国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 「MADE IN CHINA 2025」が消えた

2019/03/08

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)3月8日(金曜日)
  通巻第6011号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 全人代の経済討議から「MADE IN CHINA 2025」が消えた
  楼継偉(前財務部長)が爆弾発言。「あれは税金の無駄使いだ」
****************************************

 開催中の全人代、異様なことが連続している。
 GDP成長率の下方修正(景気失速を暗に認めたことになる)。
1100万人の失業対策(つまり大量失業の発生を当局が認めた)。
そして誰の口からも「中国製造2025」の標語が封印されたかのように消えた。おそらく上からの指示があって、喋るなということなのだ。

 5G、ロボット、宇宙、AI、EV、新素材など、十の産業分野で世界をリードする技術を中国が確立し、米国をいずれ凌駕するテクノロジー覇権の早期達成を目標とした政治スローガンだが、これに対抗した米国が、ペンス副大統領演説に象徴的にでてきたように、中国に次世代技術覇権を、絶対に渡さないという決意だった。
 その一環としてファーウェイ排斥という戦略的判断が下されたのだった。

 内部情報に拠れば習近平主席への批判が公然と起きているらしい。福島香織氏の分析に拠れば「小学生の喧嘩レベル」で罵り合いが全人代の舞台裏で展開されているという。

 おりから全人代分科会で楼継偉(前財務相)が、「中国製造2025に1000億元も投資するなど、税金の無駄使いだ」と爆弾発言をしていた(サウスチャイナモーニング・ポスト、3月8日電子版)。

 もっともブルームバーグは昨師走(12月16日付け)で、「中国製造2025」などは「張り子の虎」と断定した報道をしていた。波瀾万丈の全人代、15日まで開催される予定だ。
     ◎□△◎み□△◎□や△◎□△ざ△◎□△き△◎□△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 日本はハイコンテクスト・ソサイエティ、和とハーモニーはまったく意味が違う
  三島由紀夫がピストル自殺だったら、日本人を震撼させただろうか?

   ♪
ヘンリー・S・ストークス著 藤田裕行 翻訳・構成
『英国人記者だからわかった日本が世界から尊敬されている本当の理由』(SB新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 もはやスコット・ストークス氏について、その履歴を語る必要はないだろう。英紙フィナンシャル・タイムズ東京支局長として赴任したのが1964年、26歳の時だった。日本は東京五輪に湧いていた。
 ついでロンドン・タイムズの東京支局長に移り、はじめて三島由紀夫にインタビューを申し込んだ。半世紀以上にわたって日本に住み、日本を見つめ、そして日本を愛してきた、稀有のジャーナリスト。もちろん外国人特派員協会で一番の古株である。
 最初の頃は英国で受けた歴史教育などで「日本人は野蛮人」という固定観念の下で日本を見ていたという。
 但し、氏はクエーカー教徒であり、普遍的なキリスト圏の考え方とは少年時代から異なっていた。日本で取材を続けるうちに、西洋人が認識している日本理解がまったく皮相であり、間違いであることに気がつくのだった。
ちなみに評者(宮崎)がストークス氏と知り合ったのは三島事件直後に彼が取材にこられた時だから1971年である。以後、外国人特派員協会で共同の講演をしたこともあれば、氏に憂国忌での追悼挨拶をして貰ったことも再三再四。英語の三島評伝を最初に著したのもストークス氏だった。

 さて、本書のなかでストークス氏は重要なことをさりげなく書いている。
 日本人の和と英語圏のハーモニーはまったく意味が違う、モラルと道徳も異なる。
 「道徳には美があるが、モラルに美はない」というのは出光佐三の指摘だったが、まさにその通りだ。
また「自然」とネイチャーと訳したのも間違いだ。西洋人は自然を敵視し、神が作られたという認識である。日本人のように自然と共生するという融和な、柔軟な発想がキリスト教社会ではなかった。
 またどの著作でも氏はかならず三島を語るのだが、この本では武士道を極めたことが特別に重要として力説したあと、もし三島由紀夫がピストル自殺だったら、日本人をあれほど震撼させただろうか? とジャーナリスティックは問題提議も忘れない。

 通読して、「おや?」と思ったのは、ストークス氏はいつの間にか縄文時代に遡及し、日本文明が世界最古のものと主張し始めた。これこそは本書が持つ一等重要な箇所ではないかと思った。
 曰く。
「三内丸山遺跡が知られているが、おなじく青森県の太平山元遺跡で発見された土器は、放射性炭素年代測定法によると、約16500年前のもの」(中略)「2013年に、イギリスと日本の共同研究チームは、北海道や福井県で土器を発掘したが、これは約11000から5000年まえのもので、世界最古の加熱調理の痕跡も発見された。」
 つまり「太古の文明が(日本に)存在したことを示す証拠が、縄文以前の層から発見されている」。
 よくぞ言ってくれました。日本の縄文遺跡からは武器が見つからない。「一万年以上もの長い間、平和が続いた文明が存在することは、世界を見渡せば、想像を絶するほど珍しいことである」。
 世界歴史標準から言えば旧石器以前の時代、日本の縄文遺跡の層の前に、すでに石製の狩猟用機器が見つかっている。ようやく左翼歴史家とアメリカの学者らが隠蔽してきた歴史の真実が明らかになりつつある。
 だが、そのことを知っている日本人はいったい何人いるのかと、ストークスは辛口に締めくくっている。
       ○△□☆◎○△□☆◎○△□☆◎△□○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
ビジネス社からのお知らせ
@@@@@@@@@@@
 小社から上梓されている宮崎正弘先生の著作群のうち、下記の作品はキンドル版でもお読みになれます。
 『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収合併する日』
https://www.amazon.co.jp//dp/4828418113/ref=tmm_pap_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=
 『日本が全体主義に陥る日』
https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B075WT2NFK
 『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(渡邊哲也氏との共著)
 『世界戦争を仕掛ける市場の正体』(馬淵睦夫大使との共著)
 『暴走する中国が世界を終わらせる』(福島香織氏との共著)

☆☆ 三月下旬刊行予定の宮崎正弘新刊は
 『余命半年 中国・韓国経済――臨終へのカウントダウン』(仮題)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   (近く予約募集を開始します)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 READERS‘ OPINIONS どくしゃのこえ 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) ネットでペンス副大統領のブレーンで対中強硬派の論客がまたもや変節し、中国寄りになったと騒いでいる向きがあるようですが、ペンスはエバンジュリカルをバックに、トランプよりはっきりとナショナリストです。ネットに出ている情報は胡散臭いと思われます。
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)マイケル・ピルスベリーのことですね。ハドソン研究所の。
しかし彼は共和党保守陣営では信用されていない論客。なにしろ五十年も中国に騙されたパンダ・ハガーの代表選手ですから、急にペンスに寄ってきても、ペンスが信用しないでしょう。
清水幾太郎が突然、保守に駆け寄って『核の選択』を書いたとき、福田恒存が「デトチリ」と嗤ったように。



  ♪
(読者の声2)今晩(3月8日)の番組「フロント・ジャパン」は「パプア・ニューギニアで何が起きているか」としてラバウルから帰国したばかりの宮崎正弘先生の登場です。ホストはSAYAさん。
 日本文化チャンネルの他、ユーチューブでご覧になれます。
    (チャンネル櫻)



  ♪
(読者の声3)今月号の『正論』(4月号)で、宮崎さんの「明智光秀、本能寺の変は義挙だった」を拝読しました。
目から鱗が一枚、二枚、三枚、四枚と驚きの連続。
 わたしはガラシア姫で有名な長岡京に住んでおりますので、明智一族の悲劇については歴史小説などで知っているつもりでした。ガラシア姫は明智光秀の娘、細川藤孝の息子に嫁ぎました。その嫁入り城が長岡京にある竜勝寺城でした。
http://www.city.nagaokakyo.lg.jp/0000001138.html
 来年の大河ドラマ、この城でもロケが行われると聞いております。
 わたしたちはすっかり明治維新以後の歴史の洗脳にならされ、さらに近代主義とニヒリズムに酔って、信長への過大評価、反対に明智への過小評価に馴れてきたのですね。
 仏教徒数万を虐殺した信長に合理主義をみるのはニヒリズムそのものと井尻千男先生も、言っておられました。
 とくに本能寺の変にはバックに密謀を図った人物、勢力があったとする黒幕説は、明智への過小評価が原因にあるとの指摘、そういえばそうなの、と首肯せざるを得ませんでした。
 足利義昭説も近衛前久説も、毛利説もイエズス会説もまったく成り立たないこと、明智がたぐいまれな鉄砲隊率いる戦さ上手だったこと、歴史小説にはほとんど書かれていませんものね。
 また宮崎論文における、「ときはいま、天の下知る五月かな」の本当の読み方、なるほど、そうだったのですね。原典は『古事記』にあること、重要なご指摘でした。
 当時の空気、皆が信長の排除を望んでいたという時代的雰囲気が、なんと光秀の発句となって「愛宕百韻」に籠められていたこと。こんな衝撃的な歴史評論、じつに久々の快挙と思いました。
真相をめぐって論壇で、大いに議論が高まることを祈っております。
   (KO子、長岡京市)


(宮崎正弘のコメント)『正論』に寄稿した拙論、じわり反応があるようですが、僅か22枚の短文ですので、これに330枚書き足し、とくに愛宕百韻の解釈と、イエズス会が敵視し、警戒した光秀。つまり切支丹伴天連が、信長軍団のなかにあってただ一人、イエズス会の日本侵略の野望を見抜いていたことなど詳細を書き込みました。歴史学界に挑戦する意気込みで綴りました。
 3月28日頃に、徳間書店から『明智光秀 五百年の孤独』として上梓されますのでご期待下さい。



  ♪
(読者の声4)宮崎さんのブログが読めないと、毎日本当に寂しいです。ところで、米韓両国が毎年春に行っていた大規模合同軍事演習を廃止しました。
産経の社説などは「北朝鮮を喜ばせるだけの愚策だ」と、口を極めて非難しています。それはそうかも知れませんが、トランプ米大統領は「巨額の資金がかかるため、ずっと以前から決めていた」と述べています。
要するに多額の費用をかけてまで韓国を守る意味はないと言っている訳です。米韓同盟はもう崩壊過程に入りました。ならば在韓米軍撤退もそれほど先のことではないのでしょうか?
宮崎さんのご見解はいかがですか?
(加藤清隆)


(宮崎正弘のコメント)同盟関係が(日米安保条約の)改定以後もすでに59年も続いていること自体、これまでの歴史になかったことで、いずれ歴史的長期展望に立てば、解消に向かうでしょう。
日英同盟も、独ソ秘密条約も、基本的に「同盟関係」とは持ちつもたれつであり、基本は国益を優先させる打算なのですから。
 日米同盟が半永久的に続くというメンタリティは保守政治家特有の思考方向ですが、もしそういう敗北主義的な発想があるとすれば、本物の保守とは言い難いでしょう。
 拙著『日本が在日米軍を買収し、第七艦隊を吸収合併する日』が。本気で読まれる日が近いかも知れません。
 そうはいうものの、現時点でのリアルから言えば、日米安保はアメリカのほうにも多きなメリットがあるわけで、シリア撤退、アフガニスタン撤退予定と日米同盟は、基本戦略が異なります。
 韓国に関してはカーター時代から撤退が議論されてきたわけで、べつにトランプでなくても、米国はいずれ、この身勝手な国に見切りをつけるでしょう。



  ♪
(読者の声5)「チベット蹶起 60周年記念講演会」のお知らせです。60年前の3月10日、ダライラマ法王を連れ去ろうとしていた中国共産党に対してチベットの民衆が蹶起し、戦いました。
多くの犠牲がでて、弾圧が一層厳しくなった。
以後、亡命政権を支え続けたロディ・ギャル氏(ペマ・ギャルポ氏の兄)もその一人だった。昨年逝去したロディ・ギャル氏の人生を振り返り、また同時にチベットの現状についてチュイ・デンブン(理事)の講演が行われますので、多くの皆さんの参加を希望します。

とき   3月10日(日)午後六時半(六時開場)
ところ  TKPスター会議室四谷(JR、地下鉄「四谷」駅 徒歩二分)
http://www.kaigishitsu.jp/room_yotsuya.shtml
講演   ペマ・ギャルポ
     チュイ・デンブン(弊会理事)
参加費  1000円
主催   アジア自由民主連帯協議会
連絡先  (080)3485−7189
      □◇◎△ど◇○◎◇く□○△□しゃ◇□◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大増刷出来! 
  △
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「次に何がおきるか」。新進気鋭のエコノミスト渡邊哲也氏と白熱の討論!
 ファーウェイ・ショックはむしろ日本のチャンスだ!
 次世代通信技術のコア「5G」で世界は米中に分解、二極化する
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/


  ♪♪
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――日銀、財務省を批判し消費税増税に異議を唱える論客・田村秀男氏との徹底討論。
――見えてきた危機の深層を明かす。 中国バブルはどのような結末を迎えるか?
 ――米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 ――日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/



宮崎正弘『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
――マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
 ――豪・NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ。英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流。ペンス副大統領の演説は「対中準宣戦布告」に等しい!
         △□◇◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)  
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。