国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<任正非(ファーウェイCEO)、四年間の沈黙を破り、記者会見

2019/01/16

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)1月16日(水曜日)弐
        通巻第5954号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 任正非(ファーウェイCEO)、四年間の沈黙を破り、記者会見
  「当社は軍とは関係がなく、不法な取引を行っていない」と釈明
****************************************

 謎の経営者、任正非(ファーウェイCEO。74歳)が四年ぶりにメディアの前に現れた。世界のトピックとなっていて、スパイ機関、中国軍の別働隊、不法輸出等々、西側から囂々野批判が集中したため、深センのファーウェイ本社に、西側の記者をあつめて、徹底的に「しらを切る」会見となった。

とくに米英にくわえて豪、カナダ、ニュージーランドの「ファイブ・アイズ」と日本がファーウェイ製品の排除の動き、また任正非の娘でもある孟晩舟のカナダでの逮捕など、衝撃の連鎖の渦中にあって、任正非は、ひたすら沈黙を守ってきた。
 したがって沈黙破りの意思表示にはメディアの注目があつまって当然だろう。

 『サウスチャイナ・モーニングポスト』(1月15日)によれば、任正非は「当社はいかなる不正行為もおこなってはいないし、軍とは関係がない。純粋な民間企業である」とした。
 だれも信じないことを平然と喋る度胸に感心している場合ではない。

 しかし、「わたしは愛国者であり、党員であることはみとめる。入党は除隊後だった。わたしはトランプ大統領を尊敬しており、また我が社の対策は、相手の出方を待っているところだ」と米国を褒める演技をともなった。
 
 ファーウェイのスマホや基地局にスパイ装置が工事されていることなども、「そんな行為をしてはいないし、共産党から命令を受けたこともない」と開き直った。つまり記者会見で疑惑は何一つ晴れなかったのだ。
     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■西部邁氏を偲ぶ会、シンポジウムと追悼コンサートのお知らせ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪♪♪
 ■西部邁氏を偲ぶ会、シンポジウムと追悼コンサートのお知らせ
 *****************************

評論家の西部邁先生が入水自殺をとげてから一年となります。御命日は1月21日ですが、月曜日にあたるため、二日繰り上げて1月19日に一周忌イベントを行います。

とき    2019年1月19日(土曜)午後二時
ところ   千代田区永田町「星陵会館」。
<プログラム> 
追悼挨拶  榊原英資、宮崎正弘
シンポジウム「西部邁が遺したものとは何か」
富岡幸一郎、三浦小太郎、西村幸祐
追悼コンサート「美しき日本の調べにのせて」
        紀伊国屋美智子(藤原歌劇団正会員、ソプラノ)
会費     2000円
特記     終了後、同会館四階で懇親会(予約必要です。先着50名。別途五千円)
主催    「西部邁氏を偲ぶ会」実行委員会
事務局   啓文社書房(03)6709−8872
      info@kei-bunsha.co.jp
        ○○○○○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1844回】              
――「支那はそれ自身芝居國である」――河東(2)
河東碧梧桐『支那に遊びて』(大阪屋號書店 大正8年)
 
            ▽
 「これらの天然生理的な大まかさに際會」するほどに、「何事にもコセコセした親」のアラが気になってしまう。
 
 たとえば第1次世界大戦の結果、アジア・太平洋の海運覇権は日本の手に落ちた。だが船舶にせよ港湾施設にせよ、日本は明らかに欧米に劣っている。やはり「偶然の成果は必然に敗れる」。「餘計なことを穿鑿しなくとも、今日の米國の造船能力のおそるべき發達を見てもわかることだ。平和克服の後に太平洋の航行權が誰によつて爭覇戰を開かるゝか餘りに見え透いた事理でなければならない」。であればこそ「偶然の成果に醉つて、其の必然の未來を閑却する所以はないのだ」。
 
 にもかかわらず「今日海運界の覇者を以てをる郵船會社は、戰時的利?の配當を思ひきり過分に頒つてゐる」。それはそれとして否定はしないが、「やがて來るべき近き將來の船戰」に備えるべきではないか。我が「郵船會社の老大な點は支那のようであり、官僚的な點は寺内内閣のようだ」。「局課の分業的な合議制度は枝葉に拘泥して大局の打算を閑却する、習慣と約束に支配されて事務の急に應ずる機會を失してしまふ、それが支配の漫々的であり、官僚の臭氣紛々たる所以だ」。
 
 かくして日本の郵船会社に向かって、「正に其の立場を辱めない抱負を中外に宣明」せよ。現状を遥かに「超越する大經綸の計劃」を持て――と、河東は「我が郵船の爲に、敢てこれ丈の苦言を呈」した。
 
 生涯を俳句の可能性に奉げた河東による「これ丈の苦言」が、あるいは第1次世界大戦の勝利に湧きたっていた当時の日本の偽らざる実情――漸弱性、勘違い、一時の思い上がり、そして蹉跌――を示しているようだ。「偶然の成果は必然に敗れる」ということか。
 
 広州の雑踏を歩く。
 
 「この群集の叫喚と、色彩の阿吽の攪亂し洶湧している渦中に、どれ程冷靜に沈着に自己を守つてゐようとしたつて、それは出來ない相談なのだ。弱い個人性は、絶大な世界の雰圍氣に引きずられてしまふ。けれども、其の混亂には中核がない、混亂の裡に蔵する規律がない、あとからあとから押し寄せる充實した力がない。たゞ無鐵砲な、浮はついた、日の光りのさすと同時に消えてしまふ濃霧のやうな混亂なのだ」。いうならば「混亂のための混亂に過ぎないのだ」。
 
 その「混亂のための混亂に過ぎない」街で先ず目についたのが、「表つきは金碧燦爛として、如何にも堂々として目を奪ふやう」だが、その実はチャチな造りの公認賭博場だった。なにせ立派な建物の「七八分通りこの賭博場だつたのだ」。「賭博を公開してまで、軍費を支辨せねばならない没義道」を感ずると同時に、大っぴらに営業を続ける賭博場の多さから、河東は「支那の大部分の生活は、總てが其日暮しの氣分に滿ちてゐる」と看做す。
 
 賭博場を後にして、「十何楷かの圖抜けた高さ」の屋上に立ち、そこに設けられた「廣東人の大半が徹夜の茶飲みをするのだ」という喫茶店を横目に、夜の広州の街を見下ろした。
 
 「其の包まれた明るさ、壓し詰められた騒ぎは、寧ろ氣宇の豁達な、動作の剽悍な昔の廣東人の氣概の現代的空氣に腐蝕した今日の廣東の或る象徴とも見える。マカオに葡萄人を迎へ、香港に英吉利人と接触して後に廣東人は、大方の秩序も規律も傳統も習慣も、根底から覆へされた」にであった。
 
そして中央権力から遠くに位置する広東であるだけに、「其の覆へされた土臺に新たな建設を認容する時間と寛量とを與へなかつた」。
かくして「得てさういふ傾きを持ち易い支那人に、我は我の觀念を開放してしま」い、「總てが銘々ごつこになつた」というのだ。

    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)中国のバブルはどのような結末を迎えるのでしょうか? 中国のバブルは、オークションのようなもので、一部の地域に資金を集めて濃縮して、これ以上価格が上がらないとの地域に移っていきました。
加えて、普通の現地資本の工場もマンション建設に参入していました。また、現在では、現地の一般の中国人もミンスキー・モーメントの概念について知っています。やはり、不動産の国有化でしょうか?
次に日本人、台湾人の中国への技術指導ですが、ハニートラップは過去のもので、現在はハローワークや人材派遣会社を経由した人材募集で送り込まれます。元々、中国の工場では薬品を希釈して使うので、希釈したら使えない程の濃度の薬品を売ります。その分、安いです。
高濃度のものが欲しいということなのでしょう。さらに、台湾メーカーは、中国とインドの下請け工場間で相見積を取っています。
   (OS生)


(宮崎正弘のコメント)「中国のバブルはどのような結末を迎える」のか、様々なシナリオを提示され始めております。
月末の28日ごろになりますが、小生と田村秀男さんとで、この問題の衝撃的結末のシナリオを論じました。(宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』、徳間書店)。
 ふたりが一致したのは不動産暴落ではなく、金融危機によるだろう、との予測です。ご期待下さい。
       ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▽宮崎正弘の初荷新刊!  ▽宮崎正弘の初荷新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
    ▲
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
(アマゾン↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/

「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
 ●ニカラグア運河、ペネズエラ新幹線などは正式に中止
 ●インドネシア新幹線、マレーシア新幹線など中断、挫折
 ●CPEC(中国パキスタン経済回廊)危機、パキスタン債務不履行か
 ●マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
 
 対抗して日米豪印はインド太平洋共同軍事訓練
 米豪は南太平洋のマヌス島に軍事基地を建設合意
 「インド太平洋」プロジェクトへ米国は600億ドル
 豪NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ
 英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流
 ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい
――こんなときに日本は「シルクロードに協力し、日中通貨スワップを復活する」
――日本は西側に背を向けた姿勢をみせているが、はたして正気なのか?
     ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▽◎△ 宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
(新刊予告 1月28日 発売予定。予価1200円)
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店) 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 中国のバブルはどのような結末を迎えるか?
 米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 その「前夜」、中国経済はあらゆる面で面妖な動きにでてきた
 日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!


  ♪♪
絶賛発売中! まもなく重版出来!
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/


♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
         ○□◇□◇○□◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■宮崎正弘の新刊・近刊  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
         ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/01/16

     しかし、「わたしは愛国者であり、党員であることはみとめる。入党は除隊後だった。わたしはトランプ大統領を尊敬しており、また我が社の対策は、相手の出方を待っているところだ」と米国を褒める演技をともなった。

     

     ファーウェイのスマホや基地局にスパイ装置が工事されていることなども、「そんな行為をしてはいないし、共産党から命令を受けたこともない」と開き直った。つまり記者会見で疑惑は何一つ晴れなかったのだ。→平然と嘘を吐き続ける根性に、中国5000年の伝統を感じました、、やれやれ!!!

  • 名無しさん2019/01/16

    JOCにシンガポールのコンサルタント会社「ブラック・タイディングズ社」を紹介したのは電通です。電通は東京オリンピックを一社独占で実質運営して、今回の贈収賄疑惑に無関係ではあり得ません。竹田会長の「自分は判子を押しただけ」というのは本音かもしれません。しかしと言うか当然と言うべきか、マスコミが電通を追求することはありませんでした。