国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <中国軍拡止まず。7・5%成長

2019/03/07

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)3月7日(木曜日)
  通巻第6010号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国軍拡止まず。7・5%成長、とりわけ海軍艦船と戦闘機、ミサイルに重点
  一方でGDP成長目標を6%台に下げた
****************************************

 中国の軍拡は対GDP比で7・5%の増強(前年比、インドは7・6%の増強と見積もる)と全人代で報告された。米ドル換算で1776億1000万ドル(サウスチャイナ・モーニングポストの米ドル換算では1759億8000万ドル)。

しかし、この中には新兵器の研究や開発予算などは含まれておらず、常識的にこの三倍と推定されている。中国軍のスポークスマンは「GDPの1・3%でしかなく、批判される筋合いはない」と弁明している。

 西側の軍事筋が注目しているのは自前の空母配備、ジブチに中国軍の海外基地もさることながら、海軍の艦艇増強と、ジェット戦闘機を最新鋭モデルと交替させ、およそ2000機増やしていることである。
とりわけ注目されるのが「殲20」で、これは米軍のF22に匹敵すると評価される。

 ちなみに米国の国防費は7500億ドル。日本は僅かに433・7億ドル(中国の国防費の四分の一以下)、ロシアは448・4億ドルである。日本の防衛予算の大半を占めるのは人件費。装備にはなにほどの予算も配分されない。
日本は依然としてGDPの1%以下で、西側平均のGDP2%目標に届かせるには、少なくとも10兆円の防衛予算が必要である。

しかし、中国は国防費増大の一方で、GDP成長目標を6%台としている。GDP成長よりも高い軍事費増強は、さらに経済を痛めつけることになるが、全人代の報告では、この方面への配慮は一言もない。
     ◎□△◎み□△◎□や△◎□△ざ△◎□△き△◎□△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆ 宮崎正弘のホームページ更新
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
楊海英『独裁の中国現代史』(文春新書) 辛口コラムに掲載致しました。
http://miyazaki.xii.jp/column/index66.html
         ○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム  1866−1868 三回分一挙掲載
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1866回】             
――「劣等な民族が自滅して行くのは是非もないこつたよ」東京高商(6)
 東京高等商業學校東亞倶樂部『中華三千哩』(大阪屋號書店 大正9年)

   △
上海の繁栄に接した若者は英国の振る舞いに目を転じた。
 「上海を開拓した時から英國の雄圖は實に驚くべきもので盛んに其の勢力の扶殖に從事した」。世界史から見ても「侵略的野心を持つて又成功したものは他にあるまい」といえる英国は、「支那に對してだつて」同じである。「最近長江貿易上に列國の勢力が入つて競爭が烈しくなるや英國は更に富源開拓の鐵道に投資し」、「長江を中心とする鐵道網の殆どすべてに英國の資本が入つてゐる」。「こんな具合で支那の鐵道と英國とは、最も緊密な關係になつてゐるが、英國の野心はいつも中々根深い」。

 次に漢口における英国の動きを追った。
「一萬噸もある倫敦直行だと云ふ、英船アルピオンスターが、豚の冷蔵肉や、罐詰や、粉鶏卵などをシコタマ詰込んで居る。聞けば和記洋行と云ふ英國の會社は、此處でも南京と同樣製造所を設け、盛んに支那内地の食料を徴發して居る。萬里の波濤を超えて、支那の肉類を、ドンドン倫敦人の食膳に上して居るなどは、如何にも英國式の大きな處を示している。此外にも英國船は隨分多い」。

このように英国の動きを概観した後、「百年の大觸を忘れて眼前の利害に迷ひ易い日本人の大に學ぶべき事ではあるまいか」と、日本の若者として自問する。はたして日本人は本当に「百年の大觸を忘れて眼前の利害に迷ひ易い」のだろうか。その後の日本の歴史を振り返るに、「眼前の利害に迷」うことなく「百年の大觸を忘れ」ずに一貫していたと胸を張れそうにない。悲しい哉、大構想が見られない。そこに大いに問題があるのではないか。

たとえば「美しい日本」を念じるならば、その美しい「日本を取り戻す」ことこそが「百年の大觸」というものだろう。にもかかわらず、「日本を取り戻す」ことも、ましてや「美しい日本」すらも、口にしなくなった。すでに「美しい日本」を取り戻した。あるいは取り戻しつつある、と言われたらそれまでだが。

 閑話休題。「百年の大觸を忘れて眼前の利害に迷」ってしまった一例として、大冶鉄山にある日本製鉄所で技師として働く西澤公雄の実を結ばなかった孤軍奮闘の姿を挙げる。

 「列強角逐の本舞臺たる、支那長江の沿岸にありて、しかも獨逸の先入勢力を驅逐し、英米の妨害を排除し、譎詐反覆常なく、讒謗中傷至らざるなき、支那人を相手に、終始一貫三十年、巍然として初志を變ぜず」して、ついに豊富な鉄鉱石を日本に向け送り出すことに成功し、「以て我鐵石炭問題の前途に光明を與へ」た西澤こそ、「支那及支那人に對して、我日本及日本人の採るべく進むべき道」を指し示すものだ。

 「我が遣外使臣が、常に國民の期待に背き、無能の譏を受くるもの多き中に、たとひ純粹の外交方面にはあらずとも」、西澤は「時に公使館以上の重要なる役目を演じ」てきた。日本の将来を考える西澤は官民双方にさらなる鉱山開発を進言したが、彼らが「躊躇して居る間に、時勢は容赦なく遷つて、列強の利權獲得の野心に、覺醒せしめられた支那國民は、盛んに利權の保護回収を叫んで、或は鐵鑛國有を主張し、或は外力援助の反對を唱えふるに至つたので」、遂に新たな鉱山の開発・領有は断念せざるを得なかったというのだ。

 確かに将来のことは判らない。だが「今にして思ふ、當時我當局に百年の大計を慮り、堂々たる製鐵所の損害の如きは顧慮せず、深く徹底的に、我鐵問題の解決に腐心努力する人物があつて、西澤氏と内外相呼應し努力する處あつたならば、國運の前途に更に一段の光明を認むることが出來たであらうと」。
 本当に日本人は「百年の大觸を忘れて眼前の利害に迷ひ易い」のだろうか。
《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 READERS‘ OPINIONS どくしゃのこえ 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) トランプの元顧問弁護士のコーエンがトランプの「不正」を糾弾・証言していると、大きく報じられています。でもこれっておかしくありませんか?
 トランプに限らず顧問弁護士を雇う以上、誰でも自分の行いが法に抵触しないかを常にウオッチしてもらい、適正な行動に収まるよう助言を受ける為に弁護士を雇うはず。
つまりコーエンが10年も顧問弁護士であったと云う事はトランプの10年間に及ぶおこないはコーエンの助言をベースになされてきたとみなされるべき。
それが、あのようにトランプの行いは法律違反だったというのは、かれが違法行為を「助言」したと言ってもいい筈です。
他業種なら司法取引も制度としてありうると思いますが、ほかならぬ弁護士があのように雇い主を糾弾し秘密を暴露することが許されるのであれば、弁護士は誰でも自分の言いなりにでき、恐喝を生業とする人達と同じことになりましょう。
又かようなことを放置したら誰も弁護士を雇うことなどしなくなり、弁護士制度など崩壊してしまうのではないでしょうか? 
かようなことはどのマスメディアにも言及されていないのはなぜでしょうか?
(SSA生)


(宮崎正弘のコメント)職業倫理からみても、雇用主への忠誠から言っても、おかしな行為というより裏切りです。この裁判を乗り切れば、トランプの再選は固い、しばし正念場が続くということでしょう。
          ○◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム  1866−1868 三回分一挙掲載
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1867回】            
――「劣等な民族が自滅して行くのは是非もないこつたよ」東京高商(7)
  東京高等商業學校東亞倶樂部『中華三千哩』(大阪屋號書店 大正9年)

   △
若者は蘇州、南京など訪れる先々で壊れたままの名勝古跡を目にする。「中華の民は古蹟には、いゝにも惡いにも手を入れることをせない人種である」と、「東夷の學生」は呟く。

 南京郊外にある歴代皇帝の陵からの帰路のことだ。
 「附近の農家の子であらう、三四人、眞裸體の儘、返り路の馬車を追ひかけ來つて、金をねだる。試みに一錢を地上に投ずれば、拾つたものは去つて、他のものは更に何處までもと逐つて來る。獨り此地に止まらぬが、この現象を果してどう見ていゝのやら、無氣力、無?育・・・・・・そんなありふれた言葉では足らぬ。哀れむべき彼等よ!」。

  南京城内に残る科挙試験場であった貢院の跡に立って「其官僚的な、杓子定規な樣子」に思いを馳せながら、「かくして支那の官吏や政治家は、實際を離れて空論に走り、經世的人物を失なひて偏屈なる迂儒を生じ、餘殃の根ざす處深く今日に及んで居るのである。古臭ひ試驗制度や、窮屈なる文官任用令などの囚はれて居る我國あたりも大に鑑みて可なりだ」。さて共産党の理論官僚に御用学者、それに変節知識人を現代の「迂儒」というのか。

  話は大冶鉄鉱山に戻るが、じつは若者は同鉱山における「獨逸の暗中飛躍」の姿を知ることとなったのである。

 清朝末期における近代化を進めた高官の1人である張之洞は長江中流域を管轄する湖広総督在任時、古書から管轄区域内の湖北省大冶県一帯に鉄鉱床があろうかと睨んだ。そこで「一八九〇年獨逸技師ライノンを聘して、實地踏査をなさしめた」。すると古書の記述に間違いはなかった。「ライノンは三旬の探査の後、古代製鐵の遺跡を發見し、次いで世界に有名なる本鐵山の發見するに至つた」。ところがライノンもさるものである。「單なる支那の忠實なる一傭技師に甘んぜんや、我が本國への忠義立ては此時と、張之洞へは知らぬ顔の半兵衛をきめこんで、裏面では早速北京の獨逸公使を通じて本國政府に密電を發し、利權の獲得を慫慂した」。かくてドイツ政府は“カモ葱”と判断したのだろう。即刻、在北京公使に訓令して一帯の採掘権と鉄道敷設権を「支那政府に要求せしめた」のである。

  寝耳に水の清国政府、飼い犬に手を噛まれた張之洞が烈火のごとく怒りまくったことは、やはり想像に難くはない。

  「當時獨逸のやり方が如何に狡猾であつたかは、大冶に行つたものは、素人でも直ぐ氣付く程」だったという。それというのも「殊更鐵路を迂回せしめて、距離を延長し」、なんとかして「機械材料などを少しでも多く買はせやうかとする根膽だつたのだ」。

  こうみてくると確かにドイツはセコイ。極めてセコイ。だが、これが国際社会では極く当たり前のことだと考えるべきだろう。

  時間を一気に一世紀ほど先に進ませた現在、ドイツのメルケル政権の中国経済への過度に傾斜を危惧して「中国に騙されるな」と忠告する声も聞かれる。だが、「獨逸技師ライノン」を中心とするドイツの動きを振り返ってみれば、それは要らぬオセッカイであり、ドイツにはドイツの魂胆があるのかもしれない。かりにドイツが騙されているとするなら、江戸の仇を長崎ででなはいが、「獨逸技師ライノン」の仇を21世紀で、といったところか。
どちらにせよキツネとタヌキのバカ試合・・・おっと化か仕合といったところか。

  再び『中華三千哩』へ。幸運にも若者たちは大冶鉄山の経営者から招待を受ける。「精選した支那料理に、二十年も經つたと云ふ老酒(中略)を盛に飲ませられる」。「日本排斥の聲いたる處に起つて居る今日、支那人側でこんな盛な歡迎を受け樣とは」と、一杯が二杯、二杯が五杯。かくて「一行愉快まぎれに大いにメートルを擧げ、校歌を謡つたり」まではいいのだが、「支那料理の小間物屋の陳列はチト鼻に應え過ぎた」。確かに・・・。
《QED》

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【知道中国 1868回】                  
――「劣等な民族が自滅して行くのは是非もないこつたよ」東京高商(8)
東京高等商業學校東亞倶樂部『中華三千哩』(大阪屋號書店 大正9年)

   △
一行は漢口から汽車で北上して北京へ。
車窓から見えたのは「洋式の新らしい建物が立ち、大きな圓いタンクが幾つも列んで居る」風景だった。「塀に記した厖大な廣告の字を見ると、スタンダード石油會社の出張所だ」った。同社と「英米煙草トラスト(英美煙公司)の廣告は、如何なる山村僻地にも行渡つて、しかも並外れた大きな奴を出して居る。兩社の抱負と支那に於ける勢力を窺ふに足りるであらう」。

 湖北から河南を経て北京へ向かう二等寝台車の中はシッチャメッチャカ。
  「三四本のウヰスキーは、何時か幹事の室から影を隱して、何處かで消費されてしまつた」。「何時も元氣なのはボート部の常連で」、「汽車や船の中でも、?助、メートル屋、攪亂者などの尊號」を賜り、「二六時中大抵は猩々の樣な赤い御顔」で、「ウヰスキーなどは何時でも缺かしたことはない樣だつた」というが、先ずは若者の稚気として許そうか。

  だが単調な車窓の風景に飽きた果てに、「停車場につくと汽車の車窓から、苦力や赤裸の小供の群の中に抛り投けて、拾ひくらをさせて喜んで居る」となると、余り褒められた行為ではない。
いやワルフザケが過ぎる。東京高商・・・躾が悪いぞ。

  北京での宿舎は三井洋行の社宅。「久し振りに純粹の日本食の御馳走に預かる」。
  萬寿山、紫禁城、昆明湖、天壇、など定番の名勝古跡を回ったが、その中の孔子廟での思いを、「縱令看板だけなりとも、支那が今尚孔子を以て、四億民衆の儀長となせるは、同じく孔子の流れをくみて、今日の文化の基礎を築いた日本の人民として、我々の大に喜びに堪えぬ事柄ではあるが、この孔子の廟に於てすら、例の門番が、一門毎に金錢を要求するのを見ては、我々は何とも云へぬ不快を覺えざるを得なかつた」。

  加えて「俗稱東交民巷の列國公使館街」である。北京のど真ん中に位置する同地は義和団事件の事後処理によって生まれた外国人居住区で、「條約上支那人は一切居住を許さ」ず、「列國の使館にあらざれば、即ち商社、官署、兵營、邸宅であつて」、当然のように「支那人街とは全然別乾坤を呈して居る」。「背後は北京の大城壁を負ひ、前面には濠を設け、障壁を周らし、内に砲壘を築き、軍隊を備へ、いざと云はゞ直に應戰し得る準備が出來て居る」。

 首都のど真ん中に治外法権状態の地があり、しかもそこには外国の軍隊までが駐屯しているというのは、「支那の爲には悲しむべき事である。しかもこの屈辱を自覺して、陰忍持久よくその力を養なひ、興國の大志を延べんとする意氣、國内に磅礴たるを見ることが出來ないのは、更に悲しむべきことである」・・・と、ここまで綴って思う。大正の若者が蘇り、彼らにとっては百年ほど後になる現在の日本を目にした時、果して「この屈辱を自覺して、陰忍持久よくその力を養なひ、興國の大志を延べんとする意氣、國内に磅礴たるを見ることが出來ないのは、更に悲しむべきことである」と嘆かないだろうか、と。

  北京と周辺を満喫した後、一行は三井洋行の人々に送られ天津行きの汽車に乗る。

  天津では「船津總領事の好意で、一行立食の饗宴に預かることになつた」。その際、同領事の「支那に關する感想談があつた」。その中に「支那人は『支那人』と呼ばるゝことを非常に嫌ふと云ふことを近頃漸やく知るに至つた。
 
 それが、何故かは知らぬが、丁度日本人が『ジヤツプ』、米國人が『ヤンキー』と云はれる樣に、侮辱の代名詞に聞えて、非常に惡感を催ふすそうだから、我々は中國人、又は支那の人と呼ぶことにして居る」と。

 ということは、この時代、すでに「支那人は『支那人』と呼ばるゝことを非常に嫌ふと云ふこと」に気が付き、「中國人、又は支那の人と呼ぶ」日本人がいたことになる。
《QED》
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 << 今月の拙論と予定 >>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(1)「明智光秀『本能寺の変』は義挙だった」(『正論』4月号、発売中)
(2)「今、世界は? ベルギー、ルクセンブルグ」(『エルネオス』3月号、発売中)
(3)「黒色の鴨、灰色の犀に気をつけろ」(『月刊日本』4月号、3月22日発売)

<三月下旬発売単行本>
『中国、韓国経済の崩壊への時刻表』(ビジネス社)
『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店)
               ○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

重版出来! (けさの産経新聞広告をご参照下さい)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「次に何がおきるか」。新進気鋭のエコノミスト渡邊哲也氏と白熱の討論!
 ファーウェイ・ショックはむしろ日本のチャンスだ!
 次世代通信技術のコア「5G」で世界は米中に分解、二極化する
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/


  ♪♪
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――日銀、財務省を批判し消費税増税に異議を唱える論客・田村秀男氏との徹底討論。
――見えてきた危機の深層を明かす。 中国バブルはどのような結末を迎えるか?
 ――米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 ――日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/



宮崎正弘『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
――マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
 ――豪・NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ。英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流。ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい!
         △□◇◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632


   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 

宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)  
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/03/07

    中国の軍拡は対GDP比で7・5%の増強 米ドル換算で1776億1000万ドル(サウスチャイナ・モーニングポストの米ドル換算では1759億8000万ドル)。



    この中には新兵器の研究や開発予算などは含まれておらず、常識的にこの三倍と推定されている。中国軍のスポークスマンは「GDPの1・3%でしかなく、批判される筋合いはない」と弁明している。



    ジェット戦闘機を最新鋭モデルと交替させ、およそ2000機増やしていることである。

    とりわけ注目されるのが「殲20」で、これは米軍のF22に匹敵すると評価される。



     ちなみに米国の国防費は7500億ドル。日本は僅かに433・7億ドル(中国の国防費の四分の一以下)、ロシアは448・4億ドルである。日本の防衛予算の大半を占めるのは人件費。装備にはなにほどの予算も配分されない。

    日本は依然としてGDPの1%以下で、西側平均のGDP2%目標に届かせるには、少なくとも10兆円の防衛予算が必要である。

    ←宮崎先生、情報ありがとうございます。質問ですが、韓国の防衛費が今年あたり、日本を追い越しそうですがいかがでしょうか?@、殲20の性能は、本当にF22相当なんでしょうかね?