国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<トランプ政権、一月に強烈な「大統領命令」を準備中

2018/12/28

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)12月28日(金曜日。御用納め)
          通巻第5931号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ政権、一月に強烈な「大統領命令」を準備中
  米国市場からファーウェイとZTEを完全に締め出す
****************************************

 最初に報じたのは2018年五月、ウォールストリートジャーナルで、「ホワイトハウスは次世代通信技術が国家安全保障の直結する観点から、外国企業の米国市場における関与を排撃できる権限を商務省にあたえる、あたらしい大統領命令を作成中である」とした。爾来、八ヶ月、音沙汰がなかった。

 英紙タイムズは、英国もカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど大英連邦諸国の動きに連動し、中国の通信技術が西側の安全保障に重大な脅威となっているための政治措置を講じるだろうと報道した(12月27日)。

 サウスチャイナモーニングポスト(12月28日)は、一月に発令が予想される「大統領命令」は「國際緊急経済措置法」(仮称)と呼ばれるだろうとして、以下を伝えた。

「過去八ゲ月にわたってホワイトハウス内部で検討されてきたが、いよいよ最終文面の完成が近く、全米の中小零細の通信企業の商業活動もカバーする内容だ」。

 つまりファーウェイとZTEのスイッチなどを販売している企業にも、外国製品を使用禁止とするという嘗てない厳しい制約条件が含まれている。地方では中国製部品が廉価であるため、いまも広範囲で使われている。

 文面には中国企業の名指しはないが、あきらかにファーウェイとZTEが目標であり、中国ははやくから、この動きを牽制するために在中米国企業に対して、突然の税務検査、品質管理立ち入り、申請事項の不許可、ビジネスの妨害などを行ってきた。
      □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

北斎の浮世絵に挿入されている詞書きを読めば、日本の伝統的な主題が分かる
   フランスは西洋の衰退を象徴するほどに文化的に凋落した

  ♪
田中英道『日本が世界で輝く日』(育鵬社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 平成の御代は今上陛下の御譲位によって4月に終わり、新しい元号の日本になる。新元号は五月一日まで未定なので、ここでは皇紀二千六百七十九年が始まった、としておこう。
 田中氏は神武天皇肇国からの皇紀を尊重されるのはもちろんだが、本書で日本歴史を論ずるに「一万六千五百年」という新解釈を用いておられる。
 すなわち縄文時代を測定し、従来の考古学者の遠慮がちな解釈(歴史教科書はバラバラで13000年から16000年)を越えて、16500年前から日本の歴史の曙が拓けた、とされる。
このことは評者(宮崎)も、三内丸山、亀岡などの縄文遺跡などをみて確信しているので田中氏の意見に賛同である。
 神道は自然発生的に、われわれの祖先達の祈りと祭りの中枢にあって、日本独自の文化形成に大きな役割を担った。仏教以前、神道は日本人の日々の生活に、ひとびとの心の中に浸透していた。聖徳太子以来は神仏混合という、独自な多神教の世界が形成され、世界でも稀有の芸術が確立してゆく。
 最近も、パリへ講演に出かけた田中氏は、もはや仏蘭西文化が死に絶えていることに改めて失望の念を深くしたという(ついでに書いておきますが、評者が最初に「憧れのパリ」へ行ったとき(1972年)、『嗚呼、この町は死んでいる。活気がないなぁ』と思った。若い芸術家がたまるモンマルトルの絵描きたちの販売する絵画を見ながら、なんとつまらない、これが最新流行の『アート』なるものかとも思った)。
 かつて花の都パリは世界の芸術家が集まって、シャンゼリーゼのカフェには綺羅星のように、ヘミングウェイもサルトルも、カミュも藤田嗣治もいた。ベルサイユ宮殿の設計思想、その城の美はロシアへ、ドイツへ、オーストリアへ伝わった。
 いまのパリは「力の政治、金銭、物質一辺倒の国」だが、氏の留学時代のパリは、「欧州文化の粋としてのフランス」だった。
その古き良き時代のパリは劇的に衰退した。(破壊した最大の元凶は移民だが、そのことを本書では指摘されていない)。
 あの「理想のパリのイメージはもはやない」とつい最近もパリに講演に行かれ、反マクロンのデモを目撃してきたばかりの田中氏は慨嘆するのだ。

 代わりにパリの芸術界を席巻し始めたのが日本文化である。とりわけ浮世絵の研究が進み、一つのブームでもある。
 だが、違和感がある。
フランスの画家たちは浮世絵を誤解しているのだ。
田中氏は次を強調される。
 「北斎の浮世絵はすべて、日本の伝統的な主題をもっています。とくに彼らに最も影響を与えた『富岳三十六景』は、富士信仰という、神道における自然信仰を主題に描かれていたのです。フランスの画家達が発見した純粋な形、色の世界ではなかったのです。彼らは、浮世絵に添えられた小さな詞書きを無視したために、それが単純な版画の色面で組みあわされた、純粋な形の世界だとおもったのです。(中略)この日本の浮世絵を基礎に『印象派』が誕生し、これまでの西洋絵画を一変させました。そしてマネ、モネ、セザンヌ、ゴッホ、などによって、北斎は、世界最高の画家の一人として認知されました」
 ところが、西洋の画家は「浮世絵に意味や信仰がない」と誤解し続けた。
 フランスは西洋の文化の衰退を象徴するほどに文化的に凋落する一方で、ジャポニズムが深く静かに浸透し、日本文化への理解度は極めて高くなったと田中氏は総括する。
リトアニアに美学者がパリのジャポニズム展の会場で、田中氏に告げたという。
 「今や世界の文化の中心は、フランスではなくて、日本だ」と。
           □△■○□△■○△□○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(年末年始の刊行について)明日(12月29日)から1月4日までの、年末年始休暇期間中、小誌は随時発行となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

   読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)年末になって日韓の関係がさらにぎくしゃく。韓国海軍による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題をわかりやすまとめたサイトの記事が素晴らしい。
「もえるあじあ」というサイトですが、スマホアプリのLINE風にまとめたもの。
http://www.moeruasia.net/wp/wp-content/uploads/2018/12/lwfyha5.jpg
http://www.moeruasia.net/archives/49620564.html
 まさに息を吐くように嘘をつく韓国人ですね。
    (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声2)レーダー照射の背景は、ネットで噂が流れていますが、私のニュースソースは別の遥かに確かな準一次情報です。
 韓国海軍はかなりの長い期間北朝鮮の瀬取りの護衛を行っており、航空自衛隊はそれを監視しながら何もできない状態が続いています。現場の自衛官は、こんなむちゃくちゃな韓国海軍の監視をさせられ乍ら何ら対応処置をとることもできず、さらにレーダー照射の危険にさらされ不満たらたらの状態になっていますが、よく我慢しています。
 保守派のコメンテーターで知っているひとが何人かはいるはずですが、言った後の影響を考えると言及することができないようです。
(當田晋也)
   ○□□○◎○ ○□□○◎○  △□◎□▽○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■「加瀬英明のコラム」   ■「加瀬英明のコラム」 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
世界各地で高まる緊張
@@@@@@@@@@

 日本は生まれ変わらなければならない。
米国に一方的に頼る時代は、終わった。トランプ政権は、米国が世界を一手に守ってきた重荷を軽くして、ヨーロッパや、日本などの同盟諸国が分担することを求めている。
 多くの米国民が、外国を防衛する重荷を担うのが、不公平だとしている。
 米国は国防費にGDP(国内総生産)の3.1%を、支出している。ところが、オバマ政権下でNATO(北大西洋条約機構)に加盟するヨーロッパ27ヶ国が、GDP2%を国防費にあてると約束したのにもかかわらず、約束を守っているのは、イギリスなど7ヶ国だけで、ヨーロッパ第一の大国のドイツは、1.2%でしかない。
 11月にワシントンを訪れた時に、トランプ政権の関係者と会食したが、なかに国家安全会議(NSC)の幹部がいた。
 「ドイツの国防費は、1%ちょっとにしかならない。ドイツ国民が自分の国の価値が、それしかないと思っているなら、どうして米国の青年がそんな国を守るために、血を流す必要があるだろうか」と、いった。
 日本はNATOの計算基準を当てはめると、防衛費として1.15%を支出している。
  ここで、私は「防衛費」という言葉を使っていることに、注目していただきたい。「国防費」ということが、許されないからだ。
 日本は現行の「日本国憲法」のもとで、「国防」は米国に委ねて、自衛隊は米軍を補助して「防衛」に当たることになっている。米国が日本の国防の主役であって、日本は傍役(わきやく)なのだ。日本国民は非常の場合には、アメリカが守ってくれると思い込んでいるから、国防意識が低い。
 緊張がたかまっているのは、日本がある東アジアだけではない。ヨーロッパでは、いつ、ロシア軍がバルト3国や、北欧を奇襲するか、緊迫した情況が続いている。中東も予断を許さない。もし、イランがペルシア湾の出入り口を封鎖すれば、米軍が出動する。
 米国はもはや同時に二正面で戦う能力を、持っていない。もし、米軍の主力がアジア太平洋からヨーロッパか、中東に移動したら、日本の周辺が手薄になる。
 日本が平和を享受し続けるためには、国防に真剣に取り組まねばならない。憲法を改正して、自衛隊を保有することを書き込むことを、急がなければならない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
本気のアメリカと慢心する中国 米中の冷戦の先に見えるもの
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 
 私は11月にワシントンで、5日間過した。
 アメリカは、中国の超大国化の野望を挫いて、中国を抑えつけることを決意した。この決意はトランプ政権だけに、よるものではない。
 国家安全会議(NSC)、国防省、国務省などが協議して決定したものではなく、誰がどうというより、政権、与野党、アメリカの中国専門家、シンクタンク、識者などのコンセンサスであって、有機的にひろく形成されたものだ。
 習近平主席が訪米して、オバマ大統領と会談した後の共同記者会見で、南シナ海に埋めたてた7つの人工島を、絶対に軍事化しないと誓約したのにもかかわらず、ミサイルを配備して、世界の通商の4分の1以上が通る南シナ海を内海に変えようとしていることや、異常な軍拡を行っていること、世界制覇を企んで「一帯一路」計画を、強引に進めていることなど、傍若無人に振る舞うようになったのに、堪忍袋の緒が切れたものだ。
 今後、中国がすぐに引き下がることを、期待できないから、米中対決は長く続こう。
 私が前号で書いたように、貿易・関税戦争は入り口でしかない。
 アメリカが中国と対決することに決したのは、トランプ政権が2016年に発足してから、最大の決定だといわねばならない。
 中国の野望を砕く戦略の中核にされているのが、中国への先端技術の移転を停めて、中国の超大国化の源泉となってきた、先端技術の池の水を抜こうとすることだ。
 私は福田赳夫内閣、中曽根内閣で、首相特別顧問という肩書を貰って、カーター政権、レーガン政権を相手に対米折衝の第一線に立ったから、ワシントンは旧戦場だ。
 ホワイトハウスに向かって、右側にオールド・エキュゼキュティブ・ビルディングという、副大統領の執務室もある、古い煉瓦造りの建物がある。2016年にトランプ政権が舟出した時には、ここにハイテクノロジーの担当者が1人しかいなかった。現在では、ハイテクノロジーの担当者たちが、1(ワン)フロアを占めている。
 習主席の中国は、「野郎自大」だ。「夜郎自大」は中国最古の正史である『史記』に、夜郎という小国の王が、漢が広大で強大なことを知らず、自らの力が勝っていると思い上がって、漢の使者に対して傲慢に振る舞ったという、故事によっている。
 中国は歴代の統一王朝が、自分が全世界の中心だという『中華主義』を患ってきた。私は『中禍主義』と呼んでいるが、慢心して他国を見縊(みくび)る、自家中毒症状を病んできた。
 アメリカとソ連が対決した冷戦の舞台は、ヨーロッパや、朝鮮半島、アフガニスタンであって、陸上の争いだった。米中「冷戦」の主舞台は、陸ではない。海だ。
 この冷戦は、米日対中の冷戦だ。トランプ政権が「太平洋軍」の呼称を、「インド太平洋軍」に改めたのは、新たな冷戦の性格を表わしている。
 中国にはソ連になかった、脆弱点がある。中国は世界貿易と、先進諸国からの投資に依存してきた。
 そして20世紀と違って、製造・金融の拠点を国境を越えて、短時間で移転することができるから、中国の『仮想空間』である巨大経済を維持することが、難しくなろう。
                     (かせひであき氏は外交評論家)

○□□○◎○△□◎□▽○◎○□□○◎○△□◎□▽○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
    ▲
(新刊予告 1月11日発売決定)
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
アマゾンで予約募集を開始しました。↓
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/

――メディアが決して報じない中国の世界戦略の裏側、世界は逃げ出しているのに、日本はなぜ、実態を見抜けないのか?
――「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険では?
(「中国は世界の工場、世界の市場、そして世界のゴミ箱へ」)
(目次)
序 章 中国の世界支配という野望  (次は金融戦争、そして通貨戦争へ)
第一章並外れた風呂敷を拡げる得意芸
第二章 アメリカの中国排斥は21世紀の「マニフェスト・ディスティニィ」
第三章マハティール・ショック以後、アジアに燃え拡がる反中感情
第四章欧州、中東でも中国期待はが夢幻に
第五章 アフリカも夢破れてシルクロードは廃墟
第六章 中国国内で矛盾が大爆発
第七章 日本はいかに対応するのか
終 章 かくて「一帯一路」は末路 (地図、写真多数)


  ♪♪
絶賛発売中 !
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/
    

♪♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
          ○□◇□◇○□◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
 ■宮崎正弘のロングセラーズ  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

   ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 

  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
          ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(年末年始の刊行について)明日(12月29日)から1月4日までの、年末年始休暇期間中、小誌は随時発行となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。