国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <ジョージ・ソロスが爆弾発言、右翼より右翼的

2019/01/25

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)1月25日(金曜日)弐
         通巻第5969号    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ) 取材旅行のため1月27−28日は休刊の予定です。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 ジョージ・ソロスが爆弾発言、右翼より右翼的
  「習近平は自由社会にとって、もっとも危険な敵である」
****************************************

 民主党支持者、リベラル派の頭目、反トランプの急先鋒としても知られる投機家のジョージ・ソロスはことしもダボス会議に乗り込んでスピーチした。
 1月24日の分科会と、引き続いての新聞記者との夕食懇談会において、ソロスはこう言った。

 「習近平は自由社会に対するもっとも危険な敵だ」と。
 なぜなら「習近平は富裕で、強力で、しかもハイテクで進歩が著しい中国のトップにあり、国民をデジタルシステムで管理し、支配しており、やがて人間の支配者になろうとしているからだ」。

 ソロスはハンガリーから英国へ亡命したユダヤ人で、青年期はロンドンのザシティで使い走りから身を起こし、経済の現場で株取引の遣り方を学び、独自の方法論を確立した。かれの設立したクアンタムファンドは年率24%の高配当を記録し、さらには英国ポンドに挑戦して10億ドルを稼ぎ出したという伝説の投機家となった。
 同時に旧東欧諸国の自由民主団体に献金を繰り返し、「オープン・ソサイアティ」と設立してバルト三国に民主化や、近年はウクライナの反ロシア運動で影の黒幕と言われた。

 しかし米国ではあまりのリベラル思想と、見え透いたフィランソロフィ(社会奉仕、慈善活動)を偽善とみて不快感を示す向きも多く共和党支持の右派からは蛇蝎の如く嫌われていた。
NYの別邸に爆発物を送られたこともあった。
     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
◎ 読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)韓国海軍による火器管制レーダー照射問題、日本側が実務者協議を行わない(もう相手にしない)と表明したところ、今度は自衛隊機が低空飛行で威嚇を繰り返しているとの言いがかり。
韓国の虚言癖&ストーカー体質には呆れ果てて言葉もありません。
 ネットでは「韓国人は嘘をついていないと死んでしまう病気」、「声闘(ソント)では一瞬でも言い淀んだら負け」など、大手マスコミの韓国擁護論など誰も相手にしていない。野党のかなりの部分や自民党の中にも帰化や背乗りの勢力が多いのでしょう。
 モリカケであれほど騒いだ野党も妙におとなしい。立憲民主党は伊勢神宮を参拝してみせたり、共産党の赤い小池(都知事は緑の小池)は神社の前での写真を公表したり(犬の散歩のついでですが)、日本人アピールに必死のようです。
 日韓関係が破綻し日韓戦争ともなれば「余命」の過去記事のように反日組織とその構成員は殲滅対象になることにいまさらながら気づいたのでしょうか。
 韓国海軍が公表した「自衛隊機による低空威嚇飛行」とやらの画像も立ちどころに合成写真とバレてしまう。
http://www.moeruasia.net/wp/wp-content/uploads/2019/01/index_2-197.jpg
http://www.moeruasia.net/archives/49622700.html
 さらに防衛省は1月18日に北朝鮮のタンカーと船籍不明の小型船が横付けしての瀬取りの写真公表しました。韓国に対する国連決議違反による制裁もあるかもしれません。
 おまけですが、「韓国の建設労組(5万人)が1月9日、抗議書簡を手渡すためにソウルの日本大使館を訪れた。連帯ユニオン関西地区生コン支部に対する異常な権力弾圧の即時中止を求めたものだ。」 という記事。
http://www.moeruasia.net/archives/49622612.html

 コメント欄では、関西生コンは中核派の一大勢力との指摘があります。中核派といえば沖縄やソウルのデモにも積極的に参加。お里が知れます。
 安倍総理が防衛大臣を交代させたのは岩屋防衛大臣には弱気を演じてもらって(素で韓国寄り?) 韓国を付け上がらせ、日本国民の不満と怒りを沸騰点レベルまで高めるためだというのは考え過ぎでしょうか。
日韓断交まであともう一息かもしれません。
   (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声2)中国はいよいよジャーナリストばかりか、フリーの物書きも拘束しはじめましたね。
中国外交部は1月24日に、オーストラリア国籍を持つ中国出身の作家を拘束したことを認め、その言いぐさは、「国家安全に危害を加える活動に従事した疑いで北京市国家安全局が強制措置を取った」としました。
 理由はなんでも取って付ける。ポケットにへんなクスリをするりと入れてあらぬ疑いをかけたり。なにしろ日中友好屋の人士まで捕まえて懲役12年という無法国家!
宮崎さん、気をつけて下さいね。
   (HG生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)行く先々で尾行され、電話が盗聴されていましたので、2013年9月に北朝鮮国境の丹東取材を最後に、小生は五年以上、中国には行っておりません。ほかにも「自主規制」している物書きが小生の周囲にも何人かおります。



  ♪
(読者の声3) フレデリック・フォーサイス『アウトサイダー』を読んだ。
フレデリック・フォーサイス(Frederick Forsyth) - 1938年生まれ とは僕がまだ20代だった頃夢中になって読んだ本の著者だ。<ジャッカルの日>、<オデッサ・ファイル>、<戦争の犬たち>など多数ある。
全部が全部読んだわけではないが、これほど読み出したらやめられないほどの面白さはなかった。上記三部も映画化もされ特に<ジャッカルの日>は映画としても素晴らしい作品だった。僕が米国にいた頃ロードアイランド州の高級別荘地にフォーサイスの家があり、まさに軽井沢の有名人の別荘巡りのようなツアーがあって、その聳え立つ城のような家を見て、その世界のベストセラー作家の巨大な印税に驚いたものだった。
この2015年刊行の本には僕は気がつかずたまたま本屋で山積みされており、即購入したのだが、久しぶりに手にするフォーサイスの自伝ともいうべきこの本、あのフィクションの語りが自伝にもあり、まさに一気に読んでしまった。
面白いのは彼の生い立ち、ケンブリッジ大学に行けたのに、そんな凡庸さを蹴飛ばして19歳でイギリス空軍に入隊後、1956年から1958年まで勤務する。その後、イースタン・ディリー・プレスのレポーターとしてジャーナリズムの世界に入り、1961年にロイター通信社の特派員としてパリ、東ベルリン、プラハで過ごす。
1965年にBBC放送に転職し、1967年にナイジェリア内戦(ビアフラ独立戦争)取材の特派員として現地入りした。まさにロイター記者としてスパイもどきスリリングな生活をした経験が、その著者にも生かされているどころか、ビアフラの惨状に正義感を持って、自ら稼いだ印税で傭兵を雇い、ビアフラのために戦うまさに歴史を動かす、物書きの<口先>だけの世界ではないほどの正義感を持った男だというのも感動的だ。
とにかく面白い自伝であり、特に僕が商社マン時代通ったベルリンそれは僕が通った1980年だよりもずっと前のさらにさらに暗い時代にロイター特派員としていた時代であり、シュタージ(秘密警察)を翻弄したり、とにかくリスクを冒すのを楽しみ、ちゃっかりとベルリンでもチェコでも美人を相手につまみ食いするアドベンチュア(実は敵もさることながら、彼女らも秘密警察だったのオチもあり)の面白さ、写真を見ても<いい男>のフォーサイスの色男ぶりもさりげなく書かれている。
『オデッサ・ファイル』ではナチスSSが自分の父親をリガで惨殺したとの日記を見て復讐に奮い立つ主人公の話だが(決してユダヤ人浄化への復讐ではないのが味噌で当時僕は注目していた)この映画を上映したアルゼンチンにてこのSS高官が近所に住んでいることが発覚して、事件化したことも、彼の綿密な調査の成果が現実として時代を動かす活き活きとしたジャーナリストの役割を、ビアフラの傭兵工作と共に只者ではないと思わせる。
傑作なのはこんな成功者が前妻には慰謝料として半分を明け渡したのは当然としても、その慰謝料を現金化して財テクに大成功した前妻とは裏腹にフォーサイス自身は資金運用を安全資金として委ねたコンサルに騙され全財産を詐取されたほどのトンマ性があまりのも人間的であり、これをあてに買った牧場の借金だけ残り、それを取り戻すために小説を書かねばならないと奮い立ったことも書かれている。
こんな知恵ものが詐欺師に簡単に騙される面白さ、その恥を晒す可愛さも格別だ。
ジャーナリズムは、つまり内部に入り込んで真実を掴む努力つまりインサイダーとしての役割は重要であり、まさにフォーサイス自身がその稀なる冒険心と好奇心でピカイチの役割を果たしたが、それと同時にその中にのめり込まない一線を画し客観的な洞察力と中立性を保つアウトサイダーの役割がより重要であるが、フォーサイスはその点においても秀でていることがわかるだろう。
もちろん燃えるような正義感が彼の原動力であるのだが・・
  (奥山篤信)


(宮崎正弘のコメント)小生もフォーサイスは短編集まで含めて、おそらく全作品は読んでいます。どちらかと言えば映画はみないほうですが、ジャッカル、オデッサ、戦争の犬は見ました。
 嘗てフォーサイスの上司だったフリーマントルが「あいつがかけるのなら」とスパイ小説を書き出したら、これも大当たりで、殆どが翻訳されて新潮文庫にはいってますね。
 チャーチルしかり、サマセット・モームしかり、そして007のイアン・フレミングと、これらの作家は全員が英国情報部出身です。精度の高い機密情報にふれていたからこそ、すれすれの情報小説が書けるのかも。
    ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘の新作!  AD
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪♪
アマゾン1位(産経新聞24日付け2面に五段広告がありました)
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
 ●ニカラグア運河、ペネズエラ新幹線などは正式に中止
 ●インドネシア新幹線、マレーシア新幹線など中断、挫折
 ●CPEC(中国パキスタン経済回廊)危機、パキスタン債務不履行か
 ●マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
  対抗して日米豪印はインド太平洋共同軍事訓練。米豪は南太平洋のマヌス島に軍事基地を建設合意。「インド太平洋」プロジェクトへ米国は600億ドル。
 豪・NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ。英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流。ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい
          

  ♪
絶賛発売中!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス斜、1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「次に何がおきるか」。新進気鋭のエコノミスト渡邊哲也氏と白熱の討論!
 アメリカは本気で親中国家を排除する。世界は『踏み絵』を踏まされる。
 ファーウェイ・ショックはむしろ日本のチャンスだ!
 次世代通信技術のコア「5G」で世界は米中に分解、二極化する
 米中は貿易レベルからハイテク争奪、そして金融戦争へ暴走する
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
  (↑ アマゾン)

   ♪♪
 明日(26日)発売!
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――日銀、財務省を批判し消費税増税に異議を唱える論客・田村秀男氏との徹底討論。
 ――米中貿易戦争は120%、アメリカが勝利する!
https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
 (アマゾン予約受付中です ↑)
――トランプが米中貿易戦争を仕掛ける前に中国経済は崩壊のプロセスに入っていた!
――ドルの裏づけのない人民元の大量発行によって、人民元はフェイク・マネー化し、資金逃避がとまらない。
――習近平の窮余の一策が「一帯一路」。日本は通貨スワップ? なぜ? 
――見えてきた危機の深層を明かす。 中国バブルはどのような結末を迎えるか?
 ――米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 ――その「前夜」、中国経済はあらゆる面で面妖な動きにでてきた
 ――日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!
      ◇□◇○□○ □◇◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/

♪♪  
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
AIで米国を凌駕する中国が「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

<宮崎正弘のロングセラーズ>  
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632
   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/01/25

     ジョージ・ソロスが爆弾発言、右翼より右翼的

      「習近平は自由社会にとって、もっとも危険な敵である」

    ****************************************



     民主党支持者、リベラル派の頭目、反トランプの急先鋒としても知られる投機家のジョージ・ソロスはことしもダボス会議に乗り込んでスピーチした。

     1月24日の分科会と、引き続いての新聞記者との夕食懇談会において、ソロスはこう言った。



     「習近平は自由社会に対するもっとも危険な敵だ」と。

     なぜなら「習近平は富裕で、強力で、しかもハイテクで進歩が著しい中国のトップにあり、国民をデジタルシステムで管理し、支配しており、やがて人間の支配者になろうとしているからだ」。←宮崎先生、情報ありがとうございます。それと、サマセット・モームが英国諜報部員であることはしっていましたが、イアン・フレミングもそうだったんですね。さすが、宮崎先生、博識に脱帽です!

  • 名無しさん2019/01/25

    韓国の文在寅大統領は「信用できない男」の典型。とりわけ1月10日、韓国大統領府で開かれた年頭の記者会見での 発言や表情は、知的に耐えきれないものだった。



    韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に、日本の排他的経済水域 (EEZ)内で、火器管制用レーダーを照射した問題でも、「朝鮮人戦時 労働者問題」(自称徴用工問題)でも、文氏以下韓国側は自らの非を認め ず、逆ギレを続けている。



    レーダー照射問題に関して、韓国は、自衛隊機が低空で威嚇的に飛行した と言った。ではなぜ、その場で抗議しなかったのか。日本側が低空飛行な どしていなかったから、抗議できなかった。



    加えて、彼らは当初、レーダー照射をしなかったとは言っていない。低空 飛行を持ち出して問題をすり替えたのは、なぜか。



    日本のEEZ内で韓国の大きな艦船が2隻も目視され、しかもまん中に漁 船らしき小さな船をはさんでいるとなれば、日本の海や空を守る哨戒任務 についている自衛隊機が、上空から様子を見るべく接近しないほうがおか しい。当然の責務として近づいた自衛隊機にレーダーを照射して追い払お うとしたのは、韓国側に隠したいことがあったから。



    どうしても見られたくない現場がそこにあったために、レーダーを照射し た。隠したいことはよほど重要なことである可能性も高い。 その点も含めて韓国側は重大な嘘をついている。



    もう一方の朝鮮人戦時労働者問題を、文氏は、「韓国政府がつくり出した のではなく、不幸な歴史のために生じた問題」だと語り、日本政府に「も う少し謙虚になるよう」求めた。



    韓国大法院(最高裁)が下した判断を、韓国は三権分立の国であるが故 に、韓国政府は尊重せざるを得ない、そのことを日本政府も認識せよと、 文氏は言ったが、同問題の背景に、文氏の遠大な企みがあった。



    親北朝鮮の完全な左翼集団



    日本企業に慰謝料の支払いを命ずる判決を下した大法院長は金命洙(キム ミョンス)氏だ。一昨年9月に文氏が大抜擢した。金氏は「ウリ法研究会」 の一員で「親北朝鮮、反日反韓国」の極左思想の持ち主だ。金氏を大法院 長に任命したときに、すでに今回の判決の流れが決まった。



    韓国で朝鮮人戦時労働者問題の訴訟を支えるのは「法務法人ヘマル」の弁 護士達だ。「太平洋戦争犠牲者補償推進協議会」や「民族問題研究所」が 支援組織として名を連ねている。



    「ヘマル」の中心人物、張完翼(チャンワンイク)弁護士は、2000年に元朝 日新聞の松井やより氏(故人)らと共に、昭和天皇を裁き有罪にした女性 国際戦犯法廷を開催し、検事役を務めた。また、民族問題研究所は親北朝 鮮の完全な左翼集団である。



    留意しておくべきことは、文氏が大統領選挙に出馬したとき、法務法人ヘ マルが全面的に支えたという事実だ。後述するように、朴槿恵前大統領を 弾劾して行った選挙はまさに「革命」と呼ぶべき異常なものだった。その 異常な選挙を乗り切るのに法的支援をしたのが法務法人ヘマルだった。両 者はまさに一心同体と言える。



    こうしてみると大法院を支配する価値観と、戦時労働者訴訟の原告団を支 援する勢力の価値観は重なる。私たちはこうした人々相手の尋常ならざる 闘いに直面しているのだ。



    右のような陣容で裁判をおこし、その中で下された判決を、韓国側は三権 分立を盾にして日本も尊重せよと言う。だが日本にも最高裁が存在する。 日本の最高裁は朝鮮人戦時労働者の件はすべて解決済みと判断した。日本 も三権分立の国だ。日本政府も日本の最高裁判決に従わなければならな い。その事実を、韓国政府こそ、認識すべきであろう。



    現在の韓国政府にはいちいち違和感を覚えるが、日本で発行されている韓 国の週刊新聞、『統一日報』の1月1日版に韓国の常識派の論文が複数、掲 載されていた。そのひとつが、ソウル大学経済学部教授を経て、昨年から 「李承晩学堂」の校長を務める李栄薫(イヨンフン)氏の講演である。



    李氏は「反日種族主義を打破しよう」という題で語っている。李氏は「精 神文化の遅滞が、20世紀の韓国史を貫通してきた」と断じ、20世紀の韓国 の近代化を、韓国人は「無賃乗車」で成し遂げたと指摘する。「近代文明 の法、制度、機構は日本の支配と共にこの地(韓国)に移植された」ので あり、国が滅びたのも国を建てたのも「自力」ではなかったと、韓国人が 一番聞きたくないことを、李氏は語っている。



    精神文化の遅滞



    それでも韓国がこの70年間大きな成果をおさめたのは、李承晩、朴正煕両 大統領をはじめとする「創造的少数」の功績だと李氏は続ける。その上で 韓国がいま、失敗の中にあるのは「種族主義」のためだと言う。種族主義 とは何かと、『統一日報』担当者に問い合わせると、民族主義以前の閉鎖 的で遅れた段階を指すとの説明だった。



    李氏は、そのような精神文化の遅滞ゆえに、韓国は「国際感覚において不 均衡」、「日本に対しては無期に敵対的である反面、中国に対しては理解 できないほど寛大だ」と分析する。



    もうひとつ『統一日報』には、前大統領、朴槿恵氏の弾劾及びその後の有 罪判決に関して、非常に重要な論文が掲載されている。



    朴槿恵氏は過日、32年の懲役刑を下された。66歳の氏は、98歳まで獄に留 め置かれるということだ。このような結果になった朴氏弾劾事件を同紙 は、「韓国憲政史上、最も恥辱的な出来事」と痛烈に非難している。弾劾 の引き金となった唯一の物的証拠が「タブレットPC」だったが、これは 後に偽物だと証明された。このPCへの疑惑を提起したジャーナリストは 逮捕され、実刑を言い渡された。



    どこを調べても朴氏は一ウォンのお金も不正に得ていなかったが、韓国司 法は朴氏に罰金200億ウォン(約20億円)を宣告した。収賄の証拠が皆無 だったために、裁判官の心証に基づいて「暗黙的請託」という新たな論理 をひねり出し、重罪に処するために韓国の刑法にない「国政壟断罪」も急 遽作り出した。



    弾劾から裁判に至る過程を見れば背後に広範な工作があり、それは北朝鮮 との共謀関係の中でこそ可能だった。



    論文には「韓国では嘘をつくことは、特に左翼勢力の嘘はほとんど処罰さ れない」と書かれている。



    こんな国が文政権下の隣国だと肝に銘じつつ、常識と良識を備えた韓国人 の存在も忘れないようにしよう。

  • 名無しさん2019/01/25

    最近新聞は読まない、テレビニュースは適当に、という生活なので、ネットニュース以外ソースがありません。その点、こちらはソースも早いし深い。読者の声もいいと思います。