国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<米朝会議より、ヴェネズエラ情勢が緊迫度を増した

2019/02/25

●あの日から83年!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)2月26日(火曜日)
       通巻第6003号   <前日発行>   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 米朝会議より、ヴェネズエラ情勢が緊迫度を増した
  ロシアが「第二のシリア」化を狙ってか、虎視眈々
****************************************

 五人の死者、負傷数百名。2月24日にコロンビアとブラジルの国境で繰り広げられた死闘は、米の援助物資を搬入させまいとするヴェネズエラ政権が、軍を動員して阻止したためだ。
依然として軍はマドゥロ大統領の支持に回っていることを同時に示すこととなった。
なぜならマドゥロ大統領は軍に特権を与え、国民の貧窮化にお構いなく軍事予算を増やし、腐敗、汚職に目を瞑っているからだ。

米国は医薬品、食糧などおよそ600トンを送り込み、人道支援としたが、受け取りを拒否したのだ。理由は「なにが人道支援だ」。ブラジルとコロンビアの両方で物資搬入阻止の軍事行動が続いた。

 ロシアが水面下で動いている。ロシアはヴェネズエラ重視であり、たとえばマドゥロ大統領の身辺警護はロシアが派遣した傭兵、特別のボディガードが担当しているという(ニュースウィーク日本語版、2月19日号)。もし、欧米が転べば、主導権を取れると踏んでいるのである。

 第一に革命イデオロギーに共鳴している。
社会主義に幻想的なロマンを抱いているプーチン大統領は、そうはいっても残酷な独裁主義の金正恩を個人的には嫌っているが、地政学上、中国を牽制する意味もあって北朝鮮を支援している。だから秋には金の訪ロを受け入れる。プーチンの狙いは選挙絡みで「強いロシア」を常に演出する必要がある。

 

 ▼ヴェネズエラの石油埋蔵はサウジを超えるとされているが。。。

第二にロシアはヴェネズエラの原油鉱区、石油利権のために170億ドルを投資している事実。そのうえ大手ロスネフツ(プーチン系の国際企業)は、65億ドルの信用供与をしている。また武器輸出の顧客であり、ミルはインド37武装へ入りやスホイ30ジェット戦闘機、昨年師走(2018年12月10日)には、ツボレフ160戦略爆撃機も供与している。

 ちなみにヴェネズエラ石油の最大の輸入国は米国だったが、経済制裁を課して、原油輸入を中断した。埋蔵はサウジを超える量とされる。

 第三に地政学的に南米への入り口、カリブ海の要衝に位置するヴェネズエラをロシアの影響圏に留めておくという政治的欲求が基底になる。

 第四に中国経済が沈没している現状を鑑み、ロシアはその隙をついて政治的影響力の拡大をはかる。
この文脈ではアサド体制を組み込んで中東へ睨みをきかせる立場を確保したように、「第二のシリア化」に照準が当てられていると判断できる。

 北京五輪開会式当日にプーチンは素知らぬ顔で開会式に臨み、同時にグルジア侵攻を命じていた。同様に2月28日の米朝会談をめがけて、何かをしでかそうとしている。ヴェネズエラ情勢、要警戒である。
      ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★お待たせしました。間もなく重版出来します
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「次に何がおきるか」。新進気鋭のエコノミスト渡邊哲也氏と白熱の討論!
 ファーウェイ・ショックはむしろ日本のチャンスだ!
 次世代通信技術のコア「5G」で世界は米中に分解、二極化する
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
           △□◇○◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌前号のコメントに(上野の)「国立博物館の「縄文」の展示説明は「12000年〜13000年前」です。新発見の16000年説をまだ採用しておりません。またちなみに同館一階奧に「アイヌ、琉球」の展示室があり、「阿依奴」の表記。北海道への渡来は12世紀から13世紀と、こちらは百年ほど早いことになっています」とありました。
地方に住んでいるので上野の博物館には行くチャンスが乏しく、もうすこし詳しく展示内容をご教示いただけませんか。秋田県には縄文で有名な「亀岡遺跡」があり、遮光器土偶が有名ですが、ご覧になりましたか?
(TY生、秋田)


(宮崎正弘のコメント)縄文時代の展示は土偶と、土器が数十。ここにはたいした展示はありません。東京で縄文が揃っているのは多摩市にある埋蔵文化センターでしょう。中庭には縄文住居も三軒、レプリカですが再現され、展示されていますし、土器も相当豊富です。
 東北での縄文遺跡なら、なんと行っても三内丸山遺跡でしょう。亀岡遺跡も、もちろん行っております。土偶のレプリカを土産に買いました(苦笑)。
 さて国立博物館のアイヌに関しての展示ですが「樺太、千島、北海道北部から渡来した」とあり、漁労と植物栽培で暮らし、遠くアムール川の人々とも交易していた。木綿の衣類、漁具と原始的刀剣、小さな五弦琴など、一つの部屋に納まる程度の展示物しかありません。当該博物館はなんといっても平安、安土桃山、江戸の展示です。



   ♪
(読者の声2)當田晋也様の日本古代史のご意見がありました。以下感想です。
 1.「古代の帰化」古代において大陸から人が来るというのは、現代とは違い自由ではなかったと思います。日本は既に海外で紛争を経験しており大量の外国人を入国させる危険性を知っているからです。帰化させたのは技術の職人などもっぱら直接役に立つ人間だけでした。大陸から二十万人もの大量の外国人が入国したという記録は日本書紀には無いと思います。
 2.「百済の話」古代の日本は朝鮮半島南西部を四百年近く支配しました。それが百済です。支那王朝への交通路だったのでしょう。この地域には多数の日本固有の前方後円墳があるので支配層に日本人がいたと類推されます。
だから百済滅亡時には王族が日本に帰国したのです。この人達はもともと日本人だから日本語の読み書きは自由だったと思われます。大仏建立事業では百済王敬福が「陸奥国小田郡」より産出した黄金900両(約13!))を献上したと記録されていますが、これは砂金採取だけでなく金抽出の技術職人を連れてきていたのかも知れません。「天皇(すめらぎ)の御代栄えむと 東なる 陸奥山に 黄金花咲く」大伴家持 
3.「神話と言語」文化人類学では民族は言語と神話により区別しますが、日本には朝鮮の神話や朝鮮語は見つかりません。関係が無いのです。
4.「通訳の話」日本と朝鮮は別の言語ですから片言会話の他公的には通訳がいたとみるべきでしょう。重要な話は片言の外国語では出来ませんから。
ただ身分が低いので歴史記録に載っていないのでしょう。なお百済は別として新羅に仕えた日本人の話はききません。新羅も警戒するはずです。また言葉が出来たから帰国して日本の外交をしていたということはないでしょう。外交は国防を含む独立国家の最高機密ですから。そのような記録は聞いたことがありません。
   (落合通夫)
        ◎□△◎□△◎□△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 << 今月の拙論と予定 >>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(1)「南太平洋も中国の海に?」(『北国新聞』、北風抄、2月18日)
(2)「今、世界は? ミャンマーの巻」(『エルネオス』二月号、発売中)
(3)「ファーウェイを追い詰めろ」(『月刊日本』4月号、発売中)
(4)『明智光秀『本能寺の変』は義挙だった』(『正論』4月号、3月1日発売)
     □◇○□○ □◇○□○ □◇◇○□○   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
 いま世界的規模ですすむ反中のリアル!
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
――マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
 ――豪・NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ。英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流。ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい!

  ♪♪
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――日銀、財務省を批判し消費税増税に異議を唱える論客・田村秀男氏との徹底討論。
――見えてきた危機の深層を明かす。 中国バブルはどのような結末を迎えるか?
 ――米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 ――日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
      
        □◇○□○ □◇◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/


<<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>>  
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は3月2日から7日まで、海外取材のため休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 古代史における通訳2019/02/25

    6003号で落合様から通訳の記録云々とのお話がありましたが、日本書紀に記述がありましす。「新羅が・・を派遣し、朝貢した。言習者(ことならいひと)三人が云々」(小学館新編日本古典文学全集日本書紀3、404頁注、同ページに原文も記載されています。また、新羅人が日本語に習熟せず、外交紛争に至った事件も記載されています。

  • 名無しさん2019/02/25

    米朝会議より、ヴェネズエラ情勢が緊迫度を増した

      ロシアが「第二のシリア」化を狙ってか、虎視眈々

    ****************************************



     五人の死者、負傷数百名。2月24日にコロンビアとブラジルの国境で繰り広げられた死闘は、米の援助物資を搬入させまいとするヴェネズエラ政権が、軍を動員して阻止したためだ。

    依然として軍はマドゥロ大統領の支持に回っていることを同時に示すこととなった。

    なぜならマドゥロ大統領は軍に特権を与え、国民の貧窮化にお構いなく軍事予算を増やし、腐敗、汚職に目を瞑っているからだ。→宮崎先生、情報ありがとうございます。ロシア美人は本当に綺麗ですが、ロシア政府ってぇのは、魑魅魍魎ですね!