に力をこめて少しずつ穴をあけていく作業である」(ウェーバー『職業としての政治』)はずである。
橋下氏が言う「必死の姿勢」とは、ウェーバーが以上の定義に続いて「この世の中で不可能事を目指して粘り強くアタックしないようでは、およそ可能なことの達成も覚束ない」と述べているのと一見して相似しているようにも見えるが、私には、まったく相反しているように思える。
橋下氏の言には「修練によって生の現実を直視する目をもつこと、生の現実に耐え、これに内的に打ち勝つ能力をもつこと」というウェーバーが言う「何としても欠かせない条件」が認められない。
私には、橋下氏が「結果に対するこの責任(自分の負っている責任)を痛切に感じ、責任倫理に従って行動する成熟した人間」(ウェーバー)だとはとうてい思えない。
彼は「長期的な判断はともかくとして、必死の選挙活動によって、目先の選挙に勝つ、そうすれば次の道は開けていく」と言っているだけだとしか私には思えない。
そもそも責任政治家に求められるべきは、「必死の姿勢」などではなく、「冷静で着実な判断」ではないのか。
   (CAM)
□◇◎◎◇◎▽▽◇◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)終末の土・日(3月16日―17日)小誌は休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
宮崎正弘『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632
   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++

●大増刷出来!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/

宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)  
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。