国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<モリソン豪首相、フィジーとバヌアツを訪問

2019/01/15

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)1月16日(水曜日)
        通巻第5953号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 モリソン豪首相、フィジーとバヌアツを訪問
  中国の南太平洋「一帯一路」巻き込みへ巻き返し急
****************************************

 モリソン豪政権、南太平洋の島嶼国家へ「安全保障」を国家戦略の目標として梃子入り強化をはかる。
これはAPECでの中国の「猛威」を前にして、急激な動きとなった。
 豪政府は20億ドルを地域振興のために投下する「南太平洋インフラ投資銀行」を設立し、またマヌス基地の再建を米国と共同することなどが決まっている。

 1月16日、まずバヌアツを訪問する。
 バヌアツは中国が軍港建設を目的として港湾整備投資が行われており、米国ばかりか英国、フランスが警戒を強めてきた。

 豪はバヌアツに警察学校を新設し、警官の育成と訓練を行うことを手初めてに、南太平洋におけるプレセンスをたかめ、地域の安定を図るとしている。

 また過去十年、敵対的とも言える緊張関係にあったフィジーを訪問し、18日には重要演説を行うとしている。
フィジーは軍事クーデターによる軍政が続いており、西側が民政移管をもとめているため、中国に急接近してきた経緯がある、

首都スバの首相官邸は中国が建設し、寄付した。マグロ漁場を狙って、スバにはマグロ漁獲センター化を狙っており、冷凍設備、倉庫、港湾近代化などのプログラムを習近平はパプアニューギニアで開催されたAPEC会議前に、南太平洋八カ国の元首クラスを招いて「一帯一路」の組み入れ、投資拡大を目指すとしていた。
     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▽宮崎正弘の初荷新刊!  ▽宮崎正弘の初荷新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
    ▲
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
(アマゾン↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
 ●ニカラグア運河、ペネズエラ新幹線などは正式に中止
 ●インドネシア新幹線、マレーシア新幹線など中断、挫折
 ●CPEC(中国パキスタン経済回廊)危機、パキスタン債務不履行か
 ●マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
 
 対抗して日米豪印はインド太平洋共同軍事訓練
 米豪は南太平洋のマヌス島に軍事基地を建設合意
 「インド太平洋」プロジェクトへ米国は600億ドル
 豪NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ
 英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流
 ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい
―――こんなときに日本は「シルクロードに協力し、日中通貨スワップを復活する」
===日本は西側に背を向けた姿勢をみせているが、はたして正気なのか?
    
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1843回】             
 ――「支那はそれ自身芝居國である」――河東(1)
  河東碧梧桐『支那に遊びて』(大阪屋號書店 大正8年)

       ▽
 河東碧梧桐(明治6=1873年〜昭和12=1937年)。本名は秉五郎。愛媛県松山の儒者の家に生まれる。中学時代に正岡子規から俳句の手ほどきを受けたことをキッカケに、生涯を俳句の可能性に奉げた。

  大正7(1918)年4月から7月末までというから、五・四運動の1年ほど前に当たるが、河東は4ケ月ほどを掛けて南は広東から北は北京までを旅行している。本書は、その際の前半部分の旅行記である。

  では、なぜ河東はこの時期に旅行したのか。それというのも、「國としての支那、人間としての支那人、それは我等日本人として是非知らねばならない多くの喫緊な理由がある」からだという。そのためには百聞は一見に如かず、である。直に接することで、「我等日本人に何等かの理解と暗示を與ふるものがあると信」じての旅であった。

  なにはともあれ河東は「支那に住みたいといふよりも、支那は私のものだつた、とでもいふ方が適切なのかも知れない」と“告白”する。なんと「私の持つてゐるものと、支那で享けた印象とが、四十幾年ぶりかで始めてめぐり會つた肉親のやうにピタリと一つになつてしまふのだ」というのだから、甚だ奇妙な話ではある。だが河東は「支那」を「伯父さん」と捉えて続ける。
 
「私の親、それを假に日本とするならば、何事にもコセコセした親に比べては、伯父さんはもつともつと大きな輪郭と内容を持つ抱擁力を示している」。かくして「私の親の持たねばならなくて持つていない大事なものを、私の伯父さんは豐かに持つてゐる、有り餘る程摑んでゐる。それに觸れようとそれを盗まうと、たゞ開け放しに放任してゐる」。

  どうやら河東は「何事にもコセコセした親」に我慢がならないらしく、「日本を訪問しての歸途次、滿洲の平野に來た時、コセついた玩具箱をひつくりかへしたやうな日本はもう懲りこりだ、これでなくちやァ、と言つて室外の高粱畑を飽かず眺めてゐた」と、あるロシア人の話を綴る。

  返す刀で、日本人は「人生觀が不徹底だから人間がコマチヤくれた利巧ぶつた小さいものにしかならない」。それがビジネスに反映されると、「支那の實情に接觸してゐる支店長の措置を、支那の實情を知らない日本の重役が干渉する」ことになる。「會社なり銀行なりが支那に支店を持つにしても、本店から一々指圖しなければ氣が濟まない」。だからまともなビジネスができようもない。

  一方、「支那で事業をしてゐる大きな商店では、目下支那の内地に人を派して各種の利權を獲得してゐる」が、弄する手段は余り褒められたものではない。「早く言へば醜状目もあてられない」といえるほど。総じていうなら「小さな功名を爭ふ日本人的氣分が漂つてゐる」というのだ。

 このような日本人に対し「支那の伯父さんの持つてゐるものは」、「一口で言つてしまへば、人爲的に對する豐富な天然味、それである」。「總てがやり放しな、成るがまゝに捨てゝある、人爲的整理よりも天然的整理に任してある、其の剥き出しな大まかさである」。自然も同じに「無際限な單調、それは天然でなければ示すことの出來ない永遠の沈黙」である。

 彼らは「到底勝つ事の出來ない天然の偉力に對して、絶望的に振舞つてゐる」。確かに、それは「悲慘さ」に満ちてはいるが、その「悲慘さ」に満ちた日々を何事もなかったかのように生きている。

  コセコセと生きる日本からやって来て「これらの天然生理的な大まかさに際會し」た河東は、「この新たな世界の暗示を正當に理解したい心持で一杯になつた」のだ。
    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)恒例となりました、横浜の「パネル展」(平成31年1月)の御ご案内です。
「ジャパン・ファースト」(日本の未来を考える)パネル展
            記
日時:平成31年1月21日(月)〜25日(金)
     21日:12〜20時
     22〜24日:10〜20時
     25日:10〜18時
場所:かながわ県民センター・1階展示場
    横浜駅西口・徒歩5分(ヨドバシカメラ裏)
テーマ:メディアの偏向・憲法9条問題。沖縄基地問題・中国・北朝鮮問題
    教育問題・国内外の反日左翼
入場無料 (写真撮影可・パネル貸出可)
主催:日本大好き市民の会
協賛:新しい歴史教科書をつくる会・神奈川県支部ほか
お問合せ:高橋 090(4952)1536



  ♪
(読者の声2)宮崎正弘先生の新刊『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版)を読みながら下記の記事を思いおこすのです。
「網易」というサイトが中国にありますが、18年10月22日に次の記事が載りました。
 「2018年上半期だけで中国企業の504万社が倒産し、失業は200万人上乗せされた。農民工の失業が740万人と言われるから、上半期だけで、1000万人が新たな失業に加わった」
 この数字、中国の公式統計にはでていません。
 ついで「財新網」(同年11月28日)では、「求人広告が202万件、消えた」としています。
 まさに宮崎先生が解かれるように、中国経済は崩壊の予兆に満ちています。
   (DR生、横浜)



   ♪
(読者の声3)宮崎さんの新刊『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版)を読了したのですが、シナ人の跳梁跋扈と悪辣さは判っていたものの、一番驚いたのは、
「平成元年に世界の企業の時価総額ベスト50に日本企業が32社」
「平成29年          ベスト50に日本企業1社(トヨタ)」
という惨状です。
これは「一体誰の責任か」と言っても仕方がないのですが、日本人全員が目覚めねばならぬ事態と思います。
具体的に国民はどうすればよいのか、たぶん庶民には手の出ない問題で、内部留保の多い企業が設備投資をして規模を拡大するのが一つの解なのでしょうが、政府はずっと緊縮財政ですから、政府と財務省・日銀に文句を言うよりありません。
いずれにしても何の裁量権もない庶民にはゴマメの歯ぎしりでこの問題はお手上げです。
今後も宮崎先生に論陣を張って頂くよりありません。毎日超人的なご活躍ですが、お身体くれぐれも大切になさって下さい。
   (AO生、伊豆の国)


(宮崎正弘のコメント)最悪の問題は日本企業の内部留保。およそ470兆円。したがって邦銀はお金を貸す相手がなく、外国に流して鞘をとるわけですが、なんとその九割が中国に貸し出されているという身震いするような現実。
 だから日本政府は言うのです。「中国のシルクロードには協力する」と。
 この続きは1月28日発売予定の拙著、田村秀男氏との対談『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)で詳述します。



   ♪
(読者の声4)「家村中佐の兵法講座 兵法書として読む『古事記』『日本書紀』」のご案内です。
 日本最古の史書とされる『古事記』『日本書紀』には、遠い昔から今に伝わる日本人の戦争観や武力行使のあり方、優れた戦略・戦術や軍隊の指揮・統率など、現代社会においても十分に役立つ最高の兵法書としての教えが数多あります。
今回の兵法講座では、外来宗教であった仏教を日本の固有文化に高めた聖徳太子の信仰思想、秦始皇帝の子孫を自称し聖徳太子のブレーンとして全幅の信頼を寄せられていた謎の人物・秦河勝、さらには渡来系氏族である秦氏がいつ、どこから、どのようにして日本にやって来たのかなどにつきまして、『古事記』『日本書紀』の記述やそれ以外の古文献を紐解きながら、図や絵を用いてビジュアルに、分かりやすく解説いたします。
   記
日 時:2月9日(土)13:00開場、13:30開演(16:30終了予定)
場 所:文京シビックセンター5階 会議室A
講 師:家村和幸(日本兵法研究会会長、元陸上自衛隊戦術教官・予備2等陸佐)
演 題:第16話「聖徳太子と秦河勝」
参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)
お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
 FAX 03-3389-6278(件名「兵法講座」にてご連絡ください。事前に、「新説『古事記』『日本書紀』でわかった大和統一」(宝島社新書)をお読みいただくと、理解が深まります)
  (日本兵法研究会会長 家村和幸)



  ♪
(読者の声5)数日前韓国の文大統領の演説の中で金正恩の名前が数度呼び捨てで言及されていたとのことです。日本のマスコミは小さくしか報道しませんでしたがこれは驚くべきことです。
 よほど頭にくることがあったのか、北朝鮮をけん制する必要があったということです。おそらく年初の金正恩からの親書が原因でしょう。
言葉遣いは丁寧ですが、要は(1)去年ソウルで会談できなかったのは残念である、
(2)用意が整ったらソウルで会談したい、ということです。
 用意が整ったらとは、北朝鮮側の考えでは、高麗連邦ができてその首班に金正恩が就任するということです。
残念ながら去年は用意が整わなかったが、早く用意が整うようにせよと金正恩が文大統領に命令したということです。
自分が北朝鮮を併合して経済力と軍事力をもった核大国の首班になる積りの文大統領にとっては認めがたいことでしょう。
しかし、いまさら日米韓三国同盟堅持とは言えないのでどうしようもないということです。
最近ますます日韓関係が悪くなっていますが、それよりさらに深刻なのは米韓関係です。軍事同盟条約があるにもかかわらず、背信行為を行っているのですから、直接の軍事同盟がない日本の場合とは比較にならない背信行為です。
国交断絶なってのおかしくない事態にも関わらず、韓国では能天気状態が続いています。
米国政府が韓国政府の頭越しで北朝鮮と韓国が割を食う形で手打ちをするか、それともひと悶着おこすか、私には分かりませんがおそらく前者ではないのでしょうか。
  (ST生、千葉)
       ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▽◎△ 宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
(新刊予告 1月28日 発売予定。予価1200円)
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 その「前夜」、中国経済はあらゆる面で面妖な動きにでてきた
 日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!


  ♪♪
絶賛発売中! まもなく重版出来!
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/


♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
         ○□◇□◇○□◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■宮崎正弘の新刊・近刊  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
         ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。