国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<「次の金融危機は『従来型』ではない」と

2019/02/06

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)2月6日(水曜日)弐
         通巻第5984号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「次の金融危機は『従来型』ではない」とケネス・ロゴフ(ハーバード大学教授)
   「サイバー攻撃か、金利政策が突然高くなることによって」
****************************************

 ケネス・ロゴフ教授といえば、元IMFのチーフ・エコノミスト、現在はハーバード大学教授として、夥しい論文を書き、ジョセフ・スティグリッツやポール・クルーグマン(いずれもノーベル経済学賞)と果てしなき経済政策論争でも知られる経済論壇の重鎮。日本では一部の翻訳がある。
 ロゴフはエール大学を首席で卒業し、プリンストン大学からハーバード教授、一時期はIMFからFRB理事を経て、ハーバード教授へ戻った。

 そのロゴフ教授が英紙『ガーディアン』(2019年2月5日)に寄稿し、次の金融危機を警告した。このコラムには「金融危機は間もなくやってくる」とセンセーショナルなタイトルが冠せられた。

 とくにソフレンデフォルト(国債の破綻)が起こると持論を展開しており、EUのギリシア危機はなんとか回避できたが、つぎにイタリア、スペインが控えている。欧米の経済学者はアジアに目を向けることが少ないが、世界経済の過半をにぎるアジアにおいて、ソフレンデフォルトの危機は中国、パキスタン、スリランカに忍び寄っている。

 趣旨は「2008年の金融危機(リーマンショック)からようやく回復をみた世界経済だが、政治家のいうように『当時より安全なシステムが機能している』という状況は、英国のBREXIT、米国はトランプ政治などの混乱が加わって、確実性は不透明となり、さらには2010年の「ドッド・フランク法」の成立によって金融システムが脅かされても金融機関の救済は禁止されているからだ」とする。
リーマンショックでは事実上の銀行救済措置がとられ、米国の銀行・証券界が再編された。その後、金融機関はみごとな回復を示した経過は周知の事実だろう。

 しかし、ロゴフ教授は言う。
「危機管理は自動運転のパイロットが操縦しているのではなく、移り気な人間がおこない、FRBや各国の中央銀行が優秀な金利、通貨政策を採用しているにせよ、人間が関与し、しかも金融当局の能力、守備範囲を越えて(経済システムや金融工学、コンピュータ理論などに疎い)政治家が危機管理の全体に携わっているからだ」。

 たしかに「各国の中央銀行、通貨当局、経済政策担当の官庁には『備えがある』。しかし、その備えとは従来起こった過去のパターンへの対応策に立脚しているだけだから、新しい金融危機にはおそらく対応できないのである」と示唆する


 ▼サイバーが市場を攻撃して金融危機を惹起する、あるいは高金利に突如変わるとき

 となると新しい危機は奈辺から生じるのか?
 現在の世界的規模の債務残高は200兆ドルと言われる。米国が金利をあげただけでも、ドルがウォール街に一斉に環流し、ベネズエラは事実上のデフォルト状況に陥った。ロシアは金準備を増やし、ドル資産を劇的に減らした。

 「これまでとはまったく違う」と教授は強調して次を続ける。
 「従来型ではなく、ハッカーによる市場攻撃という不確実性と、主要各国の金利政策が突如異変(世界が一斉に高金利)に陥ったときに、金融危機が起こる」とロゴフ教授は警告した。
 この警告、いかに聞くか?

 AIによる高度産業社会は、ロボット、EV、5Gという未来社会をすでに予見させているが、今後、直面するのは失業である。急激な産業革命の結果、技術に追いつけない人々の失業を招来するが、ロゴフ教授に拠れば、長期的に見て失業は金融危機の結果であり、歴史的にみても、悪影響が長期に及ぶという。

 国家の債務がGDP比率で90%を超えると低成長に陥るという法則についても、欧米の経済学界では反論のほうが多く、実際に90%を超えていたカナダは経済成長を持続できたという実例をあげてロゴフ論文に反論した。米国は大戦前に90%を遙かに超える債務があったにも関わらず、戦後世界最大の繁栄を謳歌できた。したがって「90%理論は馬鹿げている」とスティグリッツ教授等は舌鋒鋭く反論したこともあった。 
      □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、海外取材のため2月9日―13日が休刊です  
☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1854回】                       
――「支那はそれ自身芝居國である」――河東(12)
 河東碧梧桐『支那に遊びて』(大阪屋號書店 大正8年)
 
  ▽
 芥川は「君がそう云う度に、一体君は正気かどうか、それさえ怪しいような心もちがした」と訝しがる。だが、すでに村田は「あの騒々しい所」に忘我の態なのだ。完全に「刺戟性の頂點」に嵌まってしまっていたのだから、
芥川、いや普通の日本人のモノサシで測れば、どう考えても「正気」であろうはずがない。だが忘我の境に芝居見物の醍醐味があるのだから、もうどうしようもない。バカボンのパパに倣わずとも、「それでいいのだ」。
 
 半世紀ほど昔の香港留学時代に場末の京劇小屋に日参して以降、ひたすら「戯迷(しばいくるい)」の道を求め続ける我が身から言わせてもらうならば、村田の「あの騒々しい所がよかもんな。」の呟きには、もろ手を挙げて賛成する。
「あの騒々しい所」に馴染めないなら、やはり京劇の神髄を味わうことなどできはしない。もっとも「京劇など舞台芸術としては下等だ。見るに値しない」と言われたなら、取り敢えず反論はしないでおこう。
 
かりに村田を「刺戟性の頂點」に嵌まってしまった日本人の典型と捉えるなら、研究室で地酒に喉を潤わせ、ほろ酔いかげんの粋な着流し姿で教壇に立つ――こんな伝説を生んだ青木正児(明治20=1887年〜昭和39=1964年)は、かの民族の体に染みついた「刺戟性の頂點」を一種冷ややかな視線で眺めた稀有な日本人だった。
 
大正11(1922)年に長江下流域に遊んだ青木は『江南春』(平凡社東洋文庫 1972年)のなかで、「(支那芸術は)まさに韮のようなものだ。ひとたびその味わいを滄服したならば何とも云い知らぬ妙味を覚える」と説く。
つまり村田は芝居小屋で「ひとたびその味わいを滄服し」てしまったからこそ、「刺戟性の頂點」に「何とも云い知らぬ妙味を覚え」たというわけだ。なお原文では「滄」は「にすい」ではなく「さんずい」が使われている。
 
青木は続ける。
 「韮菜と蒜とは、利己主義にして楽天的なる中国人の国民性を最もよく表わせる食物なり。己れこれを食えば香ばしくて旨くてたまらず、己れ食わずして人の食いたる側に居れば鼻もちならず。しかれども人の迷惑を気にして居てはこの美味は享楽し得られず。人より臭い息を吹きかけられても『没法子』(仕方がない)なり。されば人も食い我も食えば『彼此彼此』(お互い様)何事もなくて済む、これこれを利己的妥協主義とは謂うなり」。
 
 青木が「利己主義にして楽天的なる中国人の国民性を最もよく表わせる食物」と説く「韮菜と蒜」は、河東が嫌悪感たっぷりに綴った「刺戟性の頂點」に通じているように思う。
 
 閑話休題。話を河東に戻す。
  
河東はある皇帝の陵の周囲を見回して驚く。「そこらにある穗が、もう疾うくに刈り取らねばならない枯れ切っ」ているにもかかわらず、遥かに向こうまで「其の熟麥はつゞいてゐる」。
だが「誰一人刈らうとする者もなければ、鎌を磨いでゐる民家もあたりにはみつからない」。
このままでは立ち腐れてしまうであろうものを、収穫の手を動かさない。「収穫を疎かにすることは」、はたして「刹那に生きる心理の反映なのだろうか」。
 
 そんなことを考えている河東が乗った馬車の横を「馬車と競爭して驅ける子供が二人ある」。「太爺、太爺(ダンナ、旦那さん)」と声を掛けながら、「髪を振り亂し、肌をあらはにして、息を切つて」どこまでも追いかけてくる。乞食だった。その姿を見るに堪えられなくなった河東は銅銭を投げ与える。そして、こう考える。
 
 「貰ふことには勞力を吝まない、そこにありたけの執着心を持つ支那人であるから、麥の立ち腐れにも無關心で過ごし得るのだとの解釋もつかんではない」。彼の民族は「貰ふことには」執着するが、汗水たらす農作業には「無關心で過ごし得る」ということだろう。
 
 「暗い理窟ッぽい變に堅くるしい」南京を最後に、河東は支那の旅を閉じた。
    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)三島由紀夫の名作『潮騒』の島・三重県「神島」ツアーのご案内です。
三島由紀研究会主催の文学散歩、今年は潮騒の舞台となった三重県の神島を訪ねます。名作『潮騒』が発表されたのは昭和29年6月10日、今年で65周年を迎えます。
 記
日時  (新元号)6月15日(土)〜6月16日(日)一泊二日
行程  【6月15日(土)】 9:03 東京駅 ひかり465号 
9:57 三島駅乗換 こだま641号  11:08 豊橋駅着
(豊橋駅よりレンタカーにて伊良湖港へ 所要約90分)
    13:00 伊良湖港から神島観光汽船で神島へ(所要15分)13:15 神島着
    神島着後今夜のお宿「山海荘」にて昼食
    昼食後、三島先生が神島滞在中に取材の拠点とされていた元漁業組合長寺田氏邸内部の見学。その後、夕食までの時間を自由に島内散策でお過ごしください
    【6月16日(日)】早朝自由行動。早起きして日の出を鑑賞
    8:00 朝食  9:00 出発
    洗濯場−八代神社(200段の階段)−神島灯台−監的哨−ニワの浜(浜で昼食)
14:00または16:30の船で伊良湖港へ。お宿から監的哨の先までは山登りです。全行程の標高差は約150メートルです。動きやすい服装、十分な飲み物、スニーカー・運動靴等の歩きやすい靴をご用意ください。
 大まかな費用は、新幹線、レンタカー、船、宿泊費、昼食代で4万円です。島内には、コンビニも商店もありません。飲料の自動販売機はあります。天候により中止、あるいは行程の変更があります。
 関西、東海方面から参加される方は、6月15日11:00に豊橋駅新幹線改札口外に現地集合してください。鳥羽港から直接神島に渡っていただいても結構です。
*お問合せ、お申し込みは下記まで。
予約の際には、フルネーム(フリガナ)、携帯番号、集合場所
・東京駅 ・豊橋駅 ・神島直行の区別を明記してください。
また、食物アレルギーのある方は具体的な品目をお知らせください。
 m-asano-1959@outlook.jp
   (三島由紀夫研究会)



  ♪
(読者の声2)昨晩の正論大賞受賞パーティには安倍首相も飛び入りで挨拶されました。
受賞の百地教授が「前期高齢者」ではなく「元気高齢者だ」と言っておられました。
会場には保守陣営の錚々たる論客が揃った珍しい会でした。宮崎さんを遠くからお見かけしましたが、出席されておられましたよね? 
   (HF生、港区)


(宮崎正弘のコメント)はい、おりました。新風賞受賞の楊海英教授と話し込んでいるうちに、二次会に行くはずの人たちが居なくなっていました(失笑)。
     ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆⌒☆⌒☆ 宮崎正弘の新刊案内 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――日銀、財務省を批判し消費税増税に異議を唱える論客・田村秀男氏との徹底討論。
 ――米中貿易戦争は120%、アメリカが勝利する!
――トランプが米中貿易戦争を仕掛ける前に中国経済は崩壊のプロセスに入っていた!
――見えてきた危機の深層を明かす。 中国バブルはどのような結末を迎えるか?
 ――米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 ――日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
       ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 


  ♪♪♪
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス斜、1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「次に何がおきるか」。新進気鋭のエコノミスト渡邊哲也氏と白熱の討論!
 アメリカは本気で親中国家を排除する。世界は『踏み絵』を踏まされる。
 ファーウェイ・ショックはむしろ日本のチャンスだ!
 次世代通信技術のコア「5G」で世界は米中に分解、二極化する
 米中は貿易レベルからハイテク争奪、そして金融戦争へ暴走する
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/


   ♪♪♪♪
宮崎正弘『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
 いま世界的規模ですすむ反中のリアル!
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
 ●ニカラグア運河、ペネズエラ新幹線などは正式に中止
 ●インドネシア新幹線、マレーシア新幹線など中断、挫折
 ●CPEC(中国パキスタン経済回廊)危機、パキスタン債務不履行か
 ●マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
 対抗して日米豪印はインド太平洋共同軍事訓練。米豪は南太平洋のマヌス島に軍事基地を建設合意。「インド太平洋」プロジェクトへ米国は600億ドル。
 豪・NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ。英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流。ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい!
         □◇○□○ □◇◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
 お待たせしました。再版出来!
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/


<<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>>  
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/02/07

    ようやく、ベネズエラのクーデター騒ぎの本質を説明できる段階に来ました。しかし、その前に中国の思惑について触れておかなければなりません。

      ゴールドマン・ファミリーズ・グループ(旧300人委員会)の新機軸派から、ロスチャイルド家、ロックフェラー家はもちろん、フランシスコ法王、エリザベス女王も排除されている。おそらく、彼らは旧体制派と見られているのだ。

      新機軸派が目指すのは、「第3次世界大戦回避・世界の原発443基廃炉・地球環境改善・AIの産業化」だということ。この中に、新金融システムをどうするのかとか、世界をどのように運営するのかは入っていません。

      プーチン大統領は、各国の主権が尊重される多極化世界を好ましいものと見ています。トランプ大統領は、各国の主権は認められるものの、進化した国連機関と宇宙軍が地球の平和を守る、緩やかな統一世界政府が好ましいと考えています。ところが、習近平氏と氏に近い軍部は、中国を中心とする経済的帝国支配を望んでいる。彼らにしてみれば、“これまで欧米が好き放題やってきたのだから、今度は俺たちにやらせろ。あんたたちよりもずっと上手くやってみせる”というところでしょう。

      ゴールドマン・ファミリーズ・グループのメンバーの大部分は、近い将来の中国の民主化を習近平氏に期待していると思いますが、今のところ、氏にその考えはない。こうした中国の思惑につけ込んで甘い言葉を囁いてきたのが、フランスを中心とするロスチャイルド家。彼らは、自分たちのNWO計画を、中国を抱き込むことで実現しようとしている。

      中国は量子技術において先行しており、中国を中心とするNWOの実現は、十分に射程内にあります。一方、習近平氏は、中国がさらに力を蓄えアメリカを追い越して、世界の超大国として君臨するのに、ロスチャイルド家を利用している。

      ファーウェイのCFOの逮捕の真相は、“人間の脳に損傷を与え、自然生命システムを混乱させる”5G無線技術を、そのことがわかっていながら、ファーウェイが“猛烈な速度で前進していた”から。

      また、ベネズエラの紛争が“実のところは国際金融システムの支配権を巡るもの”であり、“中国勢はファーウェイを介して…新たな国際決済システムを構築しようとしていた”。

      この中国勢がファーウェイを介して構築しようとしていた新たな国際決済システムが、フランスのロスチャイルド家が中心となって構築しようとしているNWO型の独裁的新金融システムだということ。

      トランプ大統領の背後にいるQグループが、“人間の脳に損傷を与え、自然生命システムを混乱させる”、このような非人道的な方式を採用するはずがない。

      こうした中国を中心とする量子技術に基づいたNWO計画を破綻させるために、Qグループが中心となって中国に反撃をしたのが、カルロス・ゴーン氏の事件であり、ファーウェイCFOの逮捕。

      

  • 名無しさん2019/02/07

    歴史を偽造する韓国 韓国併合と搾取された日本

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%82%92%E5%81%BD%E9%80%A0%E3%81%99%E3%82%8B%E9%9F%93%E5%9B%BD+%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BD%B5%E5%90%88%E3%81%A8%E6%90%BE%E5%8F%96%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiuurumk6jgAhWGU7wKHePOAA0Q_AUIDygC&biw=1097&bih=563&dpr=1.75

    また閔妃殺害を日本人の仕業であると捏造Comments

    http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20101116/1289860727

    「はだしのゲン」と日本共産党・日教組の関係

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

    スザンヌ・ハンフリーズに死の脅迫

    https://www.jimakudaio.com/death-threat-to-suzanne-humphries

    【緊急・拡散】アイヌ新法の正体=窮民革命論(きゅうみんかくめいろん)に基づく「日本解体工作」*新たな利権、将来への布石

    https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/b74fc6a09af2d7a93baec1b60a22204e

    ベトナム戦争の韓国軍

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/2e0d2bb1eeb76735a3d81542f975aee6?fm=entry_awp

    辻元清美、韓国人の林範夫から献金!政治資金規正法抵触・別の会計処理して返金せず「返金した」と嘘http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7381.html

    憧憬

    https://www.google.co.jp/search?q=%E9%9B%99%E8%91%89%E5%AD%A6%E5%9C%92&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjuv5fVlqjgAhVBUrwKHePSCJgQ_AUIDygC&biw=853&bih=438&dpr=2.25

  • 名無しさん2019/02/06

     「次の金融危機は『従来型』ではない」とケネス・ロゴフ(ハーバード大学教授)

       「サイバー攻撃か、金利政策が突然高くなることによって」←宮崎先生、情報ありがとうございます。この世界的なハッカー攻撃による金融危機が到来したら・・・消費増税はふっとびますね!!