国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <トランプ、中国と貿易交渉で「ディール」か

2019/01/10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)1月10日(木曜日)
        通巻第5948号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ、中国と貿易交渉で「ディール」か
  孟晩舟の米国移送を譲歩する代わりに中国の貿易で解決を求める?
****************************************

 トランプ大統領はカナダで拘束中のファーウェイCFO孟晩舟の最終的判断を、中国との貿易交渉で「ディール」しかねないだろう、と元NY司法部幹部だったネルソン・カニンガムが予測している(サウスチャイナモーニングポスト、2019年1月9日)。

 カナダのトルードー首相は、この問題でたびたびトランプ大統領と電話会談をしているようだが、弱腰と批判されている同首相だけに、自らの政治的判断を忌避し、「あくまでも司法に委ねる」とのたまうだけ。中国で拘束されているカナダ人は13名となって、無言の恐喝をかけている。

 北京で開催中の米中実務者会議は会期を延長している。
かなり突っ込んだ解決案が協議されている模様で、次官級会合でもないのに初日には劉?副首相が顔を出すほどの異例な雰囲気となった。
また22日からのダボス会議には王岐山(国家副主席)が派遣され、トランプ大統領と話し合うとされる。王岐山は習近平が頼みとする「軍師」。これまで表舞台を避けてきたのは深く関与する「海航集団」の債務不履行危機をいかに乗り切るかだった。同集団は、事実上国有化され、どうやら王岐山は最大のスキャンダルを乗り切った。

 米国は交渉による期限を3月1日としており、同月5日からは全人代が開催される。つまり中国にとって時間がない。最終的譲歩を示す可能性が高い。
 しかしながら言い逃れ、約束破りが常習の中国を相手に、譲歩案を勝ち取ったとしても、近未来の中国の約束不履行は目に見えており、ましてや孟晩舟の米国移送を譲歩する代わりに中国との貿易交渉を米国有利に納めるという観測は、国家安全保障レベルの解決を遠のかせるだけではないのか。
      □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 現代日本の情報戦敗退は文化教養の劣悪さが元凶ではないか
  戦国時代に既に日本ではインテリジェンス学は確立していた

  ♪
山村明義『勝つための情報学  バーチャルからリアルへ』(扶桑社新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 現代日本人の「情報学」への理解は世界最低だろう。
 先進国から日本が転落するとしたら、列強の情報戦に敗北することが原因となるだろう。
なにしろ偽情報、捏造、プロパガンダに振り回されている政治の劣悪さ!
「情報」はインフォーメーション、PR,そして昨今流行語のフェイクニュースなどを含み、その解釈あるいは定義つけが混乱の極みにあるが、現代日本語の「情報」には「インテリジェンス」も含んでいるようである。
 インテリジェンスは「諜報」と理解した方が良い。
 じつは戦国から徳川幕府にかけて、武士には諜報の伝統があり、その奥義への理解は深く、その伝統が日清日露から大東亜戦争まで継続していた。
 孫子を愛読したのは武田信玄だった。「風林火山」は孫子が原典であることは周知の事実だろう。 
 諜報、謀略の行使に関して言えば、織田信長に卓抜なる才能があった。
今川を、様々な事前工作と諜報、フェイクニュースなどで騙し、隘路となっている桶狭間に、まんまとおびき寄せた。これは信長の『幸運』とか「乾坤一擲の勝負」とかの英雄物語りではなく、そのインテリジェンスの側面をみる必要がある。評者(宮崎)はそのことを拙著『戦国武将の情報学』(現代書林、絶版)でも展開したのだが、反応が稀薄だった。
信長の遣り方を横で見ていた秀吉はフェイクニュースと嘘物語りをでっち上げる天才、いまの中国の諜報機関でも舌を巻くほどの謀略家だったが、このダークサイドは『太閤記』などが消し去った。
だから秀吉物語は異例の出世、明るい英雄というイメージになって、冥界で秀吉は哄笑しているに違いない。
日本は戦時中に「陸軍中野学校」を設立し、情報、諜報、謀略の専門家を育成した。とくに岩畔豪雄の凄まじい活躍は斯界で知られるが、いまの日本人は名前さえ知らないだろう。岩畔は戦後も活躍し、若泉敬らを育てた。
幕末に、諜報の重要性を力説した人物は、誰あろう、かの吉田松陰だった。このことを評者も小欄などで繰り返し述べてきたので、ここでは繰り返さない。

さて、本書の著者である山村氏は記者としての取材歴35年、そのジャーナリストの豊富な体験から、まずはフェイクニュースの見破り方を説き、リアルな情報にたどり着く方法を要領よく述べる。
とくに山村氏が指摘しているのは「三角測量法」と、「6W2H1D」である。一般的に言われるのは「5W1H」だから「W」と「H」が一つ毎増え、さらに「D」が加わる。これが鉄則だとされるが、詳細をここで語ってしまうと、売れ行きに差し支えるだろうから詳しくは書かないことにする。
第六章は「暗号情報が日本を救う」で、日本の暗号文化に筆が運ぶ。個人的にいえば、このチャプターが一番面白かった。
中国がアメリカから盗み出したファーウェイの5G技術は、いまのスマホの100倍のスピードになるが、いずれ開発される量子コンピュータでは複雑な暗号アルゴリズムも1秒以内で解析してしまう。
だったら理科系エンジニアも暗号設計者も不要となる?
暗号はオンハルト・オイラー(18世紀の天才数学者)が近代暗号学の嚆矢とされるが、じつはそれより早く日本人が「発明」していたと山村氏は次のことを紹介する。
「これより先に、その(暗号の)関数を発見したのは、江戸時代の和算家である久留島義太(和算家名は「喜内」、1696−1758)でした。江戸時代の和算のレベルの高さ」(179p)。これは人工知能の時代をむかえる日本にとって、対応ノウハウの秘密が隠されているような気がする。
さて「暗号化」を山村氏は数式やコンピュータアルゴリズムに頼るのではなく、日本の伝統に頼れとの意外な示唆は、文学的であり、同時に意表を突く提言と思われる。
 戦国時代の暗号は和歌の本歌取り同様な教養が必要だった。
 一例として、和歌の智恵、教養を探りあて下記を紹介している。
 紀貫之は「古今集」に「小倉山 嶺たちならし 鳴く鹿の へにけむ秋を 知る人ぞなき」と残したが、これは「おみなへし」(女郎花)の暗号だった。
ナチスは暗号通信にエニグマを使ったが、日本の暗号はアメリカが見破っていた。真珠湾攻撃を事前にFDRが知っていたことはいまや常識である。ならばアメリカはどうしたのか、土壇場で数式アルゴリズムにたよらず、インディアンのナボホ族に通信を取らせたのだ。インディアンの言葉など、日本で知るものはいなかった。そこで日本も薩摩弁で、ミッドウェイ以後、通信をしていた記録もあるが、日系アメリカ人で薩摩出身者がアメリカ軍に協力して、解読した。

 数学ではなく、文化(言語)。そして文字を暗号に使うべきと著者は言う。たしかに辻原登氏の小説(『ダッタンの馬』)によれば、阿比留文字を対馬では半島の倭館、幕府との通信に使用したという。
ハングルに似ているという「阿比留文字」は朝鮮官僚もシナ人学者も読めなかった。
 戦国時代に日本ではインテリジェンス学は確立していた。現代日本の情報戦敗退は文化教養の劣悪さが元凶である。

      ○△□☆◎○△□☆◎○△□☆◎△□○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため1月13日―15日が休刊となります  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)韓国の、日本の自衛隊機に対する火器管制レーダー照射という自らの過ちを、ねつ造画像を世界中にばらまくという印象操作や、被害国日本に謝罪要求するという逆ギレ攻撃によって、うやむやにしようとする姿勢は、石平氏が、「宗族と械闘」の中で説明している「宗族」の内容そのものです。
つまり支那と朝鮮は精神構造が全く同じレベルだということです。他民族に支配され続けた支那の宗族と、支那とその傀儡に支配され続けた朝鮮の民衆とが同じ性質を持つことは、むしろ必然といえましょう。
 では、具体的に石平氏はどう説明しているかと云いますと、「宗族」は、宗族の一員が犯罪を犯した場合、何が正しいかとか何が真実かとか関係なく、どんな手を使っても全力でその一員を守ろうとする、という内容でした。まさに今回の韓国の行動そのものですね!これを、ヘーゲル流に捉え返しますと、即自のみで対自が全くない、と云えると思います。
 では韓国や支那の認識に、対自が全くない原因は何か? と云いますと、国家が自分たちの外側のものであったこと、そしてそこからくる具体的な内容として、対自的な法に対する歪んだ感情、すなわち韓国や支那は、法があっても守ろうとしないで、都合の悪い法や約束は平気で無視し、破ります。
この即自的感情オンリーが、自分たちが権力を握っても、そのまま変わらないで、国民不信で弾圧するか、対自としての自覚がないために、国民の即自的感情に迎合してしまうのです。
 そして、もう一面考えられることは、対自的な学問がない、学問的体験を持たないということだと思います。
その結果、即自的感情に左右されない客観的真理に対する憧憬がなく、それを無視すると現実から手痛いしっぺ返しを喰らうという畏怖もなく、学問は作るより盗んだ方が早い、となってしまうのです。
だから公の場で、堂々と嘘をつけるのであり、慰安婦像や南京虐殺記念館を作って、みんなに信じ込ませた方が勝ちだ、と厚顔無恥な行動がとれるのです。
 世界の中で、日本以外の国々は、その言語構造にもある通り、支那や韓国と同様に、基本的に利己的な即自中心の精神構造を持っていますが、西洋諸国は、その文化圏に学問が発達したおかげで、それなりに対自の権威が定着したので、大人になることができました。
 しかし、その西洋の憲法のはじまりは、対自と云えるような代物ではなく、王権を制限するという、国家を私物化する国王の即自と貴族の即自との即自同士の妥協の産物でしかありませんでした。
したがって、それはまだ石平氏の説く支那における「械闘」とさほど変わるものではなかったということです。
その「械闘」」というのは、宗族間の争いのことで、興味深いことは、そこに皆殺し愛にならないような、即自同士の妥協的ルールができていることでした。余談ですが、その械闘の時は、宗族の女性も食事を創って戦う男たちを送り出して、まるでお祭りだそうです。
 そんな西洋において、即自的な国家が、何とか対自らしき体裁を持つようになったのは、岡田・宮脇ご夫妻が説かれているように、民主主義的な国民国家ができてからのようです。それはどうしてかと云いますと、絶対王政の王と違って、国民国家の国家は、個人ではないので即自になりにくく、はっきりと国家が、形式上、個人の即自と切り離されたからです。それでも、権力を握ると私物化しようとする輩は後を絶ちませんが・・・・

 その原因は、二つあります。
マルクスによって、ヘーゲルの本物の学問が破壊され、対自的な観念論哲学が否定され、学問界が即自的な唯物論的科学オリーにされてしまった結果として、人類全体の認識において、即自が優位になって対自が形骸化されてしまったことです。
折角、ヘーゲルが「法の哲学」の中で、国家の本質は人倫的な客観精神であり、その普遍的な人倫精神の国家理念を憲法として国創りをすべきであり、その国家理念の象徴・体現者がすなわち天皇である、ということを述べていたのに、それがマルクスによってかき消されてしまったのです。
またそう言う国家の国民に関しても、ヘーゲルは、自然的人間は対自的な国家の普遍的人倫精神を教育され、即自と対自とが統一されるように教育されて、初めて真の国民になれる、とも述べております。
つまり多様な即自性は、普遍的な対自性との統一があって、はじめて国家が認める多様性となれるのです。ですから、即自的感情のみで「同性魂を認めなかったから賠償金を払え」などというのは、己の本分をわきまえない身勝手な主張というべきです。
 もう一つの原因は、折角ヘーゲルが、運動を止めた「あれかこれか」の形而上学の死んだ論理学を、見事に換骨奪胎して「あれとこれ」とを統一して、生きた運動体の論理学を完成させたのに、マルクスがそれもぶっ壊して、「あれかこれか」の死んだ論理学に引き戻してしまったことです。
これによって人類は、即自と対自が統一できず、国家と国民がバラバラのまま、混乱のるつぼに巻き込まれることになってしまったのです。

 じつは、人類の歴史上、その統一を見事に成し遂げた唯一の国が日本です。
日本は、「カタカムナ」の昔から、対自的な本質の世界と、即自的な現象の世界との、世界の二重構造を自覚していました。つまり日本人は、即自ばかりでなく対自的な認識も、早くから持っていたということです。
だから、共存共栄の精神が育まれたのです。
そして、その精神を国家理念として、憲法として国創りが行われたのです。それが17条憲法に他なりません。だから日本人の精神構造の普遍性は、武士道に代表されるように、対自と即自が一体なのです。
これはヘーゲルが理想的な人間像として説いた、まさにそのものなのです。これは本当に凄いことです。
日本はそのヘーゲルの学問を実現して見せた世界で唯一の国なのです。そして、この日本精神の普遍性が、後々まで、敗戦後解体され崩されるまで連綿と続いて、日本の見事な歴史を創ってきたのです。
 ですから日本の再興・再建は、学問立国を宣言して、ヘーゲルの学問に依拠しながら、学問的に日本精神の普遍性を取り戻して、ヘーゲルの説く理想的な世界創造の先頭に立って、人類を先導していくことが、人類を救うことになることを、今回の韓国のレーダー照射問題は示唆してくれていると思います。       
   (稲村正治)



   ♪
(読者の声2)石川公弘氏が台湾少年工をテーマに「第42回台湾セミナー」のお知らせです。
 昭和18年(1943年)5月から翌年5月までの1年の間に、労働力不足を補うため、8400人余の台湾の少年たちが難関の選抜試験を勝ち抜き、海軍軍属として日本本土に渡ってきました。平均年齢14、5歳の彼らは「台湾少年工」と呼ばれ、神奈川県高座郡にあった高座海軍工廠を母廠に全国の航空機工場へ派遣され、「雷電」や「零戦」など海軍機の生産と整備に従事しました。その高い技術と仕事への忠誠心は各地で称賛されました。
 平成4年(1992年)5月、大和市役所を訪問した台湾高座会の方々をたまたま応接されたのは当時、同市議会議長だった石川公弘(いしかわ・きみひろ)氏。この偶然の出会いが翌年6月9日に開催の「台湾高座会留日50周年歓迎大会」として実現し、台湾から実に1400名もの台湾少年工が来日しました。石川氏はこのときから昨年10月の75周年歓迎大会まで実行委員長として臨み、台湾高座会との交流の中心人物であり生き証人となります。
 今回のセミナーでは、台湾少年工の歴史的意義とともに、25年に及ぶ交流の足跡や今春の出版を予定している『台湾少年工75周年記念誌』についてお話しいただきます。
 セミナー終了後は、講師を囲んで懇親会を開きます。ご参加の方は、申し込みフォーム、メール、FAXにてお申し込み下さい。
                   記
日 時  1月19日(土) 午後2時30分〜4時30分(2時開場)
会 場  文京区民センター 3階 3-D会議室
演 題  台湾高座会との交流と『台湾少年工75周年記念誌』
講 師  石川公弘氏(高座日台交流の会会長)
     [いしかわ・きみひろ] 昭和9年(1934年)5月、神奈川県生まれ。同18年、海軍工廠寄宿舎舎監に転じた父と大和へ。早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。東京経済大学講師、日本ビジネスペンスクール取締役を兼務しながら大和市議会議員を28年務める。市議会議長時代に元台湾少年工と再会、台湾高座会留日50周年、60周年、70周年、75周年の歓迎大会実行委員長。主な著書に『二つの祖国を生きた台湾少年工』など。共著に『台湾少年工と第二の故郷』。日台稲門会顧問、日本李登輝友の会副会長。
◆参加費:1,500円(会員) 2,000円(一般) 1,000円(学生)
     *当日ご入会の方は会員扱い
◆申込み:申込フォーム、メール、FAXにて。 *1月18日(金) 締切
     申込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
     E-mail:info@ritouki.jp
 FAX:03-3868-2101
◆懇親会:講師を囲んで会場の近くにて [参加費=3,000円 学生:2,000円]
◆主 催:日本李登輝友の会
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
  HP:http://www.ritouki.jp/



  ♪
(読者の声3)文化放送ラジオに「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」という番組があります。歌手・俳優の武田鉄矢さんは読書家でもあり、軽妙な語り口で様々な本の紹介をするのですが、過去の放送で「真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝」がありました。
 あまりに面白かったので本を読んでみると驚きの連続。
淵田美津雄は日露戦争直前の明治35年(1902年)生まれ。軍人に憧れ海軍へ。両親からは事故死の多い飛行機と潜水艦だけはダメと言われながら飛行機乗りになってしまう。
 1930年のロンドン軍縮会議での統帥権干犯騒ぎを空母加賀の艦上から眺めた著者、補助艦勢力が総括して六割なら愚にもつかない一万トン巡洋艦なんて全部止めて、その分を全部航空母艦の建造に振り向けたらどうだろう、と思うが中尉の分際では口出しもならない。
 1934年に日本はワシントン軍縮条約の廃棄を申し入れ、また1935年に満了するロンドン軍縮条約後の軍縮を話し合うためロンドンで予備交渉を開催。米英日仏伊の五ヶ国代表が話し合うのですが、日本海軍の首席代表が山本五十六少将だった。
 この予備交渉で日本は総トン数主義で平等な条約を結びたいと提案。その提案の中で日本海軍は航空母艦の全廃を主張、これには著者もひっくり返るほど驚き、狂気の沙汰だと思う。
この話の続きがまたひどい。今の日本の野党の主張に瓜二つ。
「日本海軍の言うところは軍備は他国を侵しに行くものではなく、自国を守るだけのものだから、不脅威不侵略の原則に基づいて、攻撃用の兵器は全廃し、防禦用の兵器だけにとどめようと前提して、航空母艦というものは攻撃用だからこれを全廃し、なんなら戦艦も廃止してよいとの提案であった。」
 著者はなんと幼稚な子供だましの専守防衛論かとあきれますが、こんな主張をする人物が連合艦隊長官になった時点で日本の敗戦は予定されていたのかもしれません。
  (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声4)1月29日、宮崎正弘さんの独演会が新宿であります。「第152回東アジア歴史文化研究会」のご案内。
 どなたでもご参加いただけます。なるべく事前ご予約をお願いしますが、突然の御出席も歓迎です。
 この度の研究会は、中国ウォッチャーの第一人者として有名な宮崎正弘氏に「2019年 本と世界の展望−混沌とする国際情勢を斬る」のテーマで語っていただきます。
2019年、今年は天皇陛下の譲位が行われ、30年続いた平成時代も終わりを告げようとしています。
昨年、トランプ政権は中国製品に制裁関税を発動し、ファーウェイ、ZTEを締め出すなど、このところ米中貿易摩擦が激化しています。またEU離脱を巡る混乱、複雑怪奇な中東情勢、日本と韓国における徴用工問題、自衛隊機へのレーダー照射事件等々、どれをとっても混沌とした出来事ばかりです。
今、いったい何が世界で起こっているのか。また起ころうとしているのか。日本のメディアでは報道されない世界の深奥部の情報を交えつつ、宮崎氏にわかりやすく分析をしていただきます。

日 時 2019年1月29日(火)午後6時30分〜8時45分
場 所 常円寺・祖師堂地下ホール
http://www.joenji.jp/sp/access/
        新宿区西新宿7-12-5 電話03-3371-1797
テーマ 「2019年日本と世界の展望−混沌とする国際情勢を斬る」
講 師 宮崎正弘氏(作家・評論家)
演題  「「2019年 本と世界の展望−混沌とする国際情勢を斬る」 
参加費 2,000円
連 絡 東アジア歴史文化研究会(事務局長:花田成一)
         TEL:080-7012-1782
         Eメール:e-asia@topaz.ocn.ne.jp
○□○◎○□○◎○△□◎□▽○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▽宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
    ▲
( 明日発売です! 都内主要書店は本日発売)
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
(アマゾン↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険では?(「中国は世界の工場、世界の市場、そして世界のゴミ箱へ」)


  ♪♪
1月28日発売予定(予価1200円)
宮崎正弘 v 田村秀男『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 米中貿易戦争がなくても人民元帝国は崩壊するしかなくなった
 その「前夜」、中国経済はあらゆる面で面妖な動きにでてきた
 日本政府に備えなしだが、読者諸兄は目の前の「チャイナ・リスク」に備えよ!


  ♪♪
絶賛発売中 !
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「三島由紀夫とニーチェ」「西部邁とニーチェ」「武士道とニヒリズム」など従来のニーチェ解釈を越えて、暗い印象のニーチェ像を一変させる
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/


♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
          ○□◇□◇○□◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■宮崎正弘の新刊・近刊  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
         ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方講演旅行のため1月13日―15日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。