国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<北京の大学で爆発事故、学生三名が死亡。テロか

2018/12/27

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)12月27日(木曜日)
          通巻第5930号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 北京の大学で爆発事故、学生三名が死亡。テロか
  大学の実験ラボの安全無視、管理のずさんが事故を多発させている
****************************************

 12月26日午前、北京の交通大学環境技術学部の実験ラボで爆発事故が起こり、実験に加わっていた学生三名が死亡、十数名が負傷した。
 大音響の爆発音で付近の住民が騒ぎ出し、「テロか」とする噂がネットでもさかんに飛び交ったという。
消防車、救急車が出動し、事故の原因を究明中と警察の発表がなされた。

 交通大学の実験ラボでは都市環境のエンジニア開発のため、下水処理の化学実験が行われていた。
爆発物や劇薬の管理の安全性軽視、杜撰な実験の運営などが遠因となった。

 この日、天津では人権派弁護士の裁判が非公開で行われたため、海外メディアは天津の裁判所前に集中していた。このため首都北京でも爆発事故はニュースにもならなかったが、つい一ヶ月前にも南京大学の泰洲キャンパスにある化学実験室で爆発事故がおこり、学生ひとりが死亡している。
 
 2015年には名門、清華大学でやはり高圧シリンダーの実験に失敗し、学生ひとりが死亡した事故があった。

 テロと騒がれたのも、直前に福建省の龍岩市でバスジャック事件がおこり、ナイフをもった男が車内で8名を刺殺し、22名を負傷させた。
 社会不満の爆発が、こうした通り魔的テロリズムを蔓延させているのかもしれない。

    □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 教祖のボディガードが17年の懲役刑を終えて思うことは
教祖の霊的能力への懐疑から、脱走へいたる心理の変化、

  ♪
冨田隆『オウム真理教元幹部の手記』(青林堂)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 著者は嘗て麻原のボディガードだった。教祖の言動を最近距離でみてきた男は、オウムに何を見て、最後に麻原の狂乱の日々がいかなるものであったかを悔恨をこめて綴った。著者は松本サリン事件に関与したため懲役17年、その出所後に過去を振り替えし、あの時代に一体何がおきていたかを赤裸々に語っている。
 最初の出会いはヨガ道場を開いていた麻原のもとへ面談に行ったときだったという。
「麻原からくるパワーはもの凄く、感じたことのない気を感じたので、その場で入会する」
 しかし徐々に麻原の「最終解脱を名乗ってしまうところに、ある種の厚かましさと傲慢を感じていた」。
 覚めていく。サティアンからラ逃げようと思っていた。
 「私も、ボディガードをしているうちに、昔はあんなに強かったはずの麻原の霊的能力がどんどんなくなっていき、今では殆どゼロだということに気づいていました」(135p)。
 本書はやや自己弁護的なところもあるが、内側からみた教祖の狂乱、その教祖の霊的能力への懐疑から、脱走へいたる心理の変化が綴られていて、心理学的側面に興味を抱きながら読んだ。
            ○◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)いよいよ来た。アメリカ株の急落。私(50代)は1990年の日本株崩壊を思い出してしまいます。
当時は20代でした(遠い視線//)。但し今回は現物売り・225先物買い戻しのアビトラは無し。また土谷の総量規制や三重野の金利引き上げ逆噴射も無し。第一次湾岸戦争に相似するものが発生する可能性は高まった。
 大発会に注目しておりますが、おそらく資本市場にとってはブラック2019年になるのではと予想しております。
御代替わりや7月の衆参同時選など。日本もゆっくりこっくりと変わりつつあります。特にWEBの寄与が高い。歴史的な転換点が来年なのかもしれませんね。
 以下に問題点を羅列してみました。
こういう問題点が資本市場下落の要因。これらが払しょくされれば、新時代の夜明けと考えます。まずはご破算。歴史・経済のTUNAMIに注意です。
・FRB(国際資本家≒ウォールストリート、シティ)による米金利引き上げ
・米中経済戦争。シナ共産党締め上げ政策。
・シナの明確な景気後退。現在はスタグフレーション(不景気+高関税インフレ)の最中。
・原油相場低迷によりロシア経済悪化、サウジは?
・ドイツ銀行問題、メルケル政権のレームダック化
・EU崩壊への懸念、通貨ユーロへの懸念
・リーダーシップ無きイギリスEU脱退の混乱
・トランプ政権の揺れ(マティス国防長官解任)
・潜在的、戦乱発生のリスク高まる
・アメリカ株大幅安で市場からマネー(時価総額)消滅(銀行の信用創造と逆の効果)
・特に、オーバーバリューだったナスダック市場のGAFA崩壊。当面は終了。
・そして、日本をはじめとする各国への株安伝播
・短期的には年末・クリスマスで買い手の不存在。資金量のない短期デイトレ資金のみ動く。
・よって、大発会は投資家心理にとって重要。
・一方、ゴールド市場は8月の1178ドルから現在1260ドルへ反騰。但し、2011年の1900ドルレベルからはまだまだ安く堅い。
・割安だった基軸通貨ドルを支える世界最大の債権国通貨・円はリパトリエイトからか110円台へ 円高方向へ。一方、シナ景気後退と資源安から豪ドル他の資源国通貨は対ドルで下落へ。
・新興国通貨ではいままでは経常収支赤字国の通貨が急落してきたが、これからは経常収支黒字国の通貨も危なくなると予想します。
   (R生、ハノイ)



  ♪
(読者の声2)大晦日特番のお知らせです。一二月三十一日午後十一時。
日本よ、いま。討論激論番組。
テーマ「安倍政権の功罪を問う」

放送日   12月31日 2300
      日本文化チャンネル桜、インターネット放送SO―TV、ユーチューブ、
      ニコニコ動画で配信
パネリスト(五十音順、敬称略)潮匡人、加藤清隆、古森義久、高橋洋一
西岡力、藤井総、宮崎正弘
司会 水島総



  ♪
(読者の声3)貴誌前号の「SSA生」様のフリーダムとリバティーの区別についてのご意見がありましたので以下ご参考まで。
 リベラルの意味を調べていますが、先般幼少から米国育ちの日本人女性と話したところ、リベラルには、権威や規制からの自由という意味であり、普通一般の自由とは違うということでした。そこで考えたのは、リベラルとは解放と訳すべきなのではないか、ということです。
自由は「野生のエルザ」のような自由です。もとは旧約聖書でエジプトにとらわれていたユダヤ民族に対し指導者が我々は本来自由の民なのだ、と言ったのが起源だそうです。リベラルよりも大きな概念なのでしょう。
 米国の自由の女神は、フランスの啓蒙主義者から贈られた像ですが、有名な革命暴動の先頭に立つ絵を見ると、これは「解放の女神」とすべきではないか、と思います。
その方が実感があります。仏革命のスローガン「自由、平等」も「解放、平等」と訳すべきではないかと思います。
大体。自由と平等は矛盾しますから。
 リベラル主義の民主、平和、平等などの用語は一般に概念の範囲が広すぎるので、意味が不正確になり実際には総論賛成、各論反対になります。リベラルもその一つです。これはリベラル用語はその概念そのものが悪いわけではないのですが、そのあいまいさが悪用されるのが問題ということです。
   (落合通夫)



  ♪
(読者の声4)日本がついに国際捕鯨委員会から脱退するというニュース。敗戦国として欧米の偽善に長年付き合ってきたものの愛想が尽きたのでしょうか。
反捕鯨運動はもともとベトナム戦争当時のアメリカが枯葉剤の使用を国連で非難されるのをそらすためのでっち上げだという説があります。
 ドナルド・キーン氏の本には第二次大戦後のイギリス留学時代にクジラのステーキが出てきたけれど、固くて食べるのに苦労した話があります。
中世イギリスではクジラを食べていて沿岸のクジラは王室のものとされていた。調理技術の未熟なアングロサクソンでは、わらじステーキくらいしかなかったのでしょうか。
 日本の鯨食は竜田揚げや鯨カツ、刺し身に煮込みと多彩です。小学校の頃の給食では竜田揚げの記憶、家では鯨カツを醤油で食べるのが好きでした。
 アメリカの捕鯨は油をとったら残りは捨てるだけ。
冷凍設備ができるまでのアルゼンチンの畜産は牛の革をとったら残りは捨てるだけ。クジラを保護しすぎて漁業資源が枯渇したらオーストラリアなど手のひら返しで捕鯨再開しろと言い出すかもしれません。
白人の傲慢さは昔から変わりませんね。
   (PB生、千葉)
        □◎□○ど△◎□◇く○◎○□し□◎□○や○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■「加瀬英明のコラム」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
「中華思想」で視野狭窄 ソ連崩壊と似た道
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 米中対決は、どこへ向かうのだろうか?
 習近平主席の中国龍は、トランプ大統領の米国鷲に襲われて、鱗(うろこ)が飛び散るようになっている。
 トランプ政権が、中国という「悪の帝国」を倒す戦略を進めている。
 かつてレーガン大統領が、“悪の帝国(イービル・エンパイア)”と極め付けたソ連を追いつめたが、中国もソ連と同じ自壊への道を、進むようになっている。
 ソ連は、効率が悪い計画経済によって病んでいたのに、無人のシベリア沿海州開発に国力を浪費し、東ヨーロッパの衛星諸国という重荷をかかえていたうえに、第3世界に進出するのに力を注いだために、米国との競争に耐えられなくなって、1991年に倒れた。
 ソ連の最高指導者は、非科学的なマルクス主義の予言に従って、ソ連が世界を支配するという使命感にとらわれて、世界制覇を急いだために、墓穴を掘った。
 習主席も、「偉大な中華文明の復興」という、自らの掛け声に陶酔して、見せかけだけが壮大な「一帯一路」計画と、大海軍の建設を強行しており、ソ連が第2次大戦後に歩んだ道程に、よく似ている。
 中国は分離独立闘争を恐れて、新疆ウィグル自治区や、チベットをはじめとする西域や、中部や、北部に過大な投資を行っている。
 「一帯一路」計画によって、70ヶ国近くを“幻(まぼろし)の中華圏”である、仮想空間に取り込もうとしているが、多くのアジア諸国で挫折するようになっている。
 ソ連は1950年代から、日本についで経済成長率が高かった。ソ連は1957年に米国に先駆けて人工衛星『スプートニク』を軌道に乗せ、4年後に世界最初の有人衛星飛行を行って、米国を震駭させたものだった。
 ソ連は1970年代に入ると、少子高齢化が進んで、旺盛な高度成長を支えた、豊富な安い労働力が失われるようになった。中国で同じことが、起っている。
 中国の指導部は、何千年にわたって自分が世界の中心だという中華思想による知的障害を患ってきたので、傲慢に振る舞ってきたために、まともに対外戦略をたてられない。
 私は中華思想を「中禍思想」と呼んできた。プーチン大統領のロシアは戦略が巧みなのに、中国は中華主義による自家中毒におちいって、視野が狭窄している。
 日本は米中対決の狭(はざ)間にある。
米国が勝つことになるから勝ち組につくべきだ。
                (かせひであき氏は外交評論家)
    ○□□○◎○△□◎□▽○◎○□□○◎○△□◎□▽○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(新刊予告 1月11日発売決定)
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版。定価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
アマゾンで予約募集を開始しました。↓
https://www.amazon.co.jp/dp/480240073X/
 ――メディアが決して報じない中国の世界戦略の裏側、世界は逃げ出しているのに、日本はなぜ、実態を見抜けないのか? 
――「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険では?
    (「中国は世界の工場、世界の市場、そして世界のゴミ箱へ」)
(目次)
序 章 中国の世界支配という野望  (次は金融戦争、そして通貨戦争へ)
第一章並外れた風呂敷を拡げる得意芸
第二章 アメリカの中国排斥は21世紀の「マニフェスト・ディスティニィ」
第三章マハティール・ショック以後、アジアに燃え拡がる反中感情
第四章欧州、中東でも中国期待はが夢幻に
第五章 アフリカも夢破れてシルクロードは廃墟
第六章 中国国内で矛盾が大爆発
第七章 日本はいかに対応するのか
終 章 かくて「一帯一路」は末路 (地図、写真多数)


  ♪♪
絶賛発売中 !
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/
    

♪♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
          ○□◇□◇○□◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
 ■宮崎正弘のロングセラーズ  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

   ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 

  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版)         
          ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(年末年始の刊行について)年末年始は随時発行となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。