国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <ポンペオ国務長官がカイロで演説。「米国の新しい中東マニフェスト」

2019/01/11

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)1月11日(金曜日)参
        通巻第5950号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ポンペオ国務長官がカイロで演説。「米国の新しい中東マニフェスト」
  イランを地域内で完全に封じ込め、シリアから撤退する
****************************************

 1月10日、カイロにあるアメリカン大学において、中東九ヶ国歴訪中のポンペオ国務長官が演説した。題して「米国の新しい中東政策のマニフェスト」。

 演説の骨子は最初から最後までオバマ前政権の中東政策の失敗を批判し「悲惨なカオスをもたらした。アラブの春の失敗が、シリアの内戦を生んだ。完全な失敗だった。中東は惨状に陥ったのだ」。

 ではどうするのか?
新しいマニフェストは何なのか、といえば、「イランを完全に封じ込める」の一点のみ。シシ政権の人権弾圧やサウジのイエーメン介入など、人道的な問題には触れず、またシリア撤退という、米国の政策変更がマティス国防長官の更迭をもたらし、トルコの関係悪化を随伴してしまった現実にも触れず「われわれはISに勝利した。だから撤退する」と締めくくったという。
これを訊いたオバマ政権の元幹部は「まるで異星人の話を聞いたようだった」とコメントした。

他方、ジョン・ボルトン大統領補佐官は、「ISの敗北を見極めてから米軍は引き揚げる」としており、政権内部でニュアンスの違いが浮き彫りになっている。
トランプ大統領自身は、イスラエル贔屓が強く、またアメリカ全体はイスラムへの潜在的敵対感が底流にあり、シリアにいつまでも関わっていてどうするんだという声が、トランプのシリア撤退を支持する声となっている。
      □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
  (「読者の声」は下段にあります)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため1月13日―15日が休刊となります  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▽宮崎正弘の初荷新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
    ▲
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
(アマゾン↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険すぎないか?
 ●ニカラグア運河、ペネズエラ新幹線などは正式に中止
 ●インドネシア新幹線、マレーシア新幹線など中断、挫折
 ●CPEC(中国パキスタン経済回廊)危機、パキスタン債務不履行か
 ●マレーシア、スリランカ、モルディブ、そしてマダガスカルで親中派元首が落選
 
 対抗して日米豪印はインド太平洋共同軍事訓練
 米豪は南太平洋のマヌス島に軍事基地を建設合意
 「インド太平洋」プロジェクトへ米国は600億ドル
 豪NZなどが「南太平洋インフラ投資銀行」設立へ
 英仏海軍は共同で南シナ海「自由航行」作戦に合流
 ペンス演説は「対中準宣戦布告」に等しい
―――こんなときに日本は「シルクロードに協力し、日中通貨スワップを復活する」と、まるで西側に背を向けた姿勢をみせているが、はたして正気なのか?

     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌「読者の声4」の(CAM)氏の出生地が淵田美津雄氏と全く同一だとか司馬遼太郎氏の母君がその近傍出身だとか世の中は狭いものですね。
生出寿氏は山本五十六凡将論だったと思いますが、淵田氏は南雲・栗田といった艦隊司令官の前時代的な頭の固さを繰り返し批判しています。
 南雲長官については第二次反復攻撃を行わなかったこと、さらには真珠湾からの帰路について、もと来た路ではなく、中央航路をまっすぐに帰ったら、出動中の二空母にも出会って、これを撃滅できるだろう、と批判しながらも、当時の海軍航空隊が偵察を軽視しており、南雲長官が偵察能力を信用していなかった、との反省の弁も述べている。
 ミッドウェーでも偵察軽視のツケがでてしまう。
 淵田氏の南雲長官批判の論拠として真珠湾は水深が12mしかなく吃水7mの戦艦が沈没しても5m沈めば海底に届いてしまい、容易に引揚げ・修理ができるというもの。
 ところが草鹿参謀長はアメリカ太平洋艦隊を撃滅して作戦目的を達成したのだから、オイルタンクだの海軍工廠の修理施設を攻撃するなど下衆のあと知恵だという。
 淵田氏が批判する点はもう一つ、「兵は勢である」ということ。
戦前のアメリカの戦争小説では日本軍はハワイを占領後アメリカ西海岸に上陸しています。実際に開戦後、アメリカは西海岸で灯火管制を行い、製鉄所をユタ州に疎開させることまでしています。
 レイテ攻撃の栗田艦隊については、戦争の帰趨はもはや明らかであり、アメリカ軍に出血を強いることで少しでも有利な講和条件を得るのが目的なのに、時代遅れの艦隊決戦にこだわり、囮となった小沢艦隊の犠牲を無駄にしてしまったと強く非難している。
 さて戦争も終わり、占領軍から尋問される日々。占領軍機関誌にインタビュー記事が載った日の午後、黒人兵三人がやってくる。
ジープに乗せられ着いた場所は丸の内の郵船ビルの裏手。狭い階段を上がった先は彼らが働くバーの楽屋裏。大勢の黒人兵からウイスキーやらクラッカーやらの大歓迎。
 彼らのジェスチャーで「真珠湾攻撃を誰が一番喜んだと思うか」との問い。そしてその答えは「われわれ黒人だよ」というもの。
淵田氏は人種差別の実態を知るとともに、「顧みれば日本が、大東亜解放の大義名分をかざしたのはよい。しかし、自分こそ最優秀の天孫民族で、大東亜の盟主であると思い上がったところに、傲慢と人種的優越感とが存在しなかったか。このたびの敗戦は、それを懲らしめる天譴であったと、私は受けとめていた」と記しています。
 ぼくが子供のころ、親戚のおばあちゃんは霊感というか霊能のある人で、ある日どうして日本は戦争に負けたのかときくと、日本は高慢になり過ぎたからだというのです。自慢・高慢バカのうち、人の言うことをよく聞きなさい、と諭されました。

 昭和26年(1951年)に洗礼を受けた淵田氏は昭和27年から32年まで8度のアメリカ伝道の旅に出かけ、多くの著名人にも会っています。
なかでもトルーマン前大統領との会見は興味深い。陸軍少佐だったというトルーマン、今日は軍人同士の話でいきましょう。
「キャプテン、真珠湾はね、ボス・ギュルチィ(両者有罪)だよ」と言った。
私は「そりゃ神の前にはボス・ギュルチィでしょうけれど・・・」と言い及ぼうとしたら、トルーマンは遮ぎって、「いいや、神の前ばかりでなく、人間の前にも、いまに史実としてボス・ギュルチィが明らかになるだろう」
と言った、とあります。
 マッカーシーの赤狩りや朝鮮戦争を経験し、ルーズベルトが日本を戦争に追い込んだことやアメリカは戦う相手を間違えたことにやっと気がついたのですね。
 日本占領軍最高司令官を解任後のマッカーサーとの会見では、憲法9条の話が出てきます。マッカーサーが言うには、原爆の出現で将来の戦争は勝敗がつかないだろう、敵も味方もともに滅亡する。まったく人類の破滅でしかない。
そのような見地から、世界は戦争放棄の段階に近づきつつあるとの感を抱いていた。日本を軍事的に無力化する連合国の方針もあったし、また日本をして率先、世界に戦争放棄の範を垂れさせようとの意図もあった。その後の世界情勢は力に対するには力のバランスで、やっと平和を保っている。かくて日本も自衛力が必要だと、自分は再考を余儀なくせしめられた。
 ニミッツ元帥宅では自慢の松の盆栽を見せられ、夫人からは日本滞在中にスケッチした油絵を案内して見せてもらう。
スプルアンス大将の家では淵田氏が送った能面が飾られるなど、昨日の敵は今日の友を実践するアメリカ人の良い面が描かれます。
 最後に終戦記念日の戦没者慰霊祭における総理大臣の追悼文の話がでてきます。
『その追悼文で戦没者のことを「偉業に倒れ」などと謳うと、早速、日本基督教協議会あたりの小賢しいのが、「戦争は偉業でない」などと題したビラを撒き散らしてアジるのであった。けれども私が考えるのに、確かに戦争は偉業でないが、ひとたび国家が戦争に入ったとなると、国民たるものは、命をかけ体を張って戦争に従事する。そしてその事自体は偉業であり、かくて戦場に倒れたとなると、「偉業に倒れ」と言わずして、なんと言うか』
キリスト教徒である前に愛国者の淵田氏はキリスト教徒になってからアメリカ人記者に真珠湾攻撃についてのインタビューを受け、まったく後悔していないと断言しています。
 日本基督教協議会というのはウィキペディアを見ると『いわゆる「歴史認識問題」などで韓国キリスト教教会協議会と連携して、加害者の日本と被害者の韓国という関係を築くために政治運動を行っている』とあります。
朝鮮系に乗っ取られた団体です。初詣の参道で「神を信じよ」などと迷惑この上ない連中も同類なのでしょう。
昭和20年代から今に至るまで反戦左巻きの巣窟のようです。
   (PB生、千葉)
       ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▽ 宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
(新刊予告 1月28日 発売予定。予価1200円)
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 その「前夜」、中国経済はあらゆる面で面妖な動きにでてきた
 日本政府に備えなし。しかし読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!


  ♪♪
絶賛発売中! まもなく重版出来!
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/


♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
          ○□◇□◇○□◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■宮崎正弘の新刊・近刊  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
         ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため1月13日―15日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/01/11

    「2019年はどうなる?」



    ・今までの流れから言って、ものすごい速さで決着がつく。



    ・メキシコの壁を絡めてトランプが言っていることは「米軍を引き上げる」



    ・民主党は壁の予算を認めないだろうから、「非常事態」宣言となる。



    ・米軍は国内でやることがたくさんある。外国で戦争やっている場合じゃない。



    ・トランプは「ISに勝った」と言っている。→テロ戦争は終了と言う意味。



    ・米軍は911でテロ戦争のために海外に出て行った。



    ・トランプは「長い戦争、誤解から始まった戦争が終わる」と言っている。



    ・トランプは「北朝鮮と話したい。中国と話したい」と言っている。



    ・北朝鮮も中国も脅威でなければ、日本の米軍は必要ない。



    ・トランプ「米軍は帰って壁を作らせる」→米軍を帰らせる口実



    ・メキシコの壁の話は口実で、民主党を締め上げている。



    ・トランプはゴルバチョフ以上である。



    ・米国ではソ連以上のことが起こる。



    ・金利はまだ上がる(今は速度を落としただけ)→株は暴落する。



    ・トランプは1期目でほぼ達成した。(米軍とドルを世界から引き上げる)



    ・「全然違うアメリカにする」と信を問う。(その時はトランプじゃないかもしれないね)



    ・911真相の連邦大陪審の審議が始まった。



    ・2006年から証拠はどんどん放出している(説明はしていない)



    ・ケビン・シップが大暴露している。



    ・日本はどんどん取り残されている。



    ・ロシアの武力は圧倒的であり、世界は平和になる。



    ・開けてびっくり玉手箱トランプの「中東和平案」→パレスティナ国家を認める。





    *アメリカ中心でどんどん進む。



    *今までの常識を変えないとついてゆけない。

  • 名無しさん2019/01/11

    コンゴ民主共和国がカバールのアメリカ破壊計画の実験場にされ、第二次世界大戦以来最悪の戦場と化している、そのお隣の国ガボンについて。

      1月2日、トランプさんはコンゴ救済のために米軍をガボンに派遣したのですが、クリントン側が早速クーデターという形で追い出しにかかりました。



      リビアのカダフィ大佐は血祭りに上げられましたし、もっと遡ればブルキナのトーマス・サンカラ大統領も始末されましたし、今回のクーデターだって捕らえられた兵士の中には本当に母国を思って動いた若者がいるかもしれません。

      刻一刻と、沢山の貴重な人材がアフリカから奪われているのです。この人たちってばどこまで旧植民地を蹂躙すれば気が済むのでしょう。



      最近では、サウジアラビアやイスラエルの暴虐非道っぷりに注目が集まるようになり、イエメンやパレスチナの惨状が隠せなくなってきました。シリアもロシアの庇護とイランの支援の下、多少は落ち着いてきました。

      ですがアフリカの国々の苦しみは、まだまだ把握されていません。皆さんの意識が遠いアフリカの大地にも向けられ、闇を駆逐する光となりますように。

  • 名無しさん2019/01/11

    他方、ジョン・ボルトン大統領補佐官は、「ISの敗北を見極めてから米軍は引き揚げる」としており、政権内部でニュアンスの違いが浮き彫りになっている。

    トランプ大統領自身は、イスラエル贔屓が強く、またアメリカ全体はイスラムへの潜在的敵対感が底流にあり、シリアにいつまでも関わっていてどうするんだという声が、トランプのシリア撤退を支持する声となっている。→トランプ大統領閣下を支持します。