国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <「海亀組」はもう要らない。大学新卒834万人、まともな就職先がないゾ

2019/02/17

★小誌愛読者26400名
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)2月17日(日曜日)
         通巻第5993号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「海亀組」はもう要らない。大学新卒834万人、まともな就職先がないゾ
  313万の海外留学のうち85%が帰国したが、お先真っ暗、展望拓けず
****************************************

 日本のメディアがほとんど伝えない。中国で起きている大量失業の実態。
 もっとも中国では失業率4・9%などと誰も信じない数字だけを公表し、各地の工場でおきている大量のレイオフというおそるべき現実を伝えないばかりか、ネット上でも、こうした情報が掲載されるとただちに削除される。
ネット情報板のプラットフォームもチャットも無数に禁止され、最近はネットカフェががら空き状態となった。

 嘗て「金の卵」といわれ、重宝されたのが欧米、そして日本に留学し帰国した若者である。
 中国国泰証券の主任エコノミスト、李迅雷によれば、「過去四十年で、じつに313万の中国人留学生が海を渡り、このうちの84・6%が帰国した」という。。
かれらは「海亀」と呼ばれた。産卵のため、古巣へ帰ってくるからだ。或る統計によれば、かれらの平均年収は二万五千ドルだったという。

そして外資系企業がかれらを雇用し、その年収に比例して中国国有企業や下請けの賃金体系を外資系が領導した。そうした黄金の時代は終わった。

 天津を例に取ってみよう。
外国企業の天津への投資が未曾有の速度で激減している。2017年に106億ドルだったが、18年には48億ドルとなって、どの工場も企業もレイオフを発表した。就職情報はなく、求人ファアに応募する企業がない。

その代表例となったのが韓国サムソンの半導体工場の閉鎖である。
破竹の進撃を続けてきた韓国経済の華、サムソンはアップルの売り上げ激減のため、撤退を決めたのだ。
「日本企業の新規投資? そんな話聞いたことがない」と天津の若者が嘆く。

 「グレイ・エコノミー」(わけの分からない商売)が、これまでは失業者を吸収してきた。出前の代理配達、通信販売、バイク便、自転車シェア、つまりウーバー・ビジネスだが、これも最近は完全な飽和状態となった。そのうえ当局はグレイ・エコノミー分野にも新しい規制をかけようと動き出した。
 
 予測を遙かに超える加速度をつけて中国経済の成長が終わりを告げている。その弔鐘の音色が、寂寥感をともなわず、騒々しいのが中国的特徴である。
  □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 縄文時代にも階級は存在し、集団儀礼が行われ、遠隔地と交易があった
  一万六千年前から日本は独自な文化・文明圏を形成していたのだ

  ♪
関裕二『「縄文」の新常識を知れば日本の謎が解ける』(PHP新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 三内丸山遺跡の発見は、日本の古代史に革命的衝撃をもたらし、教科書からも消えていた縄文時代を雄弁に復活させた。古代史の解釈が塗り変えられたのだ。もとより真面目な考古学者は三内丸山遺跡について私的な調査を続行してきており、縄文時代の実態を知っていたが、左翼全盛のメディアが意図的にスルーしてきたのだ。
 従来、日本の歴史学界の通説は、縄文時代を真面目に論じなかった。というより、マルクス主義に立脚する左翼学者が、その学問的浅薄さ、ドクマによる視野狭窄などによってまともな議論をしなかったのだ。
著者はこう言う。
「唯物史観が史学界を席巻してしまった。物質や経済、生産力という視点で歴史を捉え、人間社会は段階的に発展し、最後は共産主義に行き着くという考えで、農耕を行っていなかった縄文時代に対し、負の歴史的評価を下している。生産力は低く、無階級で、無私財であり、停滞の時代と見なした」(26p)
本書はこのように次々と通説を批判し、考古学の新しい常識となりつつある歴史の変貌、つまり左翼の学説の間違いを同時に糺す営為が続く。
 評者(宮崎)はかねてから青森の当該遺跡を見学しようと思いながら、時間的に果たせず、宿題として残っていた。おととしの夏、三内丸山、亀岡遺跡などを含む青森、岩手、秋田の縄文遺跡六ケ所を回るという奇特なツアーに巡りあえ、参加した。行く先々で、縄文時代の空気に触れたような錯覚にとらわれた。
 弥生の文化には渡来人の影響がたしかに認められる。しかし縄文は日本独自の文化と文明を形成し、およそ一万六千年前から、狩猟と植物、とりわけ栗などを食したが、大きな集落を形成し、しかも弥生時代を豁然と区別する事実があった。
すなわち遺骨から採集されたDNA鑑定もさることながら、縄文人が戦争をした形跡がないことである。縄文は平和な時代だったばかりか、かなり遠隔地へ出かけ、翡翠、黒曜石などを入手している事実も判明している。
ところが、佐賀県の吉野ヶ里遺跡に象徴される弥生式の集落からは、戦争で負傷した遺骨が夥しく発掘された。つまり戦争の傷跡が多数発見されており、また弥生時代は稲作が普及したことも考古学で確認された。
著者の関氏によれば、通説の縄文と弥生の境界線を峻別するのは短絡的であり、縄文後期には稲作をしていたことを力説される。
縄文時代に階級の差違が別けられていた事実もお墓の配置、副葬品、大きさなどから判明しており、また栗の料理法からも、夥しい器具の発明があったことなど、そして最も特徴的なのは『芸術』としての縄文土器の存在である。
「装飾的な縄文土器で。非実用的(宗教的、芸術的)な土器を作らせ手に入れることが出来る富者と貧者の差」があった。そのうえ「非実用的工芸が発達したのは、威信経済が存在したからで、しかも集団儀礼が発達したから」だという。(45−46p)
本書は平明な記述によって要点を押さえつつ、縄文の問題点をすべて一覧しており、有益である。
         ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌前号の「突然、数千の在西中国人がビルバオ銀行(BBVA)本社に押しかけた」を読んで、数年前の長野五輪のおり、長野で中国人が大暴れした事件を思いおこしました。
その時、大きな中国国旗やその支柱となる金属棒など、何時何処で準備したのか、全く同じことがスペインで起こったわけですね。
彼らは、本国の指令の下、旗や棒だけでなく、武器も何か所かに蓄え、「いざ」というときに、それをもって、テロを行うことだってありうる、と思います。
  (MI生、文京区)
 
 

  ♪
(読者の声2)テレビの討論番組をみていたら、偶然でしょうか。田村秀男さん、渡邊哲也さん、そして石平さん、福島香織さんが同席でした。中国のゆくえ、経済の実相など、熱心に聞いていたらあっという間の三時間でした。
 おわってハタと気がついたのですが、田村、渡邊、石、福島の四氏と宮崎さんは共通のポイントがあること。つまりそれぞれの人と対談本を出されていることでした。だから阿吽の呼吸で議論が噛み合ったのだと思いました。
 画面でも紹介された田村秀男氏との『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)と渡邊哲也氏との対談『2019年 大分断する世界』(ビジネス社)を早速アマゾンに注文しました。討論番組で語り尽くせなかった詳細を勉強したいと念じて。
   (NG生、名古屋)
      ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――日銀、財務省を批判し消費税増税に異議を唱える論客・田村秀男氏との徹底討論。
 ――米中貿易戦争は120%、アメリカが勝利する!
――トランプが米中貿易戦争を仕掛ける前に中国経済は崩壊のプロセスに入っていた!
――見えてきた危機の深層を明かす。 中国バブルはどのような結末を迎えるか?
 ――米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 ――日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
       ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 

  ♪♪♪
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネスs社、1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「次に何がおきるか」。新進気鋭のエコノミスト渡邊哲也氏と白熱の討論!
 アメリカは本気で親中国家を排除する。世界は『踏み絵』を踏まされる。
 ファーウェイ・ショックはむしろ日本のチャンスだ!
 次世代通信技術のコア「5G」で世界は米中に分解、二極化する
 米中は貿易レベルからハイテク争奪、そして金融戦争へ暴走する
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/

   ♪♪♪♪
宮崎正弘『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/

 いま世界的規模ですすむ反中のリアル!
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
 ●ニカラグア運河、ペネズエラ新幹線などは正式に中止
 ●インドネシア新幹線、マレーシア新幹線など中断、挫折
 ●CPEC(中国パキスタン経済回廊)危機、パキスタン債務不履行か
 ●マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
 対抗して日米豪印はインド太平洋共同軍事訓練。米豪は南太平洋のマヌス島に軍事基地を建設合意。「インド太平洋」プロジェクトへ米国は600億ドル。
 豪・NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ。英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流。ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい!
         □◇○□○ □◇◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
 お待たせしました。再版出来!
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/

<<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>>  
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。