国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<パット・シャナハン、「米国の戦略はチャイナチャイナチャイナだ」

2019/01/03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)1月3日(木曜日)弐
          通巻第5938号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 パット・シャナハン国防長官代行、「米国の戦略はチャイナチャイナチャイナだ」
  マティスと交代した国防長官代行は軍歴なし、ボーイングに30年
****************************************

 ジェフリー・サックス(コロンビア大学教授)が、ツィッターなどで集中攻撃を受けた。理由は「ファーウェイCFOの孟晩舟逮捕の狙いはファーウェイだけが目的ではなく、テクノロジーの覇権競争で、米国が無謀な戦いを挑んでしまったからだ。米中は戦略的に協力しあわなければならないのだ」と『サウスチャイナ・モーニングポスト』のインタビューに答えたためだった。

 このファーウェイ擁護論は米国の世論を刺戟する。たちまちツィッター世界は嵐となって、反論がSNSを通じて集中し、サックス教授は「ツィッターをやめた。時間の無駄だ」とした。
 この椿事でも分かるように、米国で中国を擁護するなど容共的な言論は成立しにくい表現環境にある。

 さてマティス国防長官辞任にともない「代行」職についたパトリック・シャナハンは登庁後のスタッフへの挨拶で「米国はグレートゲームの主役を露西亜、中国と競合している。米国の国防戦略の基本はチャイナチャイナチャイナだ」と発言した。

 シャナハン新長官代行は軍歴を持たず、しかも宇宙航空の専門家とはいえ、ペンタゴンの副長官としては予算面を担当した。たしかにボーイングに30年以上奉職したため軍事知識は豊富とされる。

 シャナハンが「代行」なのは上院の指名が不要だからで、当面の予算審議を乗り切れば、トランプは新しい国防長官の指名を行うと観測される。
     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   □■■□─────□■■□──────□■■□─────□■■ 
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)昨日の一般参賀、夥しい人出ででした。平成が終わる区切りに国家の象徴にご挨拶したいと念願した国民がどっと皇居に行かれたのでしょう。じつに悦ばしい現象ではなかったのでしょうか。
NHKニュースをみていたら、もの凄い人々が並んでいる映像です。15万4000人だったそうです。
   (TY生、さいたま市)


(宮崎正弘のコメント)小生も毎年参賀には駆けつけておりますが、ことしは最初から異常でした。例年ですと、八時半に並んでも悠々一回目のお立ちに間に合います。
小生、例年のように八時半に並んだのですが、いつも10列―12例が、昨日は15列でした。おや、これでは一回目には間に合わないと思ったのですが、案の定、二時間以上まちました。外国人が少ないのにも驚かされ、ともかく8時半に行列を開始して、その列が動き始めたのが1040頃、広場到着は1050でした。
 宮内庁が人出を処理するため、お出まし回数を増やす措置をとったので、二回目は1100でした。都合七回のお立ちでした。
 帰り道、もっと驚いたのは参賀の列をつくる人々の列が、なんと東京駅にまで到達していたことでした。15万4000人というのは過小評価、おそらく20万人はいました。
 最後の列が四時間待ちとかで、皇居遙拝しておかえりになった方々も相当数おられた筈です。



  ♪
(読者の声2)本年は歴史評伝として、吉田松陰、西郷隆盛に続いて明智光秀について書かれているとのことで楽しみにしております。
ただ、ご記述の中で気になることがあるのですが、光秀のヒールである信長の正親町天皇に対する態度についてです。信長が正親町天皇に譲位を迫るため、馬揃えという軍事パレードで威嚇を行ったという説ですが、『信長公記』やフロイスの記述を読む限り、そのような剣呑な催しではなかったようです。
この論の嚆矢は京都大学の今谷明氏ですが、彼はコロンビア大学のキャロル・グラッグ女史や松本清張と言ったサヨクの影響を受けて、皇室と武家の関係について研究するようになった人物で、皇室と武家の関係を対立の相で捉える傾向がある学者で、よく引用される『信長と天皇』を読むと、信長は正親町天皇を殺したい衝動に常に駆られていたというモチーフにこだわって、史料を捻じ曲げて解釈しているようなところがあります。
小生のみるところ、今谷氏は、自身はリベラルのつもりかもしれませんが、フランクフルト学派のモチーフ、いや伝統破壊の意図を秘めた悪意ある偏見を、知らず識らずに受け継いでいるように思われるのです。
同様に足利義満の皇位簒奪計画についてもこれを否定する研究も出てきていますので、慎重に取り扱っていただきたいのです。
 信長は自分が将軍職に就けた足利義昭という人物をさんざん諫言した挙句に見限り、追放していますから、自身を上位に見ていたことは確かですが、銘香蘭奢待の切り落としは勅許を得て行っています。
一方の銘香沈紅は勅許を得ていなかったためか、興福寺威圧のための大兵を引き連れていながら、僧侶の抗議にあってすんなりとあきらめております。
 また馬揃えはフロイスや記録魔太田牛一の記述を読む限り、武将たちに美しく着飾らせて、多くの観客を集めた天覧の祭典で、20万人が見物に来たという伝聞をフロイスは記しています。朝廷を威嚇するための軍事パレードに、戦争に倦んだ当時の人びとがそんなに集まるはずがないと思われます。
 現に正親町天皇は勅使を遣わせて、信長に謝意を伝え、何ともう一度見たいと所望されたのです。
そして信長は数日後、新しい趣向を凝らして、もう一度馬揃えを挙行しています。その褒賞として朝廷は信長を左大臣に推任することに決し、これを伝えました。信長は譲位のご意向がおありになるなら、信長の馳走でその盛儀を済ませた後、左大臣推任をお請けしないではないと答えたと、今谷氏は書いています。
これは常識的に考えてみれば皇室に対する好意以外の何ものではなく、譲位を成すにはまず仙洞御所の造営、そして即位の礼、大嘗祭など儀式に伴う莫大な費用が必要で、信長はこれを馳走するから、ご高齢の正親町天皇が、歴代の天皇が望みながら果たせないできた、絶えて久しい譲位の慣習を復活させては如何か?と勧めたことになると思うのです。
 ここのところをもう一度ご検証いただけないでしょうか。
 というのは、京における馬揃えの挙行準備を信長から命じられたのは光秀で、彼はこの催し物の信長の趣旨なり、天下一統事業における意義をよく知っていたに違いないからです。
小生は朝廷は天下一統と伝統復興の立場から、信長は天下に対する平和の福音として、祭典の挙行において協力関係にあったと考えていますが、とすれば、確かに仏教政策とは裏腹のキリスト教政策では対立しましたが、天下一統事業においては協調関係が崩れることがなかった正親町天皇と信長の関係を間違って捉える事になり、光秀の義挙とされるものの正義がどこにあったか、再検討を要するのではないかと思われるのです。
 なぜ、光秀は細川幽斎のような教養のある人物に、大義を語らず、利で釣ろうとしかしていないのか。
小生は光秀に関して、彼の末裔である明智憲三郎氏や故井尻先生の御著作などは読みましたが、いまいち腑に落ちかねましたので、先生のご高著を楽しみにしております。
   (稲垣秀哉)
 

(宮崎正弘のコメント)鋭角的なご質問、有り難う御座います。すべて拙著に盛り込んでおります。
ひとつだけ。大田牛一の『信長公記』は時系列の間違いが多く、また伝聞をやや誇大に綴っています。フロイスはイエズス会本部への過剰報告、とくに明智を嫌っていました。「明智は陰謀家、密議が好きな武将」などという印象は、逆に明智がフロイスら切支丹伴天連の日本侵略の隠れた意図を見破っていたからでしょう。



  ♪
(読者の声3)「邪馬台国について」。皆様ご存じと思いますが、江戸時代新井白石がすでに、『魏志倭人伝』は当時の支那人が日本人から古事記の話を聴いて作成したものではないかと推察しています。
 卑弥呼は「日の御子」の音を漢字化したのではないかという。
 『魏志倭人伝』が『古事記』の伝聞だったとすれば、卑弥呼の話と日本神話が類似しているのは当然になります。
そうなると邪馬台国は高天原にあることになり、探査は不可能です。
    (落合道夫)



  ♪
(読者の声3)昨年暮れから新年にかけて、産経新聞の記事やスタンフォード大学・西鋭夫教授「フーヴァーレポート」から感知しましたが、最近の対中外交や経済政策が、かなり幼稚でヤバいことになっている模様ですが、本当でしょうか。
 (1)破綻寸前の「一帯一路」など、どろ船「習近平」への入れ込み
 (2)経団連会長を始め、日本経済界やNHKを始めマスコミなどの入れ込み、
 (3)少なくとも10年は続くと予想される米国の対中締付政策
 (4)日米同盟が危惧される情勢に、安倍総理や世耕経産大臣は如何なもんでしょうか。
 こうした状況で日本はどうするか。とにかく、大変動を控えた中共から離隔を取るしかない。そして、国防と国内治安を固めるしかない。歴史を見ると、どんな悲劇をも起こりうるからです。
 現自民党の中枢部はどうなっているのでしょうか。かなり心配しています。
    (HH生)
  ○□□○◎○ ○□□○◎○  △□◎□▽○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
■宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊!■宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
    ▲
(新刊予告  1月11日発売決定。都内主要書店は10日発売)
  ♪♪
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
アマゾンで予約募集を開始しました。↓
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
――「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険では?
(「中国は世界の工場、世界の市場、そして世界のゴミ箱へ」)

  ♪♪
絶賛発売中 !
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/
 多くのメディアの書評で取り上げられました!
    
♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
          ○□◇□◇○□◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■宮崎正弘の新刊・近刊  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
   ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
         ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2019 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/01/04

    今回も大変に濃厚な記事でした。

  • 名無しさん2019/01/03

     海兵隊の一部はアメリカ政府の在外公館の警備を担当しています。実はホワイトハウスの警備隊にディープ・ステート側の手先が紛れ込み、トランプ大統領の命を狙おうとしていた。大晦日にモスクワで逮捕された元海兵隊員の取り調べで、この暗殺計画が明らかに。

      ということで2019年のカバール大量逮捕は1月1日早朝5時、ワシントンD.C.にある海兵隊兵舎で火蓋が切られました。マイナーな事件扱いで、ちっとも知りませんでしたわ。

      アメリカで報じたメディアでも、銃撃戦などという文字は全くなし。任務交代の際に渡そうとした銃による不幸な事故として、ちょこっと報じているだけです。裏を知りながら読むと、確かに表向きの発表は大変奇妙です。なにせ自分で暴発させた訣ではなく別の人物が撃ったと書きながら、相手の名前も死亡した海兵隊員の名前も非公表。



      一方で「ダーク・オーヴァーロード(暗黒の大君主)」と名乗るハッカー集団の話題は、あちこちで記事になっていました。

      政府の機密文書を公表されたくなければ金を寄越せと公開脅迫しているので、トランプに敵対するアノニマスな集団か、もしくは愉快犯なのでは、と訝しんでいたのですが。



      ディープ・ステート側はお正月からチビリまくりですね。新春特番よりもこっちの実況中継の方が面白そう。いつか正月の肴にすべく――じゃなかった、歴史に残すためとか尤もな理由をつけて、ハンターの皆さんにはカバールの『逃走中』を是非とも撮影しておいてほしい。

  • 名無しさん2019/01/03

    パット・シャナハン国防長官代行、「米国の戦略はチャイナチャイナチャイナだ」

      マティスと交代した国防長官代行は軍歴なし、ボーイングに30年

  • 名無しさん2019/01/03

    1)16〜18時間プチ・ファスティングの一番の効果は脂肪燃焼!(週3〜4回が理想)



     2)24〜72時間ファスティングでは、体の中の古い細胞を食べるオートファガソムが300%増!そして新しい細胞を作りだすステム細胞も増加され若返り効果大!(月1回、多くても2回まで)



     3)液体ファスティングは、骨だしスープで疲れた消化器官を元気に!(1〜2週に1回がオススメ)



     4)ドライ・ファスティングは、1日のファスティングで3日分のファスティング効果。特に細胞リサイクルと脂肪燃焼に効果大。(3〜6ヶ月に1回、必ず医師のアドバイスのもとで実行)



      こちらで紹介されているファスティングは、あくまでも体に科学的に効果が見られるものです。宗教的ファスティングは、また別の意味、やり方があるようです。



      ファスティング・ビギナーのpopoちゃんは、1ヶ月前ほどに週3回のプチ・ファステングを始め、一度だけ24時間ファスティングをしてみました。popoちゃん的には、プチ・ファスティングは結構、無理なくできて、確かに体が軽くなり頭もスッキリ!気持ちがいいから病み付きになっちゃう♪一番、効果を感じるのは、ヨガをするとき。。。ポーズが楽!いつもは1つのポーズをゆっくり20呼吸するのですが、プチ・ファスティング中は楽に30呼吸できちゃいます♪不思議?24時間ファスティングはビギナーのpopoちゃんにはちょっときつかった。。。そうだ!あのベテランぺりどっと仙人さんにもっとファスティングのこと教えてもらおう!           





    (popoちゃん)





     この記事を見て、自分も毎日15?18時間ほどのプチ断食しとることに気づかされました。



      以前、断食のことを知って始めたときには、仕事をしながら、平日は一日一食(夕食のみ。昼間は会社の近くの川辺で瞑想)、土日の二日間は完全断食(水分は摂る)、しかも肉魚卵は摂らずに生菜食中心という生活をずっと続けていました(1?2年ほど?)。

      身体がとても楽になり、どんどん痩せ、頭もすっきりとクリアになった感じがしました。また、食べたものが、すぐさま身体に影響として出るので、口に入れるものにより注意を払うようになったものです。



      断食のキモは、断食後の復食。つまり、元の食事に戻すことなのですが、それは断食を行った同じ時間をかけて、元の食事の量に戻すということです。具体的に言うと、"一週間の断食をしたら、少しずつ食事の量を増やしていき、断食後7日目に元の食事の量に戻す"ということ。戦争から帰還した兵士が、お祝いの席でご馳走をお腹いっぱい食べて、翌朝亡くなっていたりしたそうです。お腹がビックリしちゃうのでしょうね。長期の断食でなくとも、復食には充分にご注意を。

  • 名無しさん2019/01/03

    南朝鮮国内の変化、在日に対する変化をやっと気づき始めたお花畑の人達https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/4a7e7c5e077b941d0d7399c2df1adb8c?fm=entry_awp_sleep

    「群馬の森」朝鮮人追悼碑問題

     なぜ?群馬県庁はそんなに弱腰なのかp

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53305509.html

    百田尚樹『日本国紀』。ウソを書いてるインチキ教科書をこれで撃退したろか。 

    https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-508.html

    戦時中の女学生にまで「コンス」をさせるNHK サヨナラ平成コンス!https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/e2b01563957ea04c2bc35f1c8612ef9f

    すぐにバレる嘘をつく韓国の伝統!前言を撤回して何も恥じない韓国支那との外交の最善策は国交断絶http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7343.html

    青山学院大学

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E9%9D%92%E5%B1%B1%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6&chips=q:%E9%9D%92%E5%B1%B1%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6,g_1:%E9%99%B8%E4%B8%8A&sa=X&ved=0ahUKEwiP3eLwl9DfAhUC7rwKHREyC14Q4lYIKygF&biw=853&bih=413&dpr=2.25

    蒙古襲来の主力は朝鮮族(高麗)

    http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-981.html

    愛知県で初のHPVワクチン関連議員連盟が設立

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?page=21&cid=11

    韓国起源説(笑)

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-349.html

    三重県鳥羽市へ、青春18きっぷポスターの地を目指してhttps://kotarolamo.com/seishun18kippu/2017summer/seishun18-2017s-01.html