国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国中央銀行、低迷経済立て直しに22兆円を市場へ

2019/01/05

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)1月5日(土曜日)
          通巻第5940号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(速報)
  中国中央銀行、低迷経済立て直しに22兆円を市場へ
****************************************

 1月4日、中国人民銀行(中央銀行)は市場流動性を高めるために22兆円を融資目的でぶち込むと発表した。
 銀行の預金準備率を1%引き下げ、市場に流動性をもたらす。

 1月15日にまず0・5%切り下げ、ついで1月25日にさらに0・5%を追加、合計1%の準備率引き下げは、現在の為替レートで2100億ドル(邦貨換算22兆円強)となる。

 おもに中小企業の資金繰りを円滑化し、停滞する経済状況の改善を志向するとして李克強首相が中央銀行に要請、その一時間後に決定がなされた。
 
 他方、流動性の拡大は人民元の為替レートを否応なく切り下げることになる。

      □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 激戦地を命がけの航行、ときにのんびりとビール
  戦地の現場で兵士等はいかなる戦闘をしていたかを活写

  ♪
平間源之助著、平間洋一編『軍艦「鳥海」航海記』(イカロス出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 平間源之助・兵曹長の航海日誌ならびに戦闘記録で、昭和16年から同17年分を収録している。貴重な歴史証言でもある。
 軍艦「鳥海」はガダルカナル、ラバウルなどソロモン海域の激戦区に派遣され、その任務を果たした。日本側には夥しい戦死者が南太平洋戦域ででた。毎日のように葬儀が行われた。
 「鳥島」がラバウルへ寄港すること十数回に及ぶ。
♪「さらばラバウルよ、またくるまでは、暫し別れの涙がにじむ」と軍歌に唱われた。後に漫画家として世を席巻した水木しげる氏も、ラバウルで片手を失った。
 鳥海は巡洋艦、第8艦隊の旗艦としてガダルカナル、ニューギニア争奪戦でも戦った。
 編者の平間洋一氏の父が原作者であり、父親が生まれ、育ったのは宮城県の片田舎。庄屋だった。
大正デモクラシーの退廃文化が去ると、日本には大不況が訪れ、女性の身売りばかりか、男も奉公人として売られた時代、そのうえ反軍思想が蔓延していたという。
 さて編者の平間洋一氏は名作『イズムから見た日本の戦争』『日露戦争が変えた世界史』『日英同盟』などを著し、斯界では有名な存在だが、海将補を経て防衛大学教授を務めた。
本書はその平間氏の父親の従軍航海記である。
 たとえば昭和17年8月7日の項目を読む。こう書かれている。
「昨日敵の偵察を受け、本日空爆の算大なるにつき、1600出港を0415出港す。0430頃、敵機動部隊20余隻、空母1,巡5,駆15,ソロモン群島に現るとの報ありて、アドミラルティ進出を取りやめラバウルに急航す」
8月8日 ツラギ奇襲す。
「0400索敵機発進。全員死出の服装を為す。真新しい軍服に着替う。敵を見ざればツラギ泊地に殺到せむとする長官の決意なり。早めに朝食に就く。覚悟を定む」
8月9日。「ソロモン海戦。英米大巡5隻撃沈。3隻大破。駆逐艦四隻撃沈。計12隻。0400 飛行機発進の敵を撃滅すべく、快速力にてツラギ泊地に向かう。2230総員戦闘配置に就く。(中略)左舷6000に米大巡を認む。右に戦艦在り。これに魚雷攻撃撃沈。左舷に大巡4隻、片端より砲撃、撃沈して進む。一発の抵抗すらなし」

 しかしガダルカナル奪回は敵の制空権が確保されていたため輸送が困窮を極め、戦局は著しく不利となった。
「8月28日、給油艦の運航おもうようにならず味方海上部隊ほとんど燃料不足にて続々入泊し来る。(中略)この時赤城等ミッドウェイにて失いし空母あらば甚大なる戦果を得しことと思う。重々残念なり。なんとしても空軍絶対的勝利なり。制空権なくして制海権なし」
 翌日からラバウル空襲、戦死夥しく葬送に追われる。
 「8月31日。ラビ陸戦隊苦戦 敵大型空母一撃沈。イ26号 0645。(日本では)日一日と秋めいて山の草木も万色に染なし。果物穀物すべてが豊作を告ぐるの秋。ここラボール(ラバウル)は日一日と暑さを増し、一日中汗だくとなる。(中略)モレスビー攻略も今年中かかるのじゃないかと懸念さる」
 ガダルカナルの玉砕、ソロモン沖海戦、そしてラバウスの攻防、あの勇猛果敢な戦いの日々を日記は淡々と綴っていて、戦局の推移、心理的変化、大本営の失策などが、行間言に埋め込まれている。
「南の島に雪が降る」という映画を遠き昔、評者(宮崎)も見たことがあるが、これは加東大介自身がニューギニアのマノクワリでの戦争経験談を書いた実録で、多くの人を泣かせた。
 1995年には水島総監督で新作もつくられた。戦士達の日々、瞼に浮かべながら、戦地の苦労を思った。
  ○△□☆◎○△□☆◎○△□☆◎△□○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   □■■□─────□■■□──────□■■□─────□■■ 
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前号の「樋泉克夫のコラム」に、(わがヤオハン)という表現がありますが、その辺りをもう少し詳しくお話くださることをお願いします。
   (TY生)


(宮崎正弘のコメント)この場合、「わが」というのは、「我が日本の企業の」というニュアンスかと思いますが、樋泉さんに訊いてみます。



  ♪
(読者の声2)古田武彦氏の古代史本を40冊以上よんで筑紫現地へも数度旅行した閑人です(笑)。古田史学は学会「権威」からはあまりにも異端でしかも偽造文書に騙されたりする自業自得があって、ながく無視されたような存在でした。
それが最近百田尚樹さんの『日本国紀』がでて、古田説復権のきっかけになるかもしれません。「古田史学の会」代表の古賀達也さんがフェイスブックに、「同書には歴史学者の名前はほとんど記されておらず、そうした中でこのように古田先生の名前と九州王朝説を『好意的』に紹介されていることに、わたしは感動しました」など、書いておられます。
(石川県、三猫匹)



  ♪
(読者の声3)年末に読んで面白かった本。『世界を動かす「国際秘密力」の研究』(2018年3月、ヒカルランド)
 著者は陰謀論でおなじみベンジャミン・フルフォードと政治学者クリス・ノース。英語圏ではユダヤ問題はほぼタブーとされクリス・ノースは仮名だという。講演会をまとめたもので疑問符のつく話題も数多く出てきますがユダヤ系で日本に帰化しているフルフォードさんの発言は興味深い。
「国際秘密力」とは戦前のユダヤ研究書によく出てくる言葉ですが、本書を読む限り戦前のユダヤ研究はかなりレベルが高かったようです。
 まずトランプ大統領誕生までの経緯をクリス・ノースが分析。
  トランプ政権を打倒しようとしていたのはハザールマフィアと呼ばれるユダヤ人たち。(注:ロシアに滅ぼされたハザール王国の末裔で偽ユダヤと呼ぶ人も。タルムード重視、ロシアに対する憎悪、シオニズムなど親イスラエルの傾向、ハルマゲドンを主張するキリスト教原理主義団体も100年前に一部のユダヤ人が人工的につくった派閥だという)
 彼らの目標はアメリカに住むヨーロッパ系の人を「憎まれた少数民族」にすること、そして、アメリカを利用してユダヤ人部族の敵を攻撃し、最終的に世界を支配すること。
 ヒラリーは過剰に黒人にごまをすり、黒人の高い逮捕率や高い失業率、または低い教育水準や低い所得などをすべて白人の人種差別の結果だと主張した。トランプに反対するネオコン・マスコミ・学会の指導部はユダヤ人。トランプ政権の閣僚指名は平均して30〜40日もかかったがマティス国防長官とケリー国土安全保障省長官は就任式当日に承認。この2人は軍人で親イスラエル、ユダヤ人に人気がある。
 トランプ大統領就任から100日間のメディアの反応は圧倒的に否定的でその比率は CNN 93% NBC 93 CBS 91 NYT 87 WaPo 83 WSJ 70 FOX 52。マスコミの言っていることの9割はウソ。白人団体がユダヤ人至上主義に反対して、それに対しユダヤ人支配のマスコミが反発している。

 ここまで読んで日本の現状とのあまりの相似形に笑ってしまうほど。以下、フルフォードさんの主張。
 CNNはハザールマフィアのプロパガンダ組織、CNNのスタッフのほとんどがユダヤ人。マスコミを信用しているのはアメリカ人の6%、軍を支持しているのは71%。トランプ政権は「反ハザールマフィア軍事クーデター」。アメリカの制服組は二重国籍を認めないので、他の政府組織に比べれば、イスラエルの米軍に対する影響力はほとんどない。ネオコンやユダヤ人が多いシンクタンクだけがイスラエルの都合のいいようにアメリカ軍に指示を出していた。アメリカ軍は長い間、水面下で反イスラエルの準備をしてきた。
 1967年の第三次中東戦争でアメリカの情報収集艦「リバティー号」がイスラエル軍に攻撃された。エジプトの攻撃に見せかけてアメリカがエジプトを侵略するというシナリオ。この事件でイスラエルの国益のために戦争に誘導されていたことが軍部の中でバレた。決定的だったのはイラク侵攻時に大量破壊兵器がなかったこと。
 さらに2人の分析が続きます。
ロコーストは同じ民族が同じ民族を追いやったもの。欧州にいたユダヤ人がイスラエルに引っ越さなかったので、ロスチャイルドなどのシオニストがヒトラーを使って脅しをかけてイスラエルに送り込んだ経緯があると指摘。
アメリカがユダヤの難民船を追い返した理由がわかります。
戦前の本でも同化ユダヤとシオニストユダヤの対立が指摘されていました。アウシュビッツの犠牲者はイスラエル建国の捨て石といったところでしょうか。
 ユダヤ人の特徴として名前や宗教を巧みに変えるなりすましを指摘。その例としてサウジアラビアの王族はユダヤ人だという。イランの準国営ファルス通信によると、イスラエルは戦闘機・輸送機・特殊部隊を送り込んでサルマン皇太子に対するクーデターを防いでいるという。要は、イスラエルとサウジは同盟関係にあり、隠れユダヤの植民地だったことがバレた。
 にわかには信じがたい話ですが、2001年9月11日の同時多発テロではツインタワーの見える場所にイスラエルのTVクルーがいたり、容疑者がサウジアラビア人ばかりなのに、旅客機がすべて飛行禁止のなかサウジアラビア人を乗せた旅客機が出国するなどおかしなことがたくさんありました。最近ではジャマル・カショジ記者がトルコで殺害された事件の黒幕がサルマン皇太子とされていますが、皇太子はイスラエル寄りの発言も多く、本当はイスラエルの工作員の背乗りだったとしても驚きではありません。
 トランプ大統領の義理の息子のクシュナーについて、彼は「チャバド」という宗派を信奉する狂信的ユダヤ原理主義者だという。
ゴグ・マゴグという2つの大国が戦って人類の9割が死ぬ。その後ユダヤ人が残りの1割を家畜にするという終末カルト。日本でもオウム真理教事件がありました。欧米のテロ事件の何割かはハルマゲドンを早めたい終末カルトによるものかも。

 田中英道氏が「日本人にリベラリズムは必要ない」で指摘されていたユダヤ思想の危険性ですが、ユダヤ特有の「キリスト教社会に対する悪意」に気づいたアメリカ人による反撃がトランプ大統領を誕生させ高い支持率につながっているわけですね。
日本では帰化・在日に乗っ取られたメディアや野党の正体がバレて反日工作が効かなくなってきました。被害者ビジネス・成りすまし・金銭欲・デモでは糞尿の入ったボトルを投げるなど一部のユダヤ人そっくりな半島系をネットではニダヤ人と皮肉ったりします。
 昨年は慰安婦・徴用工・旭日旗と日本人を怒らせ続け、最後には自衛隊機へのレーダー照射という特大のおまけ付き。自衛隊とともに日本海で瀬取りを監視する米英加豪などの軍人たち、韓国が次はどんな嘘をつくのか酒を飲みながら賭けをして楽しんでいるのではと想像してしまいます。
2月22日は「竹島の日」、3月1日は韓国の三・一(独立)運動の百周年記念日とイベントはまだまだ続きます。「日韓断交」に向けてまた一歩前進ですね。
  (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)最近、イスラエルの学会に招待され、先方のユダヤ人学者と議論してきた或る日本人学者(ユダヤ研究者)によれば、「ユダヤ人は迅速に変わっている」と強い印象を持ったそうです。



   ♪
(読者の声4)游錫堃・元台湾行政院院長(首相)講演会のご案内(講演会のみのご参加は当日受付可)
 台湾の統一地方選挙(11月24日九合一選挙)の大敗を受け、蔡英文政権は2年間の失政状態から速やかに立ち直らなければなりません。民進党はリストラで再生できるのか。国民党の更なる逆襲に対策はあるのか。政権内部の国民党の残党は一掃できるのか。軟弱な「維持現状」政策から脱皮し、国家進路を変えることはできるのか。中国の静かな侵略を食い止めることはできるのか。そして台湾と日本、米国および周辺諸国との関係は再調整できるのか。
 このように台湾が再び歴史の転換点に立たされる中、游錫堃・元台湾行政院院長(首相)
をお招きし、下記の要領で講演会を開催いたします。生粋の庶民派政治家として敬愛を受ける游氏は陳水扁元総統の盟友にして、民進党の生態を知り尽くす游氏は閑雲野鶴。当日は自由奔放に語っていただきます。
 なお講演の使用言語は台湾語ですが、日本語の通訳もあります。つきましては台湾に関心をお持ちの日本人の皆様も含め、より大勢の方にご出席賜りますよう、ここにご案内申し上げます。
                記
演題   2018年選挙後の台湾の国家的展望(2018選後與台湾未来国家展望) 
講師   游錫堃・元台湾行政院院長(首相) (台湾語 日本語通訳)
日時   2019年1月13日(日曜日) 15時より受付
     講演会 16時より    懇親会 18時30分より
ところ  ホテルメトロポリタン池袋 (03-3980-1111)
       池袋駅西口より徒歩3分 (www.metropolitan.jp )
       講演会会場 ひかり   
       懇親会会場 富士 (座席卓盛り)
会費   講演会 1000円(学生無料) 懇親会 8000円 (学生 4000 円)
主催団体 在日台湾同郷会 
共催団体 日本台医人協会 美麗島交流会 台湾研究フォーラム 日本台湾医師連合
東京崇正公会  台湾国連協進会東京支部  怡友会 在日台湾婦女会
     台湾独立建国連盟日本本部
申込先(締め切り1月9日) メール tehaino@nifty.com
            Fax 03-5974-1795 Fax/Tel 0424-22-4604  

  ○□□○◎○ ○□□○◎○  △□◎□▽○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
■宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊!■宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
    ▲
(新刊予告  1月11日発売決定。都内主要書店は10日発売)
  ♪♪
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
アマゾンで予約募集を開始しました。↓
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
――「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険では?
(「中国は世界の工場、世界の市場、そして世界のゴミ箱へ」)

  ♪♪
絶賛発売中 !
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/
 多くのメディアの書評で取り上げられました!
    
♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
          ○□◇□◇○□◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■宮崎正弘の新刊・近刊  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
         ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。