国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国人民銀行、またまた市場に830億ドルを注入

2019/01/17

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)1月17日(木曜日)弐
        通巻第5956号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国人民銀行、またまた市場に830億ドルを注入
  失業者をだすな、大卒834万人をなんとかしろ、至上命令とか。
****************************************

 中国は不況対策に本腰を入れ始めている。李且強首相のコメントにも「苦境に陥っている」とのボキャブラリーが加わっている。矢継ぎ早の救済策がでている。

 「過去半世紀に亘って、三つのイノベーションがアメリカ経済の世界的な優位をもたらしてきた。コンピュータ、マイクロチップ、そしてインターネットである。これらへの開発、研究、そして投資は政府とアカデミズムと民間企業という『創造のトライアングル』が円滑化したことによって可能だった」(TIME、2019年1月14日号)。
 
 アメリカが、もしそうであるとすれば、「中国は、『盗取、剽窃、模倣』を旨として、投資は「政府」という名前の党が、国有企業と紐付きの研究機関、そして学者を組ませ、『経済改革』と称する経済成長が可能だった」ということにならないか。
 「息切れ」はとうに確認されており、過去数年は数字の誤魔化し、救援策、党幹部関連企業の梃子入れ、在庫と失業処理のため「一帯一路」で海外にゴミを輸出してきた。
しかし数字の誤魔化しも限界に達した。実態が透けて見えるようになった。

国有企業の資金繰りが出来なくなり、失業者が街に溢れ、物価は上昇し、政府への不満は高まる。そのうえ不動産が暴落気配、株暴落、人民元安が追い打ちをかける。
ウォール街の集計では昨師走のジャンク債発行は米国企業を抜いて中国企業がトップとなったことが確認されている。

 当局にとって衝撃的なニュースは12月の貿易統計速報で輸出が4・4%の落ち込み、輸入が7・6%のマイナス、消費の目玉である自動車販売も5・8%減。2018年に中国は2809万台の自動車を生産し、2781万台を販売したと言っている。
 
 深刻な状況は失業である。
 新卒は834万人(当初860万人の大学新卒が見込まれていたが26万人が中退したことになる。学生ローン不払いなどが原因だろう)。まともな就労先がない。薔薇色の人生設計が暗転した。

 1月4日、中国人民銀行(中央銀行)は市場流動性を高めるために22兆円を融資目的でぶち込むと発表したばかりで、銀行の預金準備率を1%引き下げ、市場に流動性をもたらすとしていた。

 中央銀行は追加策として、1月16日、市場に830億ドル(9兆円強)をぶち込むと発表した。
主として企業のレイオフをゼロとするためが目標であり、2018年に支払った失業保険の損失をカバーすることも目的に含まれる。
 景気浮揚というより、経済困窮化の救済策である。

     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)SMGネットワーク(中国における臓器移植を考える会)設立1周年記念セミナーのおしらせ
 昨年1月、参議院議員会館にて発足した当SMGネットワーク(中国における臓器移植を考える会)ですが、この度設立1周年を記念して台湾から閣僚級議員の来賓を招き、中国における人権弾圧の深刻さを学ぶセミナーを開催します。
 中国における臓器移植産業は巨大な「人体ビジネス」であり、人類史上未曾有の、そして現在進行形の国家犯罪であることは、最早周知の事実となっています。
 イスラエルと並び、世界に先駆けて中国への臓器移植渡航を禁止した台湾の事例を元に、今後我が国が中国の非人道犯罪に加担しないよう、いかに法改正に導くか、そして、どう国民に呼びかけてゆくか――を、是非皆様と一緒に考えてみたいと思います。
 当日はまた、法輪功と並んで現在中国共産党政権によりもっとも苛烈な迫害に直面しているウイグル民族を代表して、日本ウイグル連盟会長のトゥール・モハメッドさんにもご来場頂く他、この問題に関し深い関心を寄せる国会議員、地方議員、その他有識者の方々にも登壇いただく予定ですので何卒ご参加のほど、お願い申し上げます。
〈講師略歴〉張武修:中華民国監察院委員。中華民国国立陽明医学院卒業後、ハーバード大学公衆衛生学院で修士号、同公衆衛生学院で癌生物研究所博士号を取得。陽明大学教授を務めた後、中華民国行政院(日本の厚労省に相当)衛生署顧問を経て現職。

トゥール・モハメッド:東トルキスタン=ウイグル出身。九州大学に留学して農学博士号を取得した後、ウイグル独立運動に関わる。日本ウイグル連盟会長、東トルキスタン独立運動組織議長。
         記
日時: 平成31年1月24日(木)18:00〜
会場: 文京シビックセンター 4階 区民会議室B
資料代:1000円
SMGネットワーク(代表/加瀬英明)問合せ/ 090−9107−9721



  ♪
(読者の声2) 恒例「正論を聞く会」です。宮崎正弘さんの独演会となります。

日時   1月24日(木) 18時00分 開場 18時30分 開会
会場   サンケイプラザ・3F(最寄駅:大手町駅(*産経新聞本社のビルです)
講師   宮崎正弘(作家・評論家)
演題  「2019年 外交展望」
会費   1,500円(学生1,000円)
*事前予約不要!どなたでもお気軽にお越しください!
主催  正論の会(代表 三輪和雄)
お問合せ:03-3407-0637



  ♪
(読者の声3)「東アジア歴史文化研究会」(1月29日)のご案内
 今回は中国ウォッチャーの第一人者として有名な宮崎正弘氏に「 2019 年日本と世界の展望 −混沌とする国際情勢を斬る 」 のテーマで語っていただきます。
今年は天皇陛下の御譲位が行われ、 30 年続いた平成時代も終わりを告げようとしています。昨年、トランプ政権は中国製品に制裁関税を発動し、ファーウェイ、 ZTE を締め出すなど、米中貿易摩擦が激化し、また英国の EU 離脱を巡る混乱、複雑怪奇な中東情勢、日本と韓国における徴用工問題、自衛隊機へのレーダー照射事件等々 、どれをとっても混沌とした出来事ばかりです。
いま、世界でいったい何が起こっているのか。また起ころうとしているのか。
日本のメディアが殆ど報道しない世界の深奥部に斬り込み、わかりやすく分析をしていただきます。

日 時   1 月 29 日(火)午後 6 時 30 分〜 8 時 45 分
場 所   常円寺・祖師堂地下ホール
http://www.joenji.jp/sp/access/
           新宿区西新宿 7-12-5 電話 03-3371-1797
テーマ  「 2019 年日本と世界の展望−混沌とする国際情勢を斬る 」
講 師   宮崎正弘氏(作家・評論家)
参加費  2,000 円
連絡   東アジア歴史文化研究会(事務局長:花田 成一)
         TEL : 080-7012-1782
         E メール: e-asia@topaz.ocn.ne.jp

<特記>どなたでもご参加いただけます。予約は原則不要ですが、事前にご一報いただければ幸いです。24日の「正論の会」に都合のつかない人は、こちらにお越し下さい。宮崎先生の独演会です。
        ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ 宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪♪
(新刊予告 1月28日発売。予価1200円)
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 中国のバブルはどのような結末を迎えるか?
 米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 その「前夜」、中国経済はあらゆる面で面妖な動きにでてきた
 日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!
         ○□◇□◇○□◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
    ▲
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
(アマゾン↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
 ●ニカラグア運河、ペネズエラ新幹線などは正式に中止
 ●インドネシア新幹線、マレーシア新幹線など中断、挫折
 ●CPEC(中国パキスタン経済回廊)危機、パキスタン債務不履行か
 ●マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
  対抗して日米豪印はインド太平洋共同軍事訓練
 米豪は南太平洋のマヌス島に軍事基地を建設合意
 「インド太平洋」プロジェクトへ米国は600億ドル
 豪NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ
 英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流
 ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい
――こんなときに日本は「シルクロードに協力し、日中通貨スワップを復活する」
――日本は西側に背を向けた姿勢をみせているが、はたして正気なのか?
            □▽◎○□◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■宮崎正弘の新刊・近刊  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/

♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
++++++++++++++++++

宮崎正弘『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
         ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。