国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<サウジの原発へ技術提供するという選択肢をホワイトホウス内で検討した

2019/02/21

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)2月21日(木曜日)
          通巻第5998号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 サウジの原発へ技術提供するという選択肢をホワイトホウス内で検討した
  フリンの解任、つづくマクマスターの辞任でも案件は継続していた
****************************************

 欧米のメディアとイスラエルの新聞が2月19日頃から騒ぎ出した。
 トランプ政権発足当時の安全保障担当補佐官だったマイケル・フリンが主導権を取って、サウジの原発開発への技術提供の選択肢をホワイトホウス内で検討されていたという。

しかし「ロシア疑惑」によるフリンの解任、つづくマクマスターの辞任があり、立ち消えたか筈と思いきや、当該案件は継続しており、サウジに理解を示すクシュナー顧問らが頻繁にサウジを訪問していた。こうした経過から見ても、蓋然性が高いホワイトハウス内部の討議案件だったという。

 トランプ政権はイスラエル寄りの姿勢が強く、イランとの対抗手段となるとはいえ、イスラエルの脅威にもなるサウジアラビアの核武装に繋がる原発開発へ協力するには米国議会承認が必要である。
また核拡散防止条約に抵触するので議会が黙認するとは考えにくい。

そのうえサウジアラビアはカショギ暗殺事件で、国際的に孤立し、悪評判がたたって、米国との緊密な関係が希釈された。カショギ事件のほとぼりが冷めるのを待って、サルマン皇太子は2月17日に突如、パキスタンを訪問し、200億ドルの経済支援をぶち挙げた。表向きの話はともかく、サウジがこの時期にパキスタンを訪問し、中国依存のパキスタン経済に均衡をもたらす政治的意図をもって金融支援を約束した。

 密約が存在することを忘れない方が良いだろう。サウジは首都イスラマバードに世界最大級のモスクを建てて寄付した。裏面では秘かにパキスタンの核武装の財政支援を行い、いまではパキスタンは140発の核兵器を保有する。

つまりパキスタンの核兵器の一部はサウジが使う権利があるということである。そのうえで、サウジは自国内にも核兵器製造の前段階として原発を増設し、その最新技術を米国の支援で取得するという悠長な選択をするとは考えにくい。
むしろパキスタンに「預けている」核兵器のサウジへの移動を密約した可能性さえあるのではないか。
    □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌5993号に書評のでた、関裕二氏の著書『「縄文」の新常識を知れば日本の謎が解ける』。興味をもって拝読させていただきました。古代史のお話を伺うといつもワクワクしてきます。
 そこで思い出すのは、今は亡き作家の林房雄氏の著書のことです。
 『神武天皇実在論』か『天皇の起源』だったかは、書物が手元に見当たらないため良く分かりませんが、林房雄氏はこの著書の中で、その内、一万年以上の遺物が出土、発見されるであろうとのことを強調されていたように記憶しています。
 若いときから古代史に興味を持っていた小生からすると、数千年前の時代のことで議論していた当時として、「一万年以上の遺物」については正直って理解ができず林房雄氏の説には懐疑的な感想を持っていたものでした。その後、お亡くなりになられた後に次から次と遺物が発見され、今では縄文時代の一万六千年前に遡ることができるようになってきました。しかも縄文時代は平和で豊かな文化を持っていたとの説が出てきている今日でもあります。
 それにしても、今から思えば林房雄氏の先見の明は驚くばかです。
 宮崎さんが言われるように、当時は左翼史観に立脚した歴史認識で史学会が席捲されていた時代でありました。彼らの考えは日本の歴史が短ければ短いほど都合が良いのです。日本の歴史が長いと彼らは困るのです。
それは自分たちが主張してきたことが全否定されることに繋がるからです。それは取りも直さず「天皇の起源」、「天皇の存在」にも繋がり、上代天皇の存在を肯定せざるを得ない状況になってくると思われるからです。
 古代史は夢と浪漫があっていいですね。これからもきっと新しい発見が続くことでしょう。期待したいものです。
   (鈴木秀寿)


(宮崎正弘のコメント)林房雄の『神武天皇実在論』がでたときは、主要書店に幟が立ち、光文社あげての宣伝でした。のちに学研M文庫に収録され、いまでも古本屋ルートで入手が可能です。



   ♪
(読者の声2)貴誌によりますと、中国のマンション価格、上海ですら、ついに40%の値崩れをおこした様子です。
ところが日本の惨状は中国より酷いです。スキーで名高い新潟県は越後湯沢に林立するリゾートマンション。駅前不動産のチラシを見るとペントハウスでも200万円を切っています。バブルのころは億ションでした。
昨今は買い手がいないため、競売にかけられ、平均価格が、ただの3612円で落札されています。中国もやがてそうなりますね。
   (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)異例な安値ですが、不払いの管理費があるはずで、落札者は、前の人が残していった累積債務を支払う必要があり、それを考えると2000万円ほどになるでしょうね。
あたらしい問題は、地元を追われたやくざ団体や過激派、怪しげな宗教団体が、こうした物件を狙っているうえ、中国人が別の思惑で購入をしているという噂もあります。
         ◎□△◎□△◎□△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
 いま世界的規模ですすむ反中のリアル!
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?

――マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
 ――豪・NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ。英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流。ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい!


  ♪♪
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――日銀、財務省を批判し消費税増税に異議を唱える論客・田村秀男氏との徹底討論。
――見えてきた危機の深層を明かす。 中国バブルはどのような結末を迎えるか?
 ――米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 ――日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
 KINDLE版もあります! 海外の読者諸氏はキンドルでどうぞ!
       ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 

  ♪♪
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス社、1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「次に何がおきるか」。新進気鋭のエコノミスト渡邊哲也氏と白熱の討論!
 ファーウェイ・ショックはむしろ日本のチャンスだ!
 次世代通信技術のコア「5G」で世界は米中に分解、二極化する
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
        □◇○□○ □◇◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/

<<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>>  
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。