国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<スペイン、中国人の銀行口座を凍結。「資金洗浄の疑い」

2019/02/16

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)2月16日(土曜日)
         通巻第5992号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 スペイン、中国人の銀行口座を凍結。「資金洗浄の疑い」
  突然、数千の在西中国人がビルバオ銀行(BBVA)本社に押しかけた
****************************************

 2月14日はバレンタイン・ディだ。
マドリッドに住む中国人はBBVA銀行へ行ってATMからお金を引き出せないことに驚く。「金が出ないゾ、機械の故障だ」と窓口へ行くと「あなたの口座は資金洗浄の疑いがあるので凍結されました」。
「?」。
寝耳に水の言葉、「ならば、どうすれば引き出せるか?」「資金の出所、あなたの個人的財政的バックグランドを証明する書類が必要です」などと言われて怒り心頭。

 ほぼ全ての在西中国人の銀行口座が凍結されていた。
 「これは人種差別だ」と騒ぎだし、翌日(2月15日)マドリッドのビルバオ銀行本社前に、え? 数百・数千の中国人がプラカードばかりか五星紅旗をもってあらわれたのだ。ビルバオ銀行はスペイン第二の大手銀行でNY市場にも上場しており、東京にも支店がある。
スペイン国内全域に支店網があり、中国人およそ4−5000名が口座を開設している。

 警備のスペイン当局が驚く。
「いつの間に、中国の国旗をこれほどたくさん用意できたのだ?」。
「マドリッドにはICBC(中国工商銀行)の支点もあるのに、なぜ中国人はスペインの銀行を好むのか?」
 
 降って湧いたような蝗の大群。それにしても大がかりな中国人組織がマドリッドにあって、一晩で組織的な行動を取れることにスペイン当局は驚いているという。
  □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1859回】                       
――「社稷既に亡んで、帝陵空しく存す」――大町(5)
大町桂月『遊支雜筆』(大阪屋號書店 大正8年)
 
        △
 満洲の名勝古跡を歩いて異なことに気づく。「日本人の多く行く處は、日本人を優待するかと思ひしに、事實は反對にて、日本人の多く行く處は、日本人を虐待し、日本人の稀に行く處は、日本人を優待する也。多くの日本人の中には、名所を荒らすものもありと見えたり」。
 
 乃木大将の「金州城外立斜陽」で知られる金州の西門外で「清國軍人戰亡碑」を弔う。「日清の役、我軍にて支那の戰死者をこゝに葬りて、この石碑を建てける也」。裏面に「大日本大山大將茨木少將建明治二十八年五月穀旦」と刻まれていたはずが、「『大日本』、『大山』、『茨木』の文字は、石にて打潰されて、幾んど辨ずべからざるようになれ居れり」。戦勝の後、この石碑を建てると共に、「支那の戰死者の爲めに法會を営みける」にもかかわらず、である。
「石にて打潰」すとは腐れ切ったひねくれ根性なのか。はて復仇への執念なのか。
 
 大町は時に朝鮮服、時に支那服を着た。満鉄の列車に朝鮮服やら支那服で乗り込むと、ボーイが乗車を妨害する。「豫期せしことゝて、驚きもせず、又腹も立たず。唯眞の朝鮮人や支那人が氣毒千萬と思ふ也。(自分の経験からしても)我同胞は朝鮮人を輕蔑し、支那人をも輕蔑す。輕蔑するのみならず、虐待す。慨かはしきこと也」。
 
 帰路に耳にした朝鮮婦人の囁きを、通訳は「君を支那人と見て、胡人と云へり。朝鮮人は支那人を目にして、表面上は大國人と云ふも、蔭にては胡人といふなり」と伝える。これを面従腹背というのだろう。
 
 1950年から3年ほど続いた朝鮮半島で共にアメリカ帝国主義を敵に戦った2つの独裁国家は、いまになっても「中朝両国の血の友誼」の金看板を下ろそうとはしない。だが民衆は正直である。
 
 かつて大連で、極秘訪中していた金正日将軍サマのゴ巡行に出くわしたことがある。街は厳戒態勢で、夕暮れのラッシュ時にもかかわらず幹線道路は1時間以上前から完全ブロック。秘密裡のはずが歩道は黒山の人だかり。暫くすると、前方からパトカーに先導された60台を超える車列が猛スピードで通過する。車列半ばを走った10台ほどの大型黒塗りベンツの1台に将軍サマが鎮座ましましていたようだ。
車列が視界から消えると、歩道の人だかりは崩れる。隣り合わせた20歳前後の娘が「厄介な国の厄介なヤツ」と吐き捨てた。
 
 中国人嫌いを正直に吐露する朝鮮人もいた。筋金入りの革命家であるキム・サン(金山)こと張志楽(1905年〜38年)である。毛沢東が党内固めから反転攻勢に転じた頃に延安入りし、抗日軍政大学で物理・数学・日本語・朝鮮語などを教えていた。
 
 彼は自らの人生を語った『アリランの歌』(ニム・ウェールズ、キム・サン 岩波文庫1995年)で「中国では澄んだ川や運河を見たことがないのです。私たち朝鮮人は朝鮮の川で自殺するなら満足だというのですが、中国の川はきたなくて、そんな気になりません」と呟き、「自分たちがもうかるというのでなければ面倒を避けたがる中国人の性格を承知していた」と語り、「中国は無法律だ」と断じている。
逮捕に来た官憲に対し無抵抗の中国人同志を前に「なぜあほうみたいにつっ立ってる? 卑怯者め! なぜ逃げないんだ?」「朝鮮人ならこんな時絶対にあきらめない」と怒声を挙げたと、苦々しく語っている。
 
 彼を援助し続けた兄は、「われわれ朝鮮人はすべて理想主義者であり、理想主義は歴史を創り出す。中国人はあまりにも拝金主義者であるためキリスト教民族とはなれず、やがてその物質主義のため亡びるであろう」と諭し、彼を中国に送り出した。
 
 大町に戻るが、彼は朝鮮婦人の態度を論うこともなく「匹婦なほ恕すべし」と。一転して「内地の紳士にして、蔭にて朝鮮人をヨボといふ者はあらずや」と問うのだ。
《QED》 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 アンディ・チャンのアメリカ通信
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
本当のことを言えば民主党はオカシオ議員の幼稚きわまる主張に辟易しているが、孫悟空のようにはしゃいで暴れる幼稚園児を止めることが出来ない。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

AC通信:No.727 Andy Chang (2019/02/14)

 前の記事でオカシーヨ議員の「金持ち税」を書いたが、彼女はこれに懲りず一週間前にもっと可笑しなグリーンニューディール法案を発表した。法案はキチガイ沙汰としか言えない代物だが、不思議なことに日本の新聞は一度もこれを報道していない。面白いことに70人の民主党議員、特に来年の大統領選挙に出馬を声明した候補者のうち少なくとも5人がこのキチガイ法案に賛成している。メディアも困惑気味で賛成も反対も避けている。
 最近の民主党は三つの事件に悩んでいる。
第一がオカシヨ議員のグリーンニューディール、第二が二人の回教徒議員の反ユダヤ発言、第三がバージニア州の州長、副州長と司法部長三人のスキャンダルである。
特に民主党にとって致命的な打撃となるのはオカシーヨ議員が発表したグリーンニューディールである。左翼メディアの報道しか追従しない在米日本人記者は報道しないけれど、アメリカがどれだけ途方もない社会主義、共産主義になっているか紹介しようと思う。

オカシーヨ議員が報道陣の前で得意げに発表したグリーンニューディールを箇条書きすれば以下のようになる:
1、10年以内に炭酸ガス(CO2)を排出する化石燃料、石炭、重油、ガソリン、天然ガスの使用を全面禁止し、核発電も禁止する。
2、アメリカの全ての建築物を省エネに改造または立て直す。
3、国民の健康保険と大学教育を無料化する。
4、飛行機を全面廃止し、代わりに高速鉄道を建設する。(船舶の航行については言及しなかった)。
5、ガソリンエンジン自動車を全面廃止する。
6、放屁する牛を禁止する。
7、政府が全国民の雇用を提供する。
8、国民の生活を保障し、「働く意思のない国民」の生活も保障する。
  
この法案が通れば石油と石炭の生産がストップされてメジャー石油会社は廃業、石炭生産も廃業、ボーイング飛行機製造会社、航空会社も全面廃業、重油を使う船や造船会社(提案に書いていない)も自動車会社も営業停止となり、「放屁ガスを出す」牛の生産も禁止されて牛肉、ステーキ店、ハンバーガー店も禁止となる。
共産化した政府が国民の生活を全面保証するので天国のようなアメリカになる。
 政府が国民全体の職業を提供するなら全ての企業、工商業、農業、林業、旅行業、病院や薬品会社などもみんな国有化しなければならない。保険会社は全部廃止される。働く意思のない者の生活が保障されて誰も働かなくなる。政府が国民全体をコントロールすれば共産主義独裁国家となるのは必定だがこれを質問されたオカシオ議員は全体独裁国家を肯定しただけでなく提案を実施するお金はどうするかと聞かれて、「世界が12年で滅ぶというのに、お金なんかにかまっていられるか」と返事した。
世界が12年で滅ぶというのは彼女の主張である。

 オカシオ議員の提案では飛行機の全廃を主張したが、船舶の全廃に言及していない。更に軍備、つまり軍艦や戦車の動力、砲弾やロケットの排気ガスをどうするかにも言及していない。飛行機が飛ばなくなり、すべての船が動かなくなれば世界各国は孤立状態になる。アメリカの排気ガスが禁止されても中国やインドの空気汚染をどうすることもできない。
 このとんでもない提案が共和党の攻撃材料になるのは勿論だが、驚いたのはオカシオ議員が「踊るようにはしゃいで」報道陣に対しGreen New Dealを発表した時は、彼女の後ろに十数人の69歳70歳の老いぼれ民主党議員が喝采し賛成したのであった。
報道では70人以上の民主党議員がオカシヨ提案に賛成したという。国会議員の智能がこれほど幼稚だとは驚きだ。

 もっと驚いたことに来年の大統領選挙に出馬声明をした議員のうち、ハリス、ブッカー、ウォレンなど5名以上が賛成を表明したのである。
ブッカーとハリスは「いくらとんでもない提案でも彼女のスピリットに賛成する。排気ガスの削減は地球の健全化に不可欠なものだ」と答えた。つまり、不可能な提案でも彼女のお喋りを止めることが出来ない民主党は逆にこれを選挙公約とするつもり、対する共和党も大喜びで民主党の攻撃材料とする方針である。いくら民主党贔屓のメディアが報道を渋ってもこれが来年の選挙で大々的に取り上げられる課題となるに違いない。

 本当のことを言えば民主党はオカシオ議員の幼稚きわまる主張に辟易しているが、孫悟空のようにはしゃいで暴れる幼稚園児を止めることが出来ない。
この他に民主党は回教徒議員の傲慢な反ユダヤ発言とバージニア州の州長ら三人のスキャンダル、それに第三期堕胎の容認による嬰児殺人問題で困っている。これらのスキャンダルがどんな結果となるかはまもなくわかるだろう。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはhttp://www.melma.com/backnumber_53999 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌5991号(読者の声1)で落合氏が「日本も陸軍と理化学研究所の仁科博士らが研究しましたがあきらめました」とお書きになられました。
海軍は京都大学と共同研究を行っていたことは良く知られています。さらに、戦後米国議会に米軍が行った報告で、朝鮮北部で陸軍が原爆の開発を行っていて、3つの開発プロジェクトの中では一番進んでおり、終戦から一か月くらい後には完成したであろうと報告したことも知られています。
私は、もうひとつ別のプロジェクトがあったと推察しています。実はこれが一番進んでいたのですが、ある事情で昭和19年の秋に開発を中止しました。私が聴いた人たちは既に鬼籍に入られ、確認ができないので詳細は書きません。ただし、もし生きていられたらおそらく公表することに反対されたでしょうが。
  (當田晋也)
      ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――日銀、財務省を批判し消費税増税に異議を唱える論客・田村秀男氏との徹底討論。
 ――米中貿易戦争は120%、アメリカが勝利する!
――トランプが米中貿易戦争を仕掛ける前に中国経済は崩壊のプロセスに入っていた!
――見えてきた危機の深層を明かす。 中国バブルはどのような結末を迎えるか?
 ――米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 ――日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
       ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 

  ♪♪♪
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス斜、1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「次に何がおきるか」。新進気鋭のエコノミスト渡邊哲也氏と白熱の討論!
 アメリカは本気で親中国家を排除する。世界は『踏み絵』を踏まされる。
 ファーウェイ・ショックはむしろ日本のチャンスだ!
 次世代通信技術のコア「5G」で世界は米中に分解、二極化する
 米中は貿易レベルからハイテク争奪、そして金融戦争へ暴走する
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/

   ♪♪♪♪
宮崎正弘『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/

 いま世界的規模ですすむ反中のリアル!
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
 ●ニカラグア運河、ペネズエラ新幹線などは正式に中止
 ●インドネシア新幹線、マレーシア新幹線など中断、挫折
 ●CPEC(中国パキスタン経済回廊)危機、パキスタン債務不履行か
 ●マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
 対抗して日米豪印はインド太平洋共同軍事訓練。米豪は南太平洋のマヌス島に軍事基地を建設合意。「インド太平洋」プロジェクトへ米国は600億ドル。
 豪・NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ。英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流。ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい!

         □◇○□○ □◇◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
 お待たせしました。再版出来!
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/


<<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>>  
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。