国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <中国、世界一のダム(239メートル)建設を発表

2019/01/17

★小誌愛読者26300名!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)1月17日(木曜日)
        通巻第5955号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 この話は本当か?
  中国、またしても世界一のダム(239メートル)建設を発表
****************************************

 三峡ダムは重慶と武漢のあいだに完成し、相当の電力を供給している。世界一を豪語したが、浚渫が間に合わず、堆積物が障害となって効率が悪い。

そのうえ上流は地殻変動による地震、下流域はダム決壊の怖れがあるため、80万住民の極秘退避計画と環境汚染、ろくな評判はなかった。
そもそも三峡ダムの建設には軍が安全保障上の理由から強く反対したのだ。

 2019年1月15日、中国発展開発委員会は、新しいダムをチベットと四川省の間(一部雲南省を含む)に239メートルという世界一高いダムを建設すると発表した。
 発電される電力は2ギガワット、中国全体の水力発電は現在270ギガワットとされている。

 契約事業体は大手の「華電集団」となり、総工費46億ドル。この予算の中には付近住民およそ24000人の立ち退き補償を含む。

 『ザ・タイムズ・オブ・インディア』紙(1月16日)は、この報道に接して、「中国は正式に発表したら五年以内に完成させるが、インドは発表から完成まで50年かかる」と皮肉な論評を交えた。

 それにしても、このプロジェクト、本当の実現性があるのか?

     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 ITという次世代技術への無知は、いずれ日本を滅ぼす
  中国の「ハイテク泥棒」は天下一品、歴史的な「諜報戦争」の一環である

  ♪
深田萌絵『日本のIT産業が中国に盗まれている』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 ファーウェイの創業者は任正非という、根っからの軍人である。
 設立当初から人民解放軍のダミー、別働隊と言われたが、民間企業を装って西側のハイテク企業との連携を深めた。著者の深田女史は中国の軍事戦略の底流にある「超限戦」を重視して、衝撃的ともいえる持論を展開する。
 スマホで世界第二位、基地局で世界三位。もはや侮れない大企業に変身した。実際に評者(宮崎)、まさかと思われたのだが、東チモールの山奥で、原住民がファーウェイのスマホを駆使している現場を目撃してきた。
 ミャンマーの未開地、ロビンギャの居住区だったシットウェイとか、チャッウッピューとかの貧しい漁村にさえ、ファーウェイとOPPO(中国の格安スマホ)の販売店があった。
 米国はファーウェイを「スパイ機関」と認定した。
ハイテクの合法的移転ではなく、ファーウェイは「ハイテク泥棒」であると定義づけたのだ。トランプ政権は政府機関、軍、警察の職員の使用を禁止し、スパイを次々と摘発するにいたる。
 本書は会社経営で辛酸をなめ、数々の妨害を受けながらもファーウェイの欺瞞、その本質を暴き、言論戦で戦い続けてきた深田さんだけに、「猛女」「烈女」の赴きがあるが、ものごとに動じない大和撫子の挑戦状でもある。
 ハイテクになじみのない読者にとってはやや専門すぎるタームの頻出に驚かれるかも知れない。通読して最大の驚きは、このスパイ機関のことを日本の政府、機関、シンクタンク、そしてメディアが、本質を見ないで枝葉だけをもぎ取って「中国、すごーい」という視点で論じてきたことである。楽天的お花畑のなせる業だ。
 そのため日本が中国のIT技術の草刈り場となり、ハニー・トラップに引っかかって中国の代理人に成り下がって日本人が夥しい。
 これは宣戦布告なき、一方的な中国の諜報戦である、と筆者は断ずる。
 評者(宮崎)がとくに瞠目したのは、すでに「台湾、北朝鮮、中国」という竹連幇を通じての闇のコネクションが存在していることだった。
この裏舞台、闇の繋がりが国際的に複雑なルートを通じて連携し且つ、民間企業を偽装し、軍事技術の取得に余念がないという実態が描かれている。
 そして米国においてさえ、ハイテク企業でCEOがトランプ支持者という人たちが狙われ、このところ連続して失脚していること。
 日本企業は「自社企業に浸透した台湾中国からの報復を怖れて誰も何も語ろうとしない」という恐るべき現実にも直面している。
これは私たちの周囲にすでに中国人がどこにでもいることからも判定できる。
「日本国内の基地局は米国政府が調達を禁止しているファーウェイの製品が過半をしめている」と深田さんは指摘する。
 だが、もっと驚きはすでに日本政府機関に夥しい中国の工作員が潜入しているという事実だ。
 たとえば、「日本の国立研究開発法人『情報通信研究機構』に北・中・イランの工作員が入り込み、仲良く衛星ハッキングのための工作活動を行っていた」(100p)。
 対策をとるに、いったい何から始めたら良いのか、ここまでの通信災禍、ハイテクの危機である。
       ○△□☆◎○△□☆◎○△□☆◎△□○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 信長の暗殺が、キリスト教の托鉢修道会の活動を弱体化し
  イエズス会、ドミニク会、フランチェスカ会の確執が布教を失敗させた

  ♪
佐藤彰一『宣教のヨーロッパ』(中公新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@

 宣教師と言えば、日本ではザビエル。鹿児島に入り、熱心に布教したが信者獲得は少数。成果は芳しくなく、京へでた。やはり成果なくすごすごと平戸へ引き返し、贈答品をやまと積んで山口に入って大内氏をくどき、やっとのことで布教を許された。
 このザビエルが代表する切支丹伴天連の宣教師達の歴史を大航海時代の冒険者、大儲けを企む重商主義集団、海賊船。そしてポルトガル、スペインの確執。教団の布教目的地の棲み分けという複雑な背景をきわめて要領よく整理している。
 イエズス会は、小覧でもたびたび指摘してきたように「イエズス軍」と訳すべきで、今日の戦闘的宗教カルトのヒズボラ、ハマス、タリバン、アルカィーダ、そしてISと「狂信的使命感をおびた軍隊組織」という文脈において変わりがない。
 しかし著者はキリスト教に理解のある人ゆえに、そうして側面への言及は極力控えめとして筆を抑え、メキシコやラテンアメリカなどでなしたかれらの悪行に関してはさらりと表面を撫でているに過ぎない。
 さはさりながら本書で具体的に知ったことは幾つかある。
 歴史教科書でしる限りではスペインとポルトガルが世界を分割して、支配地域を別けあった。日本は未踏で会派の分類はなく、たまたまイエズス会が先陣を切った。
逆に言うと、既存「托鉢修道会」にはアウグスチゥス会、ドミニク会、フランチェスカ会があって、それぞれが世界各地へ飛び散って旺盛な布教活動を展開していた。
たとえばメキシコではこの三派は布教地区をきれいに棲み分けていた。イエズス会は新参ながら急激に勢力を伸ばして、むしろ既存三派が未踏の領域に勇んででかけたという経緯があった。
 日本に関して次のような事実があった。
 「1579年から81年の間に(イエズス会の日本における)宣教師の数は二倍に増えている。さらに堺や摂津高槻、安土などにも宣教師が配置された」。
ところが、1582年の信長暗殺以後は「安土のセミナリオと堺の居館の消滅」があり、活動拠点は九州へ移る。
 関ヶ原の決戦では伴天連大名は東西に別れた。ところが、西についた大名が多く、有馬、筒井、大村は残ったが美濃では織田秀信が敗北し、「この地域におけるキリスト教信仰の消滅をもたらした」(183p)。
 織田秀信とは三法師のこと、信長の嫡孫である。
 この機に乗じたわけでもないのだろうが、ドミニク会とフランシェスカ会が日本に乗り込んで勢力を拡げようと肥前名護屋にいた秀吉にも面会し布教の許可を一度は得た。
「イエズス会はこうした動きに対して、あらゆる手だてを使って日本でのフランチェスコ会の活動を非難した。(中略)フランチェスコ会はその度の過ぎた活動によって、日本の為政者に次第に不快な印象を与え、またそれまでのイエズス会の宣教活動を白紙にするような動きをしていた」(207−208p)。
この表現箇所は抽象的だが、密輸と婦女誘拐、奴隷貿易のことなどだ。
 日本はフィリピンが切支丹伴天連の手に落ちたことを目撃し、警戒を強めた。
 そして大坂の陣でイエズス会は情勢判断を誤った。「豊臣秀頼と反徳川勢力が、宣教師たちの側を支持したことで(キリスト教会と日本統治権力との緊張が)一段と激化した」。秀頼の敗北で切支丹の居場所はなくなった。 
 ヴァリニャーノが心配したように「イベリア半島勢力による日本列島の侵略を日本の為政者たちが懸念するように」なったからだった。
      ○△□☆◎○△□☆◎○△□☆◎△□○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▽宮崎正弘の初荷新刊!  ▽宮崎正弘の初荷新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
    ▲
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
(アマゾン↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
 ●ニカラグア運河、ペネズエラ新幹線などは正式に中止
 ●インドネシア新幹線、マレーシア新幹線など中断、挫折
 ●CPEC(中国パキスタン経済回廊)危機、パキスタン債務不履行か
 ●マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
 
 対抗して日米豪印はインド太平洋共同軍事訓練
 米豪は南太平洋のマヌス島に軍事基地を建設合意
 「インド太平洋」プロジェクトへ米国は600億ドル
 豪NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ
 英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流
 ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい
――こんなときに日本は「シルクロードに協力し、日中通貨スワップを復活する」
――日本は西側に背を向けた姿勢をみせているが、はたして正気なのか?
     ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
              (「読者の声」は下段にあります)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■西部邁氏を偲ぶ会、シンポジウムと追悼コンサートのお知らせ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
 ■西部邁氏を偲ぶ会、シンポジウムと追悼コンサートのお知らせ
 *****************************

評論家の西部邁先生が入水自殺をとげてから一年となります。御命日は1月21日ですが、月曜日にあたるため、二日繰り上げて1月19日に一周忌イベントを行います。

とき    2019年1月19日(土曜)午後二時
ところ   千代田区永田町「星陵会館」。
<プログラム> 
追悼挨拶  榊原英資、宮崎正弘
シンポジウム「西部邁が遺したものとは何か」
富岡幸一郎、三浦小太郎、西村幸祐
追悼コンサート「美しき日本の調べにのせて」
        紀伊国屋美智子(藤原歌劇団正会員、ソプラノ)
会費     2000円
特記     終了後、同会館四階で懇親会(予約必要です。先着50名。別途五千円)
主催    「西部邁氏を偲ぶ会」実行委員会
事務局   啓文社書房(03)6709−8872
      info@kei-bunsha.co.jp
       □◎□○○◎○□◎□○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)1月2日、3日の夜、二日続きで、ドイツ第2テレビのドキュメントで、「新シルクロード」として、宮崎さんのご新著と同じような内容の放送がありました。ドイツの焦りを感じます。
今まで知っていたのに報道しないことを、バンバン報道し始めた感じです。二人のレポーターで、一人は陸路、もう一人は海路で中国からドイツに向かって、途中の国々の住民の苦情などを拾っていくのです。
 私は宮崎さんのおかげで、全て知っていたし、これでもまだ足りないと思いました。それにしても、今頃知って驚いている人たちには、「だから、言ったでしょ」と言ってやりたい気分ですね。
 ところで、御新刊の「一帯一路の罠」、123ページにちょっと間違いがあります。バイエルン州は左翼の牙城ではなく、ドイツ1の保守の牙城です。ただ、ミュンヘン市など、一部の都市をSPD(社民党)が握っています。それから、バイエルン州にだけは、CDU(キリスト教民主同盟)はありませんので、メルケル与党が敗北を喫したというのは、正確ではありません。バイエルン州には、CSU(キリスト教社会同盟)という、この州にしかない政党があり、戦後、ずっと州を仕切ってきました。CSUはCDUよりさらに保守です。ドイツ全体では、CDUとCSUが統一会派としてセットになり、保守陣営を形成しています。もっとも最近は、難民問題で喧嘩ばかりしていましたが。
 ともかく御本はアジアのところなど、今回のドイツの国営放送の報道と、結構重なります。
ドイツの第2テレビが外しているところが、きっと、ドイツが関わっているところなのだろうと、興味を惹かれました。もう一度、ビデオを見直して、宮崎さんのご本と比べて、検証したいと思っています。
   (田村潤子 ドイツ在住)



  ♪
(読者の声2)講談社「現代ビジネス」直近号に近藤大介さんの【今週の東アジア関連新刊図書】コラムで貴著『日本が危ない! 一帯一路の罠』(著者=宮崎正弘。ハート出版、税込み1,620円)が紹介されております。
 (引用開始)「宮?氏は、2013年に習近平政権が「一帯一路」を唱え始めた時から、一貫して「これは蜃気楼にすぎない」と警鐘を鳴らしてきたチャイナ・ウォッチャーである。私が北京在住の頃(胡錦濤時代)はよく中国に取材に来られたが、「一帯一路」時代になると、関連国を片っ端から踏破して、現状を取材し始めた。今回は、モルジブ取材の写真なども散りばめ、「この人類はじまって以来の壮大な愚挙(一帯一路)は近いうちに海の藻屑となる」と喝破する。「日本の民間CIA長官」こと宮?氏の予測やいかに?」(引用止め)。
   (JJセブン)



  ♪
(読者の声3)トランプのホンネが聞こえます。時事から引用します。
 「【ワシントン時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は14日、トランプ大統領が昨年、複数回にわたって北大西洋条約機構(NATO)から離脱したいとの意向を周囲に漏らしていたと報じた。国際協調に背を向けるトランプ氏はかねて、NATO加盟国による負担不足を批判し、米国の関与縮小もほのめかしていた。
 複数の政権高官によると、トランプ氏は昨年7月にブリュッセルで開催されたNATO首脳会議の前後、軍事同盟の必要性に疑問を呈し、政権幹部らに離脱したいと語っていた。いずれも非公式の場での発言だった。マティス前国防長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)はトランプ氏の説得に追われる一方、首脳会議開始前に加盟国間で合意文書を作り上げるよう急がせたという」(引用止め)

こうなりますと、宮崎先生が兼ねて予測されているように米韓条約撤退、そしてその次は日米安保条約廃棄ということになりかねませんね。
  (HU生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)米国の衰退は徐々に進んでいますし、アメリカンファーストという意味は孤立モンロー主義の裏返しでもあります。
日米安保条約のアメリカからの廃棄というシナリオは、いずれ訪れる近未来のシナリオのひとつ。
日本はそれまでに自主防衛を急がなければなりません。



  ♪
(読者の声4)徴用工問題で、日本の反論が「なまいきだ」と韓国の世論。しかし狂っている大統領が、つぎつぎと莫迦なことを発言して韓国自らが自滅への道を進んでいるのに、いったい韓国には保守良識派って、いないのですか?
   (GH生、横浜)


(宮崎正弘のコメント)保守は危機感を強めています。しかし、日本の左翼メディアと同様に韓国のマスコミは左翼が牛耳っているので、良識的な韓国知識人や保守の動きは黙殺するので、実情が日本には伝わっていない。じつは連日のように、保守の集会が開催されています。



  ♪
(読者の声5)「明治の日」実現!総決起集会のご案内です。

【日時】    1月29日(火)午後6時〜7時30分(5時開場)
【会場】    憲政記念館講堂(千代田区永田町1−1−1)
入場無料
【次第】司会:佐波優子。国民儀礼、開会の辞 主催者挨拶 経過報告
 明治の日を実現するための議員連盟
  会  長 古屋圭司衆議院議員
  幹 事 長 稲田朋美衆議院議員
  事務局長 山田宏参議院議員
決意表明  議連参加国会議員
明治への思いを語る
   大原康男、西村眞悟、高森明勅、江崎道朗、田沼隆志 他
【主催】明治の日推進協議会http://meijinohi.com/



  ♪
(読者の声6)「海道東征」東京公演の内容は下記の通りです。「天皇陛下御即位30年奉祝公演」
交声曲「海道東征」(信時潔作曲 北原白秋作詞)

日時  4月12日(日)19時開演(18時開場)
場所  東京芸術劇場コンサートホール
主催  産経新聞社 共催 神社本庁 後援 フジサンケイグループ
指揮  大友直人
演奏  東京フィルハーモニー交響楽団 他
その他の演奏曲。エルガー 行進曲「威風堂々」。ブラームス ハンガリー舞曲集より1番、3番、5番。外山雄三 管弦楽のためのラプソディー
チケット販売中(S席8千円 A席7千円)
東京音協オンラインチケット 
http://t-onkyo.co.jp
東京芸術劇場 0570-010-296(ナビダイアル)10時〜19時
その他チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスでも販売中
        ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▽◎△ 宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
(新刊予告 1月28日 発売予定。予価1200円)
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 中国のバブルはどのような結末を迎えるか?
 米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 その「前夜」、中国経済はあらゆる面で面妖な動きにでてきた
 日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!


  ♪♪
絶賛発売中! まもなく重版出来!
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/


♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
         ○□◇□◇○□◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■宮崎正弘の新刊・近刊  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
         ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/01/17

    この話は本当か?

      中国、またしても世界一のダム(239メートル)建設を発表

    ****************************************



     三峡ダムは重慶と武漢のあいだに完成し、相当の電力を供給している。世界一を豪語したが、浚渫が間に合わず、堆積物が障害となって効率が悪い。