国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <中国の株式市場、世界最悪の下落で越年へ

2018/12/29

★明日は大晦日、愛読者の皆様、よいお年をお迎えください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)12月30日(日曜日)
          通巻第5933号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国の株式市場、世界最悪の下落で越年へ
  上海株式は24・6%の下落、深センと併せて2・4兆ドルが蒸発した
****************************************

 2018年、世界46の株式市場のうち、43の市場で株式指標が下落をしめした。世界全体で、85兆ドル規模といわれた時価総額は、67兆ドルに凹んで、20%が消えたことになる。
 日本の株式市場も後半に「日経平均」の「大調整」を繰り返したが、大納会では二万円台を辛うじて回復した。NYダウも、やや回復気味となり、投資家はホッと一安心で越年できそうだ。

 米中貿易戦争で強いブローを食らった中国は、経済見通しに暗雲が立ちこめ、投資家の弱気が一段と深まった。このため、いよいよ株式市場大暴落の気配、年間を通して、世界最悪の下落率を示した。
 
 上海株式は2018年を通して、24・6%の下落、インデックスは2500を割り込み、2493・9となった。同様に深セン株式市場は33・2%もの下落となって1267・8ポイント、上海と深セン市場の合計で2兆4000億ドル(邦貨換算で264兆円)のカネが市場の時価総額が蒸発した。

 中国は改革開放40年とやら祝賀行事も執り行ったが、2019年のGDP成長を嘗てなかったほど低めの6・5%に設定し、年明けとともにさらなる金融緩和を断行するとしている。
 ブルームバーグの予測では2019年の上海株式は2350から3300のレンジで推移するだろうとしている。
      □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌のコメント「かつて花の都パリは世界の芸術家が集まって、シャンゼリーゼのカフェには綺羅星のように、ヘミングウェイもサルトルも、カミュも藤田嗣治もいた。ベルサイユ宮殿の設計思想、その城の美はロシアへ、ドイツへ、オーストリアへ伝わった。いまのパリは「力の政治、金銭、物質一辺倒の国」だが、氏の留学時代のパリは、「欧州文化の粋としてのフランス」だった。その古き良き時代のパリは劇的に衰退した。(破壊した最大の元凶は移民だが、そのことを本書では指摘されていない)」。

 絵画に詳しくはないですが、「エコールドパリ」はボヘミアンでアメリカ人もフランス人も、植民地人(カミュ)も日本人もいたし、ピカソなどスペイン人もいて「グローバル」でした。
現代ではいえば、トップクラスの才能をEC圏から集めたドイツでしょうか。しかし、各国トップクラスの才能がパリに集まったのと、各国の(現地比で)高賃金目当ての労働移民が日本に集まるのとは質的に大きく異なります。
本音でいけばいいのに。
石平さんも書かれているように、帰化面接を手続き上だけのものにしないで、例えば陛下への忠誠を誓わせるとか、君が代を独唱させるとか、もっと日本文化を受容できるかどうかを基盤を調査する中身のあるものにしてほしいです。
日本は海を隔ててアジアで孤立した文明ですからその文化を受容する気があるのかどうかの判断が重要と思います。
 また、潜在敵国のシナからの失業輸出をなぜ受け入れるのか、また戦時徴用問題をまだだしてくるような韓国からの失業者輸出をなぜ受け入れるのか、国民は疑問に思っています。受け入れるならば、ベトナム、ミャンマー、インドネシアなどの親日国からでしょう。もう「明々白々」なんだから、本音を言ってしまえばいんじゃないでしょうか。
 先日、ハノイのサークルK(米系CVS)に行ってみればオニギリが販売されていました。サイゴンのファミリーマートやタイのセブンイレブンなどではかなり以前から日本食が販売されていましたが、ハノイでは初めて見ました。
日本文明が北べトナムにも深く浸透してきています。
法務省だけではなく、関連省庁は「アメリカの属国もシナの属国になるのも同じ、カネさえ儲かればいい」という勢力に負けないで、自信を持っていわゆる「孤立文明の日本」をどんどん主張して日本に入ってくる外国人労働者の質を重視して欲しいと思っています。
デフレのためか(笑)、安売りしすぎです。
規格品の大量生産で勝負してもだめ。品種ではりんごもみかんもいちごも和牛もシナに盗まれましたが、こういうのをまともに管理もせず、抗議もせず、アジアと同じ土俵で大量生産で勝負してもデフレになるだけ。おまけに政府は日銀引き受けで国債をどんどんだせば、デフレを食い止められたのに、何もしない。
ゾンビ企業を生き延びさせるために散発で五月雨式に公共投資をしてもだめ。それが平成でした。
 正直いって、私は平成時代は最初の10年間弱を除いて、昭和時代ほど楽しくなかった。5月1日から今上陛下のご譲位で新元号になるわけですが、人心一新で良いと思う。企業はコストカットばかりに精をだすのではなく、夢に投資してほしい。
矜持・気概のある自立した日本を期待します。
そして軍事費を3倍3%15兆円へ拡大を目標に国民の安全を保障してほしい。アメリカにばかり頼っているようなリスクを取れない根性ではだめです。
アメリカにとっては願ったり叶ったりでしょうし、拙速に入管法改正をしたんだから、バランスをとって安全保障の方もやるべきです。私はそういう政策を出す政府を初夏の選挙では支持するつもりです。
  (R生、ハノイ)



  ♪
(読者の声2)最近、読者の声欄で西郷隆盛のことが話題になることが多いようですが、今後は西南戦争のみならず、その遠因となった征韓論争も視野に入れて論ずる視点が必要です。
 大西郷には戦う意志はなく、桐野利秋の戦争であったとかいう昔からある視点は日本史上最大規模の内乱という西南戦争の意義を考える上で問題の矮小化にならないでしょうか。
 征韓論争は、西郷どんが、トルコをめぐって英露の対立が深まっていることに注目して、クリミヤ戦争を念頭において、ロシアを東西から挟撃する好機と捉え、大陸政策に着手するとっかかりとして朝鮮と交渉する、という遠略から発せられたものです。
対する大久保利通と岩倉具視は薩長閥を守るために征韓派参議、とりわけ司法卿として長州閥退治を実行してきた江藤新平を排斥する目的で、閣議において大久保を除く諸参議の同意による評決を経た西郷どんの大使派遣論を陰謀を用いて阻止したのです。
「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」と杜甫は詠みましたが、いわば馬を射んと欲して将を射たのが征韓論破裂であったと言えます。
 これが発端となって、日本は内乱期に突入し、大久保は貴重な国費を無駄に費消して、次々と有用な人材を殺してしまう結果になります。
 彼は薩摩の内乱も抑え込むつもりで私学校を警戒する中で、私学校がまさに決起しようとしているとの情報を得て、東獅子と呼ばれる諜報団を送り込むことになるのです。
 しかし、実は私学校では、再び大陸政策の輿論喚起のため、陸軍大将西郷隆盛が薩摩の義勇兵を率いて上京する準備に入っていた。それを大久保らが政府に対する決起の準備と捉えたことが後の悲劇となったのです。
 これは精緻な検証を必要としますが、当時ロシアとトルコ間の緊張が再び高まっていて、西南戦争勃発数か月後にいわゆる露土戦争として実現しています。
つまり私学校側では大西郷の薫陶の成果でしょうが、大陸政策着手の好機再来と捉えていたことが推察されるのです。これには証拠となる史料があって、私学校側のスパイを務め、東獅子の帰薩目的が西郷らの刺殺にあると報告した谷口登太という人物が、西南戦争中に政府の捕虜となって尋問に答えています。
谷口が明治十年正月二十六日頃、私学校に入るよう勧められた際、幹部の某から、私学校は外難が生じた時に備えるための学校であって、国内で戦争するための学校ではない、現在すでにアジアのトルコで戦争が始まっているから日本に及ぶ可能性もある。2月下旬ころには私学校は繰り出し、上京の手はずで、兵器などの取り調べもしている、と聞かされたと述べているのです。
これは作り話とは考えられず、私学校側が国際情勢に関して優れたインテリジェンスを持っていたことを表しています。
 征韓論は、慧眼な木戸孝允が維新を仕上げる上で廃藩置県と並ぶ二大事業と捉えた如く、内政問題であると同時に外交問題でありましたが、実は西南戦争もこれと同じ意義を持つものであったのです。
しかし、西欧の実見してきたはずの大久保や岩倉には、砲艦外交を行うほか、大陸政策について何の総合的な戦略も持ち合わせていなかったがゆえに、これを政府に対する反抗としかとらえられなかった。
 地政学的視点を導入して西南戦争の意義をインテリジェンスで解くとこのようになるはずです。一つの問題提議として書かせていただきました。
   (稲垣秀哉)
  ○□□○◎○ ○□□○◎○  △□◎□▽○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
    ▲
(新刊予告  1月11日発売決定。都内主要書店は10日発売)
  ♪♪
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
アマゾンで予約募集を開始しました。↓
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/

 (著者から)「大手メディアの伝えない中国のダークサイドの話がもっぱらですが、過去数年にわたってシルクロードを現地取材した経験と目撃したことばかりです。とりわけ一帯一路の世界的規模での躍進ぶりと「借金の罠」の脅威について多くのメディアで報じられましたが、その実態は工事中断、挫折、頓挫の連続で、その「脅威」のコインの裏側は中国自身が「借金の罠」に嵌り、不良債権を肥大化させていることです。
 メディアが殆ど取材しないモルディブ、東チモール、ラオスの中国国境地帯、そしてミャンマーの奥地のチャウッピューなどへも足を延ばしました。本当に聞くと見るとでは大違いでした。あたかも十五世紀の鄭和艦隊のように、そうした壮大な無駄、無謀、なぜそうなるかの中国人の特質についても論じました。ご高覧、ご批判を頂ければ幸いです」
――日本のメディアが報じない中国の世界戦略の裏側、世界は逃げ出しているのに、日本はなぜ、実態を見抜けないのか?
――「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険では?
(「中国は世界の工場、世界の市場、そして世界のゴミ箱へ」)


  ♪♪
絶賛発売中 !
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/
    

♪♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
          ○□◇□◇○□◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
  ■宮崎正弘の新刊・近刊  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

   ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 

  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
          ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(年末年始の刊行について)1月4日までの年末年始、小誌は随時の発行となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/12/30

    東大の早野名誉教授が、個人の被ばく線量のデータを3分の1に改ざんしていた。福島県伊達市が、福島県立医科大学に測定結果の分析を依頼。個人被ばく線量のデータの提供に不同意だった97人を含めた2万7000人以上の本人同意を得ていないデータが、早野教授らに提供されていた。また住民からの申し立てによると、「線量を過小評価するための捏造が疑われる」。

      これに対して、早野教授は「計算ミスがあり、線量を3分の1に過小評価していた」と言い訳をしています。

      この早野教授は、“福島県で流通しているものをどれだけ食べても…問題になるような内部被曝はありえません”と言っていた。東大名誉教授の肩書きを持つ者が、“科学者として、データを集め…自信を持って言える”とまで断言していたそのデータが捏造されていた。

      この問題は、内部被曝の影響を考えると、“福島の人々の健康”だけに留まるものではありません。

      今後の検証作業で、計算ミスなのか、捏造なのかがはっきりすると思いますが、“食べて応援”や原発事故をできるだけ過小評価したい国や原子力村の連中の思惑を考慮すると、捏造の疑いが極めて高い。

  • 名無しさん2018/12/30

    “米国内で異変が起きている”。トランプ政権から軍人らが排除され、シリアから米軍が撤退するというのは、イスラエルにしてみれば、自分たちが見捨てられた状況になる。

     “撤退した後を…アメリカ軍が再び介入してくる”というのは、現状では考えにくい。

      というのも、ロシア政府は、12月26日に音速の27倍で飛ぶミサイル「アバンガルド」の発射実験に成功しています。ミサイルは、約6,000キロ離れたカムチャツカ半島の演習場に予定通り着弾した。プーチン大統領は、“これは偉大な成功であり、偉大な勝利だ”と高らかに宣言した。

      このアバンガルドは、“次の瞬間いる場所は予測不可能”と書かれていますが、“水平方向(数千キロ単位で)と垂直方向の誘導制御を行える”。

      アバンガルドは、低軌道で希薄な大気の中を滑空するため、プラズマが発生し、レーダーに映らない可能性がある。プーチン大統領は、「新素材の使用により、(電波通信が途絶する)プラズマ発生下でも、長距離の誘導が可能になった」と言っています。

      プラズマ発生下で電波通信が途絶するとすれば、レーダーにも映らない可能性が高い。この状態で“誘導装置は確実に操作できる”とすれば、これは、電波を使って操作しているのではない。ひょっとしたら、タキオンか量子を使ってコントロールしているのではないか?

      中国は量子レーダーなるものを開発中で、量子レーダーの前には、ステルス機は意味をなさなくなる。なので、量子技術を用いた誘導は、十分に考えられる。

      こう考えると、“少なくとも米国の10年先を行っている”。

      プーチン大統領は、今年3月の年次教書演説で「誰も…我々の見解を聞かなかったが、今なら耳を傾けるだろう」と言って、アバンガルドのシミュレーション動画を見せたが、プーチン大統領のメッセージは明白だ。カバールに、“諦めろ”と言っている。

  • 名無しさん2018/12/30

    韓国駆逐艦による空自機への火器管制レーダー照射についてhttp://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-417.html

    国連移民条約の罠

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53305661.html

    死んでも罪を認めない・韓国国防省「証拠とはみなせない」・「日本人の英語の発音が流暢でなかった」http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7339.html

    世界中で失敗している「共生社会」に進む日本(日本から日本人が消える)https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/ad7cf8ec889cef0c472c92b964f1ac43

    ★皆藤愛子さん、韓国での恐怖体験明かす 「韓国でタクシーに乗ったら…」https://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/b7a01c021ea8350e7b5b902b8e72585c

    三ノ輪

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E4%B8%89%E3%83%8E%E8%BC%AA&chips=q:%E4%B8%89%E3%83%8E%E8%BC%AA,g_1:%E9%A4%83%E5%AD%90&sa=X&ved=0ahUKEwiN76mZ88XfAhVQUd4KHUktBk4Q4lYIPCgW&biw=960&bih=465&dpr=2

    米国へのホンジュラス移民と日本への9ヶ国移民の背後にイルミナティー?https://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/72658792.html

    ロシア

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/f242f3a502593ec0b1d462f80c2f5f37?fm=entry_awp_sleep

    スペインのHPVワクチン被害者(続き)

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?page=17&cid=11

  • 名無しさん2018/12/29

    中国の株式市場、世界最悪の下落で越年へ

      上海株式は24・6%の下落、深センと併せて2・4兆ドルが蒸発した

  • 名無しさん2018/12/29

    ・米国政府は閉鎖中

    ・メキシコの壁の所為にしているが、金がないからが理由



    ・米軍がアフガンやシリアから撤退

    ・軍人が全てトランプ政権から撤退

    ・グアンタモ基地を増強している

    ・米国内で異変が起きている



    ・一月に入ってから軍事裁判が始まる



    ・911や311の逮捕が始まる

    ・911真実語るグループがニューヨーク南部警察へ起訴状を提出したら、受理された

    ・バチカン銀行のトップが解雇された→その配下がパニック状態



    ・一部政府職員は働いているが、ボランティアである

    ・米国の倒産が表ざたになるのではないか

  • 名無しさん2018/12/29

    入管法改正による日本国の”日本人街”化

    https://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/72653379.html

    大阪「都」構想、なんでそんなに急ぐんや?焦ったら裏の目的がバレるで

    https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-503.html

    12月25日記者会見

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/

    元NHK職員が紅白歌合戦の「金・女・暴力団」の繋がりを暴露 「受信料が暴力団に流れてる」https://news.nicovideo.jp/watch/nw3189352

    米原駅

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E7%B1%B3%E5%8E%9F%E9%A7%85&chips=q:%E7%B1%B3%E5%8E%9F%E9%A7%85,g_1:%E3%81%9D%E3%81%B0&sa=X&ved=0ahUKEwjYofvUycPfAhWDx7wKHcp8BFgQ4lYIOSgT&biw=960&bih=465&dpr=2

    列車を降りると、かならず誰かのおなかが鳴った

    https://matome.naver.jp/odai/2140643012555830701/2140649609698720603

    大リーグで主流の投球フォーム、日本人投手との違い

    http://strikeout11.seesaa.net/article/286240001.html

    プーチン

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/5e535f8d0da4710e6eab4219dc388a6b?fm=entry_awp_sleep

    騙されてませんか?

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-391.html

    なぜワクチンは危険なのか?

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1353

    自民党「韓国はここまでおかしくなったのか」・何を今さら?昔からかなりおかしいだろ!偉人の言葉http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7337.html