国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<金備蓄を急増させているのはEU主要国とロシアだ

2019/01/24

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)1月25日(金曜日)
        通巻第5967号   <前日発行> 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国が金備蓄を増やし、ドル依存を減らしているという報道はおかしくないか
  金備蓄を急増させているのはEU主要国とロシアだ
****************************************

 まずは直近のデータを比較一覧されたい。

 金備蓄の国別ランキング(2018年度速報)
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 (1)米国    8407トン
 (2)ドイツ   3483
 (3)イタリア  2574
 (4)フランス  2518
 (5)ロシア   2184
 (6)中国    1904
 (7)スイス   1075
 (8)日本     791
 (9)オランダ   633
(10)インド    619
(11)トルコ    509
 <註 世銀、IMF管理の金備蓄は2500前後だが、この統計には含めない>

 さて、この一覧でも明らかとなることが幾つかある。
第一の留意点は、ユーロ主導のEU主要国であり、共通通貨の存続と拡大で合意しているはずのドイツ、フランス、イタリア、そしてオランダが、スイスをおしのけて高位にあることだ。
究極的に各EU主要国がユーロを信頼していないことを裏書きしている。

第二にロシアの急伸ぶりである。18年の報道にもあったが、ロシアは相当量の金塊を中国から買ったようである。貿易支払いの担保ではなく、ロシアは保有した米国債を売却して、金にシフトさせたのである。

 第三に中国の「躍進」ぶりだが、米国のNY連銀金庫にストックされた金塊が、タングステンの金メッキではないかという説がある(ドイツはそれを口実に米国から全量を引き揚げた)。
同様に中国の金備蓄の数字がどれほどの信憑性があるか、という問題と、同時にパンダ金貨はクルーガーランド金貨同様に、国際的には通用しない(購入する業者はスクラップ扱い)。
なぜなら中国の金塊は金の含有率が99・9%で、国際基準は99・99%(フォーナイン)だからだ。

 第四はインド、トルコという嘗ての文明大国の金備蓄への執着ぶりであろう。ムガール帝国もオスマントルコも、金志向だった。したがってアラブのサウジ、クエート、UEAでも金備蓄は盛んである。

 第五に相も変わらず日本のノーテンキぶり。外貨準備の殆どを日本は米国債で保有しているうえ、金備蓄の実物の金塊は日銀の倉庫ではなく、NY連銀の地下金庫に預けたまま、一度も返還要求をしていないのである

    □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ) 取材旅行のため1月27−28日は休刊の予定です。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1「東アジア歴史文化研究会」(1月29日)のご案内。宮崎正弘独演会「2019 年日本と世界の展望−混沌とする国際情勢を斬る 」
 宮崎正弘氏に「 2019 年日本と世界の展望 −混沌とする国際情勢を斬る 」 のテーマで語っていただきます。
今年は天皇陛下の御譲位が行われ、 30 年続いた平成時代も終わりを告げようとしています。昨年、トランプ政権は中国製品に制裁関税を発動し、ファーウェイ、 ZTE を締め出すなど、米中貿易摩擦が激化し、また英国の EU 離脱を巡る混乱、複雑怪奇な中東情勢、日本と韓国における徴用工問題、自衛隊機へのレーダー照射事件等々 、どれをとっても混沌とした出来事ばかりです。いま、世界でいったい何が起こっているのか。また起ころうとしているのか。
日本のメディアでは報道されない世界の深奥部に斬り込み、わかりやすく分析。
            記
日 時   1 月 29 日(火)午後 6 時 30 分〜 8 時 45 分
場 所   常円寺・祖師堂地下ホール
http://www.joenji.jp/sp/access/
           新宿区西新宿 7-12-5 電話 03-3371-1797
テーマ  「 2019 年日本と世界の展望−混沌とする国際情勢を斬る 」
講 師   宮崎正弘氏(作家・評論家)
参加費  2,000 円
連絡   東アジア歴史文化研究会(事務局長:花田成一)
         TEL : 080-7012-1782    E メール: e-asia@topaz.ocn.ne.jp
特記   どなたでもご参加いただけます。予約は原則不要です。



  ♪
(読者の声2)「独裁と経済発展という共産主義独裁統治の内部矛盾」
共産党独裁の絶対条件は社会の情報の独占と統制である。一方経済発展は情報の自由化である。市場の需給情報は不可欠だ。そこで共産党は独裁を取り経済は発展させなかった。ソ連革命直後の経済自由化のNEP政策も4年間で廃止した。政権が独裁の弱体化を恐れたからだ。それがスターリンの独裁統治方針だった。だからソ連時代、一般国民はソ連が自壊するまで住宅不足、食糧不足で苦しんだ。
 しかし中共の独裁政権は経済発展というタブーに手を出した。
その結果が今日の混乱である。国民は西側が天国である事を知った。そして指導者と家族が米国に巨額の預金を持っていることも常識だ。これでは共産党独裁の権威などあり得ない。ただの腐敗した共産軍閥にすぎないことが分かってしまった。
そこで習近平は毛沢東時代の独裁に戻ろうしているが、今更携帯電話やスマホを没収できるだろうか。出来るわけがない。幹部や家族も依存してしまっているからだ。
ではどうなるのか。変化は不可避だが、その先が見えない。
支那王朝の歴史は統一と分裂が繰り返されるから、複数の国家体制になるかも知れない。こうした状況で、日本は入れ込みすぎないことが大切だ。いつでも引き揚げることが出来るような腰の引けた姿勢が望ましい。
この虎穴には虎の子はいない。
(落合道夫)



  ♪
(読者の声)水道事業のコンセッション化に関連して、内閣官房長官補佐官(福田)人事についての不審を述べたことがあります。
マスコミが取り上げなかったことが小生にとって不満であり、疑問でしたが、『週刊ポスト』が、このことについての短期連載を始めています。
 「鋭い切込み」というほどではありませんが、竹中―福田のパイプ等も指摘されています。
 水道事業のコンセッション化については、「生命の水に関する事業を、営利企業に委ねることは許されない」というような抽象論や、すぐに海外事例を持ち出す向きがありますが、小生が反対するのは、あくまでもそれが、事業特性、現在の社会状況(人口減、少子高齢化、インフラ老朽化)等から考えて、ほとんど地方財政の改善に寄与できず、「経済合理性」の観点から認められないということであって、海外事例は、あくまでもそれを実証する補強証拠です。
 上記連載第2回目で、福田が作った関西空港コンセッション化についての実施計画素案を見て、財務省が激怒したということが述べられていることには「安心」しました。
そして財務省は関空の借金返済にこだわっていたが、福田の素案では、仮定の計画ばかりで現実には返済のあてがないという内容であったため、メンバーを替え、再び検討し直した。しかし、「(福田は)解決策を探っていくギリギリの議論についてこられなかったのかもしれません。いつの間にか、検討会に参加しなくなり・・」ということが述べられていることに安心しました。
  新日本監査法人が作った大阪市の水道事業コンセッション化案など、私には空疎で、欺罔的なものとしか思えなかったですが、一般に、こうした詐欺的としか思えない内容について、「経済合理性」という観点から問題視する議論が少ないことに、私は不満と怒りを感じていました。
郵政民営化についても同様でした。しかし郵政民営化は、いわゆる上下一体型の完全民営化(インフラを含む事業体のすべてを民間移管して、株式公開する)でしたから、少なくとも、株式売却による公歳入が大きな財政寄与となる点がメリットと考えられましたが、水道事業のコンセッション化においては、このような点も見られない。
   (CAM)
          ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘の新作!  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
アマゾン一位(産経新聞24日二面に五段広告があります)
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
 ●ニカラグア運河、ペネズエラ新幹線などは正式に中止
 ●インドネシア新幹線、マレーシア新幹線など中断、挫折
 ●CPEC(中国パキスタン経済回廊)危機、パキスタン債務不履行か
 ●マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
  対抗して日米豪印はインド太平洋共同軍事訓練。米豪は南太平洋のマヌス島に軍事基地を建設合意。「インド太平洋」プロジェクトへ米国は600億ドル
 豪NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ。英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流。ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい
――こんなときに日本は「シルクロードに協力し、日中通貨スワップを復活する」?
            □▽◎○□◇

  ♪
 本日発売!
宮崎正弘 v 渡邊哲也『2019年 大分断する世界』(ビジネス斜、1512円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 「次に何がおきるか」。新進気鋭のエコノミスト渡邊哲也氏と白熱の討論!
 アメリカは本気で親中国家を排除する。世界は『踏み絵』を踏まされる。
 ファーウェイ・ショックはむしろ日本のチャンスだ!
 次世代通信技術のコア「5G」で世界は米中に分解、二極化する
 米中は貿易レベルからハイテク争奪、そして金融戦争へ暴走する
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420746/
  (↑ アマゾン)


   ♪♪
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店。1296円)) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――日銀、財務省を批判し消費税増税に異議を唱える論客・田村秀男氏との徹底討論。
 ――米中貿易戦争は120%、アメリカが勝利する!
https://www.amazon.co.jp/dp/419864750X/
 (アマゾン予約受付中です ↑)
――トランプが米中貿易戦争を仕掛ける前に中国経済は崩壊のプロセスに入っていた!
――ドルの裏づけのない人民元の大量発行によって、人民元はフェイク・マネー化し、資金逃避がとまらない。
――習近平の窮余の一策が「一帯一路」。日本は通貨スワップ? なぜ? 
――見えてきた危機の深層を明かす。 中国バブルはどのような結末を迎えるか?
 ――米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 ――その「前夜」、中国経済はあらゆる面で面妖な動きにでてきた
 ――日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!
      ◇□◇○□○ □◇◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ◎好評発売中!■ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪♪
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/

♪♪  
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
AIで米国を凌駕する中国が「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

<宮崎正弘のロングセラーズ>  
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759315632

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、取材旅行のため1月27−28日が休刊になります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/01/24

    福島第1原発4号機の海側にある貯蔵タンクの汚染水約300トンが、漏れ出していた。“タンクの水位は2年余りで約1.7m低下していた”ということですが、普通、タンクの水位が低下していれば、それだけで水漏れがあるとわかる。

      東電の根性の悪さと、言い訳の不自然さを考えると、タンクから漏れた汚染水が配管を通って4号機のタービン建屋に流れ込んだのではなく、流していた。というのも、以前から東電は、タンクにいっぱいになった汚染水は海に流すしかない、ということを言っていたから。

      21日の午後に作業員が意識不明になり、同日死亡した。フクイチはかなり怪しい状況。ひょっとしたら、地下に沈み込んだ核燃料が再臨界している。

      特定秘密保護法が成立してから、原発で何が起こっているのか、まったくわからなくなった。何かが起こっていても大本営発表ばかり。

  • 名無しさん2019/01/24

    第一の留意点は、ユーロ主導のEU主要国であり、共通通貨の存続と拡大で合意しているはずのドイツ、フランス、イタリア、そしてオランダが、スイスをおしのけて高位にあることだ。

    究極的に各EU主要国がユーロを信頼していないことを裏書きしている。



    第二にロシアの急伸ぶりである。18年の報道にもあったが、ロシアは相当量の金塊を中国から買ったようである。貿易支払いの担保ではなく、ロシアは保有した米国債を売却して、金にシフトさせたのである。



     第三に中国の「躍進」ぶりだが、米国のNY連銀金庫にストックされた金塊が、タングステンの金メッキではないかという説がある(ドイツはそれを口実に米国から全量を引き揚げた)。

    同様に中国の金備蓄の数字がどれほどの信憑性があるか、という問題と、同時にパンダ金貨はクルーガーランド金貨同様に、国際的には通用しない(購入する業者はスクラップ扱い)。

    なぜなら中国の金塊は金の含有率が99・9%で、国際基準は99・99%(フォーナイン)だからだ。



     第四はインド、トルコという嘗ての文明大国の金備蓄への執着ぶりであろう。ムガール帝国もオスマントルコも、金志向だった。したがってアラブのサウジ、クエート、UEAでも金備蓄は盛んである。



     第五に相も変わらず日本のノーテンキぶり。外貨準備の殆どを日本は米国債で保有しているうえ、金備蓄の実物の金塊は日銀の倉庫ではなく、NY連銀の地下金庫に預けたまま、一度も返還要求をしていないのである

           ↑

    宮崎先生、情報ありがとうございます!しかし、日本のノー天気ぶり・・・溜息がでました!