国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<FRBの利上げ見送りは中国経済崩壊防止のための救援策か?

2019/02/01

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)2月1日(金曜日)
         通巻第5976号     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国から、明らかな敷金洗浄。ドルの国外不法流失は2220億ドル
  FRBの利上げ見送りは中国経済崩壊防止のための救援策か?
****************************************

 FRBは、金利据え置きを決定し、市場はとりあえずの落ち着きを見せた。
じつはFRBの利上げに対しての反対圧力はトランプ大統領ばかりか、ウォール街も露骨に反対してきた。理由は利上げを行うと、ドルがアメリカへの環流を招来し、ドル高となる。反面、発展途上国は通貨安に見舞われる。

とりわけ中国はドル資金の枯渇から株安になる。
 それは中国発の金融恐慌に繋がる怖れが高いと市場は読んでいるからである(詳しくは拙著、田村秀男氏との共著『中国発の金融恐慌に備えよ!』<徳間書店>を参照)。

 世界の銀行データに関して精密は統計をとり、確度高い数字情報を出すGFI(グローバル・ファイナンシャル・インタグリティ。ワシントンのシンクタンク)は、「海外流出の不正資金調査」の最新統計データを更新した。

 ワースト一位は言及するまでもなく中国である。
2006年から15年までの十年間に、2220億ドルの巨額が海外へ流失した。この一覧ではロシアなどの他に429億ドルがメキシコから、337億ドルがマレーシアから流れ出た。意外な国にはバングラデシュだった。同期に817億4000万ドルが不法に海外に流出したことが分かった。

 一方、アップル従業員で自動運転の機密を盗んでいたとしてFBIは、サンフランシスコにある自動運転研究ラボに勤務していた陳某を逮捕した。
 アップルは機密の技術情報が中国に盗み出された事案に対応するため、同センターから200名のレイオフを発表した。
     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  << 書評特集 >> 
  @@@@@@@@@
  西岡力『歴史を捏造する反日国家・韓国』(ワック) 
  関岡英之『帝国陸軍、知られざる地政学戦略――見果てぬ「防共回廊」』(祥伝社新書) 
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 その残忍、非道、悪逆はナチスよりひどい
  金正恩と文在寅のやっていることは、もっと醜悪で残酷である。

  ♪
西岡力『歴史を捏造する反日国家・韓国』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 北朝鮮に擦り寄り、自由民主主義国家である筈の韓国を全体主義に売り渡そうとしている発狂的政権が、いまソウルにある。
 基本認識として西岡氏は「いまの韓国は軍部と司法を解体する左翼クーデターが進行中」と解析しているが、的を射ている。
なにしろ過去二人の大統領を刑務所にぶち込み、朴権惠政権で最高裁判所長官だった人物を逮捕するという、無法。これじゃ、異母兄、叔父を殺し、政敵を処刑・殲滅し、独裁を強めるピョンヤンの独裁者と、その本質は同じではないのか。しかも娘一家ははやばやと海外へ移住している。
 金正恩と文在寅のやっていることはナチス顔負け、いやもっと醜悪で残酷である。ちなみに「文在寅」と「問題人」とは、「ムンジェイン」と発音が同じ。
 西岡氏はこう言う。
 文政権は、「共産主義から反日差別主義的な民族主義に支えられたファシズムに変質した」(10p)
 「金大中が大統領になって『太陽政策』と称して大々的に北朝鮮への経済援助を行った(中略)。十年間で70億ドル相当だったと李明博政権が発表した」(58p)。
 その李元大統領を敵視し、文在寅は、言いがかりをつけて、大統領経験者を刑務所にぶち込んだが、直前に李明博大統領はこう言っている。
 「わたしたちが血の汗を流して成し遂げた自由民主主義体制を(文在寅政権が)瓦解させようとする意図があるという結論になりました」(154p)

 その韓国は日本に対して侮辱を繰り返し、「慰安婦」「徴用工」「旭日旗」で、理不尽な、国際法を無視した要求を突きつけてきた。
このままでは日韓断交にいたる怖れさえある。じつは韓国の保守系知識人はそのことを懸念している。市井のひとびとは、具体的なくにの崩壊の実態を深刻には認識していないが、それでも文在寅への支持率は急減し、不支持が上回った。
 この実態を日本人は知らなすぎるばかりか、韓流ドラマに熱狂し、韓国の俳優や歌うたいを追っかけるという、国際常識から言っても異常な反応を見せている。
 西岡氏の講演を評者(宮崎)は過去の三回ほど拝聴したことがあるが、さすがに韓国内部事情に詳しく、また人脈が広いので情報源には信頼性がある。ともかく拉致問題の解決のために粉骨砕身、一途なのである。
 本書は『WILL』に連載された論文の集大成だが、かえって時系列に整理されているので、本質的な問題の在りか、韓国世論の変貌ぶりが手に取るように理解できて有意義だった。

      ○△□☆◎○△□☆◎○△□☆◎△□○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 日本軍人と大陸浪人らが描いたアジアの夢はかくも壮大だった
  チベット、モンゴル、ウィグルの独立を支援し、秘密工作は進捗していた

   ♪
 関岡英之『帝国陸軍、知られざる地政学戦略――見果てぬ「防共回廊」』(祥伝社新書)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 本書は『帝国陸軍、見果てぬ「防共回廊」』(祥伝社)の改訂増補版で、最新のウィグルの動きなどの、新らしい情報が相当量、加筆されている。
 ともかく評者(宮崎)は、原版がでた直後に下記の書評を書いた。この度の新版を評するに、下記を再録することにしたい。

   ▽
 月並みな言葉を用いれば「近現代史の空間にぽっかり空いた穴を埋めた」秀作であり労作である。不都合なことが多い所為か正史からきれいさっぱりと消されていた驚くべき事実が、最近公開された機密文書、公電から徐々に明らかにされ、当時の日本の壮大な秘密工作の全貌、すなわちシナ包囲網の構築、そのユーラシア戦略の希有壮大さが、ようやくにして浮かび上がった。
 ただし本書は過去に山のように出された大陸浪人伝や馬賊物語、日本人のマフィアまがいの血湧き肉躍る活劇冒険譚とは、まったく基本の性格が異なる。小日向白朗や野中進一郎といった馬賊になった日本人等は日本の戦略的ヴィジョンとは関係のない地点での活躍であった。
 それにしても労作だ。
 関東軍の「秘密工作」と諜報活動に携わった人等の、当時の雑誌にちょっと書いた論文等や人名録をたよりに、或いは引き揚げてきた人の遺族を三年がかりで訪ねあて、残っている写真やら遺品をヒントに、この作品は自らが歴史探偵となって進むベッド・ディテクティブの趣き。いや、ヒストリー・ハンターと形容した方がぴったりかも知れない。
 つまり旧満州とモンゴルーウィグルに「親日国家群」を樹立させようとして獅子奮迅の活躍をした民間人、大陸浪人、シナ通、イスラム教徒、軍人。その背後には政治家と官僚たちが「国益」「国家目標」を共有できた、あの熱血の精神があった。
 中央でこれらの作戦を立案し、推進させたのは森銑十郎、板垣征四郎らである。辻政信や東条英機も、その戦略的人脈から言えば直系である。
しかし現代日本の若者は所謂「太平洋戦争」史観と「東京裁判」史観で洗脳され、なんだか日本が侵略戦争をしかけたような間違いを信じており、マスコミがいまも嘘を垂れ流し続けているため、基本の知識がない。
いきなりこの本を読んでも、あのとき日本が置かれた国際環境やリアル・ポリティックスの時代背景も理解できないだろう。

 東京英機は「西北シナに潜入せよ」という密命を出す。いまのフフホト(当時は「厚和」といった)にあった興亜義塾に学ぶ二人の男がいた。
西川一三(かずみ)と木村肥佐夫である。かれらは「モンゴル語、北京語、ロシア語や現地の地理、歴史、政治経済などの学習と軍事訓練にいそしみ、その後さらに一年間、モンゴル人ラマと起居をともにし、一モンゴル人になりきるべく、その風俗習慣を徹底的にたたき込んだ」と著者はかれらの活躍を活写し始める。
 西川は「残置諜者」(忍者用語で言えば「草」)のごとく「モンゴル人ロブサン・サンボー」と名乗り、以後終戦を挟んで八年間、アジア各地を放浪した。
 現在の内蒙古省にあたる地域は日本の勢力圏だった。
 「その西方に位置する寧夏省、甘粛省、青海省は敵地であり、中国国民党、中国共産党の漢人、モンゴル人、チベット人、ウィグル人などの各民族や、当時『東干人』(トングァン)と呼ばれた回民(中国ムスリム)などの諸勢力が割拠してしのぎを削る危険地帯」であった。
 西川はこれらの地区で諜報活動をしながら、さらに西へすすむと「ソ連からの援蒋ルートを目撃する。北方からドラム缶や平気を満載したトラック隊が土煙を上げて姿を現し、航空機が甘粛省の省都蘭州方面へ爆音」を響かせていた。命がけの密偵等はなぜそうした危険を冒してまでも祖国に尽くしたのか。密命の背景にある巨大な日本の構想とは、「西北民族の包囲網を以てシナを攻略するという一大政策であり、蒙古族、チベット族を友として漢民族を包囲する体制を作り上げることこそシナ事変解決の鍵であった」からだ。
 西川はやがてチベットへ潜入した。
 そこで日本の敗戦を知る。ヒマラヤを越えてインドで初めて(八年間の密偵生活のなかで、初めて)日本人と見破られた。相手は日本の支援で訓練を受けインド独立のためにチャンドラ・ボーズ軍で戦った親日派のインド人だった。
終戦を知らされても「草」の任務をまっとうするために帰国に及ばず各地に潜行した西川がようやく帰朝して、『秘境西域八年の潜行』という本を書いた。それを高校時代に読んで感動したのが著者の関岡氏で、本書を執筆する原動力となったという。

▲シナの四周を親日政府で固めよ

 「1933年一月、関東軍は陸軍きってのモンゴル通と言われた松室孝良大佐を(中略)、関東軍司令部付とし、熱河省の承徳特務機関長に任命した」。
かれは陸軍士官十九期、「張家口を拠点に二年間、内モンゴルや西北各地を視察し、西の果ては甘粛省涼州(現代の武威市)にまで到達した」と別の任務を背負った松村大佐の物語が平行する。
潜入した先で軍閥のボスと意気投合したり馬賊や山賊に捕縛され脱出したり、私たちが知る小説『夕日と拳銃』(壇一雄)の伊達順之助の世界だ。いや、このあたりを舞台にしたのは胡桃沢耕二だった。 
しかし松室の任務は何だったか?
「当時、関東軍は満州帝国の四周を睨み、土肥原賢二少将率いるハルビン特務機関がシベリアでの諜報活動、板垣征四郎少将率いる奉天特務機関が華北分治工作、そしてこの松室孝良大佐率いる承徳特務機関が内蒙工作を展開するという三正面作戦を構えた」
密命の中味とは「満州帝国の姉妹国として、内モンゴル全域を領土とし、チベット仏教を国教とする独立国家『蒙古国』を樹立せよ」
さすれば、甘粛省から東トルキスタンへ至るイスラムの地域にも独立の気運が伝播し、チベットもモンゴルに呼応し、「日本を中心とする満州国、モンゴル、回教国、チベットの環状同盟を形成」するという壮大無比、「ついには全アジア民族の奮起を促し、アジア復興を達成しうる」
これが日本の戦略だったのである。勇躍してかれらは敵地へ潜入する。軍事情報を集めながら日本の同盟軍となりそうな有力者や軍閥の発見にも努める。しかも各地では反漢族感情が強く、日本への期待は強烈であった。
 ウィグルでは東トルキスタンが独立し、やがて中ソの陰謀で木っ端みじんに解体されるのだが、日本の密偵が少数、現地にもぐった。
大半は敦煌、蘭州あたりで回民の軍閥に邪魔された。だが回民軍閥も共産革命樹立以後は毛沢東によって粛正され、或いは少数が蒋介石について台湾まで逃れた。日本軍は東ウィグルへ到達できなかった。
 蒙古を独立させるために獅子奮迅の活躍をしたグループは、巧妙争い、セクト争いを繰り返しながらも徳王、粛親王を助け、一時的には政権を樹立した。

 ▲熱血、流血、惨血、敗戦。そして革命

 こうして著者の関岡氏は近代・現代史の空白を埋めるべく資料を丹念に読み込み、図書館へ通い、関係者にインタビューを繰り返し、ようやくその全貌を掴んだ。
あの時代、いまの若者が及びも付かない壮大な浪漫に命をかけた熱血の日本人がいた。
 だが全ては太平洋戦線における作戦の齟齬、物量補給路の切断、兵站の維持不能などによって敗戦に追い込まれ、日本の夢ははかなく消えた。
満州族、蒙古族、ウィグル、チベットの民が、以後どれほどの苦しみに呻吟し、いまも中華帝国の圧政に苦しんでいるか。もし日本に責任があるとすれば、戦争に敗れたことである。
      ○△□☆◎○△□☆◎○△□☆◎△□○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ 読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)先般のテレビ番組で、宮崎さんが「日本の物価は国際比較しても安い。だから外国人がこんなに押し寄せるのです」と説明されていましたが、ちょっとピンと来ない。具体的に説明をしていただけませんか?
   (HJ生、大和市)


(宮崎正弘のコメント)バブル時代、物価比較の指標はPPP(購買力平価)を「ビッグマック指標」でみていました。
マクドナルドのハンバーガーの価格を国際比較して、PPPを決めていた。筆者にしてみると、この指標は古いし、世界全体を比較するには不適切な要素もあります。
 マックは旧東欧やロシアではまだ高級品。中国でも庶民は手が出ないし、アジア全体でいえば「吉野屋の牛丼」がPPP比較には良いかも。
 ともあれ、長いデフレで、物価上昇が見られず、実質賃金が下降しているのが日本経済。
 コインひとつでトンカツが食べられますし、レストランは香港、台湾、上海と比べても日本のほうが安いです。ホテル代金も、日本には駅前ビジネスホテルにとまると、アジア諸国の首都のホテルより安いと言えます。
 タバコ一箱の値段は米国で13ドル(1450円ほど)、ロンドンは12ポンド(1800円)。英国に準じる香港、シンガポールも同じですし、マレーシアもタバコを値上げしたので、日本より高くなりました。欧州の免税店のタバコが日本のコンビニで買うより高いのですから。
 こうなれば、海外から日本に押し寄せる観光のインバウンドが増えるのは当然でしょう。箱根、石和温泉など、新宿や池袋と変わらないほど外国人の比率が高いです。



  ♪
(読者の声2)貴著新刊『2019年大分断する世界』(渡邊哲也氏との共著、ビジネス社)を拝読しましたが、私の知らない「事実」が満載で、今年の本で一番excitingな内容でした。(まだ、今年は一か月が経ったばかりですが)。
 まずp32:「中国大陸が自動運転のコンピュータ化を進めるのに非常に有効な地域である理由」
 p35:「日本の原発が特定地域に集中した理由」
 p.38:「太陽光発電買い取りについて、 孫正義の挙動」
p.111:「戦争を始めるとすれば 南シナ海だろう」
p.116: 「中国だけを内側に潰していくのが最適解、それを成し遂げるためにはいまはスピードが速すぎる」
p.122:「日本企業の経営者は韓国から一日も早く撤退せねば」
p.141:「1999年、朝銀大阪幹部の国会における驚愕の証言」
p.188「トランプは再びロシアをG8に戻そうとしている」
など私は全く知りませんでした。最終的に 渡邉哲也さんの結論は「日本政府、企業、ともに国家の安全保障を第一に考えていない」
 まったく日本政府も企業も目覚めよ!
   (AO生、伊豆の国市)



  ♪
(読者の声3)「226事件について」。この事件を軍全体のクーデタとみるのは間違いだろう。反乱首謀者は君側の奸をのぞいて一君万民の天皇親政国家を作ろうとしていたからだ。
 これには時代背景があった。1929年以来の米国大恐慌の影響で日本国内は大不況になり国民は苦しんでいたからだ。それを一部の金持ちが富を独占しているという誤った考えで、一部若手軍人が直情径行的に決起した。
これは国際政治や経済、国家経済の理解ができなかったからだ。
 知人の元大本営参謀(大佐)をされた方は、当時日本の行方が心配で3日も眠れないほどだったという。国民は皆真面目であり真剣だったのだ。
昭和天皇がお怒りになられたというのは、高橋是清のような日露戦争の国難で日本を救った重臣を暗殺したからだ。この事件は外国はどうみたのか。ソ連スパイのゾルゲは大雪の日に起きたこの事件を忠臣蔵に例えて優れた状況報告を送ったのでソ連諜報部が内部の新聞に公開掲載した。
このためゾルゲは身元が割れることを恐れてパニックになったという。実際は分からず5年後の1941年にに逮捕された。
 NHKは占領軍放送の置き土産だからいまだに反日の「深層はかうだ」報道を続けているのだろう。
もっぱら日本の再軍備の妨害を使命としている。しかし時代は大きく変わっている。NHKは長年の反日誤報道を国民に謝罪し、政府はNHKを解体すべきだろう。
  (落合通夫)
    ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ 宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店) 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――日銀、財務省を批判し消費税増税に異議を唱える論客・田村秀男氏との徹底討論。
 ――米中貿易戦争は120%、アメリカが勝利する!
――トランプが米中貿易戦争を仕掛ける前に中国経済は崩壊のプロセスに入っていた!
――見えてきた危機の深層を明かす。 中国バブルはどのような結末を迎えるか?
 ――米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 ――日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
       ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊案内 宮崎正弘の新刊案内 宮崎正弘の新刊案内  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  
   ♪♪
宮崎正弘『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価★1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
 ●ニカラグア運河、ペネズエラ新幹線などは正式に中止
 ●インドネシア新幹線、マレーシア新幹線など中断、挫折
 ●CPEC(中国パキスタン経済回廊)危機、パキスタン債務不履行か
 ●マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
 対抗して日米豪印はインド太平洋共同軍事訓練。米豪は南太平洋のマヌス島に軍事基地を建設合意。「インド太平洋」プロジェクトへ米国は600億ドル。
 豪・NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ。英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流。ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい
          

  ♪
絶賛発売中!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス斜、1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「次に何がおきるか」。新進気鋭のエコノミスト渡邊哲也氏と白熱の討論!
 アメリカは本気で親中国家を排除する。世界は『踏み絵』を踏まされる。
 ファーウェイ・ショックはむしろ日本のチャンスだ!
 次世代通信技術のコア「5G」で世界は米中に分解、二極化する
 米中は貿易レベルからハイテク争奪、そして金融戦争へ暴走する
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
       ◇□◇○□○ □◇◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/

♪♪  
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
AIで米国を凌駕する中国が「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

<宮崎正弘のロングセラーズ>  
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632
   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、海外取材のため2月9日―13日が休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。