国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国新幹線(高速鉄道)は借金も「高速増殖」

2019/01/31

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)1月31日(木曜日)弐
         通巻第5975号     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 北京交通大学都市化研究センターは研究成果を発表
  中国新幹線(高速鉄道)は借金も「高速増殖」させた
****************************************

 昔々、日本の国鉄は慢性的赤字、士気の弛緩、親方日の丸、労働組合の過激化と国民から総スカンを食ったストライキなどの理由で赤字経営を続けた。
侃々諤々の議論のすえに民営化され、累積債務は「国鉄清算事業団」に移された。その債務残高は24兆円だった。

中国の鉄道は世界一の営業キロを誇り、127000キロ。このうちのおよそ2割(25000キロ)が、新幹線(中国は「高速鉄道」という)である。

 先ごろ発表された北京交通大学都市化研究センターの研究によれば、「中国新幹線(高速鉄道は)は借金も「高速増殖」させた」として、累積債務を707億ドル(邦貨換算78兆円)と見積もった。

 同センターに拠れば、黒字区間は「北京―上海」と「北京―広州」の二つだけ。ほかはすべて赤字。ちなみにコストvs効果計算で、北京―上海の乗客はキロあたり4800万人、もっともひどい赤字区間は「蘭州―ウルムチ」で、キロあたり230万人。ちなみに日本のJRの新幹線のそれは平均でキロあたり3400万人。

 この無謀とも発狂的とも言える鉄道建設は、悪性のスパイラルへ向かって暴走、突進を続け、幽霊都市を建設して業界を存続させてきたように、国有企業の中国鉄道建設と系列の企業群の延命だけが目的だったのか。
  2005年からつもりに積もった累積赤字78兆円というのは、日本の旧国鉄の赤字の三倍規模にあり、近未来におこるであろう、恐怖のシナリオが見えてきた。
     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ 宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店) 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――日銀、財務省を批判し消費税増税に異議を唱える論客・田村秀男氏との徹底討論。
 ――米中貿易戦争は120%、アメリカが勝利する!
――トランプが米中貿易戦争を仕掛ける前に中国経済は崩壊のプロセスに入っていた!
――見えてきた危機の深層を明かす。 中国バブルはどのような結末を迎えるか?
 ――米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 ――日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!
 https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/

☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1851回】                
――「支那はそれ自身芝居國である」――河東(9)
河東碧梧桐『支那に遊びて』(大阪屋號書店 大正8年)
 
         ▽
 「時代の變革は、最も民衆に近い藝術に反應する、といふ民衆對藝術觀から言へば」、「支那の自覺は先づ劇に始まる、支那を救ふが爲めには、政治論よりも貨幣論よりも、價値ある芝居の創造を第一にすべきだ。そんな氣もするのだつた」との直感は鋭い。
当時勃興した新文化運動を担ったのは、旧い京劇の抜本改革と新しい話劇の振興運動だったのだ。
 
 「其後北京に出て」、「たしか廣?樓とか言つた寄席類似の小屋で丁度始まつた梅蘭芳の芝居を見に往つた」。旧来からの「生(たちやく)」が主体の伝統舞台に革命の風を巻き起こし、梅蘭芳が「旦(おやま)」を主役とする演目に新境地を切り開き、新たな観客層の開拓に努めていた頃である。
 
 梅の舞台を「其の容貌、其の肉聲、其の所作は、支那芝居に最も缺けてゐる、最も閑却されてゐる、事相に伴ふ感情の表現を、比較的に豐富ならしめた」と評し、「支那芝居は單に寫實劇に推移するものではない、一人の梅を待つてそれがオペラにも開展して行く可能性を持つてゐる。そんな感想も浮かぶのだつた」と。やがて「そんな感想」は現実化した。
 京劇は梅によって「オペラにも開展して行」ったのだ。ペキン・オペラへの誕生である。
 
 寧波を離れる直前、七塔法恩寺という大きな寺に赴く。
「一人の磊落な坊さんが出て來た」。「この僧侶は滅多に人には見せない、自分で樂しんでゐる現世極樂を持つてゐるとの事」であり、その「現世極樂」に案内してもらった。寺の奥まった一角の小部屋がそれだ。
 
 「中にはいつて見て、私の夢は覺めた、九天の空から奈落の底に突き落とされたやうに、私の空想は叩きつけられた」そうな。
それというのも、「現世極樂」の実体が「四方の壁と天井の眞中の明りとを除いた部分とに、一面に鏡をはめて、其のひまひまに、縮緬の派手な切れで作つた住吉踊のやうな瓔珞類似のもの、人形寶石等を飾りつけたもの」だったからだ。極楽などといえたような代物ではない。単なる子供騙しだ。
 
 「気骨ある、支那僧侶中の出色の人」ともあろうものを、チャチな仕掛けに現を抜かす。「眞面目なのか、それともトボケてゐるのか」。だが、だからといって「この一事を基點として、支那僧侶の思想や道?問題にまで説き及ぼさうとも考へない」。それというのも河東は「『現世極樂』とか『碧落?泉』とかの文字の意味あひで、人を或る處にまで釣り込む手段の巧妙さを考へずには濟まなかつた」からだ。
 
 毛沢東の時代を振り返れば必ずといっていいほどに付き纏う「百花斉放 百家争鳴」「大躍進」「愚公移山」「超英趕美」「自力更生」「為人民服務」から始まって、鄧小平の「先富論」に「韜光養晦」、江澤民の「三個代表論」、胡錦濤の「和諧社会」、習近平の「中華民族の偉大な復興」「中国の夢」などなど、「文字の意味あひで、人を或る處にまで釣り込む手段の巧妙さ」は数え上げたらキリがない。
 
 かくて「支那人の先天的に豐富な芝居氣を享け持つてゐることに想到」した河東は、彼らは「殊更に企むことなしに、それぞれの職業なり地位なりに相應する芝居を演ずる敏感性を持つてゐる」と注意を喚起し、併せて「善い意味に於て、支那人は誰もが役者の素質を具有してゐる。支那はそれ自身芝居國である」と「直覺」するのであった。
 
 蘇州を歩き杭州を愛で、「私はもう支那の名所舊跡の、たゞ名許りあつて其の實の廢滅した落寞な悲慘な跡を見るに可なり飽いた」。
だが、それは河東が日本人だからだろう。
 
「面白いのくだらないのと明快な判斷を下だすのを辛棒して、さういふ判斷から超越して、たゞぼんやり長袖緩歩で、ノロノロぐにやぐにやしてゐなければ、支那を知る事は出來ないかもしれない。
日本のやうな島國の物尺は、支那の大陸には當て嵌らないのかも知れない」。やはり「たゞぼんやり長袖緩歩で、ノロノロぐにやぐにや」でないと・・・ 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ 読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)YouTubeをぶらぶら見ていたら以下の記事を見つけました。「昭和天皇が見
た生涯で一度だけ激怒した姿 〜元側近が語る胸の内〜」
https://www.youtube.com/watch?v=4cu5-yGnrFA
 皇居の記帳台で記帳された「お帳」を侍従の中村氏が毎日天皇陛下の御座所にお持ちしていたが、昭和62年2月27日に御座所のドアから怒鳴り声が聞こえてきた。NHKテレビの特集番組をみていられたようで、その内容にご立腹されたようだ。
中村侍従は侍従在職中昭和天皇が怒ったことをこの時以外にみたことがないとのことでよほど陛下はご立腹されたのであろう。幸いにもその特集番組YouTubeで視聴することができます。
「NHK特集「ニ・二六事件 消された真実 〜陸軍軍法会議秘録」
https://www.youtube.com/watch?v=_Yu70Jp1g5A
 要するに、その当時あらたに発見された匂坂(さきさか)検察官が密かに保管していたニ・二六事件関連の資料を解析すると、以下のことが推測できるということです。
1.真崎大将を首魁とする皇道派の将官が26日の早朝に会合を開いていた。
2.陸軍の行った裁判の関係者は、陸軍の将官が自分たちが権力を握るために事件を青年将校に起させたということが世に知れると陸軍としてはこまるので、裁判をうやむやにした。
 私には発見された資料からどうしてこんな結論が出てくるのか不思議です。
恣意的な解釈と私は思います。それはさておき、昭和天皇が側近がそれまでみたことのない怒りの表情を見せられただけでなく、怒鳴られたということは、この結論が昭和天皇がその時点で理解していた内容と全く異なりかつ不当なものであったということです。
 真崎大将が事件発生前から自分を慕ってきた青年将校たちに自重するように度々いってきたことは、公知の事実です。
事件勃発後も自ら青年将校たちのもとに出向いて自重するよう必死に説得活動を行ってきたことも公知の事実です。ただし、特集番組の中では真崎大将が使嗾したようにほのめかされています。
陸軍大将が事件の背後にいたとなると陸軍に都合が悪いのでうやむやにしたなどという結論は全くの的外れです。真崎大将は一年間厳しい尋問を受けたにも関わらず何も問題とすべき点がなかったので起訴できなかったのです。
事件後、陸軍の権力を握った人たちにとって真崎大将を葬り去るのが一つの大きな目的であったにもかかわらず、何も付け入る隙がなかったのでうやむやにせざるを得なかったというのが実情でしょう。
では昭和天皇が何故激怒されたのでしょうか。
以下の昭和天皇の言葉が謎を解きます。
 戦後真崎大将の長男の真崎秀樹氏は昭和天皇の通訳を25年間なされました。宮中では天皇陛下がどんなに気に入っている者でも80歳で退職するのが決まりでしたが、陛下がこの述懐をなされたとき真崎秀樹氏は80歳をこえていました。
 部屋に昭和天皇と真崎秀樹氏だけがいたとき、陛下は窓の外を見ながら以下のとおり云われました。
「私がお前をその年でも使っているのは、お前が真崎甚三郎の長男だからだ。私は今までに三回判断を誤った。」
私はこのことを昭和天皇の信頼が篤くかつ真崎秀樹氏と親しかったある方からお聞きしました。
勿論、三回の内の一つはニ・二六事件の際真崎大将を中心とする皇道派の将官が自身が権力を握るために青年将校を煽動したと誤って判断したことです。
後に逆に真崎大将を追い落とすために青年将校をそそのかし背後に真崎大将がいたように見せかけていたのだと気付かれたのでしょう。私は陛下がお気づきになられたのはおそらく昭和30年頃ではないかと推察いたしております。その方が陛下のそば近く使えるようになったのがそのころだからです。昭和天皇が判断を誤るように誤情報を伝えた人物(二人)もわかっていますが、ここでは述べません。

 では残りの二回はいつかということになります。大東亜戦争開戦を決めた御前会議ではありません。昭和天皇は明治天皇、大正天皇に倣われ閣議が全会一致したことは、自分の意に沿うか否かに関わらず裁可されました。
したがって、閣議で全会一致した場合ご自身が判断をお示しになる余地がありませんでした。私は、残りの二回の内一回は何時であったか確信をもっています。差しさわりがあるのでここでは述べません。残りの一つは正直言ってわかりません。
いずれにしても、何故あのような間の抜けた結論、あるいは意図的な悪意に満ちた結論をNHKテレビは特集番組として放送したのか、啞然とするしかありません。
 平成25年2月にもNHKの同事件に関する特集番組がありました。これもYouTubeで視聴できます。
「近代日本最大のクーデター、二・二六事件」
https://www.youtube.com/watch?v=eEJ1Q0ukoco
 腑抜けた内容の番組ですが、最後に御厨氏がいった二・二六事件がなかったら日本は戦争に向かわなかったであろうという発言は当たっています。
ただし、その理由は御厨氏の意図とは全く違います。当時真崎大将は英米派と云われていました。これは、日本派(愛国派)であるからこそ、日本を守るためにはドイツではなく英米との協調関係を重視しなければならないというものでした。二・二六事件が起きず、真崎大将の意図が正しく日本の軍事方針・外交方針に反映されていたら、日本は戦争に向かわなくて済んだはずです。
また真崎秀樹談、読売新聞社編、「側近通訳25年 昭和天皇の思い出」の第六章「真崎大将と二・二六事件」を読んだところ、「陛下が真崎甚三郎をどう見ていたか、何も根拠がないのです。私自身、陛下のお言葉なり何なりから察することは何もありません」とあります。陛下の述懐に触れないようにするには、こういうしかなかったのでしょう。しかし、それ以外は上記の私の推察と符合しています。
   (當田晋也)



  ♪
(読者の声2)(日本文化チャンネル桜)から番組のお知らせです。
番組名:「闘論!倒論!討論!2019 日本よ、今...」
テーマ:「中国(習近平)が今狙っているもの」(仮)
放送予定:平成31年2月16日(土)夜公開。日本文化チャンネル桜。「YouTube」「ニコニコチャンネル」「Fresh!」オフィシャルサイト。インターネット放送So-TV
<パネリスト:50音順敬称略>
 石平(評論家)、田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員)、
坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師)、福島香織(ジャーナリスト)
宮崎正弘(作家・評論家)、用田和仁(元陸上自衛隊西部方面総監 陸将)
渡邉哲也(経済評論家)
司会:水島総(日本文化チャンネル桜 代表)
(日本文化チャンネル桜)
    ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊案内 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  
   ♪♪
宮崎正弘『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
 ●ニカラグア運河、ペネズエラ新幹線などは正式に中止
 ●インドネシア新幹線、マレーシア新幹線など中断、挫折
 ●CPEC(中国パキスタン経済回廊)危機、パキスタン債務不履行か
 ●マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
 対抗して日米豪印はインド太平洋共同軍事訓練。米豪は南太平洋のマヌス島に軍事基地を建設合意。「インド太平洋」プロジェクトへ米国は600億ドル。
 豪・NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ。英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流。ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい
          

  ♪
絶賛発売中!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス斜、1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「次に何がおきるか」。新進気鋭のエコノミスト渡邊哲也氏と白熱の討論!
 アメリカは本気で親中国家を排除する。世界は『踏み絵』を踏まされる。
 ファーウェイ・ショックはむしろ日本のチャンスだ!
 次世代通信技術のコア「5G」で世界は米中に分解、二極化する
 米中は貿易レベルからハイテク争奪、そして金融戦争へ暴走する
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
       ◇□◇○□○ □◇◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/

♪♪  
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
AIで米国を凌駕する中国が「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

<宮崎正弘のロングセラーズ>  
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632
   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、海外取材のため2月9日―13日が休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/02/01

    中国新幹線大赤字興味深いです。

  • 名無しさん2019/01/31

    2005年からつもりに積もった累積赤字78兆円というのは、日本の旧国鉄の赤字の三倍規模にあり、近未来におこるであろう、恐怖のシナリオが見えてきた。

  • 名無しさん2019/01/31

    インフルエンザ予防のワクチンや感染後の治療薬が幅を利かすシーズンですが、その怪しさに我が意を得たり!の記事を2つ取り上げました。

      ザウルスさんご紹介の研究論文によると、ワクチンを接種した人は感染後、通常の6倍ものウイルスを撒き散らすことが分かったそうです。しかも同じ論文では、ウイルスの感染が、くしゃみや咳などの飛沫や接触がなくても、ただ単に感染者がそばにいるだけで確実に拡散してしまうことも判明したそうな。結論として「ワクチンを接種した人が近くにいるとインフルエンザ・ウイルスに晒される確率が高まる」そうです。予防効果すらないワクチンを受けるのはよしましょうよ、はた迷惑な。

      なお、日本人の大好きなマスクですが、普通のマスクでは「ウイルスはスースー通過」するため、意味がないかと思いきや、ザウルスさんはその保湿効果が大事だとして勧めておられます。

      また散々ニュースになった「インフル転落」ですが、インフルエンザで?と疑問を感じた方も多いのではないでしょうか。ワンダフルワールドでは明快に「タミフル転落」とすべきだと指摘されていました。タミフルの副作用として転落などの異常行動は明記されており、それをあえてインフルが原因であるかのようにすり替えるのは犯罪的です。

      さて、もうご存知の方も居られると思いますが、インフルを見分けるのは検査よりも、喉をチェックする方が簡単で確実だそうです。もっとも製薬会社は大反対するでしょうけれど。

    https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/985fba2b63bf191b05034eb453c0e6bd

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=2034

  • 名無しさん2019/01/31

    邪悪な人口削減マニアのビル・ゲイツ氏は、自分の子供に対しては“何の注射もいらない”と宣言した。彼の個人医だった人物が、うっかりと喋ってしまった。

      カリフォルニアの富裕層の家族は、宗教的な理由でワクチン接種を免除されている。なんでも、富裕層は自分の子供が“ワクチンで自閉症になる危険を犯したくない”ということ。

      こうしたリスクは、“毎年のインフルエンザワクチン”にも当てはまるようで、私などは、インフルエンザワクチンを打って、なおかつインフルエンザに罹った人がかなり危ない、と思った。

      免疫力による治療メカニズムは、38.5度を超える発熱で誘導される。

    ヒポクラテスの言葉「患者に発熱するチャンスを与えよ。そうすればどんな病気でも治してみせる」

      ヒポクラテスにすれば、インフルエンザに罹って高熱を出している患者は、治療の最大のチャンスだ。現代医学で匙を投げられた患者の最後の頼みの綱は、「38.5度を超える発熱」なのかも知れないのですが、医者は、人為的に熱を下げてしまう。

  • 名無しさん2019/01/31

    高速鉄道など、国有企業の膨大な債務は、簿外に移し、簿外債務は100年かけて返済するよう会計規則を変更すればよいのではないでしょうか。そうすれば、表向き株価は維持することができ、空売り禁止の措置と相まって、株の暴落を防止することができます。不動産も一定価格以下の投げ売りを禁止すれば、暴落を防ぐことができるでしょう。政府は、どんどん紙幣を刷ってばらまけば、経済崩壊を防ぐことはできるのではないでしょうか。人民元の暴落が弱点ですが、金融は解放されていないので、時間を引き延ばすことができるでしょう。ドルの調達は困難となりますが、人民元建ての国債を人民が買う限り、(株より安全だから国債に向かうでしょう)中国経済の崩壊はないと思えますが、いかがでしょうか。ご教示をお願いします。(ぽこぽん)